Search

検索したいワードを入力してください

35歳で転職する時に役立つ資格10選|おすすめの転職エージェント10選

初回公開日:2020年01月29日

更新日:2020年01月29日

記載されている内容は2020年01月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんは転職を考えていますか。転職する年齢として35歳というのは分岐点です。良い転職をするためには資格をとることが重要です。ここではそんな35歳の転職に役立つ資格について紹介していきます。興味のある方はぜひ読んでみてください。

35歳で転職する時に役立つ資格10選|おすすめの転職エージェント10選

35歳で転職する際に役に立つ資格とは?

35歳ともなれば、あらかた転職の幅が新卒生などの若い世代に比べて若干にも狭くなってしまう傾向に見られ、その転職領域が思うようにならない段階に差し掛かるものでしょう。そんな時にはまず資格取得がおすすめされ、その資格効果による転職が有利になります。

一般に資格というのは学歴よりも(企業によっては)価値が高いものとして見られ、資格の有無によって、転職がスムーズに行く場合とそうでない場合が識別されます。

35歳で転職する時に役立つ資格10選

さてここからは、35歳から実際に転職する際に必ず役立つ資格を多角的にご紹介していきます。35歳前後の年齢にある場合、先述のようにどうしても転職希望の幅が狭められ、場合によっては実力があるのに関わらず、その年齢が理由で不採用になることもあります。

しかし、その企業に必ず役立つ資格を取得しておくことによって、学歴やそれまでの経歴をカバーできる程の心強い味方になることも多く、じっくり調べることが大切です。

35歳で転職する時に役立つ資格1:社会保険労務士

まず社会保険労務士ですが、この資格は主に30代から40代の人にとって非常に有難い資格の1つとなり、その適用範囲は社会保険・労働保険などを扱う保険会社をはじめ、弁護士、税理士、行政書士・土地家屋調査士などを目指す場合に最適な資格となります。

35歳の段階で非常に高いポストに優遇されることも場合によっては見られる程で、この点を想定すれば20代で新卒の形で転職する場合よりも遥かに有利となります。

35歳で転職する時に役立つ資格2:宅地建物取引士

次に宅地建物取引士ですが、この資格も35歳から転職する際には非常に有利な立場に運んでくれる好都合の資格となるでしょう。宅地建物取引士は主に、宅地建物取引業者、不動産取引法務などをはじめとする宅地取扱業者の専門資格として重宝されています。

このような実質的価値が高い資格を所有していることで、たとえ35歳からの転職という不利な状況が強いられていても、十分挽回できる素材が与えられます。

35歳で転職する時に役立つ資格3:税理士

先でも少し触れました税理士ですが、税理士資格というのは弁理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・土地家屋調査士・海事代理士などの法務関連企業に入社する際に非常に有利な資格となりやすく、国家資格の中でも常に上位に組まれるニーズの高さです。

特に法曹関係に進みたい場合には必ず役立つ資格の1つとなり、35歳からの転職でも関係なく、転職仕立てでかなりの優遇を受けられる想定も期待できるでしょう。

35歳で転職する時に役立つ資格4:中小企業診断士

次は中小企業診断士ですが、この資格は名前のとおりに「中小企業診断士の登録などおよび試験に関する規則」を基盤にした企業経営・労務の資格分野に含まれるもので、主に中小企業に入社する場合でも、中小企業コンサルタントになる場合でも非常に有利になります。

現代の日本社会では、このような中小企業がベンチャー企業やサービス企業などを含む形で飛躍しているため、35歳からの転職でも十分役立つ資格となるでしょう。

35歳で転職する時に役立つ資格5:地方公務員上級・国家一般職

資格試験が年々難しくなっているとされる「地方公務員上級・国家一般職」ですが、この資格は主に公務員として入社する場合には最上位に認められる程の基調な上級資格としてあるため、35歳からの転職ではそのキャリアが生かされる形で優遇されることが多いです。

