Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ

投資銀行は、選び抜かれたエリートのみが入社できる転職先として知られています。この記事では、そんな投資銀行への転職をお考えの方に、投資銀行への転職で必要とされる条件や、よく聞かれる質問について徹底解説しています。ぜひご覧ください。

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ

投資銀行への転職は選考基準が厳しいためなかなか難しい

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
金融業界に就職した人にとって、投資銀行への転職は憧れを感じることでしょう。投資銀行の選考基準は非常に高く設定されているため、選び抜かれたエリートの中でもごく一握りの人しか転職できないのが実情です。

ですが、投資銀行に転職することができれば大きなキャリアアップを成し遂げることができます。

この記事では投資銀行への転職をお考えの方のために、その必要条件についてとくしゅうしているので、ぜひご覧ください。

投資銀行への転職で必要とされる条件14個

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
投資銀行への転職はなかなか難しいのが実情ですが、事前にしっかりとキャリアを積み、また面接対策を徹底しておけば、そのハードルは低くなることでしょう。

つまり、事前の準備を徹底しておくことこそが、投資銀行への転職を成功させるための秘訣だと言えます。

では、投資銀行への転職のためにはどのような条件が必要とされるのでしょうか。ここからは、投資銀行への転職で必要とされる条件をご紹介していきます。

投資銀行への転職で必要とされる条件1:年齢が30代前半以下である

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
投資銀行への転職で必要とされる条件としてまずご紹介したいのが、年齢が30代前半以下であるということです。

投資銀行に転職するためには、ある程度のキャリアがあり、なおかつどんどん新しい知識や業務内容を吸収できる柔軟さや若さが必要とされるため、年齢的なリミットとしては、30代前半がひとつの目安となるでしょう。

残念ながら、30代後半で投資銀行への転職を希望しても、書類選考で落とされる確率が高くなります。

投資銀行への転職で必要とされる条件2:高学歴である

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
高学歴であるということも、投資銀行への転職で必要とされる条件のひとつとして挙げられるでしょう。

投資銀行の行員は金融業界でも選び抜かれた一握りのエリートのみがなれる職業であるため、単なる大卒レベルではなかなか転職を成功させるのが難しいのが実情です。

投資銀行にもよりますが私立大学ならば早慶レベル、国公立ならば旧帝国大レベルが、投資銀行への転職のための必要条件を満たすひとつの目安であると言えるでしょう。

投資銀行への転職で必要とされる条件3:ドキュメント作成能力が高い

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
投資銀行への転職で必要とされる条件のひとつとして、ドキュメント作成能力が高いということも挙げられます。

投資銀行の行員は、さまざまな種類のドキュメントを正確かつ迅速に、かつ顧客に分かりやすく提供することが常に求められるため、ドキュメントの作成能力が優れていることは必須条件です。

投資銀行への転職で必要とされる条件4:ファイナンススキルが高い

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
ファイナンシャルスキルが高いというのも、投資銀行への転職で必要とされる条件のひとつとして挙げられるでしょう。

投資銀行の行員は、常に市場の動向を正確に把握し、その行く先を正しく予測しなければならないため、普通の銀行員以上の優れたファイナンシャルが必須となります。

そのため、残念ながら金融業界経験の方よりも、金融業界でキャリアをきちんと積んできた人の方がはるかに転職に有利です。

投資銀行への転職で必要とされる条件5:英語力が高い

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
投資銀行への転職で必要とされる条件のひとつに、英語力が高いということも含まれるでしょう。

投資銀行の大半はグローバルな活動をしているものですので、海外の企業や外国人とも頻繁に連絡をとることが多く、それゆえ高い英語力は必須となります。

投資銀行では日常会話程度の英語力ではなく、専門性の高い業務をスムーズかつミスなしでこなすことのできる、ネイティブ並みの英語力が必要とされることでしょう。

投資銀行への転職で必要とされる条件6:情熱を持っている

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
情熱を持っているというのも、投資銀行への転職で必要とされる条件のひとつとして挙げられます。

投資銀行の行員はいずれも選び抜かれたエリートであり、その中で繰り広げられる激しい出世競争に生き残るためには、仕事に対するエネルギッシュな想いや情熱が不可欠です。

情熱を持っていれば仕事に対して主体的かつ能動的に取り組めるようになりますし、それによって他のライバル行員に差をつける業績を出せるでしょう。

投資銀行への転職で必要とされる条件7:精神的にタフである

投資銀行への転職で必要とされる条件のひとつとして挙げられるのが、精神的にタフであるということです。

投資銀行に転職すれば苛烈な出世競争に身をさらすことになりますし、上司から厳しいノルマを課せられることも多いので、精神的にタフでなければやっていけません。

逆に言えば、精神的にタフであれば、精神的にも体力的にもハードな投資銀行の行員としての仕事を精力的にこなし、成果を出すことができると言えるでしょう。

投資銀行への転職で必要とされる条件8:肉体的にタフである

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
肉体的にタフであるということも、投資銀行への転職で必要とされる条件のひとつに数えられるでしょう。

投資銀行の行員は一般企業の会社員と比べると給与が高い分、その仕事内容は非常にハードであり、毎日遅くまで残業ということも決して珍しくはありません。

つまり、投資銀行の行員として働き続けるためには、精神的なタフさだけでなく肉体的なタフさも必須となります。

ハードな仕事に耐えられることも、必要条件でしょう。

投資銀行への転職で必要とされる条件9:人間的な成熟度が高い

投資銀行への転職で必要とされる条件のひとつとして、人間的な成熟度が高いということも重要でしょう。

専門性と難易度が高く、プロフェッショナルな働きぶりが必要とされる投資銀行では、人間的に成熟しており、ストレスをうまくコントロールしながら円滑な人間関係を築ける人材が求められています。

