Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ

皆さんこんにちは、今回は「ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ」と題して、「ポテンシャル採用のメリット3つ」をメインに取り上げ、ポテンシャル採用を検討する場合に企業が見ているポイント5つをご紹介します。ぜひご参考下さい。

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ

ポテンシャル採用とは?

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
ポテンシャル採用というのは一般的に「その求職者が持っている潜在能力に焦点を当てた採用方法」のことを指し、特に将来性の豊かな求職者、また現在の状況をもってその将来の展望が確実に期待できる場合に採用される判断基準となります。

特に現在でのその求職者の能力・実力・実績だけを評価するのではなく、今後において確実に伸びるであろう人材を確保することがその目的で、今後のビジネススタイルにも定着し始めています。

ポテンシャル採用の目的

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
次に「ポテンシャル採用の目的」ですが、これは先述でもご紹介しましたように「求職者の将来像を踏まえた上での採用基準の設定」となる上で、その企業独自の将来ビジョンにおいても、現在の企業利益を確実に伸ばせることが確約されることがその目的となります。

つまり、現在すぐにはその目的は達成されないけれども、長い目で見た場合に将来性が豊かな求職者を採用しておくことで、企業の現状を必ず向上させる点がメインです。

ポテンシャル採用が注目される理由

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
ポテンシャル採用が注目される理由の多くは、現代において少子高齢化が進んできているビジネス情況を鑑みる上、少しでも企業の将来性を明るくするために優秀な人材の確保が懸念される点に見られます。

しかしその点において、現状だけではその将来ビジョンの確約が難しいため、求職者の内でも企業ニーズを少しでも解決できる人材を「優秀な人材」として捉えておき、企業の理想を多少なりとも解決することが求められます。

ポテンシャル採用のメリット3つ

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
さてここからは「ポテンシャル採用のメリット3つ」と題して、実際にポテンシャル採用を利用する場合に押さえておくべき注意点を含め、その場合のメリットについてご紹介していきます。

現代の企業の多くはこの「ポテンシャル採用」をメインの採用基準に設定し始める動きが見られ、その理由は先述の少子高齢化に伴い、優秀な人材の確保がかなり難しくなってきていることに起因します。

ポテンシャル採用のメリット1:未経験者の採用である

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
ポテンシャル採用時によく留意されるのが、この「未経験者から求職者を採用する」という点です。

この理由は主に「特定企業に従事する際に多彩な能力・スキルを発揮できる人材」を確保する点にあり、未経験者だからこそオリジナル性の高い仕事率が得られる点が考慮されます。

もちろん経験者の中から採用する場合もありますが、ポテンシャル採用の場合は潜在能力に焦点を当てるため、未経験者の能力が貴重になります。

ポテンシャル採用のメリット2:企業の若返りが期待できる

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
ポテンシャル採用を実際にすることで、企業にとっては事業拡大において新規開拓ができるようにもなり、その発展を土台とする上でさらにビジネスプランが立てやすくなります。

企業としては非常に柔軟に仕事・企画を賄うことができるため、「若返り」を約束されるような企業としての勢いも非常に増し、多くの求職者・転職希望者の中から、企業独自に必要とする能力を持つ人が集まりやすくなります。

ポテンシャル採用のメリット3:いい人材にリーチできる

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
ポテンシャル採用というのは、専門的な分野から外れて採用分野をさらに広めることになるため、それだけで「優秀な人材の確保」においては最適な方法になる場合があります。

専門分野と言っても企業独自に開拓した転職ルートには限界があるため、その限界を突破するための柔軟な採用への視野を広めることが重要で、その場合にポテンシャル採用の基準は非常に多くの求職者を集められることからこのニーズを賄えます。

ポテンシャル採用で企業が見ているポイント5つ

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
さて、ここからは「ポテンシャル採用で企業が見ているポイント5つ」と題して、ポテンシャル採用を希望する求職者にとって注意すべき点・企業が見ているポイントなどを、具体的にご紹介していきます。

ポテンシャル採用というのは、現代においてもまだ定着し始めた分野での採用基準となるため企業にとっても暗中模索の部分が残っており、そのため求職者としては通常の採用時よりも留意点が増える場合があります。

ポテンシャル採用ポイント1: 社会人としての基礎能力

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
まずポテンシャル採用時に課される第一の基準・ポイントとして問われるのは、この「社会人としての基礎能力をきちんと有しているかどうか」という点です。

社会人として働く上での最低限のマナーを持っていることは当然のことで、この点をしっかり確保し、さらに今後に向けて向上させていくことによって、企業へ入社してからさまざまな業務に就く場合の信頼につながることになります。

ポテンシャル採用ポイント2: 業界、職種への適正

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
これはポテンシャル採用時を問わず、通常の企業による採用基準でも普通に見られる注意点となります。求職者はどのような場合でも必ず「自己能力・スキルがその業界・職種に向いているかどうか」を事前に確認しておき、それに見合った職種を選ぶ必要があります。

ポテンシャル採用の場合は特にその「将来性」が重要視されるため、この点でもし不向きと判断された場合は即座に不採用となる可能性が高くなるでしょう。

ポテンシャル採用ポイント3: 成長意欲

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
ポテンシャル採用というのは先述のように「将来性が豊かに約束されること」がメインとなるため、現状をもってその将来への向学意欲・成長意欲が(求職者本人に)なければ話になりません。

そのため採用時でも、「現在では○○の勉強をし、将来にはこんな職種に役立てたいです」、「今は○○の資格取得の勉強をしており、将来必ず有望な人材となります」などといった、現在をもって将来の展望を明るくできる手腕が必要になります。

