Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人

宅地建物取引士として転職を活動を行うにあたり、採用されるケースと転職しやすい人の特徴をまとめました。宅地建物取引士の資格を所有していれば転職に有利になることもありますが、実績を積んでいる人材を企業は求めています、この記事を参考に転職に対する知識を深めましょう。

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人

転職回数が多いと転職しづらいのか?

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人
海外ではスキルアップを目指すだけでなく、より良い条件や環境を求めて転職回数が多い人も珍しくはありません。

日本においては、転職回数の多さが採用に直接影響しない企業も多く存在しますが、転職回数が3回以上は多いという印象を与えてしまいます。転職回数が採用に影響される問題として、入社後の定着性が疑問視されることが挙げられます。

企業としては採用後に長く定着を望むため、転職回数がネックになることもあります。

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人
転職回数が多いと、宅地建物取引士として採用されるのでしょうか。実際に転職回数が多くても、宅地建物取引士として採用されることがあります。

以下に、転職回数が多くても宅地建物取引士として採用される4つのケースを紹介しますので、参考にしてください。

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース1:宅地建物取引士の資格を所有している

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人
不動産業界で働くにあたり、宅地建物取引士の資格を所有していることは強味になります。不動産業界では宅地建物取引士の資格を所有することは当たり前の風潮があり、資格所有者が優先的に採用されます。

中には宅地建物取引士の資格がなくても不動産業界で働いている人もいますが、宅地建物取引士の資格がなくてもできる仕事しかしていないということになります。

資格を大いに生かし、スキルアップを目指していきましょう。

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース2:志望動機が明確である

転職回数が多い場合、前職の実績を活かした自己PRと志望動機を明確にすることが大切です。なぜその企業を選んだのか、前の職場を退職した理由などを明確に伝えましょう。

前の職場と面接を希望している職場との違いを明確にし、「転職回数が多くても、入社後の定着率は安定してくれるであろう。」という印象を与えましょう。

自身の向上やスキルアップを目指した転職であることを伝えると、採用率が高くなります。

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース3:過去の退職理由を明確に伝えられる

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人
前述したように、企業側は採用をした際に安定した定着性を求めています。そのため、過去の退職理由や転職回数を明確に把握しておく必要があります。

企業は常に定着性を求めているため、明確な理由のない退職を繰り返している人は採用を見送ります。転職を繰り返している人は特に、過去の転職・退職の理由を明確に伝えましょう。

過去の退職理由を明確に伝えることで、企業側に採用される可能性が高くなります。

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4:転職をしてきたことでスキルアップをしている

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人
幾度に渡る転職はマイナスな印象を与えてしまいますが、転職を繰り返す中でスキルアップをしている場合はこれに限りません。転職を繰り返して身に着けたスキルは、最大の武器になります。特にスキル向上を目指した転職であれば、採用される可能性は高くなります。

宅地建物取引士の仕事は、常に責任を問われる業務です。責任を問われる業務だからこそ、スキルアップしている人材が優先的に採用されるでしょう。

転職しやすい人の特徴4つ

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人
転職を繰り返しても採用されるケースをお伝えしましたが、転職しやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか。

以下に転職しやすい人の特徴を4つを説明しますので、転職を検討している人は参考にしてください。

転職しやすい人の特徴1:転職をする理由が明確

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人
転職をする理由が明確になっている人は、採用を決める企業の判断材料になります。また、転職に成功しやすい人は、転職に対して常に前向きな姿勢な人です。

転職の理由とともに、どのように働きたいかを明確に伝えることは大切です。転職先に求める条件を明確にし、その条件がなぜ重要なのかを自問自答しましょう。条件の優先度をきちんと考え、転職をした場合にどのように活躍ができるかも考えてみましょう。

転職しやすい人の特徴2:面接対策を万全に行っている

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人
転職しやすい人は面接対策を万全に行うだけでなく、書類選考で使用する書類の書き方や履歴書の書き方も正確に行っています。

転職は就職活動と違い、過去のスキルや実績が重視されます。また、面接時のモラルや受け答えの正確さも採用を左右します。面接対策を行っていないがために、採用を見送られたという残念な結果にならないよう、面接対策は万全にしておきましょう。

転職しやすい人の特徴3:自分の強みがある

転職をしやすい人の傾向として、自分だけの強みがある人が多くいます。これだけは譲れないという強みをアピールすることで、採用される可能性も高くなります。

特に不動産業界は高額な金額で取引を行う業務が多く、宅地建物取引士は常に冷静な判断力を必要とされます。宅地建物取引士の資格を所有しているのであれば、接客やコミュニケーションレベルの高さが問われます。

自だけの強みを見つけ、転職を成功させましょう。

転職しやすい人の特徴4:企業のニーズを把握している

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人
企業は、会社が抱えている問題を解決してくれる人材を求めています。転職しやすい人の特徴は、企業がどのような人材を求めどのような業績を出したいかを理解し、企業のニーズに合わせて働ける要領の良さを持ち合わせています。

宅地建物取引士として活躍をするためには、不動産業界のニーズや必要としている人材を見極める力が大切です。

宅地建物取引士求人に強い!おすすめの転職エージェント10選

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人
宅地建物取引士の資格を所有しているのであれば、転職をして存分にそのスキルを活かしましょう。以下に、宅地建物取引士求人に強い、10選の転職エージェントを紹介します。

