Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月01日

引継ぎの後任がいない場合の対処法4選|会社が後任を指名しない理由とは?

引継ぎの後任がいないことはよくあることです。会社が退社に積極的になっていなかったり、人員不足の場合は引き留めておきたいので後任を見つけにくいことが多いです。引継ぎの後任が全くいない場合には、取引先へその旨を伝えておいたり、引継ぎ書の作成をしておきましょう。

引継ぎの後任がいない場合の対処法4選|会社が後任を指名しない理由とは?

引き継ぎの後任がいないことはよくある

会社で仕事をしていると引継ぎの後任がいないことはよくあります。引継ぎ自体が面倒だと感じる人が多かったり、会社側が後任を任命しないので仕事を引き継がせることができません。

引継ぎの後任がいなくて困っている人は、普段から信頼できる同僚や仕事仲間を作っておき、職場や会社に迷惑をかけないで引継ぎの後任を見つけるようにしましょう。

会社が後任者を任命しない

会社側が後任者を任命しないことが多いので、引継ぎができないことがあります。引継ぎをする社員がベテラン社員の場合は高度な仕事をしていることが多く、後継者を見つけにくいことがあります。

また、会社自体に引継ぎのシステムがない場合は後任者を任命しないことがあります。

引継ぎの後任者がいない人は、会社側に後任者を決めることができないのかを尋ねて、いない場合は自分でできる範囲で引き継ぎを行うようにしましょう。

引き継ぎしたくない人が多い

引継ぎしたくない人が多いことも、後任がいない理由になっています。現在の仕事で手一杯だったり、引継ぎをすることで作業への負担が増えると考えれば仕事を受け継ぐ人は減ります。

引継ぎの後任がいない人は、特定の人だけに引き継ごうとしないで、ある程度仕事を知っている人、数人に引継ぎの作業をさせて仕事自体を受け継いでもらうことを考えましょう。

会社が全て丸投げしてくることも

会社が引継ぎの作業自体を丸投げしてくることは多々あります。平社員や非正規社員主導で仕事をしている会社などは、引継ぎの作業も社員同士に任せることが多いので会社自体が丸投げしてくることがあります。

会社が丸投げしてきて困っている人は、自分の直属の上司や、理解のある役職者に引継ぎの後任を見つけるためのアイデアや知恵を借りて、仕事を受け継ぐ人を探すようにしましょう。

引き継ぎの後任がいない場合も辞めることができる

引継ぎの後任がいない場合は辞めることができます。全ての会社に当てはまることではありませんが、引継ぎ自体ができなければ仕事にならないので職場を離れることを選ぶこともあります。

引継ぎの後任がいなくて困っている人は、引継ぎを完璧に行うことは考えずにできる範囲で引継ぎをして、会社を辞めないで済むように持っていきましょう。

引き継ぎの後任がいない場合の対処法4選

引継ぎの後任がいない場合の対処法が4つあります。会社や職場の責任者が引継ぎに消極的な場合は、自身で行動を起こして仕事を受け継がせるように持ってゆく必要があります。

引継ぎの後任がいない人は、引継ぎのための書類を作成して、仕事を受け持つことで得られるメリットなどを同僚に話しておき、作業を受け継いでもらうようにしましょう。

引き継ぎの後任がいない場合の対処法1:引継ぎ書を作成する

引継ぎの後任がいない場合の対処法に引継ぎ書を作成することが挙げられます。引継ぎがいない場合、他の社員は仕事を受け継ぐことに不安を持っているので、作業工程が載っている引継ぎ書を作ることで後継者が見つけやすくなります。

引継ぎ書を作る人は、引継ぎをする人が仕事をしやすいように、普段受け持っている作業の共通点を書いたり、受け継ぐ人に合わせたタイプ別の書類を作成しておきましょう。

引き継ぎの後任がいない場合の対処法2:部署内で周知する

引継ぎの後任がいない場合の対処法に部署内で周知することも重要ことです。部署内に知れ渡るようにメールや印刷物や、掲示板にメッセージを貼り付けることで会社側が引継ぎの後継者探しに取り組むこともあるので職場に周知しましょう。

部署内で周知させたい人は、メールや印刷物だけでなく声かけをすることで具体的にどのように困っているかを伝えるようにしましょう。そうすることで解決策が見つかりやすくなります。

