Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ

日本の化学産業は、明治20年代後半の化学肥料の製造を出発点としていますが、戦後になって政府の石油化学工業の振興政策によって急成長を遂げました。現在は、基幹産業の1つに位置づけられ大きく総合化学メーカー・誘導品メーカー・電子部品メーカーの3分野に分類されます。

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ

化学業界は新技術の台頭で転職先として人気が高まっている

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ
最近の宇宙分野やICT分野における革新的な技術進歩は、化学メーカーが開発する新素材に支えられていっても過言ではなく、転職を目指す技術者にとって化学メーカーが人気の的となっています

そのような背景から、化学メーカーを取り巻く経営環境は熾烈を極めており、さらなる開発競争のグローバル化が促進される中、国内の大手化学メーカーが連携した新素材の開発体制が進んでいますので転職希望者にとって目が離せません。

化学業界への転職にオススメの企業13選

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ
化学メーカーの転職希望先として特に脚光を浴びているのは、排ガス規制や自動運転技術などの課題を抱える自動車関連の新素材開発です。

化学メーカーは離職率が極めて低いことで知られていますが、ほとんどの会社では入社3年後の離職率が5%程度となっています。ちなみに、退職理由はブラック企業に象徴される「3K(きつい・汚い・給料が安い)」ではなく、事務系社員の多くが感じる「仕事のやり甲斐がない」ことです。

化学業界への転職にオススメの企業1:三菱ケミカルホールディングス

「(株)三菱ケミカルホールディング」は、三菱ケミカル(株)・田辺三菱製薬(株)・太陽日酸(株)・(株)生命化学インスティチュートの4社を傘下に収めた総合化学メーカです。

三菱ケミカルHDの中核企業である三菱ケミカル(株)は、三菱化学・三菱樹脂・三菱レーヨンの3者が合併した国内最大の化学メーカーですが、転職採用においては事務職および技術職ともに専門性の高いキャリアが求められています。

化学業界への転職にオススメの企業2:富士フィルムホールディングス

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ
「富士フイルムホールディング(株)」は、2006(平成18)年に富士写真フィルム(株)の商号から「写真」の2文字を取り外し、事業承継した富士フィルム(株)が誕生しました。

富士フイルムHD(株)は、フィルム製造の応用技術を活かして医薬・化粧品事業を積極的に展開しています。

ちなみに、転職希望者には残業時間が他社より多いことが懸念材料ですが、平均年収は1,000万円台とかなり高待遇です。

化学業界への転職にオススメの企業3:住友化学

「住友化学(株)」の事業領域は、石油化学・機能材料・情報電子化学・健康・農業関連・医薬品・その他の事業など多岐にわたっています。

住友化学(株)は、積極的に海外進出の実績を積み上げていますが、売上高に占める海外比率が60%以上に達しているグローバル企業です。

今後は、海外勤務を希望する転職者に魅力的な総合化学メーカーですが、会社のHPから転職希望者のキャリア登録ができますので確認してみて下さい。

化学業界への転職にオススメの企業4:旭化成

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ
「旭化成(株)」は、旭化成グループを束ねる持ち株会社ですが、大きく素材事業・住宅事業・ヘルス事業の3つの事業領域で活動を展開しています。

また、関連会社の事業活動としては、化成品部門を主力事業として繊維製品・化学製品・ICT関連素材などの事業分野においてグローバル活動を展開しています。

なお、企業HPでは営業職・スタッフ職・プラント技術職などの転職希望者のキャリア登録を受け付けています。

化学業界への転職にオススメの企業5:花王

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ
「花王(株)」は、国内の大手化学メーカーとして洗濯用洗剤において圧倒的なシェアを誇っていますが、化粧品メーカとしても国内第2位のシェアを保っています。

花王(株)の事業領域は、主力のトイレタリーを始め化粧品・食品・工業用製品などの製造販売を手掛けており、特にトイレタリー分野においてはトップブランドとなっています。転職者の採用は技術職と事務職ですが、会社HPでの転職案内は行っていません。

化学業界への転職にオススメの企業6:信越化学工業

「信越化学工業(株)」は、1926(昭和元)年に設立された国内大手の化学メーカーですが、有機および無機化学品・電子材料・機能材料の3つの事業領域で活動しています。

信越化学工業(株)の主力製品は、塩ビ樹脂・シリコン樹脂・セルロース誘導体・半導体シリコンなどがあります。なお、新卒や転職の採用情報は、会社のHPで案内していません。

化学業界への転職にオススメの企業7:三井化学

「三井化学(株)」の事業領域は、自動車を中心としたモビリティー分野、メガネレンズや歯科材料などのヘルスケア分野、食品や農薬の包装材料分野、IoTソリューション分野を中心にグローバル展開をしています。

三井化学(株)は、各事業領域の中で石油化学製品・機能化学品・機能性樹脂などの製造販売を行っています。なお、三井化学(株)は、会社HPで技術職・事務職とも転職希望者の採用案内を行っています。

化学業界への転職にオススメの企業8:積水化学工業

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ
「積水化学工業(株)」の事業領域は、大きく住宅関連・ライフライン関連・高機能プラスチック関連の3つのカンパニー制で事業活動しています。

積水化学(株)の転職者採用は、環境問題・エネルギー問題・住宅問題・社会インフラ問題などへの取り組みとして、キャリア採用のカテゴリーで転職サイトを通じて転職希望者を応募しています。

