Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ

転職を決断する人は増えています。その転職条件として、外資系企業への転職を条件に含める人もいます。外資系企業への転職は転職エージェントを活用することがおすすめです。ただし、転職エージェントにはいくつもの種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ

外資系とは

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
同じ職場でキャリアを積むことは良いことですが、自身のステップアップや、新しい職場環境を求めるなどの理由で転職を決断する人も増えています。転職先の企業に求める条件は人によって異なります。その転職条件の中に、外資系企業であることを含める人がいます。

外資系企業とは日本以外の法人であるか、外国人が一定程度以上の出資をしている日本の企業のことです。

外資系に転職することのメリット

外資系企業は日本以外の法人であるか、外国人が一定程度以上の出資をしている日本の企業のことです。そのため、仕事をするうえで、日本の一般的な企業とは異なる部分があります。

外資系企業では実力主義であることが多く、新人という概念がありません。そのため、能力が高ければすぐに仕事を任せてもらうことができるというメリットがあります。ただし、成果が上げられなかったり、残業を頻繁に行うと評価が下がります。

外資系転職をする際のポイント3つ

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
外資系企業は実力主義の他に、最新の技術を学べる機会が多いことや、給与額が高いなどのメリットもあるため、転職先の企業として希望する人もい多いです。

しかし、先に述べた通り、外資系企業は日本の企業とは異なる点がいくつかあります。これはメリットやデメリットの面だけでなく、転職活動を行う際にも同様です。なので、外資系企業への転職を希望する場合には、ポイントを抑えて転職活動を行うようにしましょう。

外資系転職をする際のポイント1:大手総合転職エージェントに2~3社登録

大手企業は非公開求人で応募を行ったり、転職エージェントがハイクラス転職に対応していたりなどすることもあるので、外資系企業への転職は転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントであれば、外資系企業への転職を希望しているということをアドバイザーに相談することができ、非公開求人に応募できることもあります。また、効率良く転職活動を行うためには、2~3社の転職エージェントに登録すると良いでしょう。

外資系転職をする際のポイント2:業界別に特化した転職エージェントに1社程度登録

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
外資系企業への転職を希望する場合、転職エージェントは2~3社ほど登録しておくことで効率良く転職活動を行うことができます。

また、希望業界や希望職種などが定まっている場合には、その業界や職種に特化した転職エージェントに登録するようにしましょう。転職エージェントはそれぞれ持っている特徴が異なるため、転職の目的に合わせたものを選ぶことも重要となります。

外資系転職をする際のポイント3:コンサルタントの質をみて2社にしぼる

上記で述べた通り、転職エージェントにはそれぞれ特徴があります。そのため、自分にとっては使いにくいと感じる転職エージェントも出てきます。

そのような場合はアドバイザーやコンサルタントの内容が自分に合うと感じた転職エージェント以外の利用をやめましょう。使いやすいと感じた転職エージェントに利用を絞ることで、さらに転職活動の効率を上げられます。

外資系転職におすすめのエージェント16選

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
外資系企業への転職活動では転職エージェントを活用することがおすすめです。しかし、転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。

そのため、転職エージェントを利用して転職活動を行う際には、外資系企業への転職に適した転職エージェントを利用する必要があります。

外資系転職におすすめのエージェント1:リクルートエージェント

就職活動や転職活動を始める際には、求人情報の数の多さや、ブランド力、認知度の高さなどから、ひとまずリクナビやリクナビNEXTに登録はしておくという人は多いです。

また、同様の理由で、転職エージェントもリクルートエージェントに登録するという人も多いです。リクルートには非常に多くの求人情報が集まっているため、希望条件に合う外資系企業を見つけることができるでしょう。

外資系転職におすすめのエージェント2:JAC Recruitment

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
外資系企業への転職はハイクラス転職となることがあります。JACリクルートメントは大手3大エージェントの1つで、そのハイクラス転職に特化した転職エージェントです。

JACリクルートメントの持つ大きな特徴として、求職者側と企業側の両方を同じアドバイザーが担当するため、効率良くやりとりが進められます。また、国内だけでなく、外資系企業や海外への転職もサポートしてくれます。

外資系転職におすすめのエージェント3:ビズリーチ

ビズリーチはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は高いです。ビズリーチもJACリクルートメントと同様に、ハイクラス転職に特化しています。

