Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月30日

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント10選|必要なスキル

宅地建物取引士として転職を成功させるには自分の年齢や居住地、ハイキャリア案件にこだわるかどうかなど転職希望者にマッチする転職エージェントを探すことです。宅地建物取引士に関連する資格がある人は、比較的優位に転職活動ができるはずですから必ず成功させましょう。

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント10選|必要なスキル

宅地建物取引士とは

宅地建物取引士とは、土地や建物の売買、賃貸物件の仲介業務などをおこないます。

マイホームのローン返済は高額ですから購入手続きの意思を示し、手続きが進行してから信頼関係が破たんしたら大変です。そのようなことがないよう、土地や建物などの専門的知識を有しない当事者に重要事項を説明するのが宅建士の仕事です。

不動産の担保価値を調べて評価することが多い金融機関の業務でも、宅建の資格保有者は優遇されます。

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント10選!

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェントを探して情報を集めましょう。不動産関係や金融機関建築関係など宅建の資格が優遇される業種はさまざまです。

中途採用は即戦力ですから、自分のスキルや資格が仕事にいかせるかを見極めてマッチングしてくれるエージェントは重要です。また中途採用の時期もポイントです。業界の情報などを多く持っている大手のエージェントで中途採用を成功させましょう。

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント1:リクルートエージェント

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェントのひとつがリクルートエージェントです。リクルートエージェントは、リクルートグループのリクルートキャリアが提供しているエージェントサービスです。

各業界に通じた専任のキャリアアドバイザーによるサポートもうけることができます。たとえば不動産業界ではなく建築関係の中途採用を望むケースでも、専任のキャリアアドバイザーがいるので対応可能です。また全国に拠点があるのでUターン転職も実現可能です。

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント2:エン エージェント

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェントにマイナビエージェントがあります。専任のキャリアパートナーが転職のフォローをしてくれるので中途採用の不安を解消してくれます。

また転職サイトに掲載されていない非公開求人も多く、転職の面倒な手続きも代行してくれます。入社が決まってからも継続的なフォローが受けられます。勤務を続けながらの転職活動は大変なのでこういうエージェントは助かります。

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント3:マイナビエージェント

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェントはマイナビエージェントです。

マイナビエージェントとマイナビ転職があり違いが分かりにくいのですが、転職活動時にキャリアアドバイザーのサポートを受けられるかにあります。資格試験の勉強をしながら同時進行で中途採用の準備をする人は転職サイトでは不十分です。

また、キャリアアドバイザーから履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートも無料で受けられます。

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント4:DODAエージェント

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェントはDODAエージェントです。中途採用業務を一括管理できるツールを無料で使えるサービスもあるので、中途採用を希望する人には助かります。

また、キャリアカウンセリングも全国主要10都市から選んで受けることができるので転居して中途採用を希望する人にも対応可能です。海外都市に拠点があるので国内外問わず幅広い視野でキャリアアップを検討できます。

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント5:パソナキャリア

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェントはパソナキャリアです。転職エージェントの顧客満足度も高く転職する際に利用したいエージェントです。

選任のキャリアアドバイザーが将来を見据えてサポートしてくれます。独占求人も多いため選択肢も多いです。人材派遣業も行っていることもあり企業とのパイプも強みです。求人数が多いだけでなく会社の実態も把握しているので的確な情報を得ることができます。

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント6:Spring転職エージェント

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェントはSpring転職エージェントです。またSpring転職エージェントのアデコは世界約60カ国に拠点を持ち、人材派遣事業とともに業界のNo.1シェアを誇る企業でもあります。

転職希望者と求人企業を担当することも多くミスマッチがおこりにくいので、転職を機会にキャリアアップできます。グローバルネットワークの情報源をいかして海外就職を目指しても良いでしょう。

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント7:JACリクルートメント

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェントはJACリクルートメントです。ロンドンが発祥の外資系エージェントということもありハイキャリアを目指す人におすすめです。

宅地建物取引士は銀行でも優遇されますので、海外で仕事をしたい人はこのエージェントを有効活用しましょう。

市場価値などはシビアに判断することもあるので、ハイキャリア転職希望の人におすすめです。

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント8:ビズリーチ

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェントはビズリーチです。CMなどでよくみかけるエージェントですが、ハイクラス案件に特化しています。希望年収によっては利用できないケースもあるので注意が必要です。

