Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月09日

転職は何回までなら大丈夫?|転職回数が多くても採用されるコツ5つ

転職をすることは悪いことではありませんが、あまり転職の回数を重ねてしまうと、その後の転職活動が不利になってしまうことがあります。しかし、転職回数が多い場合でも、必ずしも転職活動が不利になってしまうということはありません。

転職は何回までなら大丈夫?|転職回数が多くても採用されるコツ5つ

転職市場の現状

転職は何回までなら大丈夫?|転職回数が多くても採用されるコツ5つ
今までは同じ職場に長く勤めることが良いこととされてきました。しかし、今では自身のステップアップや、新しい職場環境を求めて転職する人も増えています。そのため、近年では転職率が徐々に上がってきていると言われています。

転職をすることは悪いことではありませんが、あまり転職回数を重ねてしまうと、その後の転職活動が不利になってしまうこともあるため、注意が必要です。

転職は何回までならいいのか

転職は何回までなら大丈夫?|転職回数が多くても採用されるコツ5つ
転職を不利にしないためにも、不必要に転職回数を増やさないように注意が必要です。明確に何回までであれば転職が不利にならないという数字はありませんが、目安となる数字はあります。

20代の転職は何回まで?

20代であれば3回以上の転職経験があると、転職回数が多いと思われることがあります。ただし、その転職が本当に必要なものであった場合には、その後の転職活動に影響を与えることは少ないです。

30代の転職は何回まで?

30代では5回以上の転職回数があると、転職経験が多いと思われてしまうことがあります。

しかし、これらの数字を超えていると確実に転職回数が多いと思われるわけではなく、明確な転職理由や目的があれば、転職回数が不利な要素とならないこともあります。

ただし、転職理由や目的は面接官を納得させる内容でなければなりません。

転職回数が多くても採用されるためのコツ5つ

転職は何回までなら大丈夫?|転職回数が多くても採用されるコツ5つ
転職回数が多くても、転職が必ず不利になってしまうというわけではありません。

また、転職回数が多くても、選考で不利にならないようにするためのコツもいくつかあります。そのため、転職回数が多い場合には、その転職回数が不利にならないようにコツを利用した対処方法を準備しておく必要があります。

転職回数が多くても採用されるためのコツ1:プラスになる職務経歴書を作る

転職回数が多いと、それだけ多くの仕事や職場を経験してきているということになります。そのため、職務経歴書にはその多くの仕事を経験したことで多くの技術や知識も身につけることができているということをアピールしましょう。

能力が高ければ転職回数が多くても、その能力に魅力を感じて、企業が採用することもあります。そのため、職務経歴書で今までの転職が自分にとってプラスになっているということを書くようにしましょう。

転職回数が多くても採用されるためのコツ2:退職理由についてきちんと説明できるようにしておく

転職は何回までなら大丈夫?|転職回数が多くても採用されるコツ5つ
転職回数が多い場合は、転職理由や目的の説明によって、面接官を納得させることができるようにしておきましょう。

もし、明確な転職理由を説明することができなかったり、面接官を納得させることができない説明であれば、転職回数が不利な要素となってしまいます。

転職回数が多くても採用されるためのコツ3:応募している仕事に必要なスキルを持っている

転職回数が多ければ、これまでにいろいろな仕事を経験したり、同じ職種や業界での転職を繰り返している場合には、幅広い専門知識や高い技術を身につけていることもあります。

先に述べた通り、能力が高ければ、その能力に魅力を感じて採用されることもあります。特に、応募条件にスキルや資格がある場合には、企業が欲しているものが把握できるため、しっかりとアピールするようにしましょう。

転職回数が多くても採用されるためのコツ4:コミュニケーション能力が優れている

転職は何回までなら大丈夫?|転職回数が多くても採用されるコツ5つ
仕事内容に直接関わるような能力や知識でなくても、コミュニケーション能力が高いことで採用されることもあります。コミュニケーション能力はどのような職種に就く場合でも重要な能力となります。

また、単純にコミュニケーション能力が高いことで、面接の際に面接官に好印象を与えられるということもあります。

転職回数が多くても採用されるためのコツ5:転職の理由が明確である

転職の回数が多くても、その転職の理由が家庭の事情や病気などのような仕方のないものであったり、最終的に就きたい職種に就くためのステップアップなどのように目的が明確な場合には、選考に不利な要素とならないこともあります。

そのため、転職回数が多い場合には、面接などで面接官を納得させることができる説明をできるように準備しておく必要があります。

専門性が高い職種は転職回数が多くても成功率が高い!

