Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月13日

転職オファーとはなにか?優良なオファーを見極めるポイント2つ

「転職オファーとはなにか?」を解説します。転職活動をしている人には重要なものなので転職オファーを知りましょう。オファーの良し悪しで良い企業か、そうでないかもわかります。ブラックと言われる企業に捕まらないための優良なオファーを見極めるポイント2つも紹介します。

転職オファーとはなにか?優良なオファーを見極めるポイント2つ

転職サイトからくるオファーとは?

転職サイトに登録するとオファーというメッセージ(メール)が届くことがあります。オファーメッセージ(メール)とは「うちの会社はどうでしょうか、興味を持ってほしいです」といった内容のメッセージです。

登録している本人宛に届くオファーメッセージもありますが、住んでいるところや年齢、職歴などがおおまかにマッチしている場合にダイレクトメールのように送られてくるものもあります。

優良オファーをもらうコツ3つ

優良なオファーをもらうコツを3つ紹介します。優良なオファーをもらうには、自分がどんな人なのか、何が得意なのかなどをしっかり伝える必要があります。

また、コツをしっかり覚えておくと転職に対する真剣さも伝わり優良なオファーがもらえるようになります。

優良オファーをもらうコツ1:転職サイトの情報をしっかりと書く

優良オファーをもらうコツ1つめは、転職サイト内に記載する自分の登録情報をしっかりと書くことです。転職サイト内の登録情報は履歴書と同じです。その情報を見て企業側がオファーを出してくれます。

「顔が見えないんだからいいだろう」と、いい加減に書いたりしてはいけません。登録情報をしっかりと書くことで、転職への真剣さも伝わり、優良オファーが届くようになります。

優良オファーをもらうコツ2:登録内容を定期的に更新する

優良オファーをもらうコツの2つ目は、登録情報を定期的に更新することです。定期的に更新することで、その転職サイトをしっかり利用していることがわかります。

また、登録情報を定期的に更新すると企業側にも新しい情報が与えられるとともに、転職する気持ちが強いことが伝わります。

優良オファーをもらうコツ3:複数の転職サイトに登録しておく

優良オファーをもらうコツ3つめは、複数の転職サイトに登録しておくことです。1つの転職サイトよりも2つ、3つと登録することで間口も広がります。

そして、Aの転職サイトにはなかった企業がBにはあったりなど、すべての転職サイトで同じ求人情報が載っているわけではありません。複数の転職サイトに登録することで条件に合った、優良オファーがくる確率が格段にUPします。

優良なオファーを見極めるポイント2つ

優良なオファーを見極めるポイントを2つ紹介します。この2つのポイントさえクリアーしていれば優良なオファーだと言えます。

転職を真剣に考えている人に時間はもっとも大切です。怪しいオファーなどに使う時間はありません。オファーがきたときにはしっかり確認しましょう。

優良なオファーを見極めるポイント1:経歴書を確認しているのが分かるか

優良なオファーを見極めるポイント1つ目は、経歴書を確認しているのが分かるかどうかです。企業が本人に宛ててオファーを送ってくる場合は、経歴をきちんと確認して送ってくるでしょう。

そのため、文面には経歴について触れているはずです。逆に、一斉送信のような形のオファーメッセージなら、当たり障りないことしか書かれていない場合が多々あります。自分の経歴について触れてくれているかどうかがポイントになります。

優良なオファーを見極めるポイント2:面接について触れられているか

優良なオファーを見極めるポイント2つめは、面接について触れられているかという点です。企業が求めている人材にオファーを出す場合、面接の日程を提示してきます。

転職したい人は「転職先を早く決めたい」と考えて転職サイトを利用しているでしょう。それは企業側も同じで、欲しい人材は早めに確保したいと考えています。そのため、優良なオファーであれば、声をかけてから日程を決めるようなことは少ないと考えていいでしょう。

注意が必要な転職オファー

優良なオファーがあれば、注意が必要な転職オファーもあります。転職サイトに登録すると、さまざまなオファーメッセージを受け取ることになります。ここでは、注意が必要な転職オファーの特徴を見てみましょう。

