Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月21日

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介

デザイナーと一言で言っても多種多様なデザイナーがいます。この記事では、デザインに関する11の職種を紹介いたします。そのほかにデザインに関する専門学校11選をランキング形式で紹介していきます。デザイナーの仕事を目指す人はぜひ参考にしてみてください。

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介

デザインを仕事にするデザイナーとは?

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介
デザインを仕事にするデザイナーとは、色々な種類のものをデザインする人のことです。物作りがすることが好きで、自分の想像したものを形にすることに喜びを感じられる人がこの仕事に向いています。

デザイナーは、他者のためにデザインをすること、そしてクライアントに繋がるユーザーに向けてデザインをすることを頭に置いておくことが必要です。

デザインの仕事に関する11つの職種

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介
一言でデザイナーといっても、たくさんの種類のデザイナーがいます。ここでは、デザインの仕事に関する11つの職種を紹介していきます。

世の中には色々な種類のデザイナーがいると知れば、デザインの奥深さに惹かれていき、街を歩いて色々なデザインを発見することが楽しくなるでしょう。

気に入ったデザインを発見したら、そのデザインは何のために作った作品か、どんなメッセージが込められているかを考え続けることが大事です。

1:グラフィックデザイナー

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介
デザインの仕事に関する職種の1つ目は、グラフィックデザイナーです。グラフィックデザイナーとは、ビジュアルを組み立てていく仕事です。

グラフィックデザイナーは、商品の意図をくみ取って、それに沿いつつも美しく機能的にまとめあげることが必要です。グラフィックデザイナーに向いている人は、美的センスがあることや好奇心旺盛なことです。

2:Webデザイナー

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介
デザインに関する職種の2つ目は、Webデザイナーです。Webデザイナーの仕事は、インターネット上で公開する広告や、宣伝などのホームページを作ります。

Webデザイナーには、HTMLやCSS、コーディングなどの基礎的なウェブデザインに関する知識が必要です。Webデザイナーとしての喜びは、多くの人にホームページを見てもらうことです。

3.CGデザイナー

デザインの仕事に関する職種の3つ目は、CGデザイナーです。CGデザイナーのCGとは、「コンピューターグラフィックス」の略です。

CGデザイナーは、ワークステーションと呼ばれる専用のコンピューターを用いて、TVや映画、アニメーション、テレビゲームなどに使われる2次元・3次元の画像データーを作成します。CGデザイナーには、デザインセンスや集中力がある人が向いています。

4.ファッションデザイナー

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介
デザインの仕事に関する職種の4つ目は、ファッションデザイナーです。ファッションデザイナーとは、新製品の企画を行い、衣服や靴、バッグ、アクセサリーなどのファッションに関するアイテムをデザインする仕事です。

ファッションデザイナーには、時代を先駆けるセンスや分析力、予測力が必要です。自分のデザインした服が形になり、お客さんに長く愛用してもらうことが、ファッションデザイナーのやりがいといえるでしょう。

5.ゲームデザイナー

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介
デザインの仕事に関する職種の5つ目は、ゲームデザイナーです。ゲームデザイナーとは、ゲームの企画をすることや、ゲームの全体的な流れまでの基本的な設計を行う人を指します。ゲームデザイナーに必要な事は、面白いゲームを考え出す企画力です。

ゲームデザイナーは、完成したゲームを楽しそうにプレイしている人を見た時や、自作のゲームが面白いと感じる瞬間が、やりがいにつながっていきます。

6.UI/UXデザイナー

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介
デザインの仕事に関する職種の6つ目はUI/UXデザイナーです。UIデザイナーとUXデザイナーの2つはどう違うのでしょうか。

UIデザイナーのUI(ユーザーインターフェース)とは利用者と物をつなぐもののことです。UXデザイナーのUX(ユーザーエクスペリエンス)とは製品の利用を通じてユーザーが感じることです。

UIデザイナー・UXデザイナーともにユーザーにとって使いやすいデザインを作りだすことが仕事です。

7.DTPデザイナー

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介
デザインの仕事に関する職種の7つ目は、DTPデザイナーです。

DTPとは、DeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)の略です。DTPデザイナーの仕事は、グラフィックソフトの「Illustrator」や「photoshop」「InDesign」などを用いて写真、イラスト、文字などの素材を組み合わせます。

