Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月15日

エグゼクティブの転職におすすめのエージェント8選|転職事情も紹介

エグゼクティブ職とは、会社の経営に関わる上級職に携わる職業になります。エグゼクティブ層への転職は検討する人も、受け入れている企業も日本では少ないです。しかし、エグゼクティブ層への転職は全くできないというわけではありません。

エグゼクティブの転職におすすめのエージェント8選|転職事情も紹介

エグゼクティブとは?

エグゼクティブとはビジネス用語で経営者や経営幹部、重役という意味です。なので、エグゼクティブ職とは、会社の経営に関わる上級職に携わる職業になります。

ですが、会社にとってポジションであるエグゼクティブ職に就いている人でも、転職を検討することもあります。また、エグゼクティブ職へステップアップ、キャリアアップするために転職を検討する人もいます。

エグゼクティブの種類

エグゼクティブとは経営者や経営幹部、重役という意味です。会社におけるエグゼクティブ職とは経営陣のことで、管理職をさらに管理する人のことです。

なので、会社によって線引きは異なりますが、社長もエグゼクティブということもあります。他には、最高執行責任者、最高総務責任者、最高財務責任者、最高技術責任者など、トップマネジメント層もエグゼクティブ職と呼ばれることがあります。

エグゼクティブの役割

上記で述べた通り、会社におけるエグゼクティブ職とは経営陣のことで、管理職をさらに管理する人のことです。エグゼクティブは会社の意思を決定する重要な役割を担っているということでもあります。

どのようなことに決定権を持っているかは、最高総務責任者や最高財務責任者などのように与えられた肩書きによって、その範囲が決まります。また、会社全体に関わることはエグセクティブ層である全員で決めることもあります。

エグゼクティブの転職状況は?

エグゼクティブは会社にとって重要な存在です。そのため、本人も仕事に対して非常に誇りを持ち、誰でも代役になれるわけではありません。また、日本企業は身内思想が強いため、外から経営陣を迎え入れることをためらうことも多いです。

エグゼクティブから転職を検討する人や、エグゼクティブでの採用を検討する企業は少ないです。ですが、エグゼクティブの転職が全くできないというわけではありません。

エグゼクティブの転職におすすめのエージェント8選

転職活動で転職エージェントを利用する人も増えてきています。しかし、転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。

そのため、転職エージェントを利用して転職活動を行う際には、自分の求める転職条件に適した転職エージェントを利用する必要があります。また、エグゼクティブの求人は非公開求人のものも多いため、非公開求人を扱っている転職エージェントを利用することはおすすめです。

エグゼクティブの転職におすすめのエージェント1:JACリクルートメント

JACリクルートメントは大手3大エージェントの1つで、ハイクラス転職に特化した転職エージェントです。エグゼクティブへの転職はハイクラス転職となるため、JACリクルートメントのようなハイクラス転職に特化した転職エージェントを利用することは効果的です。

また、JACリクルートメントの持つ他の特徴として、アドバイザーが求職者と企業の両方を担当します。そのため、段取りが非常にスムーズです。

エグゼクティブの転職におすすめのエージェント2:パソナキャリア

パソナキャリアは求人情報の取り扱い数が業界でもトップクラスで、キャリアアドバイザーも高い専門性を持っているため、人気のある転職エージェントとなります。

パソナキャリアはもとは派遣事業をメインとしていました。そのため、企業との繋がりが強く、他社が持たないエグゼクティブの求人情報を持っている場合もあります。

エグゼクティブの転職におすすめのエージェント3:ビズリーチ

ビズリーチはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は高いです。ビズリーチもJACリクルートメントと同様に、ハイクラス転職に特化した転職エージェントです。

エグゼクティブのようなハイクラス転職では求職者も企業も難易度の高い条件を求めるため、なかなかうまく転職ができないということがあります。しかし、ビズリーチではその難易度の高い条件をうまくマッチングさせて、ハイクラス転職を成功させてくれます。