転職は何回までなら大丈夫?|転職回数が多くても採用されるコツ5つ
専門的な知識や高い技術力を求められやすい職種や業界もあります。これらの職種や業界への転職であれば、能力次第では転職回数が多くても、転職活動に苦労しない場合もあります。

ITクリエイティブ業界

IT業界では非常に高度な技術と知識が必要とされます。そのため、若い世代を採用して教育するよりも、即戦力となる人材を求めることが多いです。即戦力となれる能力を持っている場合は非常に重宝されます。

また、クリエイティブ業界では知識も必要ですが、経験と実績を重視されることがあります。そのため、転職回数が多くても、経験と実績から魅力的な人材として判断されることもあります。

医療業界

医療業界は離職率が高い業界です。そのため、どんどん人がいなくなってしまうため、人手不足となっている現場もあります。しかし、医療の専門知識を持っていないと働くことができないため、誰でも採用して人員を補充するというわけにはいきません。

そのため、転職回数が多くても、医療業界での仕事経験があれば人手不足ということもあり、優遇されることもあります。

転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方5つ

転職は何回までなら大丈夫?|転職回数が多くても採用されるコツ5つ
転職活動を行う際には履歴書を何度も書くことになります。また、企業によっては履歴書の他に職務経歴書も提出するように言われることもあります。

職務経歴書にはこれまでの職歴を書くことになるため、転職回数が多い場合は書き方に注意しないと面接官にネガティブな印象を与えてしまう可能性があるため、注意が必要です。

転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方1:A4用紙1から2枚で簡潔にまとめる

転職回数が多いと、職務経歴書に書くことも多くなります。しかし、あまり職務経歴書の枚数が多いと、転職回数が多いことが悪目立ちしてしまうことがあります。そのため、転職回数が多い場合にはA4用紙に1枚か2枚程度に、できるだけ内容をまとめてしまうようにしましょう。

転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方2:実績や経験はより具体的に書く

先に述べた通り、転職回数が多くても、能力や実績があることで選考が不利にならない場合もあります。そのため、実績や経験に関しては、できるだけ具体的に書くようにしておきましょう。

転職によって、どのようなことを経験して、実績を積んできたのかをアピールすることで、転職回数が多いことでの不利な要素を減らすことができます。

転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方3:キャリアに一貫性があることを強調する

転職の回数が多くても、その転職の理由や目的が明確であれば選考が不利になることはありません。そのため、職務経歴書にはどのような仕事を経験してきて、それらで身につけてきた能力にはどのような一貫性があり、最終目標はどのようなことであるかを書くようにしましょう。

転職が最終目標を達成するために必要なものであれば、転職活動で転職回数が不利になることがなくなります。

転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方4:転職を機に実現したいことを伝える

転職は何回までなら大丈夫?|転職回数が多くても採用されるコツ5つ
職務経歴書に履歴書の志望動機などに、入社後にどのようなことを実現したいと考えているのか、その目的を書くようにしましょう。転職の目的が明確であることも、転職回数が多いという不利な要素を軽減させます。

転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方5:貢献できることを伝える

能力が高いと、転職回数が多くても選考が不利にならないことがあります。そのため、会社が求める能力を自分が持っているということは職務経歴書などでアピールする必要があります。

職務経歴書では、どのような仕事を経験して、その経験からどのような能力を身につけて、その能力は会社にとって、どのように貢献させることができのかなどを書くようにしましょう。

転職回数は多すぎなければ不利ではない

転職は何回までなら大丈夫?|転職回数が多くても採用されるコツ5つ
転職回数が多いと、選考が不利になってしまうことがありますが、転職回数が多くても、転職理由や目的が明確だったり、転職理由に一貫性があったり、アピールの仕方などによっては、不利にならないこともあります。

また、転職を何回以上すると不利になるという明確な数字はないため、あまり多すぎなければ転職活動に大きく影響することもありません。

転職してきたことで何を得てきたのか、その経験がどう活かせるかがポイントです。

Related