Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月28日

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント

外資系不動産に転職したいという人が増えています。この外資系不動産とは一体どのような企業なのか、そして、仕事内容はどのようなことをするのか気になる人のために、外資系不動産の特徴を7個ご紹介しましょう。また、外資系不動産へ転職が向いている人についてもお伝えします。

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント

外資系不動産とは

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
外資系不動産とは、外国にある不動産を取り扱う不動産会社のことを指します。本社は外国におき、支社を日本におくことが多い外資系不動産は、社員が比較的自由に働くことができ、成果主義で評価します。

扱う物件は外資系不動産は富裕層から一般的なサラリーマン世帯向けでも買える不動産が多いでしょう。

さらに、タヒチやハワイからシンガポール、マレーシアなどのアジア圏の不動産を多く扱い、販売することが多い企業です。

必要な英語力は?

外国人相手に外資系不動産の社員として働くには、それなりに英語力は必要です。現地の土地や家の所有者と交渉するには不動産の専門用語を交えてスラスラと英語で話さなければなりません。

それには不動産向けの英語教室に行って習うか、専門のテキストで習うことが必要です。ネイティブな発音に聞き取りやすい会話を心がけ、現地の客と日本の客を繋げる外資系不動産の仕事をすることが求められます。

外資系不動産の仕事の特徴7個

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
まだまだ日本では知られていない外資系不動産の仕事ですが、一体、どのような仕事をするのか仕事内容について知りたい人も多いのではないでしょうか。そんな外資系不動産の仕事について特徴を詳しく7個ご紹介します。

外資系不動産の仕事の特徴1:給料が高い

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
日系不動産よりも給料が高いのが外資系不動産の仕事の特徴となります。20代後半であれば日本のサラリーマンの給料よりも月に10万円から20万円は高い社員が多いでしょう。

外資系不動産の基本年収は28歳になれば700万円にもなる社員が多く、基本年収が550万円、毎月の歩合給が平均12.5万円にもなります。

この基本年収が良いから残業代や家賃補助は出ない企業が多いですが、高い給料でバランスを取っています。

外資系不動産の仕事の特徴2:成果主義の評価

成果主義で評価するのが外資系不動産の仕事の特徴となります。日系不動産に比べて給料が高い理由には、インセンティブが高いからです。頑張って売れば売るほど給料が高くなりますので、成果を考えながら楽しく働ける仕事になるでしょう。

商品価値の高い高級リゾート地や高級マンションなど富裕層向けの不動産を売ることでより高い成果を出すことができる外資系不動産では、年収も1,000万円を超える社員もいるのが特徴的です。

外資系不動産の仕事の特徴3:長期休暇を取りやすい

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
長期休暇が取り易い外資系不動産の会社では、夏休みや冬休みが充実しています。ロングバケーションを楽しむことが普通と考える外資系不動産では、夏休みは1ヶ月から長ければ2ヵ月は取れるのが普通です。

冬休みも1ヶ月近く取れるなど長期休暇を取り、ゆっくりと過ごすことが大切と考えています。ですから、長期休暇は旅行をしたり、別荘で過ごす、スポーツをするなどして過ごし、身体も心もスッキリとリフレッシュするでしょう。

外資系不動産の仕事の特徴4:仕事とプライベートが別

外資系不動産の仕事は、仕事とプライベートが別との特徴が見られます。プライベートには仕事を持ち込まないスタイルが一般的な欧米やヨーロッパ人が経営する外資系不動産では、ハッキリと仕事とプライベートは別と考えるでしょう。

仕事は会社でするものですし、休みの日は一切仕事を家でやらないようにして、家族、恋人、ペットと過ごすことが当たり前と考えます。

外資系不動産の仕事の特徴5:退職金がない

給料が高い外資系不動産では、退職金がないことが特徴的です。外資系企業では退職する時に退職金を支給するという概念がありません。社員の方も退職金がないかわりに給料が高い方がいいと働く人も多いでしょう。

