Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

管理・事務職の採用に転職回数は影響する?採用される4つのケースをご紹介

転職回数が多いことで採用されないと考える方もいらっしゃいますが、企業によっては転職回数を重視しない企業も多くあります。特に管理・事務職の場合は経験や知識が豊富な人材ほど必要とされる傾向にあります。転職回数が多きても諦めず、そのメリットについて考えてみましょう。

管理・事務職の採用に転職回数は影響する?採用される4つのケースをご紹介

転職回数が多いと転職しづらくなる?

管理・事務職の採用に転職回数は影響する?採用される4つのケースをご紹介
個人の能力や人柄にかかわらず、転職回数が多いことで採用されないと考える方が少なくありません。しかし、職種や場合によっては、転職回数を重視しない企業も多くあります。

特に管理・事務職の場合は経験や知識が豊富な人材ほど必要とされる傾向にあります。そこで今回は、管理・事務職に的を絞って転職回数が多くても採用されるケースと面接対策、管理事務職におすすめのエージェントを紹介します。

管理・事務職とは

管理・事務職の採用に転職回数は影響する?採用される4つのケースをご紹介
管理・事務職の仕事が、その企業や業種によっても異なり、書類や伝票の作成と処理、電話応対のほか、経理や総務・広報を担当することもあります。

また、業種や場所によっても呼び名が変わることもあり、営業事務も事務職の仕事の1つです。

縁の下の力持ちとして幅広い仕事をこなす必要があり、コツコツと仕事を全うする地味な印象がありますが、社員のサポート役を行うこともあるため、コミュニケーション能力が問われます。

転職回数が多くても管理・事務職に採用されるケース4つ

管理・事務職の採用に転職回数は影響する?採用される4つのケースをご紹介
転職回数が多いと、理由や企業によっては不利に働くこともあります。しかし、管理・事務職はさまざまな仕事をこなす必要があり、時にマネジメント能力を必要とすることもあります。

そのため、管理・事務職の仕事に転職する場合は、転職回数がかえって有利に働くこともあります。それでは次に、転職回数が多くても採用されるケースを紹介していきましょう。

転職回数が多くても管理・事務職に採用されるケース1:実務経験が豊富

管理・事務の仕事は根気のいる職種ですので、飽きっぽい人は歓迎されません。しかし、特に管理・事務職の場合は、転職回数が多くても実務経験が多ければ採用される可能性が高まります。

転職回数が多いため、転職に躊躇している方は、管理・事務職の実務実績をアピールしましょう。また、管理・事務職に必要になる資格や、取得の難しい資格を取得している場合は、その点についてもアピールすると良いでしょう。

転職回数が多くても管理・事務職に採用されるケース2:本人理由でない場合

例えば、会社の倒産やリストラなど、希望して退職したのでなければ、転職回数が多くなっていても採用担当者はそれほど気にしません。それ以外の理由で退職した場合は、なるべく前向きな理由を答えた方が良いでしょう。

退職理由が答えられないと、相手に不信感を与えてしまいますので注意してください。また、退職理由については、管理・事務職に必要な資格取得のためやキャリアアップしたいためなど、前向きな理由を答えましょう。

転職回数が多くても管理・事務職に採用されるケース3:キャリアを積み上げている

管理・事務職の採用に転職回数は影響する?採用される4つのケースをご紹介
転職回数が多くても、その都度確実にキャリアを積み上げている人であれば、管理・事務職に採用される可能性が高まります。

管理・事務職に必要な資格の取得や、キャリアを積み上げてきた具体的な例を取り上げてアピールすれば、向上心のある人材、高い能力を持つ人材として高評価が得られます。

転職回数が多くても管理・事務職に採用されるケース4:直近の企業の勤務年数が長い

転職回数が多くても、前職の勤務年数が長ければ、管理・事務職に採用される可能性が高くなります。長期間務め上げた上での転職であれば、それだけやる気が認められ採用担当者に良い印象を与えられます。

しかし、管理・事務職の仕事は根気が必要な職種でもありますので、前職の勤務年数があまりにも短いと「飽きっぽい人」という悪い印象を与えてしまいます。管理・事務職への転職を成功させるためには、それなりの理由が必要です。

転職回数が多くても採用されやすい人の特徴4つ

管理・事務職の採用に転職回数は影響する?採用される4つのケースをご紹介
現在、管理・事務職の仕事に転職したいけれど、転職回数が多いという理由で諦めてしまってはいないでしょうか。転職回数が多くても、採用担当者に良い印象を与え、回数に関係なく管理・事務職に採用される人がいます。

それでは、転職回数が多いのに管理・事務職に採用されている人は、どんな特徴持っているのでしょうか。その特徴を見てみましょう。

転職回数が多くても採用されやすい人の特徴1:変化に強い

就業規則は企業によって異なり、会社独自のルールがある場合もあります。企業側は、職場環境が異なってもすぐに適用し仕事をこなせる人材を求めています。

例えば前職で個人で仕事をしていた方が、次の企業ではチームワークで仕事をする必要がある場合、個人プレイで反感を買う場合があります。

しかし、転職回数が多い人は、企業のルールについても理解していますので、転職に成功するケースが多く見られます。

転職回数が多くても採用されやすい人の特徴2:客観性をもっている

管理・事務職の採用に転職回数は影響する?採用される4つのケースをご紹介
企業ではチームワークで仕事に取り組むことが多いため、周囲の意見を取り入れながら、いろいろな角度で物事を見ることができる客観性が求められます。

