Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月12日

マーケティング職に転職しやすい人の特徴4つ|おすすめの転職エージェント

終身雇用が当たり前ではない時代となり、より良い条件を求めて転職する人も多くなりました。一方、転職回数が多いとネガティブに捉えられることも多いです。営業経験などを重宝してもらえるマーケティング職の場合には、転職回数が多くても採用してもらえるのでしょうか。

マーケティング職に転職しやすい人の特徴4つ|おすすめの転職エージェント

転職回数が多いと転職しづらいのか?

世の中には面白そうな仕事がたくさんあります。マーケティング職もその1つです。

新しい仕事に関心のある人には特に興味のわく仕事の1つですが、一方で新しい仕事に関心を持つ人は転職も多い場合があり、転職回数が多くてもマーケティング職に就けるのかは気になります。

ここでは転職回数が多いもののマーケティング職への転職に関心のある人に、転職回数が多くてもマーケティング職に就けるケースなどをご紹介します。

転職回数が多くてもマーケティング職に採用されるケース4つ

転職回数が多いというのは、企業からすると採用してもすぐに辞めてしまう可能性があり、転職活動ではネガティブな要因となります。

一方、マーケティング職は営業経験などを踏まえて採用してもらえることも多く、転職が効果的な場合もあります。転職回数が多くてもマーケティング職に採用されるのは、どのような場合でしょうか。

ここでは外的要因、転職理由、即戦力、専門性の4つの点から採用されるケースについ考えていきます。

転職回数が多くてもマーケティング職に採用されるケース1:外的要因

転職回数が多くても採用してもらえるケースとして、応募が少なくて企業が焦っているという外的要因があります。マーケティング職では経験者を探すことも多いので、応募があっても条件に合わないこともあります。

面接に臨む前に、応募が少ない企業なのかも見ておくとよいでしょう。ハローワークで応募が少ない企業かを確認することもできます。応募が少ない状況の場合には、転職回数が多くても採用してもらえる可能性が高まります。

転職回数が多くてもマーケティング職に採用されるケース2:転職理由

転職の理由が前にいた会社の倒産であったり、本人の責任でないリストラの場合であれば、本人が原因の退職ではないので転職の回数としてはあまりカウントされません。

マーケティング職であっても、転職回数が多いだけではネガティブに捉えられます。マイナスの評価をされないように、退職理由を聞かれない場合にもきちんと伝え、仕事に対して前向きであることをアピールしましょう。

転職回数が多くてもマーケティング職に採用されるケース3:即戦力

転職によって経験をしっかりと積んできているのであれば、その経験を活かしてマーケティングの即戦力として採用してもらうケースもあります。

グローバル化やイノベーションが求められている企業が増えていますが、そういった企業では経験や転職回数を重ねた人を求めている場合が多いです。マーケティング部の場合も経験やスキルがあまりない若手を採用して育てるよりも、中堅やベテラン層の方が即戦力となります。

転職回数が多くてもマーケティング職に採用されるケース4:専門性

転職回数が多くても、難しい資格を保有していたり専門的な経験を豊富に持っている場合は、その点をアピールするポイントにして前向きに面接に挑むことができます。

マーケティング職の場合には、Googleアナリティクス検定などを受験したりすることでWebマーケティングに必要なデータ解析スキルを持っている証明になります。また、資格取得後のステップアップとしてであれば転職回数はあまり気にならないことも多いです。

転職しやすい人の特徴4つ

転職回数の多いということは、日本ではまだネガティブなイメージが強いです。自分に合う企業や職業を見つけられないまま転職回数が増えていくと、評価は下がっていく一方です。

一方、転職しやすい人の特徴にはポジティブな面が多くあります。変化に強い、客観性を持っている、視野が広い、実行力があるなどです。この特徴はマーケティング職につくためにも必要になります。

ここでは、これらの特徴について具体的に見ていきます。

転職しやすい人の特徴1:変化に強い

転職しやすい人の特徴の1つとして、変化に強いという点があります。

転職すれば新たな環境、新たな仕事のやり方、新たな人間関係の中で働くことになります。変化に対応する力がなくては転職先で活躍することはできません。これは新たな職場でのコミュニケーション力や新しい仕事への現状把握能力があることによって可能になります。

常に変化する市場の変化をとらえるという点では、変化への強さはマーケティング職にも重要です。

転職しやすい人の特徴2:客観性をもっている

転職しやすい人は、転職活動では自分の状況を良く鑑みた上で応募先を決めたり、客観的に自分の強みや弱みを見て自己アピールにつなげていくといったことができます。

また、仕事の上でも自分を客観視することができていると、自分の弱い部分を見つけて補う努力をしたり、自分の強みをさらに強めていくということができます。

マーケティング部にとっても、物事を客観的に見れることは市場データなどを見る上で重要です。

転職しやすい人の特徴3:視野が広い

視野が広いことも、転職しやすい人が持つ特徴の1つです。視野が広いと、自分が弱い部分や足りない点、自分が今後身につけていかなければいけない点に気づくことができ、新たな知見を知ることもできます。

優秀な人は総じて視野が広いです。転職においてもさまざまな可能性をおさえてチャンスを逃しません。また、視野の広さはマーケティング職にとっても重要です。市場をしっかりと見極めるためにも身に付けておきたいスキルです。

