Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月12日

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ

電力会社に転職する場合は、自身が向いている人か向いていない人かを知ることが大切です。また、電力会社の仕事内容についても把握しておくようにしましょう。次に、電力会社に転職する際に必要となる知識を紹介しているため、参考にしてください。

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ

電力会社への転職を成功させるには

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
電力会社に転職するためにはさまざまな知識やスキルを身につけておくことが求められます。そのため、転職することは簡単ではなく、事前に転職するための準備を念入りに行っておくことをおすすめします。

学歴や職歴を問われる場合もあり、応募資格がないことも珍しくありませんが、民間の電力会社であればある程度転職する難易度が下がる傾向があります。

電力会社の転職事情

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
電力は代わりとなるエネルギーが誕生しない限り求められるエネルギーであるため、需要がなくなる可能性は低く、将来性が約束されている職種でもあります。そのため、電力会社へと転職を希望している求人者が多いです。

比較的エコなエネルギーでもある電気は今後も需要が高める予想がされており、多くの人材を確保する可能性が高いです。

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
電力会社へ転職する前に知るべきことが多くあります。さまざまな知識を身につけておくことで転職後に失敗してしまうリスクを下げることができ、電力会社に転職することが自身に適しているかどうかも再確認することができます。

次に、電力会社に転職する間に知っておくべきことを6つ紹介します。そのため、電力会社に転職することに不満や疑問がある人は参考にしてください。

電力会社への転職検討時に知るべきポイント1:電力会社の処遇

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
電力会社に転職する前にはどのような処遇を受けることができるかを把握しておきましょう。他の企業と比べて年収が多いのかや休日の数を把握しておくことで本格的に電力会社に転職するかどうかの判断材料にすることができます。

次に、電力会社のさまざまな処遇を紹介します。電力会社がどのような処遇を与えるのかを知りたい人や雇用条件を知りたい人は参考にしてください。

1:給与

電力会社の給与は高水準になっているため、一般的な企業で働くよりも多くの給与をもらえれる可能性があります。そのため、年収も高くなり、ボーナスの額も多い傾向があります。高年収を目的で転職する場合は電力会社に応募することをおすすめします。

また、給与が安定している傾向があるため、安定した生活を送ることにも適している職業です。昇給も安定して増える場合が多いです。

2:勤務時間・残業

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
電力会社の勤務時間は一般の企業と同じであり、8~9時間勤務であることが一般的です。残業は電力会社の部署によって大きな違いがあり、多い部署もあれば比較的少ない部署もあります。

事務職や営業職は残業時間が少ない場合が多いですが、技術職などの現場で働く部署の場合は残業時間が多いです。また、技術職は急な電線修復などの仕事もはいることもあり、休日出勤になることもあります。

3:休日の取得率

電力会社の休日の取得率は高いです。そのため、有給を全て使いきることができ、損をすることがありません。企業よって違いはありますが、有給が余っている従業員に対しては積極的に使用するように促されることもあります。

休日をしっかり取りたいと考えている人は電力会社に転職することをおすすめします。大型連休も取得することができるため、私生活を充実させることもできます。

4:各種保険

電力会社の各種保険は充実しているため、安心して働くことができます。基本的な保険には全て加入されている特徴があります。また、部署ごとに求められている保険も加入することができるため、より安心して働くことができます。

例えば、技術職や現場で働く従業員に対しては危険を伴う仕事も含まれており、適応している保険に加入することが可能です。

5:福利厚生

電力会社の福利厚生は充実している傾向があるため、働きやすい環境で仕事をすることができます。育児休暇や産休後の復帰もしやすくなっていることで女性でも働きやすい職場です。福利厚生を重視して転職先を選ぶことも多くなっているため、電力会社の人気も向上しています。

福利厚生は企業ごとが特別な制度を採用しているため、転職する際にはどのような福利厚生を実施しているかを確認することをおすすめします。

電力会社への転職検討時に知るべきポイント2:電力会社の転職に必要なもの

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
電力会社に転職するためには必要なものを事前に用意しておくことをおすすめします。必要な物を用意しておくことで転職先をスムーズに決めることができ、内定率を高めることもできます。

次に、電力会社に転職する際に必要となるものを紹介します。必要となるものは転職する部署によって異なるため、転職しようと考えている部署に求められているものを確認するようにしましょう。

1:資格

電力会社に転職する際に必要となる資格は部署によって異なり、技術職の場合は電気関係の資格を取得しておくことをおすすめします。事務職の場合はエクセルやワードを使うことができる資格がおすすめです。

営業職の場合は、英語の語学力が必要とされることがあり、資格や検定を受けておくことをおすすめします。資格を取得するためには多くの時間を必要とするため、転職活動を本格的に始める前から行いましょう。

2:スキル・経験

事務職の場合はスキルや経験がなくても転職できる割合が高いですが、営業職や技術職の場合は未経験者よりも経験者を採用することが多いです。そのため、スキルや経験がある場合は履歴書や面接で積極的にアピールするように心がけましょう。

スキルや経験があることは大きな武器であるため、有効活用することをおすすめします。電力会社によって入社後に新入社員を育成をする制度を採用している企業もあります。

3:学歴

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
電力会社に転職する場合は学歴を気にする企業も多くあるため、高学歴であるほど転職を有利に運ぶことができます。そのため、多くの人が学歴がないと転職することが難しいと考えてしまいがちですが、資格やスキルなどで補えれます。

