Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

20~50代別宅地建物取引士の平均年収|向いてる人の特徴特徴4つを紹介

宅地建物取引士の全体での平均年収は500万円前後、平均でもっとも年収が高いのは50代前半で648万円です。歩合制の企業で結果が出せれば年収1000万円も夢ではありません。独立開業の際には不動産鑑定士の資格をお勧めします。

20~50代別宅地建物取引士の平均年収|向いてる人の特徴特徴4つを紹介

宅地建物取引士の仕事内容

20~50代別宅地建物取引士の平均年収|向いてる人の特徴特徴4つを紹介
宅地建物取引士は不動産屋で重宝される資格であり、不動産で働く際に必要とされる資格でもあります。宅地を販売することはもちろんですが、宅地建物取引士ではないと行えない業務も多いです。

また、不動産屋の従業員5人のうち1人は宅地建物取引士を雇わないといけない決まりも存在しています。年収も高水準になっており、年収アップしたい人におすすめの資格です。

20~50代別宅地建物取引士の平均年収

20~50代別宅地建物取引士の平均年収|向いてる人の特徴特徴4つを紹介
上記でも紹介したように宅地建物取引士は貴重な人材であるため、資格を取得しているとそれだけ年収が上がります。そのため、不動産屋などで働く場合は取得しておくことをおすすめする資格です。

次に、20代~50代別の年収をそれぞれ紹介します。そのため、宅地建物取引士の年収がいくらぐらいなのかを知りたい人は参考にしてください。自身の年代と照らし合わせてみましょう。

20~50代別宅地建物取引士の平均年収1:20代

20代の宅地建物取引士の年収は、400万円前後です。他の職業と比べるとやや高水準になっているため、若者で年収を高めたい人におすすめの仕事です。しかし、20代は経験が不足していることもあり、働き始めでは300万円程度の年収になります。

実力主義の職業であるため、実績を残すことができれば給与に加算され、優秀な人材ならより多くの年収にすることも可能です。

20~50代別宅地建物取引士の平均年収2:30代

30代の宅地建物取引士の年収は450万円程度です。30代は結婚して家庭を持っている人も多くいますが、十分に生活していける年収であるため、安心して暮らすことができます。しかし、公務員とは違って安定した給与がもらえない可能性もあるため、リスクもあります。

30代は転職する最終ラインとも考えているため、30代で現在の年収に満足いっていない人は宅地建物取引士を目指してみてはいかがでしょうか。

20~50代別宅地建物取引士の平均年収3:40代

40代の宅地建物取引士の年収は550万円程度です。20代の年収と比べるとほぼ倍になっているため、安定して給与が増えている職種でもあります。女性の場合は100万円ダウンしてしまいますが、女性としては高年収です。

40代になるとボーナスの額も100万円に到達しているため、比較的贅沢もすることができます。私生活に余裕を持ちたい人におすすめの職種です。

20~50代別宅地建物取引士の平均年収4:50代

20~50代別宅地建物取引士の平均年収|向いてる人の特徴特徴4つを紹介
50代の宅地建物取引士の年収は600~700万円台です。そのため、一般のサラリーマンよりもやや多く、充実した生活を送ることも可能です。家庭を持っている人の多くは子供も自立している場合が多く、プライベート費用に充てることもできます。

50代まで働いていると何かしらの役職についている場合が多いため、さらに年収がアップすることも多いです。しかし、現場から離れてしまうことも多いです。

宅地建物取引士に向いてる人の特徴4つ

20~50代別宅地建物取引士の平均年収|向いてる人の特徴特徴4つを紹介
宅地建物取引士には向いている人と向いていない人がいます。向いている人なら天職になる可能性も高く、宅地建物取引士として働き続けることも夢ではありません。向いていない人でも努力することで問題なく勤めることができます。

次に、宅地建物取引士におすすめの人の特徴を紹介します。そのため、宅地建物取引士がどのような人に向いているのかや自身に適しているのか知りたい人は参考にしてください。

宅地建物取引士に向いてる人の特徴1:コミュニケーション能力が高い

20~50代別宅地建物取引士の平均年収|向いてる人の特徴特徴4つを紹介
宅地建物取引士はさまざまな人と会話をして仕事をこなす必要があるため、コミュニケーション能力は必須です。そのため、人と話すことに抵抗がない人におすすめの職種でもあります。

コミュニケーション能力に欠けている人ではうまく意思を伝えることができず、作業効率が悪くなったり、契約をとることができない場合が多いです。実績を残すことも難しくなり、昇格しにくくなります。

宅地建物取引士に向いてる人の特徴2:土地勘が強い

20~50代別宅地建物取引士の平均年収|向いてる人の特徴特徴4つを紹介
宅地建物取引士は現場まで物件を確認したり、紹介する必要もあるため、土地勘に強い人におすすめの職種です。最近ではナビやスマホを利用することができますが、どのような立地条件かまでは把握することができにくいです。