そして、クライアントの要望や媒体のコンセプトに合う紙面をデザインしていきます。

8.エディトリアルデザイナー

デザインの仕事に関する職種の8つ目は、エディトリアルデザイナーです。エディトリアルとは、「編集」という意味です。エディトリアルデザイナーの仕事は、表紙、目次、本文、グラビア写真といった雑誌や、書籍のレイアウトを行います。

本という1冊の体制に仕上げていくためには、雑誌や書籍の内容を正確に理解していくことが大切です。

9.インテリアデザイナー

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介
デザインの仕事に関する職種の9つ目は、インテリアデザイナーです。インテリアデザイナーの仕事は、乗り物や建物内部、室内、家具、内装などをデザインしていきます。自分の部屋の模様替えをすることが好きな人は、この仕事に向いています。

仕事をする上で、必須の資格ではありませんが、インテリアコーディネーターの資格を取っておくと知識が増え有利になります。

10.プロダクトデザイナー

デザインの仕事に関する職種の10つ目は、プロダクトデザイナーです。プロダクトとは、「生産品」という意味です。そして、プロダクトデザイナーは、色々な製品のデザインをする仕事を指します。

プロダクトデザイナーの仕事は、工業製品(自動車、飛行機、家電製品、業務用機器、医療機器)や家具や食器、パッケージのデザインなどと多数あります。プロダクトデザイナーに向いている人は、0から物を作り出すことを楽しめる人です。

11.イラストレーター

デザインの仕事に関する職種の11つ目は、イラストレーターです。イラストレーターは、雑誌やポスターなどに掲載されるイラストのデザインを描くことが中心になります。

イラストレーターに向いている人は、絵を描くことが好きな人や、自分ならではの絵のスタイルをもっていることです。そして、仕事は家で行うことが多いので、集中力が持続することも大事です。

デザイナーの仕事に必要なスキルは?

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介
デザイナーの仕事に必要なスキルは、想像力です。デザイナーは、他者に向けたデザインを作ることが仕事です。そのためには、ツールを使いこなして、実際にデザインを作っていくことで知識から行動に移していきましょう。

今回は、グラフィックソフトのPhotoshopとIllustratorをご紹介します。この2つは、独学でも学習することができるので、ぜひスキルアップしてみましょう。

1.Photoshop

デザイナーの仕事に必要なスキルの1つ目は、Photoshopです。Photoshopは、写真の加工や編集、デザイン、Webの制作まで1つのソフトで完成させることができます。

アドビシステムズ公式の無料チュートリアルや、市販の学習教材を使えば、独学でもPhotoshopの勉強をすることができますので、ぜひスキルアップをしてみてください。

2.Illustrator

デザイナーの仕事に必要なスキル2つ目は、Illustratorです。Illustratorは、アドビシステムズが販売しているベクター画像と呼ばれる点座標や、線の方程式で画像を表現します。Illustratorは、イラストのロゴなどの図形を作ることができます。

Illustratorは、アドビ公式の無料チュートリアルや、市販の学習教材を使えば独学でも勉強することができますのでぜひ挑戦してみてください。

デザイン専門学校ランキング10

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介
さまざまなデザイナーの職種がわかったところで次に知りたいのは、デザイナーになる方法なのではないでしょうか。

デザインの専門学校に行くことで専門の知識を得ることや、同じ夢をもつ仲間を作ることができます。また、デザインの専門学校には就職活動をサポートする要素も豊富にあります。不安なことがあっても相談することができるので安心です。

それでは、これから人気のあるデザイン専門学校ランキング10を発表します。

10:桑沢デザイン研究所(東京)

デザイン専門学校ランキング10位は、桑沢デザイン研究所です。桑沢デザイン研究所は、日本で最初にできたデザイン教育機関です。授業の質が高く、年間を通して色々な分野のデザインを学べるので、自分に本当に向いている分野を見つけることができます。

就職する時も美大に次ぐ地位があるので就職口の門戸が広いのが特徴です。

9:東京デザイナー学院(東京)

デザイン専門学校ランキング9位は、東京デザイナー学院です。東京デザイナー学院は、あらゆるデザイン分野を網羅したデザイン総合校です。

多彩な学科構成と、学部を超えた選択制の柔軟なカリキュラムで学ぶことで、あらゆる分野に可能性を秘めたクリエイターを目指すことができます。

8:大阪デザイナー専門学校(大阪)