ハイクラス転職では、求職者側も企業側も難易度の高い条件を求めるため、なかなかうまく転職ができないということがあります。しかし、ビズリーチではその難易度の高い条件をうまくマッチングさせて、ハイクラス転職を成功させてくれます。

外資系転職におすすめのエージェント4:アンテロープ

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
先に述べた通り、できれば希望業界や希望職種を絞った方が転職活動は効率良く行うことができます。アンテロープでは外資系金融やコンサルタンティング業界への転職に強みを持った転職エージェントです。

また、外資系企業への転職のようなハイクラス転職から、コンサルタント経験者からのベンチャー企業への転職など、転職での選択肢を狭めずに、幅広く転職をサポートしてくれます。

外資系転職におすすめのエージェント5:ムービンストラテジックキャリア Consultant転職

ムービンストラテジックキャリア Consultant転職はコンサルティング業界に対して強みを持った転職エージェントです。

コンサルティング業界に絞った転職活動のサポートを行っているため、コンサルティング業界に関する最新の情報が手に入りやすかったり、的確な面接対策や履歴書の添削などを行ってもらうことができます。

なので、希望業界をコンサルティング業界に絞っている人におすすめの転職エージェントです。

外資系転職におすすめのエージェント6:コンコード

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
転職エージェントでは担当となるキャリアアドバイザーの能力によって、その後の転職活動の動きやすさが大きく影響されてしまいます。

ですが、コンコードではキャリアアドバイザーが非常に親身になってくれると対応に評判が良いです。取り扱っている求人情報数は、リクルートやJACと比べると少し少ないですが、キャリアアドバイザーとの関係が良好に保ちやすいことで、転職活動がスムーズに行いやすくなります。

外資系転職におすすめのエージェント7:ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職

ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職はその名前の通り、金融業界への転職に特化した転職エージェントです。そのため、外資系の金融企業への転職を希望する人におすすめの転職エージェントです。

ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職のキャリアアドバイザーは専門的な知識から外資系の金融企業への転職に対しての疑問や不安を解消してくれます。

外資系転職におすすめのエージェント8:コトラ

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
コトラは外資系金融に特化している転職エージェントです。また、コトラが持つ大きな特徴として、外資系企業の経験のあるアドバイザーが多いということがあります。

そのため、アドバイザーが専門性の高い知識や経験を持っているので、外資系企業への転職を希望するに当たって、転職活動だけでなく、転職後のことなど、いろいろな相談がしやすく、疑問や不安を解消してもらうことができます。

外資系転職におすすめのエージェント9:ヘイズスペシャリストリクルートメント

ヘイズスペシャリストリクルートメントは外資系企業専門の転職エージェントです。そのため、取り扱っている求人情報が外資系企業ばかりで、外資系企業への転職を希望する人は効率良く転職活動を進めることができるので、おすすめの転職エージェントです。

また、外資系企業の中でも製薬業界に強みを持っています。また、製薬業界以外にも、職種では中間管理職、経営幹部への転職案件も多いです。

外資系転職におすすめのエージェント10:メディサーチ

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
メディサーチは製薬業界に特化した転職エージェントです。外資系企業専門ではありませんが、製薬業界に特化しているため、外資系企業の求人情報も含まれています。なので、外資系企業の製薬会社への転職を希望する人におすすめです。

また、メディサーチは製薬業界に特化しているので、MR、マーケティング、創薬、臨床、GMPなどのコーポレート職など、製薬業界に関しては幅広い求人案件を取り扱っています。

外資系転職におすすめのエージェント11:アズール&カンパニー

アズール&カンパニーは外資系でも消費財を生産する企業に特化した転職エージェントです。消費財とは、家庭に需要があるような財やサービスのことです。

また、消費財の中でも高級消費財から一般消費財、スポーツやエンターテイメント業界などの幅広い企業の求人を取り扱っています。アズール&カンパニーでは外資系企業の求人が80%ほどとなっているので、数は多くありませんが、国内の企業にも対応しています。

外資系転職におすすめのエージェント12:ISSコンサルティング

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
ISSコンサルティングは外資系企業専門の転職エージェントです。また、外資系企業の中でも、搬送業界、メーカー業界への求人に強みを持っています。

