Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月07日

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ

会計事務所で働きたい時は、志望動機に時間をかけることが大切です。会計事務所に採用されるための志望動機を考えるべきポイントとはどのようなことか、13個ご紹介しましょう。さらに、志望動機作成のための質問も5つお伝えしますので、参考にしてみてください。

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ

会計事務所の志望動機は時間をかけて練るべきである

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
会計事務所で働きたいなら、面接の時に伝える志望動機は時間をかけて練るべきです。何も考えず、簡単に志望動機を考えたのでは、会計事務所で働きたいという強い意欲が感じられません。

したがって、時間をかけて働きたい意欲、熱意を込めた動機を上手く込めた文章で、会計士になりたいと伝えましょう。

また、会計事務所について情報を集めて見合う志望動機を考えたり、自分の強みやアピールポイントを考えてみるのもいい方法です。

会計事務所の志望動機を考えるポイント13個

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
会計士として採用されるためには、面接官の心を掴む、しっかりした志望動機を考えることが大切です。では、どのようなポイントを考えながら志望動機を考えればいいか、ポイントを13個ご紹介します。

会計事務所の志望動機を考えるポイント1:会計事務所のことを研究する

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
志望動機を考えるポイントは、会計事務所のことを研究することです。働きたいと感じる会計事務所をピックアップして、どのような雰囲気の事務所なのか、働いている人達はどのような人かをホームページでチェックしてみましょう。

また、実際に働いている人、働いていた人の口コミや評判を色々とチェックしてください。その中から会計事務所の魅力や良さを集め、こんなところが働いてみたいと感じたと面接官に伝えることがポイントです。

会計事務所の志望動機を考えるポイント2:熱い想いや熱意を込める

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
熱い想いや熱意を込めることが会計事務所の志望動機を考えるポイントです。自分がどのくらい会計事務所で働きたいか、どの程度会計士として頑張ってみたいのかという気持ちを素直に伝えれば、熱い想いや熱意を込めることができます。

自分ならこのように仕事をして正確に書類作成がしたい、パソコンが誰よりも得意だからどんどん活かして、クライアントからの依頼を確実にこなしていきたいなどの、具体的な想いを伝えてみましょう。

会計事務所の志望動機を考えるポイント3:自分の強みを論理的にアピールする

自分の強みを理論的にアピールすることが、会計事務所の志望動機を考えるポイントです。会計が得意であるとか、パソコンのワードを上手く使いこなすことができるなど、自分が誰よりも得意なことをアピールすれば、面接官の気持ちを掴むでしょう。

さらに、海外のクライアントにも対応できるように、ネイティブな英語で外国人と楽しく会話ができるなど、しっかり理論的にアピールすることが大切です。

会計事務所の志望動機を考えるポイント4:努力家であることをアピールする

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
努力家であることをアピールすることが、会計事務所の志望動機を考えるときには大切です。会計士を目指し、知識を学べる高校に進学し、勉強に励み、大学に進学したなど努力したことを伝えましょう。

大学進学した後も勉強に励み、文章力、計算力も高めるために夜遅くまで頑張り、会計士の資格を取得したなど、今もなお努力していることをアピールするのもポイントです。

会計事務所の志望動機を考えるポイント5:根気のある人間であることをアピールする

根気のある人間であることを上手くアピールすることが、会計事務所の志望動機を考えるポイントとなります。

いくら忙しくても仕事を蔑ろにせず、一つ一つを正確に、しっかりとこなすことができる人間であることをアピールしましょう。

いくら疲れていても、与えられた仕事は最後まで自分がやり遂げる、休日出勤をしてでも仕事の依頼は断らず、早く仕上げるなど伝えれば、過酷な会計事務所で頑張って働いてくれそうだと伝わります。

会計事務所の志望動機を考えるポイント6:競争相手との差別化を図る

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
競争相手との差別化を図ることを考えるのが、会計事務所の面接を受ける際の志望動機です。人気の会計事務所で働きたい人は多く、面接を受ける人も多い傾向があります。

ですから、競争相手よりも差別化を図るため、記憶力の良さや会話力、プレゼンテーション力などからできる部分を伝えて、採用率をアップさせましょう。

性格が真面目、粘り強さがある、何事も前向きに行動できるなど、内面の良さで差別化を図るのもいい方法です。

会計事務所の志望動機を考えるポイント7:会計事務所への貢献をアピールする

会計事務所の志望動機を考えるポイントは、会計事務所への貢献をアピールすることです。企業、個人の経営パートナーとして活躍する事務所だから志望したと伝えましょう。

前職の経験を生かし、大手企業からの難しい依頼でも正確に、希望通りの仕事がしたいとも伝えます。

会計事務所の信頼と知名度を高め、節税対策や会計データで質のいい経営ができるよう右腕的な存在として貢献したいと、強くアピールするのもいい方法です。

会計事務所の志望動機を考えるポイント8:クライアント会社への貢献をアピールする

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
クライアント会社への貢献をアピールすることが、会計事務所の志望動機のポイントとなります。仕事を依頼してくるクライアント会社の節税対策に役立つように、会計士として、できる限り正確に仕事をしたいと伝えましょう。

しっかり仕事をし、クライアント会社の評価を上げたい、読みやすいよう作成したいとアピールできる人は、依頼者の気持ちになって仕事ができると感じさせます。そのため、採用率もアップします。

会計事務所の志望動機を考えるポイント9:会計以外のスキルをアピールする

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
会計以外のスキルをアピールすることが、会計事務所の志望動機を考えるポイントです。会計だけでは他の人と上手く差別化することは難しいですが、簿記や高度なパソコンスキルをアピールすることで、幅広い仕事ができると感じ、採用してくれるでしょう。

