Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月10日

55歳からの転職を成功させる方法15個|転職後に考えられること3つ

55歳以上で転職を考えているビジネスパーソンも少なくないことでしょう。ですが、若い世代と比べてシニア世代の転職には多くのデメリットがあります。この記事では55歳からの転職を成功させるための秘訣や、転職後に直面するであろう現実についてご紹介しています。

55歳からの転職を成功させる方法15個|転職後に考えられること3つ

55歳からの転職では現状と同じ条件の仕事を見つけるのは難しい

さまざまな理由で、転職を考えるビジネスパーソンも多いことでしょう。業界や職種にもよりますが、一般的には35歳が転職が成功する一つの「限界年齢」であると言われています。

55歳で転職をすることは可能ではありますが、今の仕事よりも高収入・好条件での転職を実現できる人はわざわざ他者からヘッドハンティングを受けるほどの優秀な人材に限られており、それ以外の55歳は現状よりも悪い条件での転職になってしまいます。

55歳からの転職を成功させる方法15個

55歳と言うと、どの企業でも大体は幹部職に就いている年齢です。また、20代や30代前半のビジネスパーソンと比べて、転職先新しい仕事や人間関係に慣れるのにかなり時間がかかってしまいます。

ですが、55歳での転職を悲観する必要はありません。ここからは55歳からの転職を成功させるための方法を解説していきますので、シニア世代で転職をお考えの方はぜひ参考になさってみてください。

55歳からの転職を成功させる方法1:アピールできるスキルを整理する

55歳からの転職を成功させる方法としてまず挙げられるのが、企業にアピールできる自分のスキルを把握し、それらを整理するということです。

企業側からすると、55歳以上の転職希望者よりも年齢の若い応募者を採用したいと考えるものですが、若い応募者よりも優れたスキルを持っているならば、55歳以上であっても採用するはずです。

企業側に「この人を採用したい」と思わせることのできる自分のスキルを把握しましょう。

55歳からの転職を成功させる方法2:自分の市場価値を分析する

自分の市場価値を分析するということも、55歳からの転職を成功させるための方法として挙げられるでしょう。

自分の市場価値を見誤ると、絶対に採用されることのない競争率の高い企業に応募を続け、負採用通知を受け取り続けることになりかねません。

転職を希望する企業から最短で内定を勝ち取るためには、何よりも客観的かつ冷静に自己分析を行い、自分の市場価値を正確に見積もることが必要だと言えるでしょう。

55歳からの転職を成功させる方法3:まだまだ働きたい意欲を見せる

55歳からの転職を成功させるためのポイントとして、まだまだ働く意欲があることをアピールするということも挙げられます。

55歳で採用したとしても数年で定年退職を迎えられては企業側としては採用することにメリットがないため、そのようなデメリットを感じさせないように、長くその会社で働く意欲があることをきちんと伝えることが必要です。

また、シニアが活躍している業種を選んで転職活動するのもよいでしょう。

55歳からの転職を成功させる方法4:初心で取り組む姿勢を見せる

初心で取り組む姿勢を見せるということも、55歳からの転職を成功させるためのポイントとして挙げられるでしょう。

今の会社である程度のポジションについている55歳のビジネスパーソンは、自分よりも若い採用担当者に対して、つい無意識のうちに偉そうな態度を取ったりタメ口を使ってしまい悪い印象を与えてしまいがちですが、そうならないためにも、学生時代の就活の頃を思い出して転職活動に臨むべきです。

55歳からの転職を成功させる方法5:転職理由はポジティブに話す

55歳からの転職を成功させるための秘訣のひとつに、転職理由をポジティブに話すということも含まれるでしょう。

今の仕事内容や職場の人間関係に対する不満を転職理由としてグチグチと語る人物を採用したいと思う企業は、どこにもありません。

たとえ転職理由が現職に対する不満であったとしても、面接時にはそれを馬鹿正直に伝えることは絶対にせず、ポジティブな転職理由を伝えることが不可欠です。

55歳からの転職を成功させる方法6:会社情報のリサーチを行う

会社情報のリサーチをきちんと行うということも、55歳からの転職を成功させるためのポイントのひとつです。

企業分析を事前に行っていれば、企業側が求める人物像やスキル・キャリアを把握することができ、55歳からでも採用してもらえそうな企業を絞り込んで、効率的に転職活動を行うことができます。

企業の求める人物像と自分のキャリア・スキルとの間にミスマッチがないように、事前に企業情報を収集しましょう。

55歳からの転職を成功させる方法7:応募企業との適性を見極める

55歳からの転職を成功させる方法のひとつに、応募先の企業と自分との相性を見極めるということも含まれるでしょう。

応募先の企業がどのような人物を採用したがっているのか、もしもその企業に採用されたとして、その仕事内容に自分は馴染めるのかどうかを事前にきちんとリサーチしておくことが大切です。

転職をして「こんなはずじゃなかった」という事態にならないように、自分に応募先での適性があるかをチェックしましょう。

55歳からの転職を成功させる方法8:応募企業で活かせるスキルを特定する

応募企業で活かせるスキルを特定するということも、55歳からの転職を成功させるための方法として挙げられます。

55歳以上で企業側に中途採用をしてもらうためには、企業が求めるスキルと自分の持つスキルが合致していることが必要です。

他の若くて優秀な応募者よりも自分の方が応募先の企業にマッチしていることをアピールできるよう、応募企業で活かせる特殊なスキルや能力が自分にあるかどうかを確認してみてください。

