Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月05日

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介

「現状から抜け出したい!」転職をしたいと考える人の理由は様々です。では、実際の転職活動にはどれくらいの期間がかかり、どのような準備が必要なのでしょうか。ここでは、転職活動に必要な書類、面接、おすすめの転職サイト等について紹介していきます。

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介

転職活動にかかる期間

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介
在職しながら転職活動の準備を始めて、次の会社に入社するまでにどれくらいの期間がかかるのでしょうか。一般的には、3か月~半年と言われています。

働きながら準備をする場合は、以下のような理由をふまえて余裕を持ったスケジュールを組みましょう。
  • 志望した企業への応募者が多く、書類選考までに時間がかかる。
  • 面接日時の調整が、働きながらだと双方の都合がなかなかつかない。
  • 企業側が繁忙期であったり、複数の候補者で迷っている場合、合否の結果が遅れる。
  • 内定をもらっても、現職の引き継ぎや退職交渉に時間がかかる。

転職活動は在職中が良い?

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介
転職準備には結構な時間や労力がかかるものです。「そんなに時間がかかるなら今の会社を辞めて、それから転職活動をしよう」そんなふうに考え、迷うこともあります。ですが。在籍しながら転職活動をするか、辞めてからにするか。両方にメリット・デメリットがあります。

双方のメリット、デメリットを把握し、自分に合った転職活動をしましょう。
  • 働きながらの転職活動準備:資金面での不安がない分、転職活動への時間が制限される。
  • 会社を辞めて転職活動準備:準備にじっくりと時間をかけられる。けれど経済的な負担が増したり、転職先が決まらないと焦りが出てくる。

転職活動するときの準備6つ

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介
転職活動は実際になにからはじめればいいのでしょうか。ここでは、転職活動の大まかな流れと必要な準備6つをご紹介します。準備をきちんと行い、転職後に後悔することがないようにしましょう。

転職活動するときの準備1:転職とキャリアについて考える

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介
「キャリアアップしたい」「今の会社に不満がある」転職をしたいと考える理由はたくさんあります。まずは転職したい理由を、自分の中で整理することが必要です。

その中で、今の会社で自分の理想や目標が実現できるか、を考えてみましょう。それができるなら、今の会社に残るという方法もあります。

できないのはなぜなのか、その理由こそが、次の企業への志望動機にも繋がります。これからの自分がどうなりたいか、キャリアを考え深めるきっかけになります。

転職活動するときの準備2:情報収集

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介
転職活動の中を行うにあたって、色々な情報収集源があります。色々な情報収集源を比較することで、自分の希望の企業、譲れない条件が見つかります。

さまざまな角度から情報を入手することで、自分のこだわりが見つけることができます。それが自分のこれからのキャリアを考えるきっかけにもなります。ここでは、準備に必要な情報が手に入る情報の入手先を紹介します。
  • 求人サイト(リクナビNEXT、マイナビ転職など)
  • 人材紹介サイト(リクルートエージェント、マイナビエージェントなど)
  • ハローワーク
  • 地域求人情報誌、新聞の折り込み求人、企業ホームページ、など

転職活動するときの準備3:書類作成

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介
転職活動の準備に欠かせないのが、応募書類の作成です。まずは会ってみたいと感じてもらえる書類を作ることが必要です。

応募書類の記入がなかなか進まない場合、情報を収集をさらに行って自分のこだわりをみつけるのが良いでしょう。ここでは転職活動に必要な書類について紹介します。
  • 履歴書(志望動機は一般的なものでなく志望企業に向けた内容であることがポイント)
  • 職務経歴書(自分の経歴から、応募する業界、企業に合った能力を選んで記述する)
  • 添え状(応募企業への挨拶文。応募した動機などを簡潔に説明する)

転職活動するときの準備4:応募する

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介
必要書類の準備が終わったら、実際に応募してみましょう。ただ応募せずに書類への細部の気配りが重要になります。些細なことですが、応募企業への熱意も伝わります。

些細な気配りがビジネスマナーと考え、応募書類は丁寧に扱うようにしましょう。書類を応募するときのさらにひと工夫を紹介します。
  • 定形外の封筒を使用し、応募書類をクリアファイルに入れる。
  • 応募期限内に届くようにする。急ぎの場合は、速達などを使用する。
  • メールでの連絡が可能な場合、書類送付したことを企業に伝える。