何度も同じメールがくる

何度も同じメールがくるところは注意が必要です。何度も同じということは、文面は決まっているということです。経歴や面接についても触れられてはいないでしょう。

また、何度も頻繁にとなると、より注意が必要で避けるべき企業だといえます。頻繁に同じ内容のオファーであれば「募集をしても人が入ってこない・入ってきてもすぐ辞めてしまう」という状態だと予想できます。人が居つかない企業の可能性があります。

ハードルが低いオファー

ハードルが低いオファーにも注意しましょう。自分の求めている条件にあっているのであれば、その限りではありません。

しかし、あまりにも低く「誰でもいい」といったような形であれば避けるべきです。低くするには、すぐに人が辞めてしまって常に人が居ないなど、人を集めなければならない理由があると考えられます。

慢性的にオファーがあり、ハードルがあまりにも低いところは避けた方が無難でしょう。

オファーがある転職サイト7選

オファーがある転職サイト7選を紹介します。大手の転職サイトなので、1度は名前を聞いたことがあるでしょう。安心感も抜群です。オファーがある転職サイト7サイトの特徴をご覧ください。

オファーがある転職サイト1:リクナビNEXT

転職を望む人の8割が利用しているのが「リクナビNEXT」です。転職サイトを利用する際には登録しておきたいサイトです。全求人のうち9割が正社員求人です。株式会社リクルートキャリアが運営しています。

人気の理由はさまざまな業種をカバーしていること、広い年齢層や経歴があまりない人でも使いやす点です。未経験から転職したい人にも利用しやすくなっています。

オファーがある転職サイト2:DODA

DODAは、転職エージェントサービスが受けられ、求人の数が多いことで人気の転職サイトです。パーソルキャリア株式会社が運営しています。

DODAに登録するだけでDODAエージェントにも登録されアドバイザーのサポートを受けられるため「自分で仕事も探したい、でも、ちょっと不安だ」という人も安心して利用することができます。

オファーがある転職サイト3:ビズリーチ

ビズリーチは、ヘッドハンターがいるスカウト型の転職サイトです。株式会社ビズリーチが運営しています。管理職経験者や、専門職歴の長い人、年収が高めの人などが利用するといいサイトです。

無料でも利用できますが、ヘッドハンティングや高い年収の求人を希望する場合は有料会員になる必要があります。すべてを利用できるハイクラス会員はスカウト型なので、ゆっくり転職を考える人にお勧めです。

オファーがある転職サイト4:キャリアカーバー

キャリアカーバーは、自分に合うヘッドハンターを選べるスカウト型の転職サイトです。リクルートキャリアが運営しています。高収入求人が多く掲載されており、そのほとんどが年収1,000万円以上の求人です。

ビズリーチと並び、ハイクラスの人向けのサイトです。キャリアカーバーの1番の特徴は、ヘッドハンターのプロフィールを見て自分でヘッドハンターを選べます。余裕を持って転職ができる人向けです。

オファーがある転職サイト5:キャリア転職サイト@type

エンジニアの転職にお勧めなのが、キャリア転職サイト@typeです。株式会社キャリアデザインセンターが運営しています。IT系やエンジニア系に強い転職サイトなので、WEB系の資格などからも求人の検索ができます。

オファーがある転職サイト6:マイナビ転職

20代、30代におすすめなのが「マイナビ転職」です。株式会社 マイナビが運営しています。求人情報の検索方法もあり、適正診断から探すこともできます。

また、専門サイトからも求人が探せたり、女性専用の求人コーナーもあるほど女性の求人も豊富です。男性も女性も使いやすいサイトです。

オファーがある転職サイト7:エン・ジャパン

約80%が独自の求人の「エン・ジャパン」です。若い世代から経験豊富な世代まで、幅広い求人があります。また、サイト内には転職、退職に役立つ情報もあり職探し以外で悩む必要がありません。

優良オファーをもらうコツを知ろう

優良オファーをもらうコツを知って転職をスムーズに行いましょう。自分の条件に合った優良オファーをもらえれば、時間をかけず転職先が見つけられます。

また、優良オファーをくれる企業は信用でき、働きやすい職場でしょう。自分の経歴をしっかりアピールして、優良なオファーをもらいましょう。

Related