宅地建物取引士の今の様子を知るためにも、転職エージェントを使用し活用ましょう。

宅地建物取引士求人に強い!おすすめの転職エージェント1:doda

転職エージェントのdodaは非公開求人を多数持っており、不動産業界において独占企業や上場企業の情報が満載です。非常に高いクオリティを誇る転職エージェントなので、転職回数が多い人も活用しています。

的確なアドバイスとキャリアプランを提示してくれるアドバイザーがいるので、自身の強みを存分に出せることでしょう。利用者の口コミも良いことから、宅地建物取引士の資格を活かした転職を考えいる人にお勧めです。

宅地建物取引士求人に強い!おすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

日本最大級と呼ばれる転職エージェントであるリクルートエージェントでは、宅地建物取引士の転職にも強く、全国で2000件近い求人を紹介しています。30万人の転職を成功に導いた実績があるので、転職回数が多い人も活用しています。

不動産業界に精通した転職のコツやノウハウなどの情報量も豊富です。面接対策のサポートも行っているので宅地建物取引士として活躍したい人・転職回数が気になる人にお勧めです。

宅地建物取引士求人に強い!おすすめの転職エージェント3:パソナキャリア

転職エージェントのパソナキャリアは、国内大手の転職エージェントです。大手転職エージェントでも、宅地建物取引士を扱う不動産業界の情報に強く、東京を中心とした首都圏で2000件紹介しています。

求人数と求人の質が高いため、転職回数が多い求職者と宅地建物取引士を目指している人にお勧めな転職エージェントです。利用者の年収アップ率は7割で、利用者の満足度も1位という実績を持っているので、ぜひ活用しましょう。

宅地建物取引士求人に強い!おすすめの転職エージェント4:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系やグローバル企業の転職に強いエージェントですが、国内3位をの売り上げを誇る東証一部情報上場企業でもあります。

およそ300人のコンサルタントが在籍しているので、宅地建物取引士を取り扱う不動産に精通した転職サポートを受けることが可能です。応募先の企業の社風や文化、事業戦略などを細かく教えてくれるので、転職回数が多い人や宅地建物取引士として活躍したい人にお勧めです。

宅地建物取引士求人に強い!おすすめの転職エージェント5:リクナビNEXT

リクルートグループが運営する国内最大級の転職エージェントであるリクナビNEXTは、全国の宅地建物取引士を取り扱う不動産業界の情報を豊富に取り揃えています。

リクナビNEXTに掲載されている情報は、80%以上が独占求人になっています。そのため、本格的に宅地建物取引士として活躍を目指す人にお勧めです。充実したサポート体制があるため、自身の転職回数が気になる人も使いやすいでしょう。

宅地建物取引士求人に強い!おすすめの転職エージェント6:typeの人材紹介

東証一部のキャリアデザインセンターが提供するtypeの人材紹介は、関東の一都三県のみ対応しています。地域に特化していることから、転職回数が多い人や宅地建物取引士として活躍したい人に、地元の根強い情報を与えています。

typeの人材紹介は20代から30代に向けた転職を得意としているので、働き盛りのミドル層にお勧めです。転職活動の進め方が分からない人や、書類選考や面接に向けたアドバイスを受けられます。

宅地建物取引士求人に強い!おすすめの転職エージェント7:Spring転職エージェント

国内大手の転職エージェントであるSpring転職エージェントは、人材業界で30年以上の事業実績を持っています。また、世界の売り上げ高2位を誇るトップクラスの人材会社でもあります。

不動産業界のさまざまな職種に特化した求人が掲載され、宅地建物取引士として活躍したい人にお勧めです。転職回数が多く不安な人も、長い事業実績のあるSpring転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

宅地建物取引士求人に強い!おすすめの転職エージェント8:マイナビ転職

国内大手のマイナビグループが運営するマイナビ転職は、他の転職エージェントが取り扱っていない独占求人が全体の80%以上掲載されています。宅地建物取引士を取り扱う不動産業界においても、200前後の求人情報が掲載されています。

不動産業界のさまざまな職種が掲載されているので、宅地建物取引士としてスキルアップを目指したい人にお勧めの転職エージェントです。

宅地建物取引士求人に強い!おすすめの転職エージェント9:エン転職

国内大手のエンジャパンが運営をするエン転職は、全国の不動産業界の求人が100件前後掲載されています。業界でも経験者向けの案件や大手の求人案内を豊富に取り扱っているので、宅地建物取引士として活躍したい人にお勧めです。

会員登録を行うと、希望条件に合わせた新着情報をメールで受け取ることができます。転職回数が多く不安を持つ人も、安心して使える転職エージェントです。

宅地建物取引士求人に強い!おすすめの転職エージェント10:リブロ不動産キャリア

不動産業界に特化した転職エージェントであるリブロ不動産キャリアは、首都圏と関西を中心とした情報が4000件以上取り扱われています。パート・アルバイト・正社員を合わせた情報数ですが、未経験から宅地建物取引士までさまざまな人が活用できます。

不動産業界の職種も豊富に取り扱われているので、宅地建物取引士としてスキルアップを目指したい人にお勧めです。転職回数が多い人や初めて転職を経験する人も活用できます。

転職回数が多くても宅地建物取引士に転職できる

転職回数が多くても宅地建物取引士に採用されるケース4つ|転職しやすい人
宅地建物取引士として活躍するにあたり、転職回数が多くても転職をすることは可能です。転職をする動機や前職を退職した理由を明確に伝えることで、企業に好印象を与えることでしょう。

転職回数が多くても宅地建物取引士の資格を所有しているだけで、優先的に採用をする企業も珍しくはありません。自身のスキル向上を目指し、積極的に転職活動を行いましょう。

Related