Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月11日

転職オファーって?優良オファーをもらう3つのコツやもらった時の年収交渉

転職オファーの種類や、優良なオファーをもらうために行うこと、たくさんオファーをもらった時に年収交渉を行うためのコツや転職オファーの見極め方、避けるべきオファーなど、転職オファーに対し疑問に感じることが多い箇所を項目ごとに一つずつ解説しています。

転職オファーって?優良オファーをもらう3つのコツやもらった時の年収交渉

転職オファーとは

転職オファーって?優良オファーをもらう3つのコツやもらった時の年収交渉
転職オファーとは、企業や転職エージェントから来るスカウトメールのことです。

転職する際の有効な手段が、転職オファーです。これは自らの経歴やキャリアと希望条件を登録しておくと、それを見た企業や転職エージェントから送られてくるスカウトのことです。

主にメールで来ることが多いですが、電話や転職エージェントとの面談をした際に言われることがあります。これは会社側から採用試験を受けてほしいとの勧誘と言えます。

転職オファーの種類

転職オファーは、利用するサイトなどによってたくさんの種類があります。

転職オファーといっても、その内容は多様でどのオファーが自らにとって有効かは人によって異なることでしょう。

ここでは、代表的な転職オファーの例を項目ごとに説明していきますので、自らに当てはめて考えてみると良いでしょう。どの条件を優先しどこは妥協しても良いかを判断するのは、他ならぬあなたです。

転職オファーの種類1:自動送信オファー

転職オファーにはいろいろな種類があります。

転職オファーの一つに自動送信オファーがあります。これは転職サイトに登録した自らの経歴やキャリアと、企業が求める採用条件が合致した場合にマッチングされ、自動的に送信されるオファーです。

直接企業の採用担当者が確認をしているわけではありませんが、あらかじめ登録しておいた採用条件に達しているため、書類選考を通過しやすいという長所があります。

転職オファーの種類2:転職エージェントからのオファー

転職エージェントからのオファーは、担当する企業へのスカウトとエージェントが直接面談したい場合に送られてきます。

転職エージェントからのオファーは、転職者が登録している経歴やキャリアを見て、エージェント側が担当している企業との条件と合致している場合に送られてきます。

また、同じく担当している企業の条件に複数合致している場合や、会って詳しく話しを聞きたい場合に送られてくる場合もあります。

転職オファーの種類3:企業が直接送ってくるオファー

企業が会ってみたいと思う人に直接送るオファーです。

転職オファーの中で、一番確実で内定が出る可能性が高いのがこの企業から直接送ってくるオファーです。これは企業の採用担当者が事前に登録されたオファーに目を通しているのでかなりの確率で書類選考は通過できます。

これに対し、転職自身の興味のある企業でしたら応募する価値はありますが、オファーの内容をよく確認して応募した方が良いでしょう。

転職オファーの見極め方

大事なことは、自分の希望する条件に合致するかどうかです。

いろいろな転職オファーの種類を見てきましたが、必ずしも全てが合致する条件とは限りませんし、そこは見極める必要があります。

人によって転職により実現させたい条件は違うことでしょう。勤務地や給料、業種や職種、役職や福利厚生などすべてがオファーによって異なります。大事なことは自分の譲れない条件に優先順位をつけ、それを実現できる企業を選ぶことです。

優良オファーをもらう3つのコツ

転職オファーって?優良オファーをもらう3つのコツやもらった時の年収交渉
優良オファーとは、条件の良いオファーのことを言います。

希望する条件は人によりいろいろありますが、その条件に合致する企業から優良なオファーをもらうには、事前の準備が大切です。企業側も経歴やキャリアを見て応募者を選別しているからです。

