Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月12日

金融業界が未経験者を受け入れる理由3つ|転職のメリット・デメリット

転職を考えている方にとって、未経験の職種を転職先に選ぶ事は難しいですが、一部の業界においては、未経験でも中途採用者を募集しているところがあります。金融業界もその一つで、未経験でも転職可能です。金融業界への転職を目指す方のためにメリットデメリットをご紹介します。

金融業界が未経験者を受け入れる理由3つ|転職のメリット・デメリット

金融業界の主な職業とは?

金融業界とはどのような仕事をおこなうのか、主な職業とはどのようなモノかご存知でしょうか。転職希望先が金融業界の場合、未経験でも金融業界で働く事ができるのかどうかを判断をするために、金融業界の主な職業についてご紹介します。

未経験の方の中で金融業界と聞くと一番にイメージするのは「銀行」が多いでしょう。金融業界はお金を扱う仕事であり、「銀行」以外にも実は金融業界にはさまざまな職業があります。

銀行

金融業界の職業には「銀行」があり、金融業界への転職を考えている方にとって一番イメージに近い職業なのではないでしょうか。銀行は金融業界にとっては代表的なの職業だと言えるでしょう。

顧客からあずかっているお金を企業に貸し出す事で、貸出金利などから収入を得ています。お金を集めて運用するために、預金や貸付業務、為替業務などさまざまな業務がおこなわれており、データ入力などにはパソコンをつかいます。

銀行の仕事の幅が広がっているとはいえ、その柱となるのは、「預金」、「融資」、「為替」の3つの仕事。これを銀行の三大業務と呼んでいます。

出典: https://www.gunmabank.co.jp/recruit/sp/lecture/index.html |

証券

金融業界へ転職を希望している方は「証券」も金融業界の職業である事を覚えておきましょう。証券会社のような職業は顧客とのやり取りなどのような営業や契約書類などを作成する事務的な作業など、業務内容は多岐にわたります。

証券会社に転職する場合、未経験の方に知っておいてほしい業務内容は「ブローカー」「ディーラー」「アンダーライディング」「セリング」です。株式の売買に関する仲介業務が主な仕事になります。

証券会社の業務は、(1)有価証券売買の取り次ぎを行う「ブローカー(委託売買)業務」、(2)新たに発行される有価証券を一括して引き受け、小口にして販売する「アンダーライター(引受)業務」、(3)新たに発行される有価証券を投資家に販売する「セリング(売出)業務」、(4)自社で保有する金融資産を売買する「ディーラー(自己売買)業務」の4つを大きな柱としています。

出典: https://job.career-tasu.jp/2017/features/finance/lecture/... |

保険

金融業界には「保険」会社も含まれています。

保険会社は顧客となる人々から保険料を集め、その料金は株式や債券などで運用する事を生業としています。債券や株式に運用した際に得る事ができる利益が収益源です。基本的には顧客に対して保険商品を提案し、売り込む事が業務内容となっています。

金融業界が未経験でも転職を希望しているという方は、保険会社への転職も選択肢として考えてみても良いのではないでしょうか。

保険会社の業務は、その商品性の違いより生命保険と損害保険で異なりますが、代表的なポジションとしては、
  ・営業(代理店営業、コンサルティング営業)
  ・営業企画/販売戦略
  ・アクチュアリー(商品開発)
  ・アンダーライティング(引受査定)
  ・損害査定/保険金支払
  ・資産運用
といったものが挙げられます。

出典: https://www.movin.co.jp/finance/insurance/work.html |

生命保険

生命保険も金融業界の職業のひとつといえるでしょう。未経験でも生命保険会社に転職を希望している人にとっては、生命保険会社も金融業界の一部となる職業である事を覚えておくといいのではないでしょうか。

生命保険会社の場合、扱っている商品は戦後一気に広く普及しました。貯蓄の手段としても毎月の保険料を支払っているという方も多くいらっしゃいます。生命保険は資産運用する機関としての役割も持っています。

生命保険会社の大きな役目は、「生命保険制度の運営体制を整えること」となります。

生命保険の仕組みは、しばしば「相互扶助」という言葉で表されます。これはつまり、大勢の人が少しずつお金を出し合い、お互いが助け合っていく精神で成り立っているということを意味します。