デザイン専門学校ランキング8位は、大阪デザイナー専門学校です。

大阪デザイナー専門学校の授業は、現役デザイナーの指導と、実習授業中心のカリキュラムがあるので卒業後、すぐにプロの仕事の現場で活躍できる実践力を養うことができます。また学科ごとに専用のアトリエがあるので、集中して物作りをすることができます。

7:総合学園ヒューマンアカデミー(全国)

ランキング専門学校ランキング7位は、総合学園ヒューマンアカデミーです。総合学園ヒューマンアカデミーには専門スキルや、プロ意識をしっかり身につけられる学習環境の設備が整っているので、のびのびと勉強することができます。

全国にある他のカレッジ・専攻の授業も同時に履修できる「クロスオーバーカリキュラム」があるので表現の幅が広がります。

6:名古屋デザイナー学院(愛知)

専門学校ランキング6位は、名古屋デザイナー学院です。名古屋デザイナー学院は、デザインを学ぶのが初心者の人を対象に、現役デザイナーが、一人一人を丁寧に指導しています。

7つの学科に多数なコースが33つあり、多彩なカリキュラムがあるので自分に合うコースも見つけやすいです。校舎は交通の便が良く、活気のある商業エリアの名古屋・栄に立地しているため、通いやすい学校でしょう。

5:大阪総合デザイン専門学校(大阪)

専門学校ランキング5位は、大阪総合デザイン専門学校です。大阪総合デザイン専門学校は、業界の第一線で活躍している現役クリエイターや、デザイナーたちを講師陣に迎え、少人数制による実践授業を実施しています。

産学協同(産業界と学校とが相互に協力し合って、研究や技術者教育の促進を図ること)による実践的カリキュラムでは、即戦力に繋がる技術を得ることができます。キャンパスは大阪・梅田にあり、交通の便も良いです。

4:日本デザイナー学院(東京)

専門学校ランキング4位は、日本デザイナー学院です。日本デザイナー学院の授業は、基礎から学べるため、初心者でも安心して学習することが可能です。

また、個別指導では個性を伸ばすことができ、1コマ135分の授業で作品作りに集中できます。充実した就職サポートも受けられるため、就職活動で困った時にはすぐに相談できます。

3:OCA 大阪デザイン&IT専門学校(大阪)

専門学校ランキング3位は、OCA大阪デザイン&IT専門学校です。

企画プロジェクトや業界特別ゼミを開き、各業界で活躍しているトップクリエイターを講師に迎えて、作品作りや制作の裏話などの色々な話を聞くことができます。そして制作する時に必要な知識や心構えを学ぶことができます。

プロが使う機材が使うことができるので、使い方も学校に通っているうちに学ぶことができます。将来のデザイナーの仕事にも役立つでしょう。

2:ECCコンピュータ専門学校(大阪)

専門学校ランキング2位は、ECCコンピュータ専門学校です。ECCコンピューター専門学校には、ゲーム・クリエイティブ分野と、IT分野があります。

ECCコンピューター専門学校には、少人数制でレベル別授業があるので、初心者でも安心して授業を受けることができるでしょう。授業を聞いていてわからないことがある時も、人目を気にせずにすぐに質問をすることができます。

1:バンタンゲームアカデミー(大阪)

専門学校ランキング1位は、バンタンゲームアカデミーです。

バンタンゲームアカデミーには、ユニークで実践的な授業が多いので、将来の仕事に役立ちます。色々な企業が授業に参画している企業連携カリキュラムでは、実際の商品化を前提とした作品制作をすることができます。その他に、学生が作った作品を審査する作品審査会が行われます。

この2つの授業を受けることで、やる気がでて将来の仕事のイメージもできるでしょう。

必須の資格や経歴はない

デザインに関する11の職種を紹介|デザインに関する専門学校をランキングで紹介
デザイナーになるために必須の資格や経歴はありません。しかし、IllustratorやPhotoshopやInDesignなどのグラフィックデザインや、編集に欠かせないソフトを使うことで、デザインの基礎力を身につけることができます。

グラフィックソフトを使いこなすことで、自信を持って仕事を始めることができるでしょう。憧れのデザイナーになるために、この記事を参考にして、一歩スタートさせてみてはいかがですか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related