Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月14日

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選

管理・事務になるときや、経験をした方の経歴書の書き方を5つ分かりやすくご紹介していきます。管理・事務の仕事をしていた方と、これからなりたい方は経歴書について知って、採用担当者に効果的なアプローチをしていきましょう。転職エージェントもご紹介します。

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選

管理・事務とは?

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選
管理・事務の仕事に就きたいと考えている方や、管理・事務を経験した上でキャリアアップしたい方は経歴書の書き方をご存知でしょうか。管理・事務の経歴書の書き方を詳しくご紹介していきます。

今回は、はじめに管理・事務がどのような仕事かをご紹介します。管理・事務は企業のなかのデスクワークを担当する部署です。

外回りではなくて、電話対応や来客対応することが多いため、事務と言われます。

管理・事務の種類7つ

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選
実は管理・事務という仕事には細かく言うと種類があるということをご存知でしょうか。企業の中の各担当部署に関わるデスクワークを受け持つ事務職が設置されていることも多く、今回はそれらの特徴を具体的にご紹介していきます。

デスクワークと聞くと、体を使いにくいため集中力に自信が無かったり、女性が多い職場のイメージで自信がなくなる方もいるでしょう。しかし正しい種類を知ったら興味がわくでしょう。

管理・事務の種類1:OA事務

現代ではわざわざOA事務という言葉を使う管理・事務は少ないのですが、みなさんはOA事務をご存知でしょうか。パソコンなどの機器を使用して作業をする事務職のことをOA事務と言います。

管理・事務の基本的なスタイルだと思われがちですが、元々はあまり機器が普及していなかったため帳簿などの記帳、書類作成などはアナログ手作業で行なわれていました。

そのときの名残でOA事務という表現があります。

管理・事務の種類2:営業事務

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選
続きましては管理・事務のなかでもかなりメジャーな種類をご紹介していきましょう。営業事務はかなり多くの企業が設置している部署で、外回り中心の営業課を支える事務職です。

外回り担当者にかかってきた電話の対応をしたり、書類を作成するのが主な仕事ですが、企業や業種によってはさまざまな業務を任されます。毎月の締め日あたりには忙しくなる管理・事務だと言えるでしょう。

管理・事務初心者でも働きやすいです。

管理・事務の種類3:経理事務

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選
経理事務は給与や売り上げに関わる部署を支えるデスクワークです。実際に経理ソフトを使ってさまざまな金額を入力したり、小口現金を扱って経費を精算したり日常的に金銭に触れます。

そのため管理・事務のなかでも神経を使う事務だと言えるでしょう。しっかりと1つ1つの作業を確認しながら慎重に素早くこなせる方が似合っています。

締め日辺りはかなり繁忙しますので、覚悟しましょう。

管理・事務の種類4:人事事務

人事は経営に関わる重要な仕事で、それらに関わるデスクワークをこなすのが人事事務です。人事部のなかで役職付きになったら、人事を直接行なう方もいます。しかしそれは一部で、ほとんどが人事事務に従事します。

人事に関わる重要な書類を作成したり、キャリアマップを管理したりするので、企業の機密事項を扱うと言えます。

責任感を持ってプライバシーや個人情報を取り扱いましょう。

管理・事務の種類5:法務事務

法務事務は、管理・事務のなかでも少々特殊で、法務に関わる事務所などで勤めます。法務事務は専門的な知識がないと勤務できないので、法務系の大学で学んでいたり将来的に独立を目指している方も多いです。

専門知識は必要ですが、資格が必須と言う訳ではないため、まずは法務の現場で働きながら勉強をしていきたいという方や、興味関心が合って法務と関わりたいという方はおすすめです。

管理・事務の種類6:貿易事務

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選
貿易関連の仕事場で事務を行なうのが貿易事務ですが、海外と会話をするために英語などの語学力が必要なことが多いです。英会話がネイティブにできたり、メールなどの翻訳に自信がある方が良いでしょう。

また、グローバルな環境で働きますので、日系企業よりはコミュニケーション能力が高い方が多く、適応していけるかを検討してみてください。

企業内の公用語が日本語以外のことがあるのでぜひチャレンジしましょう。

管理・事務の種類7:医療事務

医療現場で、会計やカルテの管理をしたりデータ入力をしたりするのが医療事務です。勤め先は医療現場ですが医療行為はしないので、専門的な資格が無くても働くことができます。

しかし医療事務の講座なども多くありますので、もしも専門的に職を身につけたいのであれば資格を受けてみてはいかがでしょうか。

医療機関によっては資格保有者が優先して採用されることもあります。計画的に目指しましょう。

管理・事務の経歴書の書き方5つ

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選
それでは続きましては管理・事務の経歴書の書き方について、具体的にご紹介していきましょう。管理・事務の経歴書はいくつかポイントを押さえていれば、あまり難しいことを考えなくても作成できます。

今回は、例えば持っている資格についてや、経歴をどの程度詳しく書いていくかということをご紹介します。ぜひ5つの書き方を学んで経歴書を作成してみましょう。読み終わるころにはステキな経歴書が書けます。

管理・事務の経歴書の書き方1:自己PR

まずは自己PRについてです。自己PRはぜひ性格や熱心になっていることについて恐れずに書いてみましょう。プライベートなことを言う必要はありませんが、ある程度みなさんのキャラクターがわかるようなことは書くべきです。

