Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月05日

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント

「法務部」とはどのような業務を行っているのでしょうか。大きく分けて「契約・取引関連」「紛争に伴う業務」「コンプライアンス」「企業の期間や組織業務」に分類されます。「法務部」に転職したいと考えている方へのおすすめ情報と転職するために必要なスキルをご紹介します。

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント

法務部とは

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント
法務部とは企業の中でどのような役割を果たしているのでしょうか。企業が必要とする法律的な知識とスキルを要する仕事です。企業に利益をもたらすため法律を使い企業をサポートします。

また、企業に降りかかるリスクを未然に防ぐためのディフェンス業務と、すでに発生してしまった不祥事などを迅速に対応する能力も必要な部署といえるでしょう。法務部で法律を学び次のキャリアに転職したいと思う方は少なくありません。

法務部の主な業務内容

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント
法務部での主な業務は「企業の契約や取引に関する法律」「コンプライアンス」「組織や経営に関する法律」「紛争対応・クレームに対する業務」などが挙げられます。

どの業務も専門的な知識が必要であり、企業のイメージアップやダウンもこの法務部の業務にかかっているといっても過言ではありません。「法務部」とはいかに専門的な知識と経験を持った集団であり、企業のために必要不可欠な部署であるかを知る必要があります。

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント
法務部の仕事は企業にとって重要な業務を担っており、企業に利益をもたらすために必要な部署です。業務にやりがいを感じ、生きたスキルを習得できる環境であると同時に、失敗がイコールそのまま企業の不利益となってしまうリスクも秘めています。

法務部で働くということは単に「やりがい」だけを得られるということではなく、業務ひとつひとつに責任を課せられる厳しい側面もあると理解しておかなければなりません。

法務部の仕事のやりがい

上述したように、法務部の仕事にはやりがいと厳しさのどちらもありますが、まずはやりがいを5つ紹介します。

やりがいを理解することで、法務部への転職を検討している人は一歩踏み出すさらなるきっかけとなるでしょう。

法務部の仕事のやりがい1:縁の下の力持ちになれる

法務部での仕事には、決して公には出ないが重要な役割を担う業務もたくさんあります。企業と従業員向けの法的サポートや社内ルールの管理、社内規定を設けることも仕事の一環です。

企業とそこで働く従業員のために契約書関連のチェックや新しいクライアントと取引するための情報収集など、専門性の高い業務に対し真摯に向き合い、正確に対応していくスキルと何事にも動じない忍耐力が必要とされる仕事です。

法務部の仕事のやりがい2:未経験でもチャレンジできる

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント
法務部で働く人すべてが「法律」に精通しているわけではありません。実務をこなしていく中で段階的に「経験」と「知識」を身につけていく人もいます。入社当初は未経験であっても自分自身の努力と積み重ねた経験が実績につながります。

経験を活かし次のステップへ転職する人もいます。法務部での仕事は未経験からの習熟及び本人の努力次第で、スペシャルなスキルを手に入れることのできるとてもやりがいのある業務です。

法務部の仕事のやりがい3:柔軟な対応力が身に付く

法務部での業務の中には、企業及び従業員の「クレーム対応」があります。第3者的立場から「社内」「社外」で起こるトラブルを解決する仕事です。柔軟且つ、迅速な対応が求められます。

問題解決に向けて、しっかり物事と向き合い問題点を見つけだしていくこと、またその問題点を速やかに分析し、解決していく判断力が必要とされ、非常に取り組み甲斐のある仕事と言えるでしょう。

法務部の仕事のやりがい4:人の役に立つ

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント
企業の法律関連のすべてを司る部署であり、守りの要として「法律」を基にあらゆる業務のディフェンス的要素を多く含んだ仕事です。新規クライアントとの契約締結に伴う事前リサーチから取引内容の精査まで行います。

「企業」が売上を向上させ、業績を伸ばすためのサポートを担っています。法務部の仕事は単に法律を学べる場ということではなく、知識や経験が人の役に立てるものだという部分が魅力のひとつと言えるでしょう。

法務部の仕事のやりがい5:コミュニケーション能力がみにつく

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント
法務部の仕事は「法律」をしっかり理解したうえで、企業とそこに働く従業員の利益となる規約や取引内容を確認し、業務を行わなければなりません。時には企業の立場を優先し、判断することで社内からの反感を買ってしまうことも少なくありません。

法務部の仕事は常日頃から関係各部署とより良い関係を構築する必要があり、コミュニケーション能力も大事な要素となる業務の一つです。

法務部の仕事の厳しさ

法務部で働くことは、とても「やりがい」がある反面「厳しさ」もある業務と言えます。企業と従業員の不利益とならないよう「法律的根拠」という立場からしっかりサポートをしなければいけません。

厳しさの中から得られる達成感や、経験したスキルはすべて自分自身の糧となり、次のステップでも活かしていけるでしょう。法務部でしっかりと厳しさを経験し、忍耐力を身につけることも必要と考えられます。

法務部の仕事の厳しさ1:ミスが許されない

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント
法務部の仕事は、企業や従業員の利益のために「法律の目線」をもとに従事する仕事です。そのため個別契約書や企業間の取引内容、コンプライアスなど、決して「ミス」があってはならない業務もたくさんあります。

何度もリーガルチェックをし、いくつもの精査を経て承認されます。ひとつひとつの業務をしっかり見極め、きめ細やかな仕事の進め方が必要とされる仕事です。

法務部の仕事の厳しさ2:情報収集を怠れない

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント
法務部で業務を行う上で、契約書や取引関連の仕事が約6割以上あるといわれています。そのため、日々さまざまな契約関連の文書に目を通し、精査していきます。