ここでは条件の良い、優良なオファーをどうすればもらえるかをいくつかの項目に分けて考えていきましょう。通常の仕事と同じように段取りが重要です。

優良オファーをもらうコツ1:転職サイトの登録情報をきちんと書いておく

登録情報を基に、企業はほしい人材を探しています。

まずは、自分の経歴やキャリアを体系的に整理していくことが大事です。どういった企業に勤務しそこでの仕事内容、保有している資格やプロジェクトに参加した経緯と役割、といったことです。実は採用担当者はここを重視しています。

しっかり記載されていれば、書類作成能力は問題なしと判断されます。ここを疎かにしてしますとどんなに良い経歴を持つ人にもオファーはきません。

優良オファーをもらうコツ2:登録内容を定期的に更新する

転職オファーって?優良オファーをもらう3つのコツやもらった時の年収交渉
登録内容を更新することで、意欲的に転職活動をしていると判断されます。

あなたが多くの企業を選別しているのと同じように、採用担当者も多くの候補者の中から候補者を選別しています。その中で目にとまるための一つの方法が、定期的に登録内容を見直すことです。

検索上位には更新が新しい順に企業側の管理ページからは、並ぶようになっています。同じ資格要件を持つ人なら先に見てもらった方が良いので活用しましょう。

優良オファーをもらうコツ3:複数の転職サイトへ登録する

一つの企業や転職サイトに絞って活動するのは危険です。

一つのサイトに絞っていると、仮に書類選考や面接で不採用となってしまったときは最初からやり直しとなってしまします。すると当然転職活動は長期化します。

それを避けるために、転職サイトは複数登録しておくことをお勧めします。仮に一つが不採用となったとしても他のサイトと並行して進めることができます。また思わぬ好条件の会社からオファーがくることもあります。

転職オファーを数多くもらった時の年収交渉のポイント7つ

転職オファーって?優良オファーをもらう3つのコツやもらった時の年収交渉

転職オファーを数多くもらった時の年収交渉1:オファーがでそろってから年収交渉

オファーが出揃う前に年収交渉を始めると、後悔することになります。

転職者にとって、転職して年収を上げたいと考える人は多いことでしょう。転職オファーが全て出揃ってから開始しないと、仮に後からさらに良い条件のオファーがあった際に対応できず、後悔を残すことになります。

そのため、全てオファーが出揃った段階で条件の良い会社に絞り選抜した企業から開始することをお勧めします。

転職オファーを数多くもらった時の年収交渉2:転職活動は状況を正直に伝える

採用担当者はプロです。嘘はすぐに見抜かれます。

現在の転職状況は正直に伝えることが大事です。そうでないと仮に嘘が判明した際に信用を失われ、不採用となる確率が高いからです。

採用担当者は、何人もの応募者と面接をしており些細な嘘はすぐに見抜かれます。隠せ通せたとしても、自らの心に蟠りが残ることになるでしょう。そのため正直に現在の状況を伝え堂々と面接に臨みましょう。

転職オファーを数多くもらった時の年収交渉3:年収がネックとストレートに伝える

転職オファーって?優良オファーをもらう3つのコツやもらった時の年収交渉
ストレートに伝えることで、相手の反応を見ましょう。

年収がネックです、そう伝えるのは勇気がいることでしょう。しかしこれからの人生がかかっています。ここは覚悟を決めてストレートに伝えましょう。

採用担当者が、そう伝えてからどういう反応をするかで年収交渉が可能かどうかを判断します。拒否反応を示す企業もあるでしょうがその企業には入社しなければ良いことです。逆に好意的に捉えてくれれば可能性はあります。

転職オファーを数多くもらった時の年収交渉4:柔軟な年収交渉ができる企業か事前に確認

転職オファーって?優良オファーをもらう3つのコツやもらった時の年収交渉
年収の交渉が可能かどうかを、口コミサイトで調べてみましょう。

現在はインターネットが発達し、事前に判断できる情報も以前より格段に多くなってきています。その中で、企業の口コミサイトを参考にして、特に面接や給料欄のところを確認すると良いでしょう。