こうした独自の生命保険制度を健全に長期間にわたって運営していくこと、そして保険金や給付金などが受け取り人に対してしっかりと支払われる体制を整えることが、生命保険会社のおもな役割です。

出典: https://careergarden.jp/seimeihokenkaisha/work/ |

損保保険

損害保険も金融業界の職業のひとつになります。金融業界が未経験の方の中には損害保険会社のビジネスは金融とは違うと考えている方もいらっしゃいますが、金融業界における保険業務と同じ職業ですので覚えておいて下さい。

損害保険とは自動車事故などのような暮らしに直結するリスクに対応するための保険です。損害保険は掛け捨ての場合がほとんどで、投資家のように運用するという事が少ないという点もポイントです。

金融業界が未経験者を受け入れる理由3つ

金融業界は未経験者でも受け入れてくれる業界であるため、転職を考えている方にとっては注目の業界と言えます。金融業界が未経験者を受け入れている理由を考えてみましょう。

多業種から転職を考えている場合、未経験の人材を受け入れているという業界はあまり多くはありません。未経験者でも転職先として受け入れてくれる金融業界の理由とはどういった部分にあるのでしょうか。未経験者を受け入れる理由を3つご紹介します。

未経験者を受け入れる理由1:人手を急いで確保したい

未経験者でも受け入れてくれる理由のひとつに「人手を確保したい」という考えもあるでしょう。未経験者を募集している業界の多くは人手不足で悩んでいる場合があります。

求人情報などを確認してみると「急募」と書かれているものがあるとすれば、人員異動などで人手不足におちいってしまった場合がほとんどです。しかし、転職者のような中途採用の場合は即戦力が求められる場合もありますので応募要項はきちんと確認しましょう。

未経験者を受け入れる理由2:異業種経験者の知識を活用させたい

未経験者を受け入れる理由として「異業種経験者の知識を活用させたい」という部分もあるのではないでしょうか。金融業界を未経験という人材に求めているモノは、金融業界では得られない異業種のノウハウです。

金融業界の仕事の多くは他業種の方と接する機会が多いという点で、他業種の知識があった方が、金融業界としては対応しやすいと考える事ができ、未経験者であり異業種を経験しているという知識をアピールできます。

未経験者を受け入れる理由3:社内を活性化

未経験者を受け入れる理由の3つ目は「社内を活性化」させる事ができるという点です。金融業界全体で未経験者を教育するという制度が整っており、他の業種経験者を社内に入れる事で新しい風を吹き込むように社内を活性化させる事ができるのではないでしょうか。

これまで経験してきた活動やスキルは無意味なモノはなく、むしろ経験をアピールしていく事で、未経験者でも転職するのに役立つと言えます。

金融業界は未経験でも転職できるのか?

金融業界へ転職を考えている方の中で未経験という方は少なくありません。金融業界未経験者が転職先として希望した場合、どのような求人があるのかも考えておきましょう。

未経験者での転職を受け入れてくれると言っても、希望の職種に就けるとは限りませんし、必要な資格も設けられている場合もあります。年齢も壁になってくる場合もありますが、未経験者でも挑戦する事は可能ですし、受け入れてくれる職種はあるでしょう。

職種を限定しない

未経験で金融業界に転職する事を希望している方は「職種を限定しない」事をオススメします。

金融業界で求められている職種が自分の転職したいと考えている職種ではなかったからといって、諦める事はありません。まずは希望職種に近い転職先を見つけて経験や知識を身に着けてみてはいかがでしょうか。

職種を限定してしまうと、金融業界だけではなく転職自体が難しくなってしまう場合があります。

年齢を気にする必要がある

未経験で金融業界に転職できるのかについては、転職する「年齢も気にする必要がある」のではないでしょうか。

金融業界は未経験者を受け入れてくれている業界であり、教育制度が充実していると考えられていますが、30代後半を過ぎてくると未経験者の場合は採用率が低くなる傾向にあります。