法律の目線で問題点の抽出から取引先の情報や市場の流れ、改正法なども含め、常に新鮮で確実な情報収集が必要です。日頃から、しっかり時事内容を把握し、常に学ぶ姿勢を持ち続けることで、知識を蓄積していく必要があります。

法務部の仕事の厳しさ3:突発なトラブルにも対応しないといけない

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント
法務部の業務のひとつに、トラブル対応やクレーム対応などがあります。クレームやトラブルといった事案は、事前にわかって対処できるものではなく、突発的に発生するケースがほとんどと言えるでしょう。

そのため、トラブルが発生した際は、いち早く状況の把握を行い、その内容を踏まえた上で、迅速な対処をしなければいけません。トラブルが起きた時こそ法務部の仕事は冷静に事の経緯を理解し、落ち着いた対応が必要とされます。

法務部の仕事の厳しさ4:経験不足でも企業の顔となる

法務部の仕事の中には「社外のトラブル」も少なくありません。そのため、新入社員や未経験者であっても、法務部の人間として毅然とした対応が必要とされます。経験の浅いまま表に出ることはなく、しっかりとした社内研修などによって知識と経験を積んでいきます。

スキルが身につけばつくほど、やるべき仕事の重圧は増していくため、経験の浅いうちからその覚悟と先輩方の対応を学ぶ意識が必要です。

法務部の仕事の厳しさ5:常に知識の蓄積が必要

法務部の仕事は、常に新しい情報収集と改正される法律に対応できるよう注力していかなければなりません。そのため、社内・社外の研修はもちろん広い視野を持って業務に取り組む姿勢が必要とされます。

一つの商品知識をマスターするわけではなく、最新の情報と情勢を見極めながら適確な情報を発信し、新しいルールを構築していく必要があります。その経験は今後転職を考えた際も、かなり活かせる経験のひとつと言えるでしょう。

法務部に強い!おすすめの転職エージェント5選!

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント
「法務部」から転職する人の中にはどのような業界を経験している人が多いか、そのために必要なスキルは何かも含め、自身のキャリアアップのために必要な情報をしっかり理解する必要があります。

「法律」に関する業務を極め、より高度な知識を習得するための手段が必要です。転職方法に関するノウハウと「法務部」からの転職においてスキルアップを図るためより重要なポイント、さらにおすすめの転職エージェント5選をご紹介します。

法務部に強い!おすすめの転職エージェント1:マイナビエージェン

新卒採用などで有名なリクルートに続いて認知度の高いマイナビのグループ会社です。年齢層も20代が大半のため、初めての転職や第2新卒者向けに対し「未経験OK」な求人を多数揃えている点が大きな特徴です。

そのため高年収の求職者が希望する管理者クラスの案件は少ないと言えます。年収300万円クラスの求職者であれば、業界を問わず求人案件が多数あり、初めて次のステップに進む求職者にとっては最適な紹介サイトです。

法務部に強い!おすすめの転職エージェント2:リクルート

国内最大級の求人を保持している転職サイトです。20代~40代世代をメインにした所謂ホワイトカラー職を専門として人材紹介を行う企業で、求人数がかなり多く、業種にも偏りがないサイトです。

そのため「法務職」の求人も多く保有しており幅広い業界での転職が可能と言えます。ミドル層や、転職する際にどのような業界で法務職を目指すべきか悩んでいる層に、適したサポートをしてくれます。

法務部に強い!おすすめの転職エージェント3:doda

インテリジェンスが運営する企業でリクルートに続く国内第2位の規模を持つ総合転職サイトです。転職フォーラムなども積極的に開催しており、求職者と企業をつなぐイベントも多数あります。

最大の魅力は、登録後、「非公開」で紹介を受けることができ、Dodaエージェントサービス独自が保持している「非公開求人」を多く揃えていることから、企業の機密情報を取り扱う部署での転職を考えると、利用しやすいサイトと言えます。

法務部に強い!おすすめの転職エージェント4:JAC

海外向け・管理職案件・ミドル・ハイクラス年収600万以上向けのエージェント企業です。確実な実績と手厚いサポートが魅力のひとつです。多数のグローバル案件をもっており、業界に特化した一流のヘッドハンターがいます。

法務部から転職する人の中にはより専門性を持ったハイクラスな案件を目指す人も多く、サポート体制が充実しているエージェントを利用することで、希望の転職先を手に入れることが可能となります。

務部に強い!おすすめの転職エージェント5:ビズリーチ

高収入を目指した転職者には絶大な人気を誇る紹介サイトのひとつです。高収入案件も多く、優秀なヘッドハンターや企業の人事から直接オファーをもらえるスキームとなっています。直接のオファーを得ることで転職までのスピードや効率化を図ることが可能となります。

法務部から転職を考える際、自身のスキルに応じたキャリアプランをもって次の転職先にいくために効率よく活用できるエージェントのひとつです。

法務部に転職してみませんか?

法務部の仕事の5つのやりがいと厳しさ|法務部に強い!エージェント
法務部で学んだ知識を活かせるフィールドはたくさんあります。自分自身が培った経験をもとにさまざまな「法律」の分野へ転職することが可能と言えるでしょう。

働き方が多様化している現代だからこそ、「法務部」の業務はさらに重要度を増し、企業にとって必要不可欠な仕事と言えるでしょう。より高収入かつより専門的なスキルを身につけることができる転職を可能にする、それこそが「法律」を学んだ人の特権といえるでしょう。

Related