また、海外では自分の能力やスキルをアップするために転職することが普通ですので、退職金を設けない会社が大半です。

外資系不動産の仕事の特徴6:常に解雇のリスクがある

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
長期休暇もありますし、給料も高い外資系不動産ですが、常に解雇のリスクが付きまといます。実力主義の外国では、仕事で成果を出さなければ使えない人材として簡単にクビにする会社が多いでしょう。

早期キャリアアップも可能、高い収入も望める一方で、不動産を売れない日々が続けば解雇されてしまいます。マネージャー職でも毎月解雇される社員はいますが、不況で会社の経営が悪ければ解雇するのが特徴です。

外資系不動産の仕事の特徴7:福利厚生が不十分

日系不動産のように福利厚生が不十分なのが外資系不動産の特徴です。社員が住み易く、通いやすいように建てられた社員寮もなく、住宅手当や育児手当などもほとんどありません。

退職金がない外資系不動産は、社員旅行もないほど福利厚生は不十分です。

外資系不動産への転職を成功させるためのポイント3つ

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
今の会社では自分の能力を認めてくれないから給料も低いまま、プライベートもなし、短い休暇ばかりで嫌になるから外資系不動産に転職したいと考える人もいるでしょう。

そんな自分の能力を試してみたいから、外資系不動産に転職したいという人のために、転職を成功させるためのポイント3つをご紹介します。

外資系不動産への転職を成功させるためのポイント1:外資系不動産の特徴を理解する

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
外資系不動産への転職を成功させるためのポイントは、外資系不動産の特徴をよく理解することです。

社員同士が気軽にコミュニケーションをとり、オンとオフを上手く切り替えることが求められる外資系不動産の雰囲気や社員の会話内容を素早く読み取りましょう。

そして、自分も早く職場の雰囲気とビジネススタイルを受け入れ、馴染めるように工夫することで上手く転職ができます。

外資系不動産への転職を成功させるためのポイント2:企業情報をリサーチし職務内容を確認する

企業情報をリサーチして職務内容を確認することが、外資系不動産への転職を成功させるためのポイントです。前向きに、長く続けるためにも、企業情報のリサーチは必須となります。

転職したい企業の利益情報から社風、職務内容まで全てしっかり確認することで転職してから倒産したり、自分の理想と合わないからと辞めてしまうことがなくなるでしょう。

外資系不動産への転職を成功させるためのポイント3:会社に役立つ人間であることを強調する

外資系不動産への転職を成功させるためのポイント3つ目は、会社に役立つ人間であることを強調することです。

自分は不動産にとても興味があり、知識を色々学んだことをアピールし、さらに計算も早く、パソコンで管理、書類作成することも得意とアピールするのもいい印象を持たれるでしょう。

色々と強調することはやる気があると伝えることができますから、外資系不動産の会社に使える人間であると感じさせ、転職が上手くいきます。

外資系不動産企業への転職が向いている人とは?

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
転職を考える時、外資系不動産企業へはどのようなタイプの人であるとより仕事で成果を出せるのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

では、外資系不動産企業へ転職すれば能力を発揮し、前向きに仕事ができるのか、向いている人のタイプを5つご紹介します。

成果を追い続けられる人

成果を出すと給料が上がる外資系不動産に向いているのは、成果を追い続けられる人です。やればやるほど会社から認められて給料がアップする外資系不動産では、一つでも多くの不動産を売り、成果を出したいとの意欲がある人がとても向いています。

一つの成果で満足せず、常にいい成果を出し、会社に貢献したい、そして自分の能力もアップさせたいと考えて仕事を前向きにする人は、かなりこの仕事に向いているでしょう。

挑戦できる人

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
挑戦できる人が外資系不動産に向いています。高度な趣味に挑戦したり、勉強に挑戦するなど、常に挑戦できる人は成果を出すことが上手いので、外資系不動産企業に向いているでしょう。

