Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月16日

管理職経験の自己アピール例6選|管理職経験をアピールする時の注意点4つ

管理職経験が転職するうえでどのようにPRすればいいかといった注意点や、採用後にどうしたら新しい企業の中ですんなりと馴染んでいけるかについてまとめました。面接対策から、転職先での新しいビジネスライフの最高になれば幸いでございます。

管理職経験の自己アピール例6選|管理職経験をアピールする時の注意点4つ

管理職経験者の転職事情

管理職経験の自己アピール例6選|管理職経験をアピールする時の注意点4つ
管理職経験者の転職は一長一短あります。

管理職にまでついたということは、なんらかの形で成功したということですので、自分を上手くアピールするればさらなる好待遇のポスト、または労働環境を手に入れることは可能です。

反面、成功しているのにどうして転職を志しているのかという意味では疑問を持たれがちですが、うまくアピールができればプラスになる転職は十分に可能です。

管理職の主な業務内容

管理職経験の自己アピール例6選|管理職経験をアピールする時の注意点4つ
管理職経験は「なにをマネジメントしたか」が決め手です。

一番大事なのはまず人です。どれだけ数字を上手く管理できたとしても人望がないようでは、次の職場が見つかっても結局は、また転職先を見つけるような事態が発生しかねません。

まずは自分に協調性があり、チームをまとめられたかをアピールすることが大事で、その次に、費用対効果や自分の功績をアピールするのが最善策であり、これは面接の優先順位であり話す順ではないです。

管理職で身につくこと

管理職経験で身につくことはずばり経験です。

なかなか人の上に立つことが難しいのが日本の労働環境であり、その中で管理職経験があるということは、いわばエリート街道に乗った証ですのでこれはアピールすべきです。

もちろん、苦労は人一倍いありますが、そこを乗り越えたことは転職の際の大きなアピールポイントになりますので、管理職経験は転職の強みにするべきです。

【パターン別】管理職経験の自己アピール例6つ

管理職経験の自己アピール例6選|管理職経験をアピールする時の注意点4つ
転職希望の管理職は上手くアピールすることでキャリアアップしましょう。

ここでは6つの例を挙げ、どのようにしたら自分にプラスになる転職が可能になるかを説明していきます。

【パターン別】管理職経験の自己アピール例1:管理職経験が長い

キャリアの長さは十分なアピールポイントです。

長年マネジメント側に立っていたということは、企業に大事にされていたことのなによりの証です。ただし、長年勤めてきたのに、なぜ転職を求めているかということは面接時に問われがちですので、十分な対策を練ることをおすすめします。

【パターン別】管理職経験の自己アピール例2:受賞歴

管理職経験の自己アピール例6選|管理職経験をアピールする時の注意点4つ
転職する際はどんな賞でもいいので積極的にアピールしましょう。

管理経験職がアピールすのは、営業でしたらプロジェクトの成功などで社内表彰されたことなどを、職務経歴書に書き込みましょう。またその際には受賞したということだけでは、可視化されにくいので、数値でどれだけの効果が上がったかを書き込むことが肝要です。

【パターン別】管理職経験の自己アピール例3:販売実績

営業系の管理職経験者でしたら数値化は簡単です。

とにかく企業が一番大事なのは、数値的な指針です。アピールする際にはいくら口頭で説明してもそれは伝わりません。反対に職務経歴書などで実際にどの程度の売り上げが改善されたかなどをアピールするほうが転職への近道となります。

【パターン別】管理職経験の自己アピール例4:プロジェクトへの貢献度

ワンマンではダメです。

孤軍奮闘して数値を残したというのも結構ですが、管理経験職でしたら、チームをマネジメしてプロジェクトを成功したというアピールが大切です。

転職先が求めていることは一人でなんでもやってしまうような、協調性のない人間ではなく、一番大事なのは人柄だということを認識してください。

【パターン別】管理職経験の自己アピール例5:マネジメント経験

管理経験職で一番難しいのは人のマネジメントです。

管理経験職でもっとも大変なのは、どのようにして人を束ねるかというコミュニケーション能力です。いくら仕事ができても人間として人格が悪いようでは採用は難しいということを申し上げます。

