Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月11日

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに採用されるケース4つ

転職活動が多い人へのファイナンシャルプランナー転職についての記事です。この記事を参考にして、後悔のない転職活動をしていきましょう。親切丁寧に就活のサポートをしてくれる転職エージェントを有効活用して転職活動を行いましょう。

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに採用されるケース4つ

転職回数が多いと転職しづらいのか?

転職回数が多い場合、志望企業に懸念を抱かれる場合があります。

転職回数が多い場合、会社への忠誠心や性格的な問題があるのではないかと企業側に思われる場合がありますが、どの職種や業界でも同じという訳ではありません。

また、同じ業種内での転職回数が多い場合は経験が豊富ということになるため、即戦力と期待されて優先的に採用される場合もあります。

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに採用されるケース4つ

転職回数が多い場合でもファイナンシャルプランナーに採用される場合があります。

転職回数が多い場合でも優遇される職種としてファイナンシャルプランナーがあります。ファイナンシャルプランナーの資格は、保険や銀行といった金融業界であれば取得が必須の資格となっています。

ここでは転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに採用されるケース4つをご紹介します。

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに採用されるケース1:銀行へ転職する

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに採用されるケースのひとつ目は、銀行へ転職する場合です。

ファイナンシャルプランナーの多くは銀行に勤務しています。しかし入社時にFPの資格を持っている人は多くなく、業務をおこなううちに必要を感じて資格取得をする人が多いです。

そのため、最初からFPの資格を持っており、キャリアのある人は、転職回数が多くても採用されやすいでしょう。

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに採用されるケース2:保険会社に転職する

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに採用されるケースの2つ目は、保険会社に転職する場合です。

ファイナンシャルプランナーの9割は銀行や保険会社に勤務しています。保険会社の場合も最初からFPの資格を持っている人は多くありません。

そのため、最初からFPの資格を持っており、保険会社勤務のキャリアのある人は、転職回数が多くても採用されやすいでしょう。

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに採用されるケース3:不動産会社に転職する

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに採用されるケースの3つ目は、不動産会社に転職する場合です。

FPの資格は金融だけでなく不動産関係の仕事にも強いです。そのため、資格を持っておけば転職回数が多くても不動産関係の企業では採用されやすいでしょう。

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに採用されるケース4:派遣やパートで働く

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに採用されるケースの4つ目は派遣やパートで働く場合です。

FPの資格は主婦層にも人気の高い資格です。また、派遣やパートといった働き方も可能なので、そういった雇用形態の場合は転職回数が多くても採用されやすいでしょう。

転職しやすい人の特徴4つ

転職しやすい人にはいくつかの特徴があります。

最近では転職がキャリアアップのひとつの方法として確立しており、転職回数の多い人も増えてきています。しかし転職を選ぶ人の中にも、転職活動が上手くいく人といかない人がいます。

ここでは転職しやすい人の特徴4つをご紹介します。

転職しやすい人の特徴1:転職を自分のステップアップにしている

転職しやすい人の特徴のひとつ目は、転職を自分のステップアップにしていることです。

転職回数が多い人の中には、転職を自分のキャリアアップやステップアップだと考えている人も多いでしょう。

そのため、さまざまな実績や経験を積み、転職先で何ができるか、スキルアップのために何をしていきたいかといった目標をはっきり持っている人は、転職回数が多くても転職を成功させやすいでしょう。

転職しやすい人の特徴2:しっかりとした転職の目的がある

転職しやすい人の特徴の2つ目は、しっかりとした転職の目的があることです。

転職活動において、なぜ転職をするのかという理由をはっきりさせることは重要です。なぜなら採用面接でも必ず聞かれる質問であり、企業としても強い目標を持っていることを重要視しているためです。

そのため、仕事における目標が定まっている人の場合は、転職回数が多くても転職活動が成功しやすいでしょう。

転職しやすい人の特徴3:問題解決のために転職活動をしている

転職しやすい人の特徴の3つ目は、問題解決のために転職活動をしていることです。

転職をする理由はさまざまですが、なかには人間関係や仕事内容がきついといったマイナスの理由である場合も多いです。しかし転職理由が前職への不満だけになってしまうと、転職も上手くいきません。

そのため、不満があるからこそ、そういった問題解決のために転職を成功させようと考えることが重要です。

転職しやすい人の特徴4:人づき合いが得意

転職しやすい人の特徴の4つ目は人づき合いが得意であることです。

転職回数が多い人の特徴のひとつに、人づき合いが得意だということが挙げられます。人付き合いが上手い人なら、新しい会社に就職してもすぐに溶け込むことができるでしょう。

そのため、コミュニケーションスキルが高い人や、人と関わることが好きな人は転職回数が多くても転職しやすいと言えるでしょう。

ファイナンシャルプランナー求人に強い!おすすめの転職エージェント10選

ファイナンシャルプランナーの転職におすすめの転職エージェントがあります。

転職エージェントにはさまざまな種類があり、専門スキルをもった人材に特化したエージェントや、高額な年収を提示しているハイキャリア向けのエージェントなど専門特化したものも増えています。

