Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容7つと平均年収の紹介

IT業界でよく耳にするプロダクトマネージャーという言葉ですが、実際にはどのような業務を行っているのでしょうか。この記事では、IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容や、求められるスキル、平均年収・平均年齢などをご紹介します。

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容7つと平均年収の紹介

プロダクトマネージャーとは

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容7つと平均年収の紹介
プロダクトマネージャーという言葉を分解すると、「プロダクト=製品」「マネージャー=管理者」となるため、商品を管理する人という漠然としたイメージがありますが、実際にはどんな職業なのでしょうか。

プロダクトマネージャーは、滞在顧客の課題を吸い上げ、製品を企画開発し、利用者に届けるまでを包括的にマネジメントします。

IT業界では商品開発に長期間を要することも多く、プロダクトマネージャーの手腕が問われます。

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容7つ

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容7つと平均年収の紹介
商品の企画・開発からエンドユーザーに届けるまで責任を持ち管理するプロダクトマネージャーは、さまざまな業務を極めたプロフェッショナルです。

ここからは、IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容を7つ見ていきましょう。

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容1:マネジメント

プロダクトマネージャーの最も重要な業務は、マネジメントです。プロジェクトが最大限に利益をあげるよう、人員や納期、資金の管理をします。

プロダクトの開発からリリースまでという長期間に渡り、多くのステークホルダーを指揮します。複雑な製品を扱うIT業界の場合、プロダクトマネージャーにマネジメントスキルが伴わない場合、途中でプロジェクトがとん挫することもあり得ます。

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容2:プロジェクトの企画

IT業界のプロダクトマネージャーは、エンドユーザーの課題を拾いあげ、どのような製品を開発すれば課題解決につながるか思案し、プロジェクトの企画を行います。

プロダクトマネージャーは、時代を読む先見の明、課題解決力、エンジニアとして培ったノウハウのすべてを駆使して製品企画を行います。

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容3:人材確保

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容7つと平均年収の紹介
世の中に必要とされる商品を生み出すためには、優秀な技術者が必要不可欠です。プロジェクトマネージャーは商品の開発を成功に導くため、人材確保にも携わります。

直接雇用を前提に採用活動をする、一部の業務をフリーランスや他社に発注する、大企業の場合は社内の技術者の采配方法を考えるなど、多くの選択肢があるなかでベストな人材確保の方法を選択しなければいけません。

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容4:業務の進捗確認

商品開発が納期内に行われるよう、プロダクトマネージャーは業務の進捗管理を行います。進捗が遅れている場合は、人員を増やす、納期を遅らせるようクライアントに掛け合うなどの対処が必要です。

IT業界の製品開発は長期に渡るため、全体の工程を把握し、先手を打つ決断力が求められます。

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容5:クライアント先の交渉

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容7つと平均年収の紹介
クライアント交渉もプロダクトマネージャーの重要な任務です。プロダクト開発中には、クライアントからのさまざまな要求が発生します。特にIT業界ではライバル企業の動向も早く、それに伴うプロジェクトの方向転換も多発します。

納期や予算について難しい要求がくることもありますが、責任者であるプロダクトマネージャーがクライアントを交渉し、製品や技術者を守る存在となります。

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容6:開発部署の対応

IT業界の要と言っていい開発部署ですが、トラブルや人員不足で開発が遅れるケースがあります。プロダクトマネージャーはエンジニアの最高責任者でもあるため、時には開発部署の技術者だけでは解決できない課題に介入します。

企業によっては、プロダクトマネージャーは開発部署のエスカレーションを受けるだけではなく、第一線でエンジニアとしての業務に加わることもあります。

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容7:報告書の作成

多くのステークホルダーの架け橋となるプロダクトマネージャーは、報告業務も多発します。特にIT業界は開発しながら仕様を変更していくことが多いため、全体を把握しているプロダクトマネージャーは、報告書を頻繁に作成しなければなりません。

テンプレートを作成するなど、効率よく業務をこなすことが求められます。

IT業界のプロダクトマネージャーに必要な能力3つ

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容7つと平均年収の紹介
多くのステークホルダーと関わりながら、包括的に業務を行うIT業界のプロダクトマネージャーですが、どのような人に適性があるのでしょうか。

IT業界のプロダクトマネージャーに必要な能力を3つ確認していきましょう。

IT業界のプロダクトマネージャーに必要な能力1:リーダーシップ力

プロダクトマネージャーは、企画開発から商品発売という長期間に渡りステークホルダーを先導し、プロジェクトを成功に導かなければいけないため、リーダーシップ力が問われます。

技術者のフォローや、開発部署のモチベーション管理ができなければ、商品開発をやり遂げることはできません。

IT業界のプロダクトマネージャーに必要な能力2:コミュニケーション力

IT業界のプロダクトマネージャーは、コミュニケーション力や交渉力を発揮し、クライアントや技術者など、さまざまな意見を持つステークホルダーをまとめ上げなければいけません。

ときには正反対の意見を持つ関係者の間に立ち、双方を交渉します。技術者の言葉を分かりやすく言い換えクライアントに伝えるという場面もあるため、他業種のプロダクトマネージャーよりもさらに高度なコミュニケーション能力が求められます。

IT業界のプロダクトマネージャーに必要な能力3:決断力

長期に渡る製品開発の過程では、決断を要する場面が何度も訪れます。プロダクトマネージャーは、さまざまな選択肢があるなかで予算や納期、品質、クライアントや技術者の要求など、すべての要素を鑑みて最終決断を下します。

決断の責任を負うプレッシャーも伴いますが、裁量権を持つことができるため、やりがいのあるポジションです。

IT業界のプロダクトマネージャーの平均年収

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容7つと平均年収の紹介
IT業界の平均年収は比較的高く、年代別の平均年収は以下の表のとおりです。

成長の一途をたどるIT業界では慢性的に技術者が不足しており、若くしてエンジニアとして経験を積み、そのままプロダクトマネージャーに昇進するケースが多いです。経験豊富なプロダクトマネージャーは、企業に重宝される存在です。
年代平均年収
20代400~480万円
30代550~660万円
40代630~700万円

IT業界のプロダクトマネージャーの平均年齢

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容7つと平均年収の紹介
プロダクトマネージャーの平均年齢は、30代後半~40代前半といわれています。IT業界の急成長期からエンジニアとして業界を支えてきた世代が、現在プロダクトマネージャーとして活躍しています。

IT業界は実力社会のため、スタートアップやベンチャー企業の場合、スキルさえあれば20代でプロダクトマネージャーを任されるケースも少なくありません。

プロダクトマネージャーの仕事内容を知ろう

IT業界のプロダクトマネージャーの仕事内容7つと平均年収の紹介
プロダクトマネージャーについて、仕事内容や必要な能力を見てきましたが、いかがでしたか。多くの業務を任され、責任も大きいポジションですが、その分やりがいのある仕事です。

プロダクトマネージャーに求められるスキルを身につけ、ITで世界を変革する憧れの職業で活躍しましょう。

Related