もし、感情的になるタイプでしたら、転職前にアンガーマネジメントを学んだりして、人を束ねる能力があることをアピールしてください。

【パターン別】管理職経験の自己アピール例6:職務経験の範囲の広さ

管理職経験の自己アピール例6選|管理職経験をアピールする時の注意点4つ
管理経験職経験者はコラボしたことをアピールしましょう。

例えば、営業一筋で出世してきたとしてもバックアップ部門と連携したから、出世ができたと考えるのが一般的です。内勤営業(コールセンター)や販促チームと連携ができたので結果として成功です。

反対に自分の手柄だけを並べるような管理経験職の転職は極めて難しいというの現実ですので、面接前に対策を立てることは必要です。

管理職経験をアピールする時の注意点4つ

管理職経験の自己アピール例6選|管理職経験をアピールする時の注意点4つ
手柄ではなく、プロセスとしての成功談を話しましょう。

厳しい意見ですが、管理職経験者である面接に挑む人物がいかにすごいかという話をしてもしょうがありません。どんな苦労があり、それを多くの人間で克服できたかという内容の話のほうが、人事を含め採用側には刺さる話ということを肝に銘じましょう。

管理職経験をアピールする時の注意点1:マネジメント経験をより具体的に

管理職経験の自己アピール例6選|管理職経験をアピールする時の注意点4つ
ザックリとした成功談はNGです。

前述したとおり、自己満足の管理職経験の手柄話など転職の成功にはつながりません。反対に求められているのは管理職経験としてのビフォー、アフターであり、そこははっきりと数値化できなければ意味がないと言っても過言ではありません。

平たく言えば自分が管理職経験者として、どれだけの売り上げを達成したかや、コストを削減し数値化をアピールすることが成功への近道です。

管理職経験をアピールする時の注意点2:転職先では「新入」であることをわきまえる

管理職経験として転職しても所詮は新入りです。

一番難しいところですが、いかに前職で管理職経験として成功していても、新しい職場でポストまで与えられても一からやり直しです。多くのスタッフとコミュニケーションを取り、一緒に困ったことを解決していくという姿勢で仲間を増やすことが大事です。

管理職経験をアピールする時の注意点3:客観的な比較を意識する

管理職経験の転職経験者はいい風を吹かせることが大事です。

周りのスタッフは、どんな人なのかということで緊張をしていますが、フランクに接していく中で、新しい企業の問題点を聞き出し、前職と比較し素晴らしいと思う点は評価すべきです。

またこれとは反対に、ダメだと思う点は改善案を1on1などで聞き出し解決策を話し合ってていくことが大事です。

管理職経験をアピールする時の注意点4:その経験をどう活かすかを考える

これに関して明確な答えはありません。

ただ一つ間違いなく言えることは、一人でも多くのスタッフのことを聞くことですまた、それは、正社員だけに限らずアルバイトや派遣など非正規雇用の方々の声を聴くことです。

管理職経験者でしたら、多くのスタッフとコミュニケーションを持ってきたはずです。この経験を活かし、社内だけでなく瀬克でも困っているという人を助け指導するスキルと人徳が大切です。

管理職経験の自己アピール方法を知ろう

管理職経験の自己アピール例6選|管理職経験をアピールする時の注意点4つ
管理職経験のアピールは難しいようで簡単です。

決め手は2つだけです。管理職経験としての成功談など、部下はまったくと言っていいほど聞きたくないというのが実情であり、これでは人が離れます。

反対に必要なのは管理職経験としてどんな経験をして、自分がリソースを持っていてスタッフを助けるという紳士なマインドこそが重要です。

Related