Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

転職活動者必須!面接に通らない人の特徴13個|通らない時の対処法5つ

書類選考に通過しても、いつも面接で落とされてしまうとお悩みの方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、この記事では面接で通らない人に共通してみられる特徴に加えて、面接をパスするための対処法について解説しています。ぜひご覧ください。

転職活動者必須!面接に通らない人の特徴13個|通らない時の対処法5つ

面接とは

アルバイトや契約社員、正社員と雇用形態は違えど、企業に就職をするためには書類選考に通過し、さらにその後に行われる面接にパスしなければなりません。

面接とは、応募書類だけでは推し量ることのできない応募者の人となりやコミュニケーション能力、仕事に対する適性などを総合的に判断するために必要な採用プロセスのひとつです。

面接では面接官に良い印象を与え、採用に値する人物であることをアピールする必要があります。

面接で通らず落ちる原因を知る必要性

転職活動者必須!面接に通らない人の特徴13個|通らない時の対処法5つ
残念ながら、優秀な人物であるにも関わらず、いつも面接に通らないという人も一定数存在します。

いつも面接に通らないのならば、たまたま運が悪かったのではなく本人に原因がある可能性が高いので、どうして面接に通らないのかその原因を突き止める必要があるでしょう。

面接に通らない原因を正しく把握できれば、それに合った対処法を講じることができますし、面接に通らない現状を改善することができるはずです。

転職活動者必須!面接に通らない人の特徴13個

転職活動者必須!面接に通らない人の特徴13個|通らない時の対処法5つ
書類選考の段階ではどの企業でも通過することができるのに、面接という最終段階でいつも通らないことにお悩みのビジネスパーソンも少なくないことでしょう。

実のところ、面接に通らない人にはいくつかの共通点が見て取れます。ここからは面接に通らない人に共通してみられる特徴を13個ピックアップしてご紹介していきます。

転職活動が上手くいかない方は、自分が以下の特徴に当てはまっていないかチェックしてみてください。

1:面接官が現場社員なので油断している

面接に通らない人の特徴としてまず挙げられるのが、面接官が人事担当者ではなく現場担当者であるため、つい油断してしまうということです。

人事担当者が面接官ならば気を引き締めて面接に臨むことができるものの、相手が現場担当者となるとつい甘えが出てしまい、礼儀を欠いた態度で面接に臨んでしまう人もいます。

このような甘えや油断は面接官にきちんと見抜かれているので、面接に通らないでしょう。

2:質問の意図がわかっていない

転職活動者必須!面接に通らない人の特徴13個|通らない時の対処法5つ
面接官の質問の意図を理解できないということも、面接に通らない人によく見られる特徴として挙げられるでしょう。

面接官がどのようなことに重点を置いて質問をしているのかを理解できず、ちぐはぐな受け答えをしてしまう人は、面接官に悪い印象を与えてしまうので面接に通らないものです。

質問内容をわかっていないということは、業務をこなすために必要な理解力に欠けていると判断されてしまいます。

3:エントリーシートとの整合性がとれない

面接に通らない人の特徴のひとつに、エントリーシートとの整合性が取れないということも含まれるでしょう。

自分を優秀な人物に見せようとしてエントリーシートで経歴や資格などを誇張して書いてしまっている人は、面接時に質問を通じて必ずと言っていいほどそれを見抜かれてしまいます。

このような人はエントリーシートで虚偽の申告をしたと見なされ、残念ながら面接に通らないでしょう。

4:マナーができていない

マナーが悪いということも、面接に通らない人に共通してみられる特徴として挙げられます。

面接官に勧められる前にどかっと椅子に座ったり、タメ口で質問に受け答えするなど、マナーがなっておらず礼儀に欠けている人は、どんなに華々しい学歴・職歴を持っていたとしても面接に通らないでしょう。

人を不快にさせないようマナーを心がけているというのは、ビジネスパーソンに最低限必要な条件だからです。

5:自己分析が不完全

転職活動者必須!面接に通らない人の特徴13個|通らない時の対処法5つ
面接に通らない人の特徴のひとつとして挙げられるのが、自己分析が甘いということです。

自分はどのような仕事がしたいのか、他の人と比べてどのような点で優れていて、いかなるスキルを持っているのかなど自己分析がきちんとできていないと、面接時に自分の強みを効果的にアピールできなくなるからです。

また、自己分析ができていない人は総じて志望動機も曖昧になるため、意欲がないと見なされ面接には通らないでしょう。

6:一次面接を甘く見ている

一次面接を軽く考えてしまっているというのも、面接に通らない人によく見られる特徴として挙げられるでしょう。

一次面接はただの顔合わせに過ぎないと軽く考えている人は、その甘さを面接官に見抜かれて、受かる面接でも受からなくなってしまいます。

このような人は面接時によく聞かれる質問への受け答えも想定せず、面接練習もせずに本番に臨むので、ボロが出やすいとも言えます。

7:回答を丸暗記している

面接に通らない人ならではの特徴のひとつに、質問への回答を丸暗記してしまっているということも数えられるでしょう。

回答を丸暗記すると、質問内容からピントがずれた受け答えになってしまうことが多いですし、何より何十人・何百人もの応募者を見てきた面接官には、丸暗記していることを必ず見抜かれます。

