Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

転職時の給与交渉で失敗しないポイント6つ|給与交渉失敗事例4つ

転職時の給与交渉をされた方の中には、給与交渉をしたかた転職に失敗したという人もいます。では、どのようにすれば給与交渉で失敗しなくてすものでしょうか。今回は転職時の給与交渉で失敗しないポイントや失敗事例についてまとめました。参考にしてください。

転職時の給与交渉で失敗しないポイント6つ|給与交渉失敗事例4つ

転職時の給与交渉は可能か

転職の際、給与交渉をしたいという人は多いですが、実際に給与交渉をして採用されなければ、転職に失敗してしまうのと同じだという考え方の人もいます。実際、転職の際給与交渉をして失敗してしまったという経験をしてしまった人はいます。

では、転職の際に給与交渉をすべきではないのでしょうか。実際の所、給与交渉をすることで転職に失敗することもありますが、失敗しないこともあります。これから給与交渉について説明します。

給与交渉のメリット

給与交渉することのメリットは、前職と変わらない給与で働くことが可能であるという事です。場合によっては、積み重ねてきたキャリアを生かした役職に就くことも可能です。

また、給与交渉をすることで、金銭管理がしっかりしていると考える面接官もいますし、それだけの給与をもらうからには、しっかりとした仕事をするという自分自身への戒めにもなります。給与交渉をすることは、転職する際の意気込みでもあるとも言えます。

給与交渉のデメリット

転職で給与交渉をする際のデメリットは、お金に汚い人というイメージを持たれてしまう事です。転職の際に給与交渉をすると、仕事に関してどう考えているのかと面接官が感じてしまう場合があり、あまり良いイメージを持たれません。

そうなると、その転職は失敗となってしまいます。転職で失敗しないためには、面接の際に給与交渉をしないことが良いとされています。しかし、面接官が不快にならない程度の給与交渉は検討してみましょう。

転職時の給与交渉失敗事例4つ

転職時に給与交渉をするとあまり良いイメージを持たれませんが、実際にどのような給与交渉をすると失敗してしまうのでしょうか。こちらでは、面接で給与交渉をする際の失敗事例について4つご紹介します。

失敗したということは、その事を面接で行わないようにして給与交渉すれば成功する可能性が出てきます。転職の際の給与交渉で失敗しないための参考にしましょう。

転職時の給与交渉失敗事例1:未経験で前職と同額給与の希望

転職時の給与交渉失敗事例の1つ目は、その転職先での仕事が全くの未経験であるのに、前職と同じ給与を希望することです。転職をする前の会社は、ある程度のキャリアを積んでいることもあります。

転職の際に前職より給与が良い会社を選ぶ場合は、特に給与交渉の必要はありませんが、転職先の給与が前職より低い場合、前職と同じ給与交渉をしては失敗してしまいます。あくまでも転職先では新人という事を忘れないようにしましょう。

転職時の給与交渉失敗事例2:業界・企業の企業水準を大幅に超す

転職時の給与交渉失敗事例の2つ目は、転職先の業界や企業の水準を大幅に超えてしまう事です。どんな職業であれ、それぞれの給与相場があります。

自分ができる可能性があるからと、その業界や企業の相場以上の給与交渉をしてしまえば、面接官としてもどうぞ見合う給与の所へ行ってくださいという考え方になり、転職に失敗してしまいます。

転職時の給与交渉失敗事例3:面接時のストレートな質問

転職時の給与交渉の失敗事例の3つ目は、面接をする際にストレートに給与交渉について質問をすることです。仕事をするのですから、給与に関する質問は重要です。

しかし、いきなりストレートに給与交渉をしてしまえば、この会社でなくとも良いのだと面接官に判断される場合があります。そうなると給与交渉どころか、面接そのものが失敗してしまいます。

転職時の給与交渉失敗事例4:自分を過大評価しすぎる

転職をする際の面接で、仕事に対してある程度の自信があった方が採用される可能性は高くなります。しかし、自分を過大評価しすぎている場合、給与交渉でも上から目線でしてしまう場合があります。

転職時の給与交渉の失敗例は、自分を過大評価しすぎて給与交渉が当然だと考えてしまう事です。会社から見ればそんなに大した人材ではないと判断され、転職の際の給与交渉だけではなく転職そのものにも失敗してしまう場合があります。

転職時の給与交渉で失敗しないポイント6つ

転職時の給与交渉を失敗する事前提で行う人はあまりいません。では、転職の際の給与交渉で失敗しないためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

こちらでは、転職の際の給与交渉で失敗しないためのポイントについて6つご紹介します。このポイントを押さえたからと言って転職の際の給与交渉が成功するとは限りません。しかし、失敗する可能性は低くなります。また、失敗した際にはどこが悪かったのか反省し、次に生かしましょう。

