Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月01日

クリエイティブ業界の主な職種7つ|クリエイティブ業界に強いサイト4選

これからクリエイティブ業界に就職したいと思っている人、クリエイティブ業界に興味がある人へ向けて、そもそもクリエイティブ業界とは何か、特徴や将来性などの情報を発信し、クリエイティブ業界の主な職種7つとクリエイティブ業界に強いサイト4つを紹介しています。

クリエイティブ業界の主な職種7つ|クリエイティブ業界に強いサイト4選

クリエイティブ業界とは?

クリエイティブ業界とは、創造してさまざまな物を作り上げる仕事を生業にしている業界のことです。クリエイティブ業界といってもさまざまな職種に分けることができ、転職する際には自身にあっている業界に転職することをおすすめします。

数多くある職種は同じクリエイティブ業界としてひとまとめにされていますが、仕事内容は全く異なっており、求められている知識や技術も異なります。

クリエイティブ業界の現状

クリエイティブ業界の現状は、恒久的に向上しています。それだけ安定している業界であるため、不景気な状況に陥っても極端に業績が落ち込んでしまうことが少なく、安定した業界に転職したい人におすすめの業界でもあります。

年収も平均並ではありますが、クリエイティブ業界に転職したことで平均年収が上がったという人が多いです。特に、広告やメディア関係の職種に人気が高い特徴があります。

クリエイティブ業界の将来性

上記でも紹介したようにクリエイティブ業界は恒久的に業績が伸び続けている業界であるため、将来性も高いです。現在でもそうですが、今後はさらにネット社会が進出し、ネットの広告方法も増える傾向があります。

サイト関係のクリエイティブ業界はさらに成長することが考えられます。そのため、高年収かつ安定したクリエイティブ業界に転職しようと考えている人はウェブ関係がおすすめです。

クリエイティブ業界の主な職種7つ

クリエイティブ業界といってもさまざまな職種に分けられているため、転職しようと考えている人はクリエイティブ業界にはどのような職種が含まれているのかを把握することをおすすめします。

クリエイティブ業界の職種を把握せずに転職してしまうと失敗してしまうリスクが高くなります。転職に失敗しないためにもクリエイティブ業界に含まれている職種を把握しておきましょう。

クリエイティブ業界の職種1:デザイナー

クリエイティブ業界のデザイナーとは、幅広い商品のデザインを手がける仕事です。平面の物に対するデザインだけではなく、ウェブデザインなども仕事内容に含まれています。デザイナーにはそれぞれ得意分野があるため、自身の創造力を活かすことのできる職種に転職するようにしましょう。

以前まではデザイナーといえば手書きでデザインすることが多かったですが、最近ではパソコンやスマホ・タブレットでデザインすることが増えています。

クリエイティブ業界の職種2:編集者

クリエイティブ業界の編集者は書籍や雑誌の編集をするだけではなく、最近ではネット関係の編集者も増えています。それぞれ文章や画像を取り扱う職種であるため、文章能力と創造力が求められます。

直接記事を作成することはありませんが、よい記事になるも悪い記事にもなるため、編集者の力量が重要になります。経験者が優遇される職種であるため、未経験で転職することは難しいです。

クリエイティブ業界の職種3:ライター

ライターとは、さまざまな物事に対して詳しく紹介する文章を執筆する仕事であり、文章能力とともに正しい誤解力が求められます。資格や経験がなくてもライターになることは可能ですが、以前から文章に関わりがある職種で働いていた方が有利になります。

クリエイティブ業界は安定している職種が多いですが、ライターの場合は出来高で給与が支払われるため不安定です。

クリエイティブ業界の職種4:制作ディレクター

クリエイティブ業界の制作ディレクターとは、一つの企画に対する責任者であり、さまざまな決定権を有している職種です。クリエイティブ業界の中では年収が高い傾向がありますが、責任感が求められる職種であり、強い精神力と決断力が必要です。