臨機応変な受け答えができず、質問に対して誠実に受け答えする気がないと見なされ、面接に通らないでしょう。

8:話が長く簡潔でない

話がダラダラと長く、要領を得ない受け答えをするというのも、面接に通らない人によく見られる特徴です。

ひとつの質問に対して要点をおさえて簡潔かつ明瞭な受け答えをすべきところを、ダラダラと長く話してしまう人は、面接官をいらだたせて悪い印象を与えてしまいます。

また、「あのー」「えーっと」といった言葉を頻繁に使うというのも、このような人によくある悪い特徴です。

9:清潔感のない格好をしている

面接に通らない人にありがちな特徴のひとつとして、清潔感のない恰好をしているということも挙げられるでしょう。

「人は見た目が100%」という言葉があるように、身なりの良し悪しはその人の印象を大きく左右します。

シワシワの服を着崩したり、髭を伸ばしっぱなしにするなど、だらしなく清潔感のない見た目をしている人は、ビジネスパーソンとして常識がないことの証拠ですので、面接に通過することはまずないでしょう。

10:ハキハキしていない

根暗な雰囲気であるということも、面接に通らない人によく見られる特徴のひとつでしょう。

ハキハキとしておらずどんよりと暗い表情をしていて、ぼそぼそと小さい声で受け答えをする人は、面接官にかなり悪い印象を与えてしまいます。

誰しも、一緒に仕事をするならば明るくハキハキとした人物を採用したいと考えるはずです。根暗な印象の人は、たとえ優秀であったとしても、面接に通りにくいと言えます。

11:笑顔が無い

面接に通らない人によく見られる特徴のひとつとして挙げられるのが、笑顔がないということです。

緊張して笑顔がなくなってしまうのは理解できますが、それでもやはり笑顔を全く見せないと、「愛想がないな」「人とのコミュニケーションが上手く取れない人物のようだ」と判断されてしまいかねません。

面接に通らないことでお悩みならば、人に好印象を与える笑顔の練習をしてみてはいかがでしょうか。

12:適切なアピールが出来ていない

適切な自己アピールができていないというのも、面接に通らない人に共通してみられる特徴として挙げられます。

どんなに優秀な人物であったとしても、自分のスキルや強みを適切な形でアピールできなければ、面接官にポジティブな印象を残すことはできません。

謙虚すぎるのもよくありませんし、かと言って自己アピールを過剰にしてしまっても面接官に悪い印象を持たれてしまうでしょう。

13:入社の熱意が伝わらない

面接に通らない人の特徴のひとつに、どうしてもこの企業に入社したいという熱意が伝わっていないということも含まれます。

他の企業ではなくこの企業でなければダメな理由や、応募した企業でどうしても働きたいという情熱や意欲を感じさせることができなければ、意欲に欠けると見なされ、採用に落とされてしまいやすくなります。

そうならないためにも、志望動機を明瞭かつ情熱的に述べることが必要でしょう。

面接に通らない人がすべき対処法5つ

転職活動者必須!面接に通らない人の特徴13個|通らない時の対処法5つ
面接に通らないならば、自分のどこに問題があるのかをまずは把握し、それに合わせた対処法を取ることが必要です。

ここからは、面接に通らない時にぜひ試してもらいたいおすすめの対処法を5つピックアップしてご紹介していきます。

就活が上手くいかずにお悩みの方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

1:身だしなみや入退室のマナーは徹底する

面接に通らない時の対処法としてまず挙げられるのが、清潔感のある身だしなみを徹底するということと、入退室のマナーを守るということです。

シワや汚れのないスーツをピシッと着て髭を剃り、髪の毛をきちんと整えて、面接官に良い印象を持ってもらえるような爽やかさを身につけましょう。

また、入室時にはノックをきちんとすること、入退室時にドアを丁寧に開け閉めして一礼をすることなども大切です。

2:面接練習を繰り返しおこない場に慣れる

面接練習を繰り返し行い、面接という場に慣れるというのも、面接に通らない時の対処法として挙げられるでしょう。

面接に慣れていないと緊張してしまい、スムーズな受け答えや自己アピールができなくなるので、それを防ぐために練習を繰り返し行うことで、場慣れすることが大切です。

面接の雰囲気に慣れれば、リラックスした状態で本領を発揮できるでしょう。

3:面接官との会話を意識する

面接に通らない時の対処法のひとつに、面接官との会話を意識するということも含まれます。

面接官と言えども一人の人間ですので、面接官からの質問に機械的に答えるのではなく、相手に好感を持ってもらえるような会話を心がけ、コミュニケーションを取っていきましょう。

4:結論から話すようにする

結論から述べるようにするということも、面接に通らない時に実践したい対処法のひとつです。

ダラダラと受け答えをすると悪い印象を与えてしまうので、まず結論を述べ、その後にその結論に至った理由を要点をおさえながら述べるようにしましょう。

5:よくある質問の対策をしておく

転職活動者必須!面接に通らない人の特徴13個|通らない時の対処法5つ
面接に通らない時に試したい対処法のひとつとして挙げられるのが、よく聞かれる質問を想定し、その回答を用意しておくということです。

志望動機や自身の長所・短所など、面接時に聞かれる質問のいくつかはどの企業でも似通っているため、このような質問にスムーズにこたえられるよう、回答文を準備しておくことをおすすめします。

面接に通らない人の特徴を知って参考にしよう!

転職活動者必須!面接に通らない人の特徴13個|通らない時の対処法5つ
今回は面接に通らない人の特徴について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

面接官に悪い印象を持たれてしまう人の特徴や原因をあらかじめ知っていれば、それを反面教師として面接の練習を行うことができます。

ぜひこの機会に今一度、面接に通らない人の受け答えや態度についてチェックしてみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related