ちょっとしたことですぐにすねたり心を折れたり、あるいは人間関係でトラブルを起こす人は投資銀行ですぐにダメになります。

投資銀行への転職で必要とされる条件10:誠実性が高い

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
誠実性が高いというのも、投資銀行への転職で必要とされる条件のひとつでしょう。投資銀行の行員は、場合によっては非常に多額のお金を扱うことになるため、いついかなる時も誠実でいることが求められます。

また、顧客の信頼を得て長期的にその資産の運用・投資を任せてもらえるようになるためには、常に誠実な姿勢で顧客に接することが必要です。

短期的な目先の利益にとらわれず、長期的な利益を追求できることも必要でしょう。

投資銀行への転職で必要とされる条件11:頭の回転が速い

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
投資銀行への転職で必要とされる条件のひとつとして、頭の回転が速いということも挙げられるでしょう。

投資銀行で働けるのは選りすぐりの高学歴エリートであり、そのような環境で頭角を現して出世をするためには、頭の回転の速さが必要となります。 

また、投資銀行の行員は複数の案件を同時並行でこなさなければならないことも多いのが実情です。

その意味でも、マルチタスクができる頭の回転の速さが必要だと言えるでしょう。

投資銀行への転職で必要とされる条件12:前職で金融関係の経験がある

前職で金融関係の経験があるというのも、投資銀行への転職で強みとなるポイントのひとつでしょう。

絶対条件ではありませんが、前職で金融関係の経験がなければ採用基準の高い投資銀行への転職を実現するのはなかなかに難しいのが現状です。

前の職場が銀行だった場合、あるいはこれまでのキャリアでファイナンシャルスキルを養う経験がある場合は、採用のハードルが通常よりもやや低くなることでしょう。

投資銀行への転職で必要とされる条件13:レスポンスが早い

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
投資銀行への転職で必要とされる条件のひとつとして、レスポンスが早いということも数えられるでしょう。

投資銀行で働くと、ちょっとした時間差で大きな損失を出してしまうこともありえるため、いついかなる時もスピーディーに物事をこなすことのできる人材が求められています。

そのため、物事を先送りする癖のあるひとや、作業をこなすのが遅い人は投資銀行に万が一転職できたとしても、すぐにやめる傾向すらあります。

投資銀行への転職で必要とされる条件14:見た目に清潔感がある

見た目に清潔感があるというのも、投資銀行への転職で必要とされる条件のひとつです。グローバルな活動を行う投資銀行においては、欧米のようにビジネスパーソンに清潔感のあるよいルックスを求める傾向があります。

欧米では清潔感があり身なりがよいことは有能なビジネスパーソンの間接的な証拠であるという考えがあるため、日本の投資銀行でもこのような考えに影響を受けて、身なりをきちんとしている人物を採用したがります。

投資銀行への転職で必ず聞かれる質問4つ

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
投資銀行への転職をお考えならば、面接対策を事前にしっかりとしておくことが必要です。面接対策を行うためには、投資銀行の面接特有の質問を把握しておくことが大切でしょう。

では、具体的に投資銀行の面接ではいかなる質問を受けることになるのでしょうか。ここからは、投資銀行の面接で必ず聞かれる質問を4つピックアップしてご紹介していきます。

面接対策として、ぜひ最後までチェックしてみてください。

投資銀行への転職で必ず聞かれる質問1:これまでどのような仕事をしてきたか

投資銀行への転職で必ず聞かれる質問としてまず挙げられるのが、これまでどのような仕事をしてきたのかということです。

これまでの仕事を通じてどのような経験やスキルを身に着けてきたのか、投資銀行に転職をした場合、それらをどのように活かすことができるのかを答えるのがポイントです。

全くの異業種から転職する場合は、投資銀行で役に立つ経験やスキルをゲットしていることをアピールせねばならないでしょう。

投資銀行への転職で必ず聞かれる質問2:どうして投資銀行を志望するのか

どうして投資銀行を志望するのかというのも、投資銀行への転職で必ず聞かれると言ってもよい質問として挙げられるでしょう。

採用担当者は、あなたが本当に投資銀行に入行したいという強い意欲を持っているのかどうかを見定めようとしています。

なんとなくネームバリューがありそうだからという適当な理由ではなく、どうしても投資銀行でなければならない絶対的な理由を答えることが大切です。

投資銀行への転職で必ず聞かれる質問3:これまでの経験が投資銀行でどう活きるのか

投資銀行への転職で必ず聞かれる質問のひとつとして、これまでの経験が投資銀行でどう活きるのかということも数えられるでしょう。

採用担当者が中途採用者に望むのは、即戦力としての役割ですので、転職後すぐに活躍できるような経験やスキルを身に着けているのかどうかがチェックされることになります。

この質問への回答を通じて、自分の強みや長所を適切にアピールできるようにしておきましょう。

投資銀行への転職で必ず聞かれる質問4:どのセクターを担当したいか

どのセクターを担当したいのかというのも、投資銀行への転職で必ず聞かれる質問のひとつです。

応募者が投資銀行での業務内容をどの程度把握しているのか、また自分の経験やキャリアに即したセクターを希望できているかが、採用担当者によってチェックされることになるでしょう。

投資銀行への転職を成功させましょう

投資銀行への転職で必要とされる条件14個|必ず聞かれる質問4つ
今回は投資銀行への転職で必要とされる条件や、必ず聞かれる質問についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

事前に投資銀行が求める人物像やその面接の傾向を把握しておけば、年密に準備をして転職活動に臨めるはずです。

ぜひこの記事でご紹介したことを参考にして転職活動を行い、投資銀行への転職を成功させましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related