土地勘が強ければ自然とどのような場所に建てられている物件かを説明することができ、顧客に購入意欲を高めさせることもできます。

宅地建物取引士に向いてる人の特徴3:実力を評価されたい

20~50代別宅地建物取引士の平均年収|向いてる人の特徴特徴4つを紹介
仕事にはさまざまな職種があり、仕事内容もそれぞれ違います。さまざまある職種の中には実力を中々認めてもらうことがされない職種も存在しています。実力があるにも関わらず、評価されないと給与などに反映されることがありません。

宅地建物取引士の場合は、実力主義の考えが強いため、契約をとるなどして実績を残せば評価され、給与にも反映されます。評価されることで働く意欲を見出すこともできます。

宅地建物取引士に向いてる人の特徴4:メリットを見つけれる

宅地建物取引士は建物を販売することを主な仕事内容にしているため、さまざまな物件を受け持ちます。物件の中には多くのメリットをもっている物件もあれば、めぼしいメリットがない物件もあります。

メリットがない物件では、なかなか購入されにくくなってしまうため、小さなメリットでも見つけることが必要です。観察力や洞察力に優れている人におすすめの職種です。

宅地建物取引士の転職におすすめな転職エージェント6つ

20~50代別宅地建物取引士の平均年収|向いてる人の特徴特徴4つを紹介
宅地建物取引士として働きたい人も多くいるのではないでしょうか。人気が上昇している職種でもあるため、宅地建物取引士として働きたいと考えている人が多いです。

次に、宅地建物取引士になる際におすすめの転職エージェントを紹介します。そのため、宅地建物取引士として働きたいと考えている人や転職エージェントで求人を閲覧したい人は参考にしてください。

宅地建物取引士の転職におすすめな転職エージェント1:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、さまざまある転職エージェントの中でも知名度が高く、大手転職エージェントです。数多くの職種の求人を紹介しているだけではなく、求人数も国内最大級と豊富に用意されています。

そのため、宅地建物取引士を目指している人でも適した求人を見つけることも可能です。また、幅広い年代の求人を扱っているため、より幅広い人の希望に答えることができます。

宅地建物取引士の転職におすすめな転職エージェント2:リクルート

リクルートも上記で紹介したマイナビエージェントと同じ大手転職エージェントであるため、信用して利用することができます。また、転職支援率上位の実績があり、、転職することが初めての人でも安心して転職活動を行うことができます。

宅地建物取引士の転職におすすめな転職エージェント3:doda

dodaはスカウトメール機能を使用できる転職エージェントです。スカウトメールは企業側から連絡が来るまで待つだけで良いため、転職活動の負担を軽減することができます。現在の仕事をしながら転職活動を行いたい人におすすめの転職エージェントです。

転職活動の負担が多く、現在働いている仕事にまで影響が出てしまっている場合に利用してみてはいかがでしょうか。

宅地建物取引士の転職におすすめな転職エージェント4:パソナキャリア

パソナキャリアはハイキャリアの求人を紹介している転職エージェントであり、宅地建物取引士のベテランの人が転職時に利用することをおすすめします。ベテランの人でも自身のスキルにあったポジションの転職先に入社することができます。

専門のキャリアアドバイザーが常駐しているため、さまざまな相談にも的確に答えてくれます。そのため、転職の不安を感じずに転職活動を行うことが可能です。

宅地建物取引士の転職におすすめな転職エージェント5:リクナビNEXT

リクナビNEXTでは多くの宅地建物取引士の求人を取り扱っているため、より多くの転職先を見つけることができます。特に、経験者優遇の求人情報を扱っているため、経験者におすすめの転職エージェントでもあります。

また、宅地建物取引士の資格があればより有利に転職先を決めることが可能です。宅地建物取引士の資格がある場合や勤務経歴がある人は利用してみてはいかがでしょうか。

宅地建物取引士の転職におすすめな転職エージェント6:ビズリーチ

ビズリーチは高年収の求人を多く取り扱っている転職エージェントであるため、高年収を目的に宅地建物取引士として働きたい人におすすめです。また、多くの転職エージェントではランダムでキャリアアドバイザーを選びますが、求人者が自由に選ぶことができる特徴があります。

そのため、自身に合わないと感じたキャリアアドバイザーの場合は変更することも可能です。管理職も多く紹介されています。

宅地建物取引士の平均年収を知ろう

20~50代別宅地建物取引士の平均年収|向いてる人の特徴特徴4つを紹介
宅地建物取引士を目指す際に年収を気にする人も多くいるのではないでしょうか。宅地建物取引士の平均年収を把握することで一般企業で勤めている人よりもやや高水準であることを認識できます。

また、上記でも紹介したように実力主義の職業でもあるため、実績を残せば残すほど高年収になることも夢ではありません。

Related