スポーツをやっていたので体力に自信がある、とか読書が好きなので漢字に強い、など仕事にも活かせるようなことを書くとさらに良いでしょう。

自己PRは経歴書のイントロダクションです。

管理・事務の経歴書の書き方2:OAスキル

現代で活躍する管理・事務になるためにはOAスキルについても明記しなくてはいけません。経歴書には、具体的にどのような機器を扱うことができるのか、実務ではどの程度の期間や頻度で扱っていた経験があるのかを書きましょう。

経歴書は多くても2枚程度に収めるのが好ましいため、常識の範囲内であれば略語や俗称などで、わかりやすく相手に伝えるのも良いでしょう。あまりメジャーでない名称などは使用しないようにしましょう。

管理・事務の経歴書の書き方3:今までの雇用形態をしっかり書く

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選
雇用形態によって任されていた仕事が違う可能性は高いため、しっかりと雇用形態について経歴書に書くようにしましょう。アルバイトとパートでも違いますし、派遣社員や契約社員、委託職員などさまざまな雇用形態があるので確認してから経歴書を用意してください。

管理・事務の経歴書でも「この人に任せたら事務がはかどりそうだな」というイメージを与えられたら得をするので、しっかりとわかりやすい部分に記載しましょう。

管理・事務の経歴書の書き方4:職務要約を書く

職務要約とは、職務内容がどのようなものだったかを簡潔に書いてある文章のことです。管理・事務の仕事はデスクワークですが、もっと具体的に書かなくてはいけません。

「会計関係の伝票整理や作成、給与計算ソフトでの給与管理」などとするとわかりやすいでしょう。また、使っていたソフトがわかる場合はぜひ記載しましょう。親切な経歴書を作ることによって、企業側が求めている人材かどうか、わかりやすくなります。

管理・事務の経歴書の書き方5:活かせる経験や知識を書く

仕事に直接的に関係がなかったとしても、経験や知識については記載してもプラスになるでしょう。例えば言語につてですが、TOEICや英検は持っていなくても海外で生まれ育っていたら、そのことを書いておけば実務には活かせることが伝えられます。

他にもスポーツが好きで続けていることを書けば、体作りや体力に自信があることがわかるので、ぜひ恥ずかしがらずに自分自身の経験と知識を伝えましょう。

管理・事務におすすめの転職エージェント5選

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選
管理・事務の経歴書の書き方について知る事ができたので、管理・事務への転職活動が具体的にイメージできた方も多いのではないでしょうか。こちらでは、管理・事務の転職活動時に役に立つ転職エージェントをご紹介していきます。

有名で知名度がある転職エージェントや、ヘッドハンティング形式の転職エージェントなど、さまざまなエージェントをご紹介しますので、ぜひ自分自身の転職活動にマッチングするエージェントをご覧ください。

管理・事務におすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェントはおおよそ80パーセントの求人情報が、非公開求人となっています。他のサイトや転職エージェントには掲載されていないため、レア度が高い求人情報ばかりです。

非公開求人は倍率が高まる傾向にありますが、企業も人選にかなり時間やコストをかけている証拠なので、やりがいのある仕事が多いです。

条件をしっかり読んで自分の考えと希望とマッチングしていたら、ぜひ非公開求人に応募しましょう。

管理・事務におすすめの転職エージェント2:マイナビエージェント

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選
マイナビエージェントでは、オフィシャルホームページのトップから初めての転職活動なのか、2回目以降の転職活動なのかを聞かれるので、自分の経験値に合わせた活動をしていけます。

ハイクラス求人やエグゼクティブ求人も見つけることができますので、管理・事務の仕事で高収入を決めたい方もおすすめできます。

マイナビエージェントは公開求人数が多いため、登録しなくても簡単に求人情報を見ることができます。

管理・事務におすすめの転職エージェント3:doda転職エージェント

doda転職エージェントは、テレビコマーシャルでも有名なdodaが展開している転職応援サイトです。自分で検索をするタイプの転職活動と、スカウトを待つタイプの転職活動が選択することができます。

doda転職エージェントでは面接を確実に受けられるスカウトがあるのが特徴です。書類選考をスキップさせることができるため、チャンスに繋げやすいと言えるでしょう。面接に自信があるという方はぜひチャレンジしましょう。

管理・事務におすすめの転職エージェント4:ビズリーチ

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選
「ビズリーチ」という独特のキャッチフレーズをテレビコマーシャルで見たことがある方も多いのではないでしょうか。転職活動にあまり時間がかけられない方は、ぜひビズリーチに登録してみてください。

ビズリーチはヘッドハンティングタイプの転職活動サイトなので、みなさんのプロフィールや経歴書を見た担当者たちから連絡を待つだけで転職活動ができます。

しかし、常に経歴書は最新の情報にしておきましょう。

管理・事務におすすめの転職エージェント5:パソナキャリア

パソナキャリアは年収アップを目指している方におすすめの転職エージェントです。ほとんどのユーザーが年収アップを果たしています。しかも取り引き企業が多いため、チャンスが広がっています。

もしも企業名にはこだわりがなくて、仕事内容や条件を重視して転職をしたいときには、パソナキャリアを使ってみてください。企業名は非公開でも、やりがいがある求人情報がたくさんあります。

管理・事務の経歴書の書き方をしっかり学ぼう

管理・事務の経歴書の書き方5つ|おすすめの転職エージェント5選
経歴書は、これまでのみなさんの社会人としての歴史を伝えるためのアイテムです。経歴書はおざなりにはせずに、心を込めて丁寧に作成しましょう。

経歴書でアピールすることができれば、面談では具体的な質問を受けて転職がよりリアルなものに感じるでしょう。目標の仕事を目指して経歴書を作成してみてください。

Related