Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント

職務経歴書の最適なページ数を知ることはとても重要です。ページ数を知りたい方も多いのではないでしょうか。この記事では、職務経歴書の最適なページ数や書く際のポイントなどについてご紹介します。職務経歴書の最適なページ数を知りたいという方は、ぜひ読んでみてください。

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント

職務経歴書とは

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント
転職活動をする際には職務経歴書が必要になります。しかし、職務経歴書とは一体何でしょうか。

職務経歴書とは、今までしてきた仕事の内容やどのようなスキルがあるか、また、今までしてきた仕事の実績など自分の積んできたキャリアを記入して、書面上で自分をアピールするものです。

今までの職歴をただ羅列するだけの履歴書とは明確に違いますので、転職活動をする際には履歴書と職務経歴書をセットで提出するのが一般的です。

職務経歴書の最適なページ数

職務経歴書は転職時の必須アイテムです。履歴書に書ききれなかった職歴や業務内容を詳細に書くことができます。読み手の印象に残りやすく、読みやすい職務経歴書の最適なページ数は2枚だと言われています。

今までの職務経歴を全て詳細に書いても構わないのでしたら、ページ数が多い程転職の回数が多いということになります。果たして、何ページにも渡って今までの職歴を書き連ねても良いのでしょうか。

職務経歴書の最適なページ数1~2枚

中途採用の場合、職務経歴書は履歴書よりも重視される機会が多いと言えます。ですから転職者にとって職務経歴書は、自分をアピールできる重要な書類になります。

職務経歴書の最適なページ数はA4用紙1~2枚です。ですが、専門職の場合は3枚でも可能なこともあります。あまりページ数に拘る必要はなく、その状況に合わせることが大切ですが、無駄に長い文章は良い印象を与えず、逆効果になりますので注意しましょう。

職務経歴書を最適な2ページにする理由

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント
ページ数に拘らなくても良いと言われている職務経歴書ですが、それでは、今までの職歴が少なく、2ページではページ数が多過ぎる場合はどうしたら良いのでしょうか。

余白ができてしまうからと無理に文章を引き伸ばして書くのは悪い印象を与え、逆効果になってしまいます。2ページ目は半分以上は埋め尽くしておきましょう。

それでは、職務経歴書を最適な2ページにする理由をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

職務経歴書を最適な2ページにする理由1:1枚だとPRが十分に出来ない

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント
職務経歴書を最適な2ページにする理由1は、1枚だとどうしてもページ数が足りずに、自己PRや志望動機を十分に伝えられない可能性があるからです。

職務履歴書が1枚だけですと薄っぺらな印象で、いかにも熱意がないと判断されてしまいかねません。職務経歴書には、自己PRや志望動機・職歴だけではなく、取得資格や語学力なども記入しますので、1枚に収めるにはページ数が足りないでしょう。

職務経歴書を最適な2ページにする理由2:3枚だと書類の印刷・保管が面倒

職務経歴書を最適な2ページにする理由2は、3枚だと2枚を縮小して印刷してから保管する企業が多く、印刷と保管に手間が掛かり面倒になるからです。ですから、滅多にはないですが、5枚・7枚の奇数のページ数も良い印象を与えません。

システムエンジニアなどの専門職の場合は、2枚ですとどうしても業務内容を記載しきれないことが多く、3枚になってしまっても構わないとされています。ただし、ページ数は3枚程度が限度です。

職務経歴書を最適な2ページにする理由3:3枚だと分量が多くて読み辛い

職務経歴書を最適な2ページにする理由3は、3枚だと読む分量も多くなり読み辛いからです。

応募数の多い企業の採用担当者は、大量の職務経歴書に目を通すことが考えられるため、ページ数が多い書類は敬遠される傾向があります。

自分の伝えたいことを長々と羅列しただけの職務経歴書は、採用担当者の好感度を落としてしまいます。ですから、伝えたいことはシンプルにまとめて記載することを心掛けましょう。

職務経歴書を最適な2ページにする理由4:3枚だと多すぎてネガティブな印象を持たれる

職務経歴書を最適な2ページにする理由4は、3枚だと多過ぎて読み手の負担となり、ネガティブな印象を持たれるからです。

採用担当者は、日々、多くの求職者の職務経歴書に目を通しています。ダラダラと長過ぎて無駄にページ数が多い職務経歴書は採用担当者の負担となり、本当にマイナス印象を与えてしまいかねません。

職務経歴書のページ数は、多ければ多い程良いという訳ではないことを覚えておきましょう。

職務経歴書を書く際の6つのポイント

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント
ページ数が多くないのに十分に自己PRができて、長過ぎるという印象を与えず読みやすい職務経歴書は、2枚が最適なことはご紹介してきました。

職務履歴書を書く際にはページ数を多くせずに、2枚に上手にまとめるポイントがあります。

それでは、職務履歴書を書く際の6つのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

職務経歴書を書く際のポイント1:フォント数や行間・余白に気をつける

職務経歴書を書く際のポイント1は、読みやすさを考慮してフォント数や行間・余白に気をつけましょう。

フォント数は40文字で行間は40行程度、余白は上が25~30mm・左右下は20~25mmが読みやすいでしょう。何とか職務経歴書の最適なページ数にしようとして、余白を広げ過ぎたりするのは良い印象を与えずNGです。

職務経歴書を書く際のポイント2:職務経歴はシンプルに絞る

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント
職務経歴書を書く際のポイント2は、職務経歴はシンプルに絞って書きましょう。転職の回数が多い方はそれまでの経歴を全て書くとなると、どうしても職務経歴の項目が長くなり、ページ数も多くなりがちです。その結果、読みにくい印象を与えてしまいます。