その中で特に面接時に給料交渉の話が出た場合の企業側の反応などは、参考になりますし事前に戦略も立てやすいです。これらの情報を有効に活用しましょう。

転職オファーを数多くもらった時の年収交渉5:転職エージェントを介して交渉する

困ったときは、転職エージェントを頼りましょう。

転職エージェントは、転職を成功に導く転職者にとっての頼れるパートナーです。どうすれば成功するかのノウハウを豊富にもっていますし、転職が成功することで取引先である募集企業から報酬を受け取っています。

どうしても年収の話はしたくない、またはお金の話は気が引ける、そういう人は転職エージェントに交渉を依頼しましょう。希望額を伝えれば後は彼らが交渉してくれます。

転職オファーを数多くもらった時の年収交渉6:適正な希望額を算出する

現在の市場価値を把握しておくことは、年収交渉をする上で重要です。

何の知識もないまま、年収交渉を行うのは危険です。高い年収を提示してくれる企業であれば良いですが、大半は安い年収を提示されるからです。転職者は高い年収を得たい。企業は安く雇いたい。ここのせめぎあいになるのが年収交渉です。

正しい市場価値を把握しておけば、安い提示を受けた際に反論できますし、高い提示を受けた際も納得をすることができます。

転職オファーを数多くもらった時の年収交渉7:納得してもらう話し方をする

転職オファーって?優良オファーをもらう3つのコツやもらった時の年収交渉
採用担当者は、面接で転職者の話し方も見ています。

例えば年収交渉をする際、自らの希望のみを話しても説得力がなければ相手を納得させることはできません。理路整然と論理的に話す必要があります。

相手の話を聞いたうえで、自らの説明を決して押し付ける話し方にならないように気を付けながら丁寧に説明しましょう。結論から話し、その理由となることを具体的に説明し体系立てて説明するようにしましょう。

避けた方が良い危ない転職オファー

転職オファーって?優良オファーをもらう3つのコツやもらった時の年収交渉
転職オファーの中には、危険なオファーが送付されてくる場合があります。

さまざまな転職オファーがあることを、解説してきましたが中には応募者が避けた方が良い危険なオファーが含まれます。これらのオファーを避けて優良オファーに応募するにはある程度の経験が必要となります。

これからいくつかの項目に分けて、どのように見分ければ良いかを一緒に考えていきましょう。

避けた方が良い危ない転職オファー1:同じ内容で大量に送られてくるオファー

転職オファーって?優良オファーをもらう3つのコツやもらった時の年収交渉
同じ内容で大量に送られてくるオファーは、経歴やキャリアをあまり見ずにたくさんの人に送付している可能性があります。

現在はパソコンが普及し、コピペをすれば一度に同じ内容を大量の人に送付することも可能です。つまり、職務経歴を見ずにたくさんオファーを送付しているといえます。

このことから、誰でも良いから多くの応募者に面接に来てほしいとの企業側の意図が垣間見えることができ、応募するのは危険と判断できます。

避けた方が良い危ない転職オファー2:あまりにもハードルが低いオファー

ハードルを下げてオファーを送付するということは、経歴を問わず多くの人に応募してほしいという企業側の考えです。

ここはなぜハードルが低いオファーがくるのかを考えてみる必要があります。少し疑ってかかる慎重さが求められます。

考えられることは、離職率が高く常に人手不足で誰でも良いから多くの応募者に集まってほしいという企業の意図が感じられるため、応募するのは避けた方が良いでしょう。

転職オファーを上手く活用しよう!

転職オファーって?優良オファーをもらう3つのコツやもらった時の年収交渉
転職を成功に導くためには、転職オファーを有効に使うことが近道になります。

ここまで、いろいろな転職オファーや事例を解説してきましたが大事なことは転職の成功は内定をもらうことではなく、そのあとのキャリアをどのように築いていくかです。

年収や希望条件だけに惑わされず、一度自らと真剣に向き合いどのような転職をしてどのようなキャリアを積みどんな人生を歩んでいきたいかを考える良い気づきとなることでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related