エグゼクティブの転職におすすめのエージェント4:キャリアカーバー

キャリアカバーはリクナビやリクナビNEXTなどを運営するリクルートが運営する転職サービスの1つです。キャリアカバーもハイクラス転職に特化しています。

リクルートには非常に多くの求人情報が集まっています。そのため、その多くの求人の中にはエグゼクティブへの転職の求人も含まれている可能性は高いです。

エグゼクティブの転職におすすめのエージェント5:dodaエグゼクティブ

dodaもテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大エージェントのうちの1つとなっていて、取り扱っている求人数が非常に多いです。

また、dodaではエグゼクティブに特化してサポートをしてもらうこともできます。dodaでは豊富で幅広い企業とのネットワークを持っているため、多様な業界や業種のエグゼクティブ案件を保有しています。

エグゼクティブの転職におすすめのエージェント6:マイナビEXECUTIVE AGENT

ブランド力や認知度が非常に高いことから、就職活動や転職活動ではマイナビやマイナビ転職にひとまず登録するという人は多いです。

マイナビはマイナビエージェントという転職エージェントを運営しており、dodaと同様にハイクラス転職に特化したマイナビEXECUTIVE AGENTというサービスも行っています。

マイナビにも非常に多くの求人が集まっているため、希望する条件のエグゼクティブ案件を見つけることができるでしょう。

エグゼクティブの転職におすすめのエージェント7:日経エグゼクティブ転職

日経HRが運営する日経エグゼクティブ転職はエグゼクティブ転職や、グローバル転職、ヘッドハンターによるスカウトなどに特化した転職エージェントです。なので、ハイクラス転職に条件を絞って転職活動を行っている人に有効な転職エージェントとなります。

エグゼクティブの転職におすすめのエージェント8:Spring転職エージェント

Spring転職エージェントはアデコ株式会社が運営する転職エージェントです。その規模は大きく、世界最大級の転職エージェントとなっており、世界25カ国に71のオフィスを構えて、1,000人以上のコンサルタントを抱えています。

Spring転職エージェントでは国籍、性別、年齢などの枠にとらわれず、幅広い条件で転職活動をサポートしてもらうことができます。

エグゼクティブ層の転職方法はエージェント利用以外にもある

エグゼクティブ層の求人は基本的には非公開求人です。そのため、自分で転職サイトなどで情報を探しても、求める条件の求人を見つけることは難しいです。そのため、非公開求人を取り扱う転職エージェントを利用することは効果的です。

しかし、エグゼクティブへの転職方法は転職エージェントを活用するだけではなく、他にも方法がいくつかあります。

自分から企業に声をかける

エグゼクティブへの転職を希望するということは、すでにエグゼクティブを経験しているか、エグゼクティブになれるだけの実績などを持っているということでもあります。

そのため、エグゼクティブへの転職を希望する人は、他社への強い繋がりを持っていたり、他社の重要なポジションに就いている人を知っていたりなどすることもあります。この繋がりを利用して、自ら企業に声をかけて転職をする人もいます。

ヘッドハンティングされる

すでにエグゼクティブ職に就いている人の中には、大きな実績を持っているもいます。その実績や高い能力を聞きつけて、ヘッドハンターからヘッドハンティングを受けることもあります。

ヘッドハンティングの場合は、自ら転職活動を行うわけではないため、狙ってできる転職方法ではありませんが、エグゼクティブ転職の方法の1つではあります。

エグゼクティブの転職を成功させよう

エグゼクティブ層への転職は検討する人も、受け入れている企業も日本では少ないです。そのため、エグゼクティブ転職は非常に難易度が高いです。しかし、エグゼクティブ層への転職は全くできないというわけではありません。

転職エージェントや自ら企業に声をかけたり、ヘッドハンティングなど、いろいろな方法があります。なので、自分に適した転職方法で、エグゼクティブ転職を成功させるようにしましょう。

Related