また、英検1級の資格を取得していて、専門用語も英語で書類作成できるなど、外資系企業や海外企業の依頼もこなせるなどアピールするのもいい方法です。

会計事務所の志望動機を考えるポイント10:自己管理ができるアピールする

自己管理ができるアピールを会計事務所の志望動機で考えるポイントです。きちんと体に気を使った食事を心がけ、適度な運動もして、健康的な体力つくりをしているから体力に自信があるとアピールしてみましょう。

繁盛期は深夜まで残業となり、休日出勤もして仕事をしなければならないなど、会計事務所は意外と体力を使う仕事です。

したがって自分で自己管理ができ、体力がある人がほしい会計事務所に選ばれる人材となるでしょう。

会計事務所の志望動機を考えるポイント11:気持ちをコントロールできるとアピールする

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
気持ちを上手くコントロールできるアピールをして、会計事務所の志望動機を考えてみましょう。毎日、何時間も難しい仕事を正確にこなさなければならない公認会計士は、イライラすればミスが目立つようになり、多くのクライアントに迷惑をかけてしまいます。

ですが、気持ちをコントールすることでイライラしなくなり、常に落ち着いて集中して仕事ができるようになりますから、ミスなく質のいい書類作成ができるでしょう。

会計事務所の志望動機を考えるポイント12:コミュニケーション能力をアピールする

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
コミュニケーション能力があることを会計事務所の志望動機に考えるポイントです。チームとなって仕事をこなすこともある会計士は、団結することが大切となります。

自分から進んで楽しい会話をしたり、ランチに誘うなどして、人間関係を円滑にすることで団結力を高められると伝えれば、好感を持ってもらえるでしょう。

過去の実体験を取り上げて、職場の人とコミュニケーションはいかに大切かを伝えることもポイントです。

会計事務所の志望動機を考えるポイント13:責任感が強いとアピールする

責任感が強いとアピールすることが、会計事務所への志望動機となります。多くのクライアントから仕事を依頼されれば、間違いなく仕事をするという責任感を胸にやることが必要です。

また、間違った時は間違ったことを認め、責任を取れる人を求める会計士事務所では、強い責任感を持って、すぐにミスを直す人を求めます。

トラブルも解決する改善策を考えて、行動する人であることをアピールすることで、選ばれる人になるでしょう。

志望動機作成のための質問5つ

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
会計士として会計事務所で働きたいから面接を受けた時、志望動機作成のために色々な質問をされます。どのような質問をしてくるのか知りたい人のために、会計事務所での志望動機作成のための質問を5つピックアップし、ご紹介しましょう。

志望動機作成のための質問質問1:人生で何をしたいのか

志望動機作成のための質問は人生で何をしたいのかです。自分が生きているうちに、どのようなことをして楽しみたいか、具体的にピックアップして伝えましょう。

会計士事務所でスキルと知識、経験を積み、ゆくゆくは独立してみたい、税理士資格を取得し、税務の分野で、プロフェッショナルとして働いてみたいと取り上げてみます。

実現できそうなことを取り上げて伝えれば、会計士事務所も力を貸したいと採用される率も高まります。

志望動機作成のための質問質問2:なぜそれをやりたいのか

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
なぜそれをやりたいと考えるのか、具体的に志望動機作成の質問に答えることで、会計事務所の採用率も高くなります。

自分の英語のスキルを伸ばしたい、クライアントの希望する仕事ができるからやってみたいと伝えましょう。

お客様のために尽くし、感謝される会計士として一生懸命に会計事務所で働きたいと、具体性のある人は、向上心とやる気が伝わるので、選ばれる確立が高くなります。

志望動機作成のための質問質問3:なぜ会計業界か

色々な職種があるなか、どうして激務と言われる会計士として会計事務所に就職し、仕事がしたいかを具体的に述べてみましょう。

簿記の勉強をして資格を取得したので、将来は税理士資格も取得してより大きな仕事をしてみたいと伝えます。

他には、会計士の父親のように、立派に仕事をして人のために役立ちたいなど、具体的に、どうして会計業界を選んだのかを伝えることが大切です。

志望動機作成のための質問質問4:なぜこの会計事務所か

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
なぜこの会計事務所を選んだのか、志望動機作成の質問の答えにしてみましょう。この会計事務所を選んだ理由は、基礎からコーチングを学べる、国際税務の領域から大きな業務もチャレンジできるから選んだなど、具体的に伝えることがポイントです。

口コミで高い評価をする人が多いから選んだ、待遇がいいから選んだなど、素直に答えれば、実直そうな人でいいと採用率もアップするでしょう。

志望動機作成のための質問質問5:なぜあなたを採用する必要があるのか

なぜあなたを採用する必要があるのかとの質問には、いかに自分を採用すれば仕事が効率よくできるかを伝えましょう。

細かいミスをすることなく、計算や書類を作成することが得意だから、間違いなく仕事が捗る、簿記を1級を取得しているから正確に仕事ができるなどです。いかに自分を採用すればいいことがあるか答えることがポイントです。

志望動機で自分の思いを伝えよう

会計事務所の志望動機を考えるポイント|志望動機作成のための質問5つ
志望動機で上手く自分の思いを伝えることが大切です。志望動機をしっかり練り、考え、どう伝えるかで採用率もアップしますので、アピールしたい部分を幾つかピックアップし、伝え方を練習してみるといいでしょう。

志望動機は、前向きに会計士として、仕事がしたい気持ちを伝えられるチャンスとなります。資格があるなら伝えることで、自分のやる気や他の人とは違うスキルをアピールでき、採用率もアップするでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related