エンジニア職への転職は職務内容や競合避止義務の取り決めなど、専門的な知識が必要となることがありますが、アドバイザーが的確な対応をしてくれるため、安心して転職活動を進めることができます。

外資系転職におすすめのエージェント13:ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは外資系企業へのハイクラス転職に特化した転職エージェントです。また、英語が使える人材に特化した転職エージェントでもあります。なので、英語を活かした転職をしたいという人におすすめです。

逆に、どれだけ高い能力や実績があっても、英語ができないということで、紹介してもらえる企業が少なくなってしまうということもあり、うまく活用できる人は限定されます。

外資系転職におすすめのエージェント14:エンワールド

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
エン転職はテレビなどでもよくCMが流れているため、転職サイトとして非常に有名です。そのエン転職を運営しているエンジャパンはエンワールドという転職エージェントも運営しています。

エンジャパンには非常に多くの求人情報が集まっており、ハイクラス転職にも対応しているため、外資系企業の中から希望条件に合う企業を探すことができます。

外資系転職におすすめのエージェント15:アンサーズ

アンサーズは製薬業界に強みを持った転職エージェントです。アンサーズでは外資系企業の求人だけでなく、日系メーカー、バイオベンチャー、ジェネリックメーカーと幅広い求人情報を取り扱っています。

また、職種の幅も広いため、製薬業界への転職を希望している人に、非常におすすめの転職エージェントとなっています。

外資系転職におすすめのエージェント16:ランスタッド

ランスタッドは、外資系でトップクラスの人材ビジネスを展開している企業です。そのため、外資系企業の求人も多く取り扱っており、ハイクラス転職に特化しているという特徴を持っています。

また、20代の若い世代の転職サポートにも力を入れているため、総合的にバランスの良い転職エージェントとなっています。

転職エージェントを利用する際の注意点3つ

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
外資系企業への転職であれば転職エージェントを活用しての転職活動が効果的です。

ただし、転職エージェントを活用しての転職活動は、転職サイトや求人情報誌などから自分で企業に応募するという活動方法と異なり、アドバイザーと相談をしながら適した企業をマッチングしてもらうことになります。

そのため、転職エージェントを活用する場合には、いくつかの点に注意が必要となる場面もあります。

転職エージェントを利用する際の注意点1:「良いところがあればすぐにでも」と言っておく

転職エージェントでは転職サイトなどのように企業から掲載料をもらっているわけではありません。基本的には紹介した人材が採用に至ることで成功報酬という形で利益を得ています。

そのため、転職エージェントは利益を出すために、採用される確率の高い人から優先的に対応する場合もあります。なので、「良いところがあればすぐにでも転職を決める」など、転職活動に積極的であることをアドバイザーにアピールする必要があります。

転職エージェントを利用する際の注意点2:担当コンサルタントをシビアな目でみる

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
転職エージェントではアドバイザーが面談をして、求職者と企業の求める条件をマッチングを行ってくれます。そのため、うまく転職できるかは担当のアドバイザーによって決まってしまうこともあります。

基本的にはアドバイザーに任せておけば安心ですが、まれに相性の悪いアドバイザーが担当になることもあります。なので、利用を検討している転職エージェントにはどのようなアドバイザーがいるかを事前に調べておきましょう。

転職エージェントを利用する際の注意点3:経歴やスキルに嘘をつかない

転職エージェントでは求職者と企業の条件をマッチさせるために、求職者には面談を行います。その面談の際に、少しでも条件の良い企業を紹してもらおうとして、経歴やスキルに嘘をついてしまおうとする人がいます。

しかし、アドバイザーは人を見るプロなので、これらの虚偽を見破ることができます。嘘がバレてしまうと、信用性を大きく落としてしまうため、企業を紹介してもらえなくなってしまう可能性があります。

転職エージェントを活用して外資系企業に転職しよう!

外資系転職におすすめのエージェント16選|利用する際の注意点3つ
転職を決断する人は増えています。その転職条件として、外資系企業への転職を条件に含める人もいます。また、転職活動で転職エージェントを活用する人も増えてきています。

外資系企業への転職活動は、アドバイザーと相談しながら進めることが効果的です。なので、うまく転職エージェントを活用しながら転職活動を進めるようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related