引き継ぎの後任がいない場合の対処法3:自分で後任者を任命する

引き継ぎの後任がいない場合の対処法に自分で後継者を任命することが挙げられます。後継者がいない場合は、自分で後任になる人を任命することで仕事を受け継ぐ人を見つけることができますが、反感を買いやすいこともあるので役職者に相談しながら進めるようにします。

引継ぎの後継者がいない人は、自分が受け持っていた仕事に理解がある人に引継ぐようにして、難しい場合は役職者へ人選のための知恵を借りましょう。

引き継ぎの後任がいない場合の対象法4:会社が悪い場合は引き継がずに辞めることも

引き継ぎの後任がいない場合の対処法に会社が悪い場合は引継がずに辞めることもあります。悪いのは全て会社のせいだと決めるつけて辞めてしまうのは社会人として好ましくないので、引継ぎ書の作成をしたり、役職者へ引継ぎのためのサポートをお願いしておきましょう。

引継ぎの後継者がいない人は、職場で信頼できる人に仕事の引継ぎをお願いしたり、念入りな引継ぎ書を作っておき、後任が見つからないことを会社側に伝えましょう。

会社が引き継ぎの後任を任命しない理由4選

会社が引継ぎの後継を任命したくない理由が4つあります。会社が後継者探しに消極的な場合は、遠回しに退職を引き延ばすことを考えていたり、引継ぎのための経験が少ないことがあるので後任を任命しないことがあります。

会社を経営する人は、なるべく後継者探しに積極的になり、従業員の不安を払拭することで働きやすい職場作りを目指しましょう。そうすることで、社員の定着率が安定したり、安心して仕事に取り組めます。

会社が引き継ぎの後任を任命しない理由1:退社する人の面倒を見たくない

会社が引継ぎの後任を任命しない理由に退社する人の面倒を見たくないことが挙げられます。会社側がただ単に退社する人の面倒を見たくなかったり、社員に仕事自体を任せっきりの職場などは後任を任命しない(できない)場合があります。

引継ぎの後任がいない人は、後任のための書類を作成するとともに、会社側に不当な扱いをされた場合は労働基準監督署に報告をして、その後の対応を考えましょう。

会社が引き継ぎの後任を任命しない理由2:社内リソースが足りない

会社が引継ぎの後任を任命しない理由に、車内リソースが足りないことが挙げられます。会社側に引継ぎのための経験値や人員がいなかったり、退社する人が扱う端末に知識が乏しい場合などは引継ぎをすることが難しくなります。

会社を経営する人は、社内の教育プログラムを徹底させて、マルチプレイヤーやオールグラウンドで活躍できる人材を育てておき、引継ぎの人員探しで困らないようにしましょう。

会社が引き継ぎの後任を任命しない理由3:退社を引き延ばしたい

退社を引き延ばしたい場合も、会社が引継ぎの後任を任命しない理由です。会社自体の人員が少なかったり、人が集まりにくい職場ならば退社を引き延ばすために引継ぎ自体を進めない場合があります。

退社を引き延ばされている人は、退社できないことでどのように困るかを上司に告げておき、場合によっては退職の代行サービスなどを利用することも検討しましょう。

会社が引き継ぎの後任を任命しない理由4:退職者への当てつけ

会社が引継ぎの後任を任命しない理由に退職者への当てつけがあります。引継ぎの後継者を探している人が退職することで職場の仕事が逼迫してしまったり、仕事自体が回らなくなってしまうので当てつけとして引継ぎを任命しないことがあります。

会社員として仕事をする人は、引継ぎの後継者が見つからないことを取引先に伝えておき、信頼できる人にある程度の仕事を教えておくことで、なるべくスムーズな退社を目指しましょう。

引き継ぎの後任がいない場合の対処法を知ろう

引継ぎの後任がいない場合の対処法を知っておきましょう。職場によってはさまざまな理由で後任が見つかりにくいことがあるので、日頃から信頼できる仲間を作っておいたり、意見を言える立場や発信方法などを確立しておく必要があります。

会社員として仕事をする人は、引継ぎの後継者が見つからない場合に備えて、作業工程を記載した書類を作成したり、普段から仕事を分担しておくことで引継ぎやすい環境を作っておきましょう。

Related