35歳からの転職といっても裏を返せば、それだけ社会経験が豊富であり、それなりのキャリアを積んできた実力が認められるため、さらに心強い味方になります。

35歳で転職する時に役立つ資格6:ファイナンシャルプランナー

従来から非常に多くのビジネスシーンで活躍しているファイナンシャルプランナーですが、この資格は主に企業コンサル系資格の1つに認められる上で、基本的には財政面からのマネジメント系職種に非常に強い資格となります。

35歳からの転職でもこの資格が活用され提示される場面はとても多く、大手企業から中小企業への入社に至るまで、その職種領域を問わずに活躍できる資格の1つに数えられるでしょう。

35歳で転職する時に役立つ資格7:行政書士

行政書士は法務関係・政治関係の仕事に必要な資格としても非常にお堅い資格の1つとして知られていますが、やはり司法書士・弁理士・弁護士などを含む四方関連の職種への転職事には非常に役立つ資格の1つになります。

35歳からの転職でも関係なく、そのキャリア・実力・能力のほうが先に評価され、優先的に採用へのメドが立てられる大きなきっかけを与えてくれる有力な資格になるでしょう。

35歳で転職する時に役立つ資格8:ケアマネージャー

ケアマネージャーは、主に介護福祉士・社会福祉士の資格を持つ人が働きやすい介護現場で重要な役割を担う者が持つ資格で、その取得までには研修・実習期間に加え、さらに実務経験すうが3年以上なければ取得できない難しい資格の1つになります。

つまりそのぶんだけ、取得しておくことによる効果が発揮されることになり、今後の介護ニーズを考慮する上でも、サービス業・介護職を目指す上では非常に有力な資格となります。

35歳で転職する時に役立つ資格9:日商簿記

いわゆる簿記資格となりますが、従来の簿記検定によって取得される簿記資格とは少々違い、さらにビジネスパーソンとして重要な位置を占めることが期待される有望な資格の1つとなります。主に経理事務や総務を目指す場合は、あったほうが良い資格でしょう。

35歳からの転職では事務系を希望する人が破格に多いこともあり、またIT関連企業でも十分活用できる資格でもあるため、ぜひこれを機会に検討してみましょう。

35歳で転職する時に役立つ資格10:公認会計士

公認会計士も一般に経理事務をはじめとする、経営コンサルタント系職種を希望する際には非常に有力な資格の1つに数えられます。最近でも流行っている会計士への転職ニーズを踏まえる上で、今後ともに好都合の立場を約束してくれる貴重な資格になるでしょう。

35歳からの転職時に、会計士事務所やコンサル系企業を希望する傾向は多く見られますが、その際でも簿記・会計士の資格取得の効果が非常に大きく影響してきます。

おすすめの転職エージェント10選

さてここからは、35歳だからこそ活用できるおすすめの転職エージェント10選と題し、35歳で中途採用枠から転職活動を行なう場合、実践で利用できる転職エージェントをご紹介します。転職エージェントはとても大きな味方になるのでぜひ利用しましょう。

30代からの転職ではまず「自己スキル・キャリア形成」に配慮し、理想的な職場を確実にサポートしてくれる信頼性の高いエージェントの利用がおすすめです。

おすすめの転職エージェント1:マイナビエージェント

一般に、IT企業やクラフト業向けの人材・有能な人材を斡旋する大手転職サイト「マイナビエージェント」ですが、この転職エージェントで特に注目するべき点は、コンサル系企業・外資系企業・IT企業への内定率が高いことでしょう。

35歳から転職エージェントを利用する場合、ITスキルが高い人であればすぐに求人情報が見付かる特徴もあり、転職する際に必須となる手順も教えてくれます。

おすすめの転職エージェント2:パソナキャリア

パソナキャリアの大きな特徴は「求職者が持つ能力・実務スキルを活用する上で、理想的な職場環境を確保する支援力」が高く、あらゆる観点からでも転職斡旋に強いアドバイザーがそろっている点になるでしょう。

35歳から転職エージェントを利用する場合でも、まず実務キャリアの活用・将来ビジョンの設定が重要で、あらゆる求人情報を有効活用し、PRにつなげられる支援力が安定します。

おすすめの転職エージェント3:JACリクルートメント

JACリクルートメントの特典は「求職者の個別希望によって求人情報のピックアップされる」という、求職者の能力を基準に理想的な転職活動ができる点です。30代からの中途採用でも常に安心して活動でき、内定率はかなり高いです。