55歳からの転職を成功させる方法9:応募企業を志望した明確な理由を持つ

55歳からの転職を成功させる方法のひとつとして挙げられるのが、明確な志望動機をもつということです。

運よく書類選考を通過して面接にこぎつけたとしても、応募した理由が曖昧だと「仕事に対する意欲が感じられない」と不採用にされてしまいますので、どうしてその企業に応募したのか、なぜその企業でなければならないのかをアピールできるようになりましょう。

面接官にあなたの情熱を伝えることが大切です。

55歳からの転職を成功させる方法10:転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するということも、55歳からの転職を成功させるためのポイントとして挙げられるでしょう。

55歳から独力で転職活動をするのは、無謀と言っても過言ではありません。転職に成功しているビジネスパーソンは平均で4社ほどの転職エージェントを活用していると言われているため、シニア世代に特化した転職エージェントに複数登録し、それらを上手く活用してみてください。

55歳からの転職を成功させる方法11:知人に頼る

55歳からの転職を成功させる方法のひとつに、知人に頼るということも含まれるでしょう。

これまでの仕事の中で培った人脈を活かして、自分のキャリアやスキルを評価してくれそうな企業や、シニア世代の中途採用に積極的な企業の情報を教えてもらったり、あるいは転職の口利きをしてもらうことも必要です。

何でも自分の力で頑張ろうとするのではなく、時には知人に頼り、転職先を紹介してもらってみてはいかがでしょうか。

55歳からの転職を成功させる方法12:キャリアの積み直しを覚悟する

キャリアの積み直しを覚悟するということも、55歳からの転職を成功させる方法として挙げられます。

ヘッドハンティングや引き抜きを受けた場合以外の転職は、往々にしてキャリアの積み直しに外ならず、それは55歳という一般的には管理職世代であっても同じことです。

これまで管理職として部下を指導にする立場にあったとしても、キャリアを積み直し、年下上司の指導を受けることを覚悟せねばなりません。

55歳からの転職を成功させる方法13:キャリアを活かせる同業種に応募する

55歳からの転職を成功させる方法のひとつとして挙げられるのが、これまでのキャリアを活かせる同業種に応募するということです。

全くの異業種に挑戦しようとしても、55歳以上では新しい仕事や環境に慣れるのがどうしても難しく、企業側も若い世代を採用しようとする傾向にあるため、これまでのキャリアの延長線上にある同業種に応募することをおすすめします。

そうすれば新しい職場であっても仕事をすんなりこなせるはずです。

55歳からの転職を成功させる方法14:高収入・高ポジションを狙わない

高収入・高ポジションを狙わないということも、55歳からの転職を成功させるためのポイントとして挙げられるでしょう。

よっぽどの優秀な人物でもない限り、55歳から転職をして今の仕事よりも高収入・高ポジションを狙うのは現実的に不可能であるため、高望みをせず、現状維持ができれば僥倖であるという意識をもつことが大切です。

正社員採用であれば、収入ダウン・キャリアダウンもやむを得ないと考えましょう。

55歳からの転職を成功させる方法15:定年が遅い業種を選ぶ

定年が遅い業種を選ぶということも、55歳からの転職を成功させるための方法として挙げられます。

たとえば、60歳が定年の企業に55歳以上の人が応募したところで、採用される可能性は限りなく低いでしょう。

タクシー業界やトラック業界など、他の業種に比べて定年が遅く、また人材不足であり、なおかつシニア世代が活躍している業種に絞って転職活動を行えば、55歳以降でも採用される確率が高くなります。

55歳からの転職後に考えられること3つ

55歳からの転職は、若年層の転職と比べるとどうしてもハードなものになってしまいます。ここからは、55歳以降のビジネスパーソンが転職した後に直面するであろう現実を3つピックアップしてご紹介していきます。

シニア世代の転職の現実をあらかじめ知っておくことで、転職後に対する心の準備をしておきましょう。

55歳からの転職後に考えられること1:年収のダウン

55歳からの転職後に考えられることとしてまず挙げられるのが、年収がダウンするという現実です。

ヘッドハンティングや引き抜きを受けた場合を除き、55歳以降で転職をすると現職よりも条件の悪い企業にしか採用してもらえず、結果的に年収もダウンしてしまいます。

つまり、経済的に不安定になるだけでなく、老後の見通しが悪くなるということも考えねばなりません。

55歳からの転職後に考えられること2:役職のリセット

役職がリセットされるということも、55歳からの転職後に考えられる現実として挙げられるでしょう。

今の職場で部長などの管理職に就いていたとしても、転職後は平社員として採用されることが多く、キャリアが積み直しになってしまいます。

55歳からの転職後に考えられること3:上司が年下になる

55歳からの転職後に考えられる現実のひとつに、上司が年下になるということも含まれるでしょう。

役職がリセットされて平社員として採用されるということはすなわち、30代や40代の自分よりも年下の社員が上司になるということを意味するため、年下であっても上司としてきちんと敬意をもって接することが必要になります。

55歳からの転職を成功させましょう

今回は55歳からの転職について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。55歳からの転職は、現職よりも収入ダウンやキャリアダウンをしてしまう可能性が高いことを知っておく必要があります。

自己分析と企業分析をきちんと行い、高望みせず、これまで培ったキャリアやスキルを活かせる企業に応募すれば、55歳からであっても転職を成功させることができるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related