転職活動するときの準備5:面接を受ける

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介
書類選考が通過し、いざ面接になったときは緊張しまう。面接では応募企業と自分のキャリアが合っているか、すり合わせる機会と捉えるようにしましょう。

どうしてもこの企業に受かりたいと気持ちは募ります。けれど失敗して焦っても、面接官も人間です。素直に緊張していることを伝えれば、悪印象にはなりません。相手を対話するつもりで、面接に臨みましょう。ここでは企業が注目している何点かをご紹介します。
  • 応募企業が求めている実務能力について理解しているか。
  • これまでの職務経歴と志望動機に関連があるか。
  • 立ち振る舞いで、ビジネスマナーがあるか。

転職活動するときの準備6:内定後に退職と入社の準備

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介
面接に合格し内定を企業から頂いた場合、さまざまな退職の準備が必要です。ですが、お世話になった今までの企業から円満に退職できるようにしましょう。

退職と入社の準備を並行して行うと、どうしても慌ただしくなります。漏れのないように、丁寧に作業を行いましょう。退職までに必要な準備を紹介していきます。
  • 退職願の作成、提出(仕事の引き継ぎも考慮し、余裕をもって一か月以上前に報告する)
  • 現職の引き継ぎ(後任者のことを考え、必要な情報を伝える)
  • あいさつ状を送付(在職中は取引先関係各所へ。退職後は退職企業へ)
  • 社会保険・税金と雇用保険の手続き(現職の資格失効日の確認、健康保険、厚生年金の移行手続き)
  • 現職企業に返却、提出するものを確認する(年金手帳、雇用披保険者証、源泉徴収票、企業の備品など)
  • 内定先から送られてきた必要書類への記入(内定承諾書や、雇用契約書など)

おすすめ転職エージェント5選

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介
「準備を一人で全部するのは大変だ」「どこから手を付けていいのか分からない」そんな人には、転職エージェントサイトへの登録をおススメします。

登録をすると転職のエキスパートがヒアリングから、自分に合った企業の紹介をしてくれます。ここではおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

おすすめ転職エージェント1:マイナビエージェント

株式会社マイナビが運営している転職エージェントサービス。「マイナビ転職」は自分で求人に応募します。

「マイナビエージェント」は転職エージェントがヒアリングから応募書類のアドバイスや非公開求人の紹介をしてくれます。応募書類の提出や面接の日程交渉をしてくれるので、現職がある忙しい人にとっておすすめです。

おすすめ転職エージェント2:マイナビジョブ20’s

株式マイナビが運営している第二新卒・既卒に特化した転職エージェントサイト。20代の人や、第二新卒で転職を初めてしたい、という人におススメです。業界未経験OKの求人情報が多数あるのも特徴です。

おすすめ転職エージェント3:doda

パーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントサービス。優良企業や年収500万円の求人があるのが特徴です。

登録すると、現在の自分の経歴、年収、企業へ希望を細かく入力し、それを元に転職エージェントと転職の相談ができます。登録をするだけでも、いま自分が企業に何を求めているか気が付けます。

おすすめ転職エージェント4:パソナキャリア

株式会社パソナが行う転職エージェントサービス。親身になって、手厚い相談に乗ってくれるエージェントがいることで定評があります。年収アップの希望を聞いてくれたり、各専門分野のキャリアアドバイザーがいることも安心のひとつです。

おすすめ転職エージェント5:リクルートエージェント

株式会社リクルートが運営する転職エージェントサイト。求人数の多さとオフィスで転職相談面談をできることが特徴です。登録をすると、リクルート本社で転職アドバイザーとの面談があります。

転職スケジュールも自分のスタイルに合わせて細かくアドバイスをくれます、一度、顔を合わせて面談しているからこそ、安心して転職準備の相談をすることができます。

転職活動は準備が大切!

転職活動するときの準備6つ|おすすめの転職エージェントを紹介
いかがでしたでしょうか。色々な準備が転職には必要です。準備を進めていく中で、すこしづつ自分の求めているキャリアが見えてきます。「そんなにできないよ」という人も「まだいいか」と迷っている人も、ますは動いてみることをおススメします。

Related