Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月08日

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント10選|必要なスキル

数ある不動産資格の中でも、不動産鑑定士は難関と言われています。不動産鑑定士に転職したいという方も多いのではないでしょうか。この記事では、不動産鑑定士の転職に強い転職エージェントや不動産鑑定士に必要なスキルをご紹介しています。

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント10選|必要なスキル

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント10選|必要なスキル
不動産鑑定士とは、資格所有者が独占業務として不動産の鑑定評価を行う国家資格です。鑑定評価とは、主に土地や建物など、不動産にあたる物の経済価値を判定し、結果および価額を表示する業務があります。

鑑定評価以外にも、その広い知識を活かし、不動産関連の企画、開発やコンサルティングなどで活躍することも可能である点も不動産鑑定士の魅力の一つです。

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント10選!

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント10選|必要なスキル
それでは、不動産鑑定士の資格を活かした転職を考えている方、もしくは資格の取得を考えている方に向けたエージェントを10社をここからご紹介します。

今回は不動産業界に強いエージェントを中心に、中途採用の実績に基づいてご紹介します。

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント1:マイナビエージェント

マイナビエージェントはマイナビグループが運営する、国内で非常に勢いのある人材紹介サービスです。

求人の取り扱い業種が豊富であり、業種別に専門知識の豊富なキャリアアドバイザーが在籍しているため、多くの求人情報の中から自分に合う求人情報を紹介していただくことが可能です。

そのため、不動産鑑定士の主な勤務先である不動産業界や金融業界についても多数の企業の中から安心して選んでいただけます。

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント2:doda

dodaはパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する業界最大手の転職エージェントです。求人の案件数が非常に多く、上場企業も多数取り扱っているため、より多くの選択肢から希望する企業を選んでいただけます。

そのため、不動産鑑定士として中途採用を目指すにあたって、選択肢に困ることはありません。また、面接対策などのサポートもしっかりとしており、転職された方の満足度が非常に高いエージェントです。

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント3:不動産キャリア

不動産キャリアは、不動産業界を専門的に取り扱う転職エージェントです。そのため、鑑定会社など、不動産に特化した企業に転職したい方向けのエージェントです。

アドバイザーは不動産についての知識が豊富であり、相談者のスキルや希望を考慮したうえで、それらに沿った企業を紹介してくれます。

また、不動産業界での中途採用に特化しているため、業界大手の企業から中小企業の求人まで豊富な選択肢の中から選ぶことができます。

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント4:パソナキャリア

パソナキャリアは、パソナが運営する転職エージェントです。中途採用を希望される方の相談に対して丁寧に対応してくれるため、初めての転職である場合や転職に慣れていない方でも安心して相談することができます。

そのため、充実したサポート体制を求めている方に向けたエージェントです。また、求人の質も高いため、福利厚生の充実した企業や年収の高い企業など条件の希望から案件を絞り込むことも可能です。

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント5:コトラ

コトラは主に金融、コンサル、経営幹部の中途採用に力を入れた転職エージェントです。不動産鑑定士の中でも金融寄りの企業を探したいという方向けのエージェントです。

入社後の定着率も高く、金融や不動産関連業種においての中途採用の実績は非常に豊富です。また、不動産鑑定の業務が一つのカテゴリとして分類されていることから、検索もしやすく、不動産鑑定士の求人を見つけやすいです。

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント6:JACリクルートメント

JACリクルートメントは主にハイクラス、高収入の中途採用に力を入れている転職エージェントです。管理職や専門職に強く、大手企業への紹介実績も豊富な、キャリアやスキルに自信がある方向けのエージェントです。

ハイキャリアの案件を基本としているため、担当者も経験や知識が豊富です。そのため、面接対策やキャリア相談など、サポート体制の質は非常に高いです。

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント7:ムービンストラテジックキャリア

ムービンストラテジックキャリアは、コンサルティング業界に特化した転職エージェントです。コンサル業界の知識や経験が豊富な担当コンサルタントがキャリア相談に対応してくれるため、不動産鑑定士の中でもコンサルティング業務を主に考えている方に向けたエージェントです。

さまざまな業種の方や幅広い年齢層の方の中途採用実績が豊富で、新卒一年目での転職も多数実績があります。

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント8:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、質の高い求人数が非常に多い転職エージェントです。条件や状況によって求人を選択できるため、高収入を希望するハイキャリアの方以外だけでなく、不動産鑑定士としての転職が初めての方も利用しやすいエージェントです。