主に、経験者が制作ディレクターとして活躍することができ、下積み生活をしっかり行い、評価されることで制作ディレクターとしての道切り開くことができます。

クリエイティブ業界の職種5:プログラマー

クリエイティブ業界のプログラマーはさまざまなシステムを構築する仕事内容であるため、クリエイティブ業界を支えている職種でもあります。あまり表立って活躍することはありませんが、プログラマーが開発したシステムで便利な世の中になっていることは間違いありません。

IT業界が進出していることもあり、プログラマーの仕事内容も増える見込みが考えられ、安定した職種でもあります。

クリエイティブ業界の職種6:プロデューサー

プロデューサーとは、企画を考え、指揮する職種であるため、想像力が必要とされる職種です。上記で紹介した制作ディレクターを混同して考えてしまっている人も多いですが、詳しく説明すると違いがあります。

プロデューサーとは、制作ディレクターの上司に値し、最高決定権を持っています。制作ディレクターとして活躍すればプロデューサーとして昇格することが多いです。

クリエイティブ業界の職種7:プランナー

クリエイティブプランナーとは、顧客が求めている物に対してより適した案件を紹介する仕事内容です。顧客が求めていることを忠実に再現し、仕上げることが必要になります。

プランナーが代案を提出こともあり、さまざまな知識と経験が求められます。顧客が満足いく代案を作成することができれば、プランナーとしての仕事は終わりであり、後はデザイナーやライター、プログラマーに任せられます。

クリエイティブ業界に強い求人サイト4選

クリエイティブ業界に転職するさいには、求人サイトを利用することをおすすめします。求人サイトを利用することで効率よく転職活動を行うことができます。しかし、求人サイトといっても数多くサービスを展開しているため、それぞれの特徴を把握するようにしましょう。

次に、クリエイティブ業界に転職する際におすすめの求人サイトを紹介します。求人サイトからクリエイティブ業界に転職したい人は参考にしてください。

クリエイティブ業界に強い求人サイト1:MOREWORKS

MOREWORKSはクリエイティブ業界に特化した求人サイトです。クリエイティブ業界に転職したい人が利用することで効率よく転職活動を行うことができます。見やすいサイト画面に仕上がっているため、簡単に転職活動ができる特徴があります。

パソコンの扱いに慣れていない人もでも手軽に利用することができ、多くの利用者が利用しています。

クリエイティブ業界に強い求人サイト2:JOB STAGE

JOB STAGEは未経験者優遇の求人情報も紹介しているため、クリエイティブ業界に挑戦してみようと考えている人は利用しましょう。クリエイティブ業界は経験者が優遇されることが多く、未経験者が転職することは非常に難しいです。

クリエイティブ業界の職種の中でもデザイン関係の求人に特化している求人サイトでもあるため、デザイナーを心がけている人にもおすすめです。

クリエイティブ業界に強い求人サイト3:loftwork.com

loftwork.comは大手企業の求人に特化している求人サイトであるため、キャリアアップ目的で転職したい人におすすめです。大手企業に転職することは難しいですが、キャリアや経験があれば有利に転職することが可能です。

初心者に適した求人が紹介されていないため、違う求人サイトを利用することをおすすめします。loftwork.comは多くの転職者を導いた実績のある求人サイトです。

クリエイティブ業界に強い求人サイト4:CGWORLD.JP

CGWORLD.JPはデジタル映像の求人に特化した求人サイトです。映像関係の求人情報にはゲームやアニメなども含まれているため、幅広い業務内容から選ぶことができます。映像関係の仕事は自身が作成した映像が世の中に流れることもあり、やりがいを見出すことも可能です。

専門のキャリアコンサルタントもいるため、さまざまな専門に対しても的確に応えてくれます。転職活動に不満や疑問がある人でも快適に転職活動を行うことができます。

クリエイティブ業界について知ろう

クリエイティブ業界という名前は聞いたことがあっても詳しくどのような仕事を行っている業界なのか説明できない人も多くいるのではないでしょうか。クリエイティブ業界に転職しようと考えている人はまず、クリエイティブ業界について詳しく知ることをおすすめします。

クリエイティブ業界について知ることで自身に適した職種に転職することができ、理想的な企業に入社することもできます。

Related