ここではファイナンシャルプランナー求人に強いおすすめの転職エージェント10選をご紹介します。

ファイナンシャルプランナー求人に強い!おすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

ファイナンシャルプランナー求人に強いおすすめの転職エージェントの1個目はリクルートエージェントです。

国内最多の求人数を誇る転職エージェントで、全国の求人を網羅しています。さらに豊富な求人非公開求人を保持しており、ニッチな業界の案件も扱っています。

さらに、実績を積んだキャリアコンサルタントが数多く在籍しているため、ファイナンシャルプランナーの転職を探す場合にも手厚いサポートを受けられる点も魅力です。

ファイナンシャルプランナー求人に強い!おすすめの転職エージェント2:spring転職エージェント

ファイナンシャルプランナー求人に強いおすすめの転職エージェントの2個目はspring転職エージェントです。

世界60カ国に拠点を持つ外資系転職エージェントで、組織体制が3つの職種専門部門に分かれているため、企業と求職者のミスマッチが起こりにくくなっています。

また、大手の転職エージェントとはタイプの異なる転職エージェントなので、さまざまな視点から転職先を選びたい場合にもおすすめです。

ファイナンシャルプランナー求人に強い!おすすめの転職エージェント3:リクナビネクスト

ファイナンシャルプランナー求人に強いおすすめの転職エージェントの3個目はリクナビネクストです。

リクルートキャリアが運営する社会人向けの大手転職サイトで、日本最大級の会員数を誇り、転職希望者の約8割が利用していると言われています。

また、幅広い職種や業種の求人を取り扱っており、企業からスカウトを受けることも可能です。そのため、ファイナンシャルプランナーの求人を探す場合にも選択肢に困ることはありません。

ファイナンシャルプランナー求人に強い!おすすめの転職エージェント4:マイナビエージェント

ファイナンシャルプランナー求人に強いおすすめの転職エージェントの4個目はマイナビエージェントです。

転職大手のマイナビが運営する転職エージェントで、求人が豊富です。マイナビがこれまでの転職サイト運営により築いた企業との信頼を、転職エージェント事業にも活かしています。

また、中堅層の転職サポートだけでなく20代を含めた幅広いサポートを行っているため、ファイナンシャルプランナーの転職にもおすすめです。

ファイナンシャルプランナー求人に強い!おすすめの転職エージェント5:ビズリーチ

ファイナンシャルプランナー求人に強いおすすめの転職エージェントの5個目はビズリーチです。

年収1,000万以上を目指すハイキャリア向けのヘッドハンティング型転職エージェントで、スカウト機能が充実しています。特化したスキルを持つ人材なら、企業からのスカウトを待つのも良いでしょう。

また、特別なオファーも見込めるため、年収の高いファイナンシャルプランナーの転職先を探すならビズリーチがおすすめです。

ファイナンシャルプランナー求人に強い!おすすめの転職エージェント6:JACリクルートメント

ファイナンシャルプランナー求人に強いおすすめの転職エージェントの6個目はJACリクルートメントです。

イギリス発祥の外資発の日系転職エージェントで、特定スキルに関するスペシャリストに特化しています。また、グローバルのハイキャリア案件に強いという特徴があり、キャリアに自信のある人向けになります。

さらに年収1,000万越えの案件が豊富にあるため、年収の高い転職先を探している場合にもおすすめです。

ファイナンシャルプランナー求人に強い!おすすめの転職エージェント7:doda

ファイナンシャルプランナー求人に強いおすすめの転職エージェントの7個目はdodaです。

転職業界最大手のインテリジェンスが運営する転職エージェントで、豊富な求人数と幅広い選択肢が特徴です。質の高いエージェントにより、スピーディーな対応を行ってもらえます。

また、プロ視点で自分に合う転職先を提案してもらえるので、ファイナンシャルプランナーの転職先を探す場合でもミスマッチが起こりにくいのも魅力です。

ファイナンシャルプランナー求人に強い!おすすめの転職エージェント8:career town

ファイナンシャルプランナー求人に強いおすすめの転職エージェントの8個目はcareer townです。

career townは最適な転職サイト選びができる転職応援メディアです。転職者が希望どおり求人を見つけられるように、転職者ひとりひとりに合った転職エージェントをピックアップしてくれます。

転職エージェント選びに迷っている場合は、career townの転職サイト診断を受けてから転職先を探すのもいいでしょう。

ファイナンシャルプランナー求人に強い!おすすめの転職エージェント9:転職サーチ

ファイナンシャルプランナー求人に強いおすすめの転職エージェントの9個目は転職サーチです。

転職サーチ自体は転職エージェントではなく、リクナビやマイナビなどの転職サイトに登録されている求人をまとめて検索できる仕事探しアプリです。

転職エージェントに登録する前に調べておくことで、自分が求めているファイナンシャルプランナーの転職先が登録されている転職エージェントを選択することが可能です。

ファイナンシャルプランナー求人に強い!おすすめの転職エージェント10:パソナキャリア

ファイナンシャルプランナー求人に強いおすすめの転職エージェントの10個目はパソナキャリアです。

パソナキャリアカンパニーが運営する転職エージェントで、すべての業種、職種をカバーしています。さらにパソナキャリアにはここにしか求人が出ていない独占求人が多いという特徴があります。

そのため、ファイナンシャルプランナーの転職先を探す場合にもチェックしてみることをおすすめします。

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーに転職できる

転職回数が多くてもファイナンシャルプランナーには転職可能です。

転職回数が多い人の場合、多くの志望企業では採用時にさまざまな懸念を抱く場合があります。しかしファイナンシャルプランナーは経験やキャリアが重要視されるため、転職回数が多いことは大きな問題にはなりません。

そのため、ファイナンシャルプランナーに転職を考えている人は、転職しやすい人の特徴を踏まえて転職活動をおこなうようにしましょう。

Related