転職しやすい人の特徴4:実行力を持っている人

仕事においても転職活動においても、当たり前のことが当たり前のように実行できることはとても大切なことです。

報連相や納期を守るなど当たり前のことをできるかどうかは転職活動にも表れます。話し方、話す内容、履歴書の書き方など、当たり前のことにおいて実行力があることが重要です。

また、実行力はマーケティング職でも重要です。いざというときにしっかり施策を打てる人をマーケティング部では求めています。

おすすめの転職エージェント10選

転職回数が多くても、転職しやすい人の特徴にきちんとあてはまるような人であれば、よい転職先を見つけることは可能です。また、転職しやすい人の特徴を持つ人はマーケティング職でも活躍することができます。

では、肝心の転職活動を助けてくれるエージェントはどのようなところがあるのでしょうか。ここではオススメの転職エージェントを10個ご紹介します。

おすすめの転職エージェント1:マイナビエージェント

マイナビエージェントを運営しているマイナビ社は、20代向けの案件や中小企業を中心に急速に求人数を増やしている会社で、転職エージェントとしても今とても勢いがあります。

30代の方向けやハイキャリア向けの求人はそれほどありませんが、第二新卒のための求人や中小企業を中心とした求人が豊富にあります。また、サポートに熱意があり、丁寧だと評判です。

20代で、新たな転職先を探したい場合にはオススメです。

おすすめの転職エージェント2:パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣領域で業界第2位のパソナが運営している転職エージェントです。取引実績は16,000社以上あり、拠点も全国各地にあります。

求人件数自体はリクルートエージェントやdodaほどありませんが、求人の質が高いと評判です。また、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策などのサポート体制が丁寧です。

おすすめの転職エージェント3:doda

dodaはパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営する転職エージェントで、業界最大手です。求人件数が非常に多く、担当から出し惜しみせずにどんどん提案してもらえます。

担当の当たり外れも少なく、職務経歴書や面接対策のサポートも良いと評判です。中小企業や地方での案件も豊富なので、幅広く転職の可能性を考えたい人におすすめです。

おすすめの転職エージェント4:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、保有する求人数が非常に多い、老舗の総合転職エージェントです。

エージェントとしての知名度がとても高く、企業に対しての交渉力が強いので、内定率が高いと評判です。また、マーケティング職全般の求人を豊富に保有しています。

サポートは特に面接対策が充実していますので、面接で自分をどうアピールしたらよいのかを知りたい人などにおすすめです。求人が豊富なので転職回数の多い人にも安心です。

おすすめの転職エージェント5:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系企業や国内企業でもグローバルポジションの求人については国内実績第1位です。

質の高い案件を非常に多く扱っていて、担当も優秀な人が多いと評判です。外資系企業との取引が多いことから、マーケティング職の求人案件も多く保有しています。

転職回数を重ねてスキルを積み、さらなるキャリアを目指すための転職をする人にはオススメです。

おすすめの転職エージェント6:ビズリーチ

ビズリーチは、1300人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービスです。

既存の転職エージェントとは全く異なり、サイトを最大限活用するためには月額2,980円〜4,980円が必要です。また、年収が750万円以上あるハイキャリアの人が利用できる対象となります。

現在の年収が600万円以上あり、中長期的に転職を考えている人におすすめです。

おすすめの転職エージェント7:ワークポート

ワークポートは、IT、Web系の求人に強みを持つ、老舗の転職エージェントです。やりとりが事務的ではありますが迅速な対応が評判です。

質よりも求人への応募回数を優先する方針のため、雑に感じる人もいるようですが、たくさんの求人を紹介してもらえます。ITやWeb業界への転職を希望していて急いでいる人におすすめです。

おすすめの転職エージェント8:ハタラクティブ

ハタラクティブは、第二新卒や既卒などの若年層をターゲットにした特化型転職エージェントです。

応募者の経歴を問わない未経験歓迎の求人を多く保有しています。未経験者や自分のキャリアに自信を持てない人にとって、最後の砦のような存在です。

一方、求人の質に幅があるため、同じく20代の求人に強いマイナビエージェントと一緒に活用するとよいでしょう。

おすすめの転職エージェント9:アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは、国内最大級の求人サイトであるアイデムが運営する転職エージェントです。

転職エージェントサービスを始めたのは2011年ですが、昨年度から積極的に広告を打ち出していることから、知名度が急激に伸びています。まだ歴史が浅いこともあり、求人数が少なく専門性も低いですが、サポートは丁寧で親切だと評判です。

第二新卒など、転職活動に不慣れでサポートを必要とする人におすすめです。

おすすめの転職エージェント10:マイケルペイジ

マイケルペイジは世界34カ国で人材ビジネスを展開する、大手外資系転職エージェントです。

高収入の外資系企業への転職求人に強みがあり、ハイキャリア向けの転職エージェントといえます。担当も外資系企業への専門性が高くて安心だと評判です。

専門性の高いスキルを持ち、外資系求人を探している人にはオススメです。

転職回数が多くてもマーケティング職に転職できる

転職回数が多くても採用してもらえるケースや、転職しやすい人の特徴などについてご紹介してきました。

転職回数が多いことはネガティブに捉えられがちですが、キャリアに一貫性があったり、ステップアップのための転職である場合には回数が多くてもむしろ良い評価を受けることもあります。

マーケティング職は営業などの経験を積んだ上でその職につくことが多いです。転職経験を上手にアピールに活用して転職を成功させましょう。

Related