化学業界への転職にオススメの企業9:資生堂

「資生堂(株)」は1927(昭和2)年に設立された国内最大の化粧品メーカーですが、現在では世界88カ国での事業展開によって、世界第5位のシェアを誇っています。

資生堂の事業領域は、化粧品や粧用具分野を始めトイレタリー分野・理美容製品分野・美容食品分野・医薬品分野と事業活動の裾野を拡大しています。

なお、会社HPでは転職者の採用応募を行っていませんので、転職サイトや転職エージェントで確認してみて下さい。

化学業界への転職にオススメの企業10:昭和電工

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ
「昭和電工(株)」の石油化学領域は、オレフィン部と有機化学品部で構成されていますが、主要拠点ではアセチル誘導体品・合成樹脂・合成ゴム・スチレンモノマーを製造するための基礎原料を製造しています。

昭和電工(株)の転職者採用においては、昭和電工の退職者に対するウェルカムバック制度というキャリア採用の制度がありますので、会社HPで確認してみて下さい。

化学業界への転職にオススメの企業11:日東電工

「日東電工(株)」の事業領域は、自動車や輸送機・住宅や住宅設備・家電や電子機器など10分野で事業活動を展開しています。

日東電工(株)の転職者の募集職種は、品質保証業務(豊橋事業所)、設計業務・製造技術業務・品質保証業務・開発業務(亀山事業所)です。会社HPや転職エージェントで随時転職採用の情報を確認してみて下さい。

化学業界への転職にオススメの企業12:東ソー

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ
「東ソー(株)」の事業領域は、化学品やセメントなどの「クロル・アルカリ事業」、オレフィンやポリマーなどの「石油化学事業」、高機能材料や有機化成品の「機能商品事業」の3つで構成されています。

東ソー(株)の採用情報によると、会社HPでのキャリアー転職者の応募を行っていません。なお、トーソー(株)への転職希望者は、転職エージェントのエントリーをおすすめします。

化学業界への転職にオススメの企業13:日立化成

「日立化成(株)」の事業領域は、大きく機能材料・電子材料部門と先端部品・システムモビリティ部材部門の2つに分けられます。


日立化成(株)のキャリア転職の募集は、会社HPから可能となっていますが、現在の募集職種は事務系業務(財務・決算処理スタッフ)となっています。また、転職エージェントからエントリーすることで転職の応募が可能です。

化学業界へ転職する人に求められるもの5つ

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ
日本の有効求人倍率は、概ね1.5倍を超えた状況が続いています。そのため、化学業界の転職においても売り手市場が継続していますが、求人募集する化学会社が求める「人材像」はどうなっているでしょうか。

多くの化学会社は、目まぐるしく進む技術革新に適応していくため、化学分野以外の知見を持った人材を幅広く他業種から受け入れたいと考えています。

化学業界へ転職する人に求められるもの1:多様な価値観を理解する

企業にとって、これまでのビジネスモデルを転換する時期にあっては、さまざまな部門や立場の意見を乗り越えて多様な価値観を尊重し合うことが重要です。

転職者の多くが戸惑うのは、以前の会社と比べて企業風土や仕事のやり方が異なることですが、人と同じように企業にもそれぞれ特有の価値観があります。どちらがより優れているかに拘るのでは無く、まずは会社の価値観を理解する柔軟な考え方や態度が重要です。

化学業界へ転職する人に求められるもの2:柔軟な発想を持つ

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ
仕事の課題解決に当たって高度な専門知識は必要ですが、同時に多角的な視点の観察力や柔軟な発想力が大事です。これまでの経験則や常識に囚われ過ぎると、いたずらに無駄な時間を要したり誤った結論を導き出すことさえあります。

仕事で直面するさまざまな現象は、必ずしも演繹法的な理論のみでは解決に至らず行き詰まってしまうことがあります。そんなときは、帰納法的に結果から原因に迫る逆転の発想が有効です。

化学業界へ転職する人に求められるもの3:自ら課題を見つける

キャリア採用された転職者に求められるのは、仕事上の問題点を解決するために必要な斬新なアイディアであり、いわば問題解決のアプローチとなる「課題発見力」です。

人は誰でも同じ仕事を続けていると、重要な問題を見逃していることあります。転職者から指摘された課題解決の提案がきっかけとなって大きな成果を得ることがありますので、新鮮な目で課題を見つけることが大事です。

化学業界へ転職する人に求められるもの4:周囲の人の協力を得る

転職先の会社で仕事を始めた人は、早く成果を出したいと焦る気持ちがついつい言動に表われてしまいがちですが、周囲の人と協力しながら仕事を進めることが大事なことです。

どんなに知識が豊富で高い技術を持っている人でも、しょせん組織の中では1人でできる仕事は限られています。

一旦職場のチームワークが崩れてしまうと、疑心暗鬼に陥り却って仕事の停滞を招いてしまうので、お互いに協力し合うことがなにより重要です。

化学業界へ転職する人に求められるもの5:常に新たな挑戦を続ける

転職した会社においても目標を持って努力や挑戦し続けることは、自分だけで無くメンバーの成長にとっても非常に重要なことです。新たに職場に迎えられた転職者は、良きにつけ悪しきにつけ目につく存在です。

特に会社の新規事業のために採用されたキャリア転職者の場合は、旺盛なチャレン精神の発揮のしどころです。新たな職場で自身の未来を切り開くためにも、挑戦的な目標に向かって頑張りましょう。

化学業界への転職を成功させましょう

化学業界への転職にオススメの企業13選|転職する人に求められるもの5つ
転職を決断するには勇気が要ることですが、あれこれ悩むより「案ずるより産むが易し」のことわざのように、実際に会社に足を運んでみることが転職の早道になることがあります。

志望した転職先への採用が決まった暁には、「和して同ぜず」の精神に則り自分らしさを存分に発揮し、新たな職場の仲間と協働して成果を積み上げる意識と態度が重要です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related