高学歴であれば有利になることは間違いないですが、学歴がなくても努力次第では電力会社に転職することは可能です。低学歴でも電力会社に転職することをすぐに諦めないことが大切です。

電力会社への転職検討時に知るべきポイント3:電力会社の仕事内容

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
電力会社に転職しようと考えている人はまず、電力会社の仕事内容を把握しておくことをおすすめします。上記でも紹介したように電力会社といってもさまざまな部署に分かれているため、仕事内容も大きく異なります。

次に、電力会社の仕事内容を部署ごとに紹介します。そのため、電力会社ではどのような仕事を主にするのかを把握したい人は参考にしてください。自身の適した仕事内容の部署で働くことをおすすめします。

1:技術職

電力会社の技術職は、さまざまな機械の整備や操作などを行います。現場の仕事であるため、時には重労働になることもあります。技術職にはさまざまな専門の知識や資格が必要となるため、選ばれた人でないと働くことが難しい部署でもあります。

危険を伴う作業を行うこともあり、慎重に作業したり、ミスをするだけでも一大事に発展したりするため高い技術力が求められます。

2:営業職

営業職はさまざまな取引会社へと赴き、仕事内容を獲得したり、契約を更新する仕事内容を主に行います。営業職は人と接する機会が非常に多く会話をすることが仕事内容の大半を占めるため、コミュニケーション能力に優れている人におすすめの仕事です。

コミュニケーション能力に優れていればさまざまな人が相手でも仕事の話をすることができ、良好な人間関係を築くことができます。

3:事務職

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
事務職は主にデスクワークになるため、パソコンなどを使った仕事をすることが好きな人におすすめの部署です。他の部署と比べて残業時間が少ない特徴があるため、残業をしたくない人にもおすすめです。

基本的に女性の従業員が多い部署であるため、女性で電力会社に働きたい人は事務職に就くことが多く、人気もあります。過去に事務職で働いていた経験があれば採用される可能性を高めることができます。

電力会社への転職検討時に知るべきポイント4:電力会社への転職のメリット

電力会社に転職することで得られるメリットは、給与が安定して平均よりもやや高いことです。そのため、給料の面だけでいえば勝ち組といっても過言ではありません。

また、労働基準法が守られていることがほとんどであり、残業を行った場合はしっかり残業代をもらうことができます。

休みも申請すれば取れることがほとんどであるため、私生活のスケジュールも組みやすいメリットがあります。

電力会社への転職検討時に知るべきポイント5:電力会社への転職のデメリット

電力会社に転職することで発生するデメリットは仕事内容が単純なことであり、人によってはつまらないと感じてしまうことです。創造性が全く必要とならない仕事が多いため、一度慣れてしまうと難なくこなすことができます。

また、3Kが揃っている作業内容とも言われています。きつい、汚い、危険が揃っているため、人によっては働きたくない職場です。

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6:電力会社の将来ビジョン

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
電力会社の将来のビジョンは安定しているの一言です。そのため、安定した職場で働きたい人におすすめの転職先です。作業内容も新しい作業が新しく組み込まれることは少なく、ベテランになればなるほど問題なく仕事をこなすことができます。

年功序列の制度が採用されていることもあり、安定して昇格できる可能性が高いです。そのため、無難に仕事をこなしていれば将来安泰です。

電力会社への転職に失敗する人の特徴4つ

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
電力会社に転職すれば全ての人が成功するわけではなく失敗する人もいます。失敗する人には特徴があり、自身に失敗する人の特徴があるかどうかを知ることで電力会社で働くことにあっているかを知ることができます。

次に、電力会社に転職することが失敗しやすい人の特徴を4つ紹介します。そのため、電力会社に転職する際に失敗したくない人は参考にしてください。

電力会社への転職に失敗する人の特徴1:転職理由が曖昧

転職理由が曖昧なまま転職活動を行ったり、入社してしまうと失敗してしまう可能性が高いです。転職理由が曖昧では面接時に落とされやすいです。また、入社後にやりがいを見出すことができず、挫折してしまうこともあります。

そのため、電力会社に転職することを成功させたい人は転職する理由を明確にしておくことをおすすめします。

電力会社への転職に失敗する人の特徴2:処遇ばかり気にする

電力会社の処遇ばかりを気にしていると面接時に失敗してしまいやすいです。処遇を気にすることも大切ですが、必要以上に気にしてしまうとよい印象を与えることができず面接で落とされてしまうこともあります。

また、処遇を気にしてしまうと実際に働いた時の処遇に落胆してしまうこともあり、仕事に対する意欲を失ってしまう原因になります

電力会社への転職に失敗する人の特徴3:仕事に対する意識が低い

電力会社に転職する際に仕事に対する意欲が低いと失敗してしまう可能性が高いです。

電力会社の仕事内容は慣れてしまえば簡単なこともありますが、電気を供給するという大事な仕事をしています。そのため、仕事に対する意識が低いと任せることができないため、落とされる可能性が高いです。

電力会社への転職に失敗する人の特徴4:コミュニケーション力が低い

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
コミュニケーション能力はさまざまな仕事で求められるスキルであり、電力会社でも求められることが多いです。そのため、コミュニケーション能力が低いと失敗してしまう可能性が高く、電力会社に転職することをおすすめできません。

電力会社への転職を成功させよう

電力会社への転職検討時に知るべきポイント6つ|転職に失敗する人の特徴4つ
電力会社に転職する場合はさまざまなノウハウを身につけておけば成功させることができます。電力会社で働くことが向いている人なら本格的に電力会社に転職することを考えてみてはいかがでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related