また、面接対策にも力を入れているため、面接が苦手な方でも安心して利用できます。

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント9:spring転職エージェント(アデコ)

spring転職エージェント(アデコ)は世界的なネットワークが広く、外資系の業界に強い転職エージェントです。

量、質ともに非常に高く、サポート体制もしっかりしており、外資系の企業で不動産鑑定士としての中途採用を希望している方に向けたエージェントです。

中途採用の実績も豊富であり、担当者は企業の情報を非常に多く把握しており、相談者と企業のミスマッチが起こりにくいです。

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント10:エンエージェント

エンエージェントはenジャパン社が運営する転職エージェントです。面接対策など担当者のサポートが手厚く、不動産鑑定士として初めて転職をされる方に向いています。

中途採用を希望するにあたって、事前に性格診断を行い、それに基づいて求人を紹介してくれるため、相談者に向いている企業を中心に選んでいただけます。未経験の業種も適性診断をもとに紹介してくれるため、中途採用後の満足度も高いです。

不動産鑑定士に中途採用されるために必要な5つのスキル

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント10選|必要なスキル
不動産鑑定士の資格試験は会計学や民法など、広い知識がなければ合格できない難関国家資格です。不動産鑑定士として働く場合、それらの知識を活かして多くの業務を行う必要があるため、当然多くのスキルが必要とされます。

今回は不動産鑑定士として中途採用されるために必要なスキルを5つご紹介します。

不動産鑑定士に中途採用されるために必要なスキル1:コミュニケーション能力

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント10選|必要なスキル
不動産鑑定士の業務を行ううえで最も重要なスキルはコミュニケーション能力です。なぜなら、不動産鑑定士は依頼者からの要望に応えつつ、鑑定評価やコンサルティングを行う必要があるからです。

また、公認会計士や弁護士など、他の士業と連携して業務を行うことも多く、円滑に業務を遂行するためには相手の意図を汲み取る、相手に伝わるよう説明するなどコミュニケーション能力が必要不可欠です。

不動産鑑定士に中途採用されるために必要なスキル2:管理能力

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント10選|必要なスキル
管理能力は社会人として当然備えていなければならない能力ですが、不動産鑑定士に中途採用されるためには特に必要な能力です。不動産鑑定士は多くの人と関わり業務を行う職業であるため、人間関係をしっかりと管理しなければなりません。

また、人間関係だけではなく、書類の整理やデータの管理などにも細心の注意を払う必要があります。

不動産鑑定士に中途採用されるために必要なスキル3:PCスキル

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント10選|必要なスキル
不動産鑑定士として中途採用されるためには、Excelなどの操作を行うPCスキルも重要です。不動産鑑定士は、レポートや鑑定評価書を作成する際に、Excel、Wordを使用するため、基本的なPC操作およびExcel、Wordの操作が必要となります。

企業により求められるレベルはさまざまですが、Excelを使用した表の作成や関数の理解など、基本的なスキルは習得しておきましょう。

不動産鑑定士に中途採用されるために必要なスキル4:運転免許

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント10選|必要なスキル
不動産鑑定士には、運転免許が必要とされることも多いです。不動産鑑定士の業務の一つとして、実際に不動産を見に行き鑑定評価を行う、フィールドワークがあります。

公共交通機関を利用できる物件であれば必要ありませんが、駅から離れた物件へ足を運ぶ場合は車で現地に向かう必要があるため、特に地方の事務所へ勤務されるという方は運転免許は必須です。

不動産鑑定士に中途採用されるために必要なスキル5:英語力

不動産鑑定士の中途採用実績が豊富なエージェント10選|必要なスキル
不動産鑑定士の中でも、外資系ファンド企業などで業務を行う場合は英語力も要求されます。通常の鑑定会社ではなく、外資系ファンド企業での中途採用を目指している方は、業務上英語力が必要とされるケースが多いです。

外資系ファンド企業には高収入の案件が多いため、高収入を希望する方は英語の習得は大きな武器となります。必須ではないものの、英語の習得は外資系の企業で中途採用を考えている場合避けては通れないでしょう。

不動産鑑定士に中途採用される人材に成長しましょう!

今回は不動産鑑定士の転職に強いエージェントや、不動産鑑定士として中途採用されるためのスキルをご紹介しました。

不動産鑑定士の業務には多くのスキルが求められ、中途採用されるためには一つ一つ身に付けていく必要があります。企業によって求められるスキルはさまざまですが、常に学習する姿勢を忘れず、希望する企業への中途採用を目指しましょう。

Related