ヘッドハンティングも多いのでスカウトで転職が成功するケースもあります。資格取得に時間も取られがちですので転職活動に時間をかけたくない人におすすめです。

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント9:type転職エージェント

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェントはtype転職エージェントです。東京、神奈川、埼玉、千葉など関東圏で就職を検討している人におすすめです。老舗転職エージェントなので歴史の長い有名企業案件も豊富です。

しかし、1都3県に特化していますので他県の方はメリットがあまりありません。関東以外の方は他の転職エージェントを有効活用しましょう。

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェント10:ハタラクティブ

宅地建物取引士の中途採用実績が豊富なエージェントはハタラクティブです。

ハタラクティブは、おもに第二新卒や既卒など若年層の転職活動をサポートしています。未経験歓迎求人を常に1000件以上持っているので、まだキャリアが充分でないけど転職したいという方におすすめです。

ハイキャリアなどを望まなければ転職もスムーズですし、サポートも丁寧です。東京、大阪、名古屋、福岡などの主要都市に案件が集中しています。

宅地建物取引士に中途採用されるために必要な5つのスキル

宅地建物取引士に中途採用されるために必要な5つのスキルを考察しましょう。外国人居住者も増えていますし、語学能力を伴う宅地建物取引士も必要でしょう。

また不動産の仲介を行う際に現地調査や内覧をすることも多いので普通自動車運転免許は必須です。PCスキルについてはどのジャンルの仕事も必須です。Googleマップを有効活用すれば内覧の手間が省けるケースもあります。他にもありますので順番にみてみましょう。

宅地建物取引士に中途採用されるために必要なスキル1:語学

宅地建物取引士に中途採用されるために必要なスキルは語学力です。昔はリスク回避もあって外国人居住者とは賃貸借契約は結びませんという張り紙をだす大家さんもいました。

しかし外国人居住者が近年増加している現状を踏まえると、外国の方との賃貸借契約締結の仲介は今後も増えていくでしょう。比較的外国人居住者の多い地域だと、語学は英語だけでなく中国語や韓国語など第2外国語のスキルも必要でしょう。

宅地建物取引士に中途採用されるために必要なスキル2:普通自動車免許

宅地建物取引士に中途採用されるために必要なスキルは普通自動車免許です。

不動産の売買契約や賃貸借契約を締結してもらう際、同じ日に数件物件の内覧をすることもあります。駅から徒歩何分かとか、日当たりは良好なのかとか、近隣にややこしい人はいないかなど気になることはいろいろあります。

1日に複数の物件の内覧が必要なケースでは普通自動車免許は必須です。車がないと1日複数の内覧は物理的に不可能です。

宅地建物取引士に中途採用されるために必要なスキル3:パソコン

宅地建物取引士に中途採用されるために必要なスキルはパソコンです。顧客情報や物件情報の管理はもちろんGoogleのストリートビューで物件を説明したり、さまざまな状況で使います。

パソコンスキルは高ければ高いほど仕事の幅が広がるので転職の際はぜひアピールしましょう。MOS試験に合格している人は履歴書に書きましょう。エキスパートレベルの方だと好印象です。

宅地建物取引士に中途採用されるために必要なスキル4:不動産鑑定士

宅地建物取引士に中途採用されるために必要なスキルは不動産鑑定士です。宅地建物取引士だけでなくダブル資格として不動産に関連する資格を保有していると仕事の幅が広がります。

中途採用は即戦力ですからできる人をアピールしましょう。不動産鑑定士は特別な資格ですから不動産の経済価値に関する専門家が不動産の仲介もできたらスピード感も増します。

宅地建物取引士に中途採用されるために必要なスキル5:ファイナンシャルプランナー

宅地建物取引士に中途採用されるために必要なスキルはファイナンシャルプランナーです。宅地建物取引書士担保を必要とする業務もできるので金融業界に転職する人も多いです。ですからファイナンシャルプランナーなどの関連資格を持っている人は有利です。

ファイナンシャルプランナーの資格は金融業界で仕事をしている人は保有していることが多い資格です。お金の面でさまざまなサポートもできますしライフプランを提案できます。

宅地建物取引士に中途採用される人材に成長しましょう!

宅地建物取引士に中途採用される人材に成長しましょう。年齢や住んでいる地域によっても効果的な転職エージェントは違います。

宅地建物取引士として不動産業界、金融業界、建築業界など、どの業界に転職するかによってもマッチングは異なります。転職エージェントではキャリアアドバイザーが転職のノウハウをレクチャーしてくれるので安心です。

しっかりリサーチして自分のスキルと能力をいかせる職場に転職を成功させましょう。

Related