職務経歴は無駄に長くなり過ぎないように、重要なものだけを抜粋して簡潔にまとめることを心掛け、ページ数が多くならないように注意しましょう。

職務経歴書を書く際のポイント3:自己PR/志望動機はしっかりと書く

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント
職務経歴書を書く際のポイント3は、自己PRと志望動機はしっかりと書きましょう。職務経歴書にはこれまでの職歴をただ書けば良いのだと考えがちですが、大切なのは自分をアピールするということです。

企業の行っている事業を十分把握し、それに対応できるスキルを自分が持っていることをアピールする必要があります。そして、企業が求めている人材と自分のキャリアやスキルがマッチしていることを10行程度の文章にしましょう。

職務経歴書を書く際のポイント4:文字サイズは10~12pt程度に

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント
職務経歴書を書く際のポイント4は、文字サイズは10~12pt程度にしましょう。10~12pt程度が読みやすく悪い印象を与えることはないでしょう。

職務経歴書は転職活動にとても重要な書類です。内容はもちろんですが、読みやすさもとても重要です。ページ数を考慮して必要以上に文字を大きくすると読みやすさに欠けてしまい、悪い印象を与えて面接に進めなくなる可能性もありますので、十分に注意しましょう。

職務経歴書を書く際のポイント5:ホッチキスはNG

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント
職務経歴書を書く際のポイント5は、ホッチキスはNGです。ページ数が多い少ないに関わらず、バラバラになってしまわないようにと、ホッチキスで留めるのはおすすめできません。

企業側が書類を保管する際に、ホッチキスを毎回外す負担をかけることになります。外した後ページ順が分からなくなりますので、「2/1」「2/2」と端にページ数を記載しましょう。留めるのは、取り外しの簡単なクリップで左上を留めましょう。

職務経歴書を書く際のポイント6:誤字脱字がないか

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント
職務経歴書を書く際のポイント6は、誤字脱字がないかしっかり確認しましょう。転職活動をしていてスムーズに面接まで進めるためには、職務経歴書にかかっていると言っても過言ではありません。

職務経歴書に誤字脱字が多いようですと、書類選考で落とされる可能性もあります。職務経歴書を提出する前に最終確認として、誤字脱字がないか、読みやすいかどうかなど、必ず全体的にしっかりと見直しをしましょう。

職務経歴書の添削に強い転職エージェント5選

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント
転職エージェントとは厚生労働大臣の認可を受けた民間の職業紹介会社のことです。民間企業においても職業紹介が可能になり、現在では転職を考えている多くの方に利用されています。

転職エージェントは、転職希望者に求職情報の提供から職務履歴書の添削や入社日の調整など転職活動の一連を無料でサポートしてくれます。

それでは、職務経歴書の添削に強い転職エージェント5選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

職務経歴書の添削に強い転職エージェント1:パソナキャリア

職務経歴書の添削に強い転職エージェント1は、パソナキャリアです。パソナキャリアは2019年、オリコン顧客満足度調査において『転職エージェント』第一位を獲得しました。

応募したい企業に最適な職務経歴書の書き方や、面接のコツもアドバイスしていただけます。ご登録から入社・内定までの流れのスムーズさが、転職成功のカギです。しかも、転職後もお悩みが出たときはいつでもご相談でき、入社後のサポートも万全です。

職務経歴書の添削に強い転職エージェント2:JACリクルートメント

職務経歴書の添削に強い転職エージェント2は、JACリクルートメントです。ミドル・ハイクラスの転職なら多数の優良企業を熟知したJACリクルートメントをおすすめします。

業界職種別コンサルタントがサポートしますので、自分一人では探せない満足度の高い転職を実現できます。もちろん、職務経歴書の添削もいたします。ご登録から内定・入社まで転職活動を効率的にサポートいたします。入社後のアフターフォローも万全です。

職務経歴書の添削に強い転職エージェント3:リクルートエージェント

職務経歴書の添削に強い転職エージェント3は、リクルートエージェントです。転職成功№1の実績を誇るリクルートエージェントは、年収・条件・入社日程などの交渉もお任せできて、土日祝日・平日20時以降もご相談に応じています。

選考を突破できるワンランク上の職務経歴書に添削してくれます。また、各業界に対して専門的な知識を持ったアドバイザーが、お客様一人一人に合わせた業界トップクラスの転職支援をしています。

職務経歴書の添削に強い転職エージェント4:doda

職務経歴書の添削に強い転職エージェント4は、dodaです。まず自分で探してみたい、一人での転職活動は不安、転職活動の時間が余り取れない、そんな方は求人情報・転職サイト『doda』(デューダ)で転職活動を始めましょう。

dodaエージェントサービスへの登録をすると、職務経歴書の書き方の基本から、必要な情報を余さず完全にご紹介します。

職務経歴書の添削に強い転職エージェント5:レバテックキャリア

職務経歴書の添削に強い転職エージェント5は、レバテックキャリアです。レバテックキャリアは、IT・Web系エンジニア・クリエイター専門の転職エージェントです。

スキルと経験の市場価値を熟知したエージェントが、あなたの市場価値を上げ最適な転職を提案してくれます。企業からの絶対的な信頼から非公開の高給与求人が多数あります。

レバテックキャリアは職務経歴書の添削や模擬面接があり、高給与求人への内定を可能にしてくれます。

職務経歴書の最適なページ数を知って企業にアピールしよう!

職務経歴書の最適なページ数って?理由と書く際の6つのポイント
今回は職務経歴書の最適なページ数や書く際の6つのポイント、職務経歴書の添削に強い転職エージェント5選についてご紹介しました。

転職者にとって職務経歴書は自己PRのできる、とても重要なものだと気付いた方も多いのではないでしょうか。職務経歴書の最適なページ数を知って企業にアピールしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related