Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月11日

【年代別】人事コンサルタントの年収とおすすめの転職エージェント

人事コンサルタントがどのような職業かご存知でしょうか。ここでは人事コンサルタントの平均年収や、年代ごとの年収、人事コンサルタントに向いている人の特徴や、人事コンサルタントに転職する場合におすすめな転職エージェントなどをご紹介します。

【年代別】人事コンサルタントの年収とおすすめの転職エージェント

人事コンサルタントの仕事内容とは

人事コンサルタントとは、クライアントである企業の人事制度などの設計を支援する仕事です。

企業から依頼を受け、人事課題を解決するために「人材」や「組織」といった企業において不可欠な要素についてアドバイスや助言をおこなう仕事です。

人事コンサルタントは経験者が優先して採用される傾向にあります。また、大手のコンサルティングファームでは、グローバル人事戦略やM&Aなど、担当チームに分かれて仕事にあたっています。

人事コンサルタントの平均年収

人事コンサルタントの平均年収は500万円前後となっています。

一口に人事コンサルタントといってもその範囲は広く、年収相場を明確することは簡単ではありません。一般的には、経験者を中心に活躍しているため、他の仕事に比べると平均年収はやや高めであるといえます。

また、勤務先の規模などよっても給料は異なり、外資系のコンサルタントでは初任給でも500万円以上ということもあります。

20~50代別人事コンサルタントの年収

世代別の人事コンサルタントの年収はどのような水準なのでしょうか。

人事コンサルタントは個人の経験や能力が重視されやすい職業です。そのため、年齢が若い場合でも実力次第では高い収入を得ることも可能です。

ここでは年代別の人事コンサルタントの年収についてご紹介します。

人事コンサルタントの年収1:20代

20代の人事コンサルタントの平均年収は506万円です。

男性の平均年収561万円、女性の平均年収411万円という水準となっていました。また、経営コンサルタントなどを含めたビジネスコンサルタントの場合、20代前半で437万円、20代後半で611万という水準となっています。

しかし平均値ではなく最低値、最高値で比較すると、最低年収200万、最高年収で2,000万とその年収には大きな差がありました。

人事コンサルタントの年収2:30代

30代の人事コンサルタントの平均年収は722万円です。

男性の平均年収760万円、女性の平均年収577万円という水準となっていました。ビジネスコンサルタント全体でみると平均年収は769万円となっており、こちらも最低年収200万、最高年収1,800万と、年収には個人差があります。

また、30代でマネジャー未満の層の場合は600~800万程度の水準となっている場合がほとんどになります。

人事コンサルタントの年収3:40代

40代の人事コンサルタントの平均年収は994万円です。

40代以上となると、プロジェクトマネジャーを任せられるくらいのランクの層と、それ以下の一般の層にわかれます。マネージャーの層では800万~1,400万円程度の水準となることが多いですが、査定などによってその年収は大きく変わります。

マネージャー以上の幹部層となると、年収は平均して1000万を超えるのが一般的でしょう。

人事コンサルタントの年収4:50代

50代の人事コンサルタントの平均年収は不明ですが、高い水準となると年収3,000万程度となる場合もあります。

世代別の平均年収のデータでは40代以上としてくくられることが多く、50代のみに絞ると有効なデータはほとんどありません。

また、コンサルティング業界は他の業界よりも平均年齢が若く、幹部でも40代~50代の層となっています。そのため、幹部であるか否かでその年収には大きな差があります。

人事コンサルタントに向いてる人の特徴

人事コンサルタントに適性のある人には特徴があります。

能力主義的な側面が強く、個人の資質や能力次第で高い給与を得られる人事コンサルタントですが、具体的にはどんな人が向いているのでしょうか。

ここでは人事コンサルタントに向いている人の特徴や必要なスキルについてご紹介します。

高いコミュニケーション能力がある

人事コンサルタントにはコミュニケーション能力が必要です。

コンサルティングを行うにあたって、需要な交渉や打ち合わせは幾度となくあります。そうした場面では、依頼人を満足させるだけの高いコミュニケーション能力が必要です。

また、依頼人や役員、管理職などと適切な人間関係を築く能力は、人事コンサルタントに限らす、仕事を行ううえで必要な能力となります。

論理的思考力がある

人事コンサルタントには論理的思考力が必要です。

比較的未経験者の少ない職業ですが、それでも若手を採用する場合ばあります。若いうちから経営的な経験を積んだ方は少数となるため、そのポテンシャルも採用のポイントとなります。

人事コンサルタントに必要となるのは、難しい事柄を順序立てて考える力や、相手の話を整理し、理解する力です。そして、それらに共通して必要となるのが論理的思考力となります。

洞察力がある

人事コンサルタントには高い洞察力が必要です。

理屈で組み立てた論理をクライアントに伝える力も、人事コンサルタントには必要です。しかしクライアントをロジカル一辺倒の回答だけで納得させることは難しいでしょう。

つまり、論理的思考に深い洞察力を反映させることで、初めてクライアントにとって説得力のある説明が可能となるといえます。

人事コンサルタントに転職するときのおすすめ転職エージェント

人事コンサルタントに転職したいと考えているなら、適した転職エージェントを利用すると良いでしょう。ここでは、人事コンサルタントにおすすめの転職エージェント4つをご紹介します。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは豊富な求人が特徴的な転職エージェントです。

転職大手のマイナビが行う転職エージェントです。以前は転職サイトがメインでしたが、近年では転職エージェント事業でシェアを伸ばしています。

これまでの転職サイト運営により築いた企業との豊富な取引実績を、転職エージェント事業にも活かしています。また、中堅層の転職サポートだけでなく、第二新卒や20代を含めた幅広いサポートが魅力となっています。

リクルートエージェント

リクルートエージェントとは国内最大の求人数を誇る転職エージェントです。

豊富な求人、非公開求人を誇り、全国の求人をカバーしています。大手はコンサルティング業界に強い特徴があります。なぜなら、コンサルタント系の転職は仲介料が高く、エージェントも積極的に投資をしており、社内に専門部署があるためです。

さらに実績を積んだキャリアコンサルタントが数多く在籍していることで、求人先からの信頼も厚いことが魅力です。

DODA

DODAとは転職業界最大手のインテリジェンスが運営する転職エージェントです。

国内ではリクナビに次ぐ知名度があり、転職業界第二位に位置しています。豊富で幅広い求人数、高品質かつスピーディーなサービス対応が魅力です。

また、他の転職エージェントはDODAのように「転職サイト」と「転職エージェント」の両方を担っているところは多くありません。両方を利用することで、ミスマッチも少ないといわれています。

パソナキャリア

パソナキャリアとはパソナキャリアカンパニーが運営する転職支援サービスです。

人材派遣事業を行っていた株式会社パソナが転職事業として設立しました。幅広い業界に向けての求人の種類と、全国をカバーする求人数が魅力です。

また、パソナキャリアは利用者の満足度が高い点が特徴です。細やかなサポートをコンサルタントが求職者ひとりひとりに行うことで、双方が納得のいく転職を実現しています。

人事コンサルタントの年収を知ろう

人事コンサルタントの平均年数は高い水準ですが、経験や能力により個人差があります。

コンサルティング業界は能力主義の側面が強く、実際に年収1,000万円以上稼いでいる人もいれば、普通のサラリーマンよりも少ない層も存在していました。また、転職する場合は経験者などが優遇される傾向となっています。

人事コンサルタントへの転職を考えている場合は、適性も踏まえた上で適切な転職エージェントを利用するようにしましょう。

Related