ポテンシャル採用ポイント4: コミュニケーション能力

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
これは現代においてIT業界へ就職・転職する場合にもよく問われる課題になります。ポテンシャル採用の場合でも同じく求められる課題・能力となり、企業へ入社した後でもコミュニケーション能力をさらに高め、いろいろな職種に必要な交渉力が期待されます。

コミュニケーション能力というのはどんな職種に就く場合でも必須のもので、ポテンシャル採用だから将来性さえあればOKとはなりません。しっかり留意しましょう。

ポテンシャル採用ポイント5: 思考力

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
思考力というのは特に「1つの課題を解決する際に、できるだけ多くの解決方法を考え出せること(つまりアイデア力)」に含まれる能力となり、ポテンシャル採用の場合でもこの点は必ず重要視されるでしょう。

特にこの思考力を評価基準のメインに持ってくる場合は、その求職者の現在の潜在能力を図る際の基礎的な土台となるため、その点を十分アピールし、将来において必ず企業ニーズに応えられる能力の提示が必要になります。

ポテンシャル採用で異業種にキャリアチェンジした事例は?

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
次に、「ポテンシャル採用で異業種にキャリアチェンジした事例」についてご紹介していきます。「キャリアチェンジ」というのはその名のとおりに「それまで就いていた職種・業界からまったく別の(未経験の)職種・業界へ移行すること」を指します。

この場合でも転職先からポテンシャル採用の形でスカウトされることが多く、その点で注意すべき点でも「未経験者の活躍」がかなり多くの分野で見られるのが特徴的です。

未経験からエンジニアへ

エンジニアという職種は現代でも非常に多くの分野で見られていますが、主にITエンジニアへの転職をはじめ、Web関連職種への転職は非常に多くの場面で見られます。

この場合、その多くは未経験者のエンジニアへの転職であり、これは現代においてエンジニア関連の勉強を独学ですることができ、さらにそうした未経験者の採用枠が広いことに理由があります。その場合、ポテンシャル採用の得点を生かすことができるでしょう。

営業から企画職へ

基本的に営業というのは「特定の職務を管理・運営していくためのスキル・能力」が十分培われる職業であるため、その職種分野から企画職へ転職することはそう珍しくはありません。

この場合でも「将来ビジョンの持ち方・向学心の高め方と維持」が大切になり、特にポテンシャル採用を希望する場合にはその向上性に評価が当てられ、将来性の豊かさが確約されます。

ポテンシャル採用が多い業界・職種4選

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
さてここからは「ポテンシャル採用が多い業界・職種4選」と題して、実際に現代で見られる企業のうちで、どのような企業がこのポテンシャル採用を多く取り入れているのかを見ていきましょう。

現代では大企業・中小企業を問わず、特に人材不足によって急募をかけている企業はほとんどこのポテンシャル採用をその人材採用の基準に取り入れています。事前にその辺りの情報をしっかり調べておきましょう。

ポテンシャル採用が多い業界・職種1:IT企業

基本的に第二新卒に多いとされるこのポテンシャル採用ですが、その中でも特に多いのがこのIT企業でしょう。

IT企業の場合は「独学によってその技術・能力を向上させることが可能な職種」がかなり多くあるため、その潜在能力を採用基準にすることも、場合によっては通常の採用規定として認められます。ぜひ一度、IT企業でのポテンシャル採用の実情を確認しましょう。

ポテンシャル採用が多い業界・職種2:大手企業

最近ではこの大企業によってもポテンシャル採用枠が非常に増えてきています。その背景にはやはり少子高齢化に伴う人材確保の難しさがネックに見られ、その上で企業規模拡大に伴う(必須となる)労働力確保の基準が増えていることに起因します。

従来は「大企業・一流企業はポテンシャル採用をしない」といった流行もありましたが、現代では「気取っている場合じゃない」という傾向にあり、ポテンシャル採用枠を増やしています。

ポテンシャル採用が多い業界・職種3:営業職

営業職においても、このポテンシャル採用が非常に多くの場面で増えてきています。特に営業職では以下の点が採用基準にあげられます。

・コミュニケーション能力において優秀な人材を確保
・マーケティング戦略に優秀な人材の確保
・IT関連知識の高い人材の確保


基本的にこの3点に焦点が絞られる上、マーケティング戦略をはじめとする企業利益の拡大がメインのニーズとなります。

ポテンシャル採用が多い業界・職種4:サービス関連業

介護福祉士、社会福祉士、ケアマネジャーなどをはじめ、就労支援施設や特定のサービス業関連の施設に従事する場合でも、このポテンシャル採用枠が(暗黙の了解で)非常に増えていることがわかります。

特に福祉関連企業においては人材不足がかなりの勢いで見られており、即時に人材補充が求められる上でポテンシャル採用が急速に増えています。サービス業に見られるポテンシャル採用の実情も必ず確認しましょう。

ポテンシャル採用について知ろう

ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ
いかがでしたか。今回は「ポテンシャル採用のメリット3つとは?|企業が見ているポイント5つ」と題して、「ポテンシャル採用のメリット3つ」をメインに取り上げ、ポテンシャル採用を検討する場合に企業が見ているポイント5つをご紹介しました。

ポテンシャル採用というのは「その求職者の現状よりも将来性を重視した採用基準」となるため、向上性・向学心を持った求職者が必ず有利になります。その点を十分押さえましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related