20代後半くらいが理想的だと言われており、未経験の場合であれば遅くても35歳までには転職しておく事が望ましいでしょう。

焦って転職活動をせず、まず資格を取得

未経験者でも金融業界に転職しようと考えている方は、採用されるために焦って何社も受けるのではなく、関連する資格を取得する事もオススメです。

未経験者の場合、年齢の壁もありますが、35歳というミドル世代よりも上の年齢で転職を希望する場合にはアピールポイントとして役立つ資格を取得しておくと有利になります。

転職を考えるようになった際に、事前準備として計画を立てておくと良いのではないでしょうか。

金融業界に転職するメリット4点

未経験者の転職先としてもオススメの金融業界に転職するメリットはどのような事なのか考えてみましょう。金融業界に未経験でも転職を希望する方にとって、メリットとなるポイントは4つあります。

転職先としてのメリットは、金融業界へのイメージが関係してくるでしょう。将来性を考えたうえでも安定した職業であると考えられている点も、未経験者が転職先として希望するポイントといえます。

金融業界に転職するメリット1:安定した高収入

金融業界に転職するメリットの一つ目は「安定した高収入」である事があげられるでしょう。金融業界は安定した職業であるとともに、高収入も安定して得られるのではないかと考えられています。

大手の金融会社では平均年収が1,000万円を超える企業もありますし、地方であっても平均年収が600万円から800万円という企業もあるでしょう。

金融業界に転職するメリット2:女性が活躍できる

金融業界の場合、女性が活躍できるという点もメリットと呼ぶ事ができるのではないでしょうか。男性が多く活躍する企業も多い中、窓口業務などはまだまだ女性がメインで働いているポジションでもあります。

金融業界における女性活躍推進といった取り組みをはじめている企業も多くありますので、転職先として考えてみても良いのではないでしょうか。

金融業界に転職するメリット3:金融の知識が身につく

金融業界に転職するメリットとして金融の知識が身につくという点もメリットのひとつです。

金融業界に転職すると資格取得をすすめられる場合が多くあり、資格取得のための金融に関するお金の知識を身につける事ができます。お金の知識は合って困るものではありませんので、今後の人生の役にも立つと考える事ができるでしょう。

金融業界に転職するメリット4:ステータス

金融業界に転職したという「ステータス」となる事もメリットとして考える事ができるでしょう。金融業界で活躍し、実績を残す事ができれば、今後のキャリアアップのためにもりさらに転職をする際にもアピールポイントとなります。

金融業界に転職するデメリット3点

金融業界に未経験で転職した際のデメリットも考えてみましょう。未経験の場合だけではなく、転職に関して言えばメリットばかりではありません。未経験ならではのデメリットもありますし、転職によってのデメリットもあるでしょう。

金融業界におけるデメリットを3点ご紹介しますので参考にしてみてはいかがでしょうか。金融業界に転職する際にはデメリットばかりに気を取られないように前向きに検討してみてください。

金融業界に転職するデメリット1:メンタル面

金融業界に転職するデメリットにはメンタル面が考えられます。

金融業界では数多くのクライアントとのやり取りや、職場でのやり取りなども含めて多くのやり取りを要求される事があります。他にも実績重視という企業であればメンタル面でも強さを求められるのではないでしょうか。

金融業界に転職するデメリット2:異動が多い

金融業界に転職するデメリットとして考えられるのは異動が多いという点です。異動や転勤が特に多いと言われているのが金融業界であり、異動に伴って今まで築いてきた人間関係が、異動した先の新しい場所で一から関係を構築しなければいけないというデメリットもあります。

金融業界に転職するデメリット3:残業が多い

金融業界に転職するデメリットとして「残業が多い」事も考えられるでしょう。

残業や休日出勤などが多い事も金融業界に転職するデメリットとして覚えておかなくてはいけません。プライベートを削ってまで残業したくないと考える人もいらっしゃいますが、残業代の支給などをメリットと前向きに考えてみも良いでしょう。

未経験から金融業界へ転職することは可能

金融業界について詳しくないという未経験者であっても転職を希望している方は多くいらっしゃいます。未経験でも金融業界では転職希望者を受け入れてくれる理由についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

金融業界未経験者でも転職は可能ですので、メリットやデメリットなども含めて検討し、希望の転職先へ転職する事ができるように努力していきましょう。自分に合う金融業界での職業を探してみて下さい。

Related