35歳から転職エージェントを利用する場合でも個別能力に配慮し、理想的な転職の採用情報を実際に想定し、未経験の職種でも円滑な転職を斡旋します。

おすすめの転職エージェント4:リクルート

リクルートエージェントの特徴は「求人情報が活用しやすい点」と「サポート力の高さ」であり、採用ニーズを満たす場合に必須の能力・スキルを踏まえ、その求職者にとって理想的な職先を見付ける点に利点があります。

35歳から転職エージェントを利用し、適職を探す場合でも、その転職に必要なスキルをじっくり教え、35歳ならではのスキルアップの条件を確実に提供してくれます。

おすすめの転職エージェント5:doda

独自の非公開求人がかなり充実する上で、「個別能力に合せたサポート力」で定評のあるdodaです。個別スキル・環境・活動実績に見合わせた上で転職方法を検討し、未経験・キャリアが乏しい職先への転職でも積極的に転職斡旋してくれるでしょう。

35歳から転職エージェントを利用する場合でも、その個別能力に見合わせた上で実践的な転職を勧めてくれる上、着実なアフターフォローが充実した支援が特典です。

おすすめの転職エージェント6:ビズリーチ

広い年齢層の求職者が利用している「ビズリーチ」ですが、この転職エージェントの特徴力は「年齢幅が広い場合の転職時でもその採用基準を満たせる点」で、転職後のキャリアアップを形成するアフターフォローにもかなり優れた魅力があります。

35歳から転職エージェントを利用する場合、大・中小企業を問わず内定を確約できる程のレベルの高さで、転職活動そのものが円滑になるでしょう。

おすすめの転職エージェント7:Spring転職エージェント

通常の転職でもかなり人気の高いSpring転職エージェントで、30代の転職でも個別スキルを十分活用してくれる上で、自己ニーズ・理想・条件によって多彩な適職分野に見合わせたサポートされます。

35歳にオススメの転職エージェントの理由として、キャリアアップ・転職後の生活安定を想定し、理想的な将来設計のためのアフターフォローを適切に配慮される点が魅力でしょう。

おすすめの転職エージェント8:type転職エージェント

type転職エージェントの魅力と特徴は、「中高年向けの適切な求人情報とその豊富さ」で、当サイトを上手く利用すれば、必ずその将来において自分の能力に見合った職先が多く見付かるなど、その転職斡旋率は非常に高く見られます。

転職サイトランキングでも上位にありながら、35歳からの転職満足度も非常に高く、特にIT関連の職先をそのサイトで見付ける際でも十分活用できる特典が見られます。

おすすめの転職エージェント9:ワークポート

ワークポートの特典は「エリート職からの転職ルート・コネが豊富に用意されている点」で、求人情報の発掘やサポートの充実をはじめ、特定の希望職種においては実践的な情報が満載する点に見られます。

35歳から転職エージェントを利用する場合でも、各求職者に最適なサポートを約束し、能力・スキルに沿った関連企業への斡旋を図ってくれる上で、満足度の高いサポートが柔軟に期待できるでしょう。

おすすめの転職エージェント10:ハタラクティブ

主に若年層からの求職者が多いですが、最近では第二新卒者が利用する傾向がかなり増えており、生活と仕事との両立・安定をメインにサポートすることを念頭に置き、理想の職種への斡旋を約束してくれる点が大きな魅力です。

35歳から転職エージェントを利用する場合でも斡旋力に優れており、特に企業側への即戦的なPR提示力が高く、書類作成などを含む事前準備において魅力・定評があります。

35歳で転職する時に役に立つ資格を習得しよう

いかがでしたか、今回は「35歳で転職する時に役立つ資格10選|おすすめの転職エージェント10選」と題して、「35歳で転職する時に役立つ資格」についての詳細情報のご紹介をはじめ、実践的なおすすめの転職エージェントを10選の形でご紹介しました。

30代からの転職活動において重要なのは、企業情報の的確な把握と、現在の自分のステータスに見合った実力を確認することです。ぜひ最適な資格を見付けましょう。

Related