英語を上手く発音できるよう勉強しよう、外資系不動産でわからないことがあれば勉強するチャレンジ精神があります。

こういった人は外国に早く馴染む努力をし、前向きに仕事をしますから初めて外資系で働く人も溶け込んで仕事ができるでしょう。

自分の裁量で働きたい人

自分の裁量で働きたい人に外資系不動産は最適な仕事です。個人の働き方や考えを尊重する外資系不動産ならば、個人の考えで不動産をどの程度で売ればいいか、買取をすればいいかを考えて判断することができるでしょう。

自由に仕事を進めながらしっかり利益を出し、働きたい人には前向きに働けるピッタリ合う仕事となります。

コミュニケーションが得意な人

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
コミュニケーションが得意な人は、外資系不動産で楽しく働けるから向いています。外資系不動産企業なら職場でも上司と社員の間でジョークを言い合い、気軽にコミュニケーションをとることが多いでしょう。

言葉や表情、行動などで楽しくコミュニケーションをとれる人はお客にも楽しませ、その場を和ますことができます。

いい雰囲気にできる社員はいいイメージになるから客に好かれ、不動産を購入してくれるようになるでしょう。

グローバル志向な人

外資系不動産が向いている人はグローバル志向な人です。グローバルに対応できる人材を欲しがる外資系不動産では、柔軟に英語を覚え、会話ができれば働いてほしいと考えます。

外国人のジョークも楽しく受け入れて、楽しく会話ができれば会社にすぐ馴染むことができるでしょう。

仕事はしっかり会社でやり、プライベートや長期休暇をしっかり充実させられるグローバル志向な人は、外資系企業でも違和感を感じることなく働けます。

外資系不動産へ転職する際の注意点2つ

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
転職を決めて、これから外資系不動産企業で働こうと意欲を持つ人もいるでしょう。ですが、日系企業とは色々な部分が違う外資系不動産だからこそ注意して転職することが必要です。では、外資系不動産へ転職する際の注意点を2つご紹介します。

外資系不動産へ転職する際の注意点1:リスクヘッジをしておく

リスクヘッジをしておくことが外資系不動産へ転職する際の注意点です。転職できたとしても他の転職先をまた探してリスクヘッジをしておけば解雇されてもすぐに転職に向けて行動ができます。

日本からいつ撤退するかわからない外資系不動産のことを考えて、早めにリスクヘッジしておき、自分のスキルを活かせて、給料や待遇の見合う転職先を複数見つけておくことが必要でしょう。

日本からの撤退もある

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
日本から外資系不動産が急に撤退することがあるということを考えるのが、転職する際の注意点です。

外資系不動産は日本で儲かればいつまでも撤退せずに会社をおきますが、儲からず、経営状況が悪化すれば本社のある外国へと会社を移し、簡単に撤退してしまいます。

撤退する時は日本人の社員は連れていかないことが多く、強引に解雇との形で話を進めてしまうことがありますので、注意が必要です。

外資系不動産へ転職する際の注意点2:退職後のことを考えておく

外資系不動産に入社して働きだしても、退職後のことを考えておくことが大切です。外資系不動産は退職金が出ませんので、退職後のために、働いているうちから貯金をすることが大切です。

また、退職後にいくら外資系不動産の企業でスキルや実績を積み、管理経験まであるとしても、外資系から日系企業への転職は難しいこともありますから、退職後のことを考えておきましょう。

外資系不動産に転職してキャリアアップしよう

外資系不動産とは?|仕事の特徴7個と転職を成功させる3つのポイント
外資系不動産に転職してキャリアアップしましょう。休みも少なく、プライベートも充実させられないのであれば、すっきり今の会社を辞めて転職するのも一つの解決方法となります。

一人一人の社員を尊重し、個性と家族も大切にする外資系不動産企業であれば、楽しく、前向きに働けるチャンスを掴むことができるでしょう。

前向きに働くことでキャリアも積むことができる外資系不動産で、自分の能力とスキルをどんどん高めるのもいい方法です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related