転職回数の多い方は、いろいろな企業で多くの人たちと仕事をこなしてきているため、固定観念が薄く、新しい仕事や会社に対しても柔軟に仕事をこなします。

管理・事務職の仕事は、コミュニケーション能力ももとめられますので、そのような柔軟性や客観性が重視されます。

転職回数が多くても採用されやすい人の特徴3:視野が広い

転職回数が多い方は、いろいろな職場でさまざまな人と共に仕事をこなしていることから、経験豊富で視野が広いというメリットがあります。

まだ1社しか勤めたことがない方は、与えられた業務をしっかりとこなし、一つの仕事に打ち込む能力が高いですが、視野が狭く考え方が保守的な傾向にあります。

しかし、転職回数が多い方は前職の経験を生かし、転職先の企業にはない新しい発想で柔軟に仕事をこなす事ができます。

転職回数が多くても採用されやすい人の特徴4:実行力を持っている人

管理・事務職の採用に転職回数は影響する?採用される4つのケースをご紹介
転職回数が多い人は、それが成功するとは限らないにもかかわらず、慣れない環境に身を置くチャレンジ性の高い人材です。また、採用後に転職回数が多いというリスクをはね返すため、強い信念を持って仕事に取り組みます。

企業側は、転職回数が多いということを、これまでの経験やスキルを発揮できる企業を探し、チャレンジしてきた向上心の高い人材ととらえる場合もあるため、転職回数が多いことが有利に働くこともあります。

転職回数が多くても安心!おすすめ転職エージェント5選

管理・事務職の採用に転職回数は影響する?採用される4つのケースをご紹介
これまでは転職回数が多くても採用されるコツや、採用されやすい人の特徴についてお話ししてきました。しかし、どうしても不安が解消されないのであれば、転職エージェントに相談してみるのも1つの方法です。

転職エージェントの中には、管理・事務職の求人を多く取り扱っている転職サイトや、面接対策が受けられるものもありますので、面接対策などに不安のある方は積極的に利用しましょう。

転職回数が多くても安心!おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界ナンバーワンの転職エージェントです。管理・事務職の求人が、非公開のものも含めて1万2000件以上もあり、他の転職エージェントに比べて求人数が多いというのも特徴です。

また、リクルートエージェントは採用率も高く、40万人以上の転職成功実績がありますので、転職回数が多い方も安心してサポートを受けられます。

転職回数が多くても安心!おすすめ転職エージェント2:パソナキャリア

パソナキャリアは、サポート体制が整っており、女性にも人気の高い転職エージェントです。キャリアアドバイザーが相談に応じてくれるため、転職に悩みを抱えている方でも安心です。

また、管理・事務職の経験を持つアドバイザーも多く、各業界的に詳しい専門のアドバイザーによるカウンセリングが受けられるなど、サポート体制も充実しているため、転職回数が多い方から初心者まで、安心してご利用いただけます。

転職回数が多くても安心!おすすめ転職エージェント3:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、数ある転職エージェントの中でも高い専門性を誇るエージェントです。マイナビエージェントでは、専門のコンサルタントが業界別におり、業界と独自のパイプを持っているため、非公開の求人も数多く取り扱っています。

そのため、マイナビエージェントに登録すると、求人票に掲載されないような優良企業も数多くあり、管理・事務職を希望する方以外にも人気の高い転職エージェントです。

転職回数が多くても安心!おすすめ転職エージェント4:doda

dodaは、パソナキャリアが運営する転職エージェントということもあり、エージェントサービスが受けられる転職サイトです。個別面談会を開催しており、相談に応じてもらえるため、初めて転職される方にもおすすめです。

また、企業側からのスカウトサービスやキャリアアップ査定ができるツールもありますので、自分の市場価値が気になる方はチェックしておくと良いでしょう。

転職回数が多くても安心!おすすめ転職エージェント5:ビズリーチ

ビズリーチは、女性におすすめの転職エージェントです。職務履歴書を登録すれば必ず詳細に目を通してもらえるため、面談が約束されたスカウトを受けられるケースも多くあります。

また、求人の質が高いものが多いため、キャリアアップを目指している方や、より良い条件での求人を探している方にもおすすめです。

転職回数が多くても管理・事務職で活躍できる!

管理・事務職の採用に転職回数は影響する?採用される4つのケースをご紹介
いかがでしたか。今回は転職回数が多くても採用されやすい人の特徴や転職エージェントについて紹介しました。

転職回数が多いからといって転職を諦める必要はありません。特に、管理事務職の仕事は豊富な知識と経験が必要な職種になりますので、自信を持ってアピールしましょう。

また、転職に失敗したことのある方や正社員を希望する方は、管理事務職に強い転職エージェントを利用するのもおすすめです。

Related