転職時の給与交渉で失敗しないポイント1:まずは給料より仕事内容を重視

転職時の給与交渉で失敗しないポイントの1つ目は、転職先の会社がどのようなことをしているのかをしっかりと把握しておきましょう。さらに給与よりも仕事そのものに興味があるということをPRします。

前職で経験がある場合は、その時点でやんわりと給与交渉をしていけば良いですが、経験がない場合には、まずは働かさせてもらうということを最初にPRしましょう。

転職時の給与交渉で失敗しないポイント2:企業先の希望額をなるべく受け入れる

転職の際、企業崎から希望額ということで給与交渉されることがあります。あまりに低い給与であれば、別の仕事を探すのも1つの方法ですが、自分が働きたいという気持ちがあれば、会社側の提示をなるべく受け入れましょう。

転職したばかりの頃は給与が安くても、キャリアを重ねて行くうち給与アップする場合もあります。給与交渉の際に数年後にはどれだけの利益を出すのでその際にはこれだけの給与でという交渉をしてみましょう。

転職時の給与交渉で失敗しないポイント3:自分の中で最低の給料を決めておく

転職したのは良いけれど前職より大幅に給与が下がってしまえば、給与交渉どころか転職そのものが失敗してしまったという事になります。

全く未経験の分野に転職したのであれば、それなりに納得もいきますが、自分がキャリアを積んできたことがそのようになってしまっては、なんのための転職かわかりません。

転職時の給与交渉で失敗しないポイントの3つ目は、これ以下の給与の場合他の転職先を探すということを決めておきましょう。

転職時の給与交渉で失敗しないポイント4:メールで交渉しない

最近ではメールのやり取りで転職先への申し込みをしたり、履歴書を送ったりという所も増えています。しかし、メールでのやりとりは実際の面接日や質問をする程度にしておいて、給与交渉をしないようにしましょう。

メールで給与交渉することで、面接になる前に不採用にされてしまう場合もあります。

転職時の給与交渉で失敗しないポイント5:給料は割合で伝える

給与は仕事をしたことの対価として支払われます。そのため、いきなり金額を提示しても転職先からすれば実績もなにもよくわからない新人ですし、その会社にきちんと馴染んでくれるのかどうかも疑問です。

転職時の給与交渉で失敗しないポイントの5つ目は、仕事でどれだけのことができたらどれくらいの給与をもらえるという割合を明確にしておきましょう。

転職時の給与交渉で失敗しないポイント6:転職エージェントに相談する

転職エージェントという転職に関するアドバイスをしてくれる人がいます。最近ではインターネットサイトで転職エージェントが相談に乗ってくれるばかりでなく、希望給与に応じた転職先の斡旋をしてくれる場合があります。

自分一人の力では、給与交渉はおろか転職先も見つからないという場合には、転職エージェントの力を借りるのも1つの方法です。

転職時の給与交渉の基本的な流れ

転職時の給与交渉の基本的な流れとしては、まず面接を受ける際にその会社についての質問や具体的な仕事内容などを聞いて内容を把握しておきます。事前に知れば手置くのも1つの方法です。

ある程度面接官となごんできて、最後に給与の話が出た頃にやんわりと給与交渉を始めますが、あくまでも転職先の意向を受け入れながら行うと成功する可能性が高くなります。

自分から切り出すタイミング

給与交渉の際、自分から切り出す場合には、面接の終わりごろに面接官から質問がないかどうかを聞かれた際に、やんわりと提案するという方法があります。

もちろん、それ以前の流れで給与の話があった時などに給与交渉をしても良いですが、あくまでもやんわりと伝えます。

失敗しない給与交渉の言い方

失敗しない給与交渉の言い方というものは存在しません。なぜなら、給与交渉に絶対はないからです。面接官によっては、ズバッと給与交渉された方が採用しやすいという人もいますし、その逆の人もいます。

給与交渉以前に、転職でその会社に面接に行くのはそこで働きたいという意思があるからに他なりません。まずは面接官とコミュニケーションを取り、最終的に給与交渉ができそうかどうかを自分で判断しましょう。

転職時の給与交渉のポイントを押さえて失敗を回避しよう

転職するという事は、新しいステージで働くという事でもあります。給与交渉などを考えずに新しいステージでの自分を喜ぶという考え方もあります。しかし、キャリアがある場合の転職は、少しでも給与がアップしてほしいという考え方もあります。

給与交渉は転職そのものが失敗するリスクもあります。しかし、そのリスクを背負うことで給与アップできるのも事実です。まずはポイントを押さえて、給与交渉に挑戦してみませんか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related