Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月09日

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ

今回は「おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ」と題して、「おすすめ海外向け転職エージェント」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「海外転職の方法」とその際の注意点・ポイントなどについてご紹介します。

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ

海外転職の方法3つ

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
まず海外転職の方法3つですが、共通して大切な点はまず動機で、「なぜ海外で働きたいか」という自分の気持ち・希望をはっきりさせておくことです。

・キャリアアップ
・英語を使った仕事をしたい
・広い視野を持って仕事したい
・色々な文化と触れ合いたい
・給料アップをねらう
・外資系企業で実力を試したい


自分の希望する点を明確にしておき、それを基準・土台にして海外企業への転職を果たしましょう。

1:日系企業の現地採用に応募

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
基本的に日系企業の場合、社員の意識は主に「企業全体で成長する」といった全体主義が大きく採用されます。1人が仕事をできることよりも皆で決まった仕事環境を享受し、その環境でノルマを分割して成績を上げていこうとする姿勢です。

従来の日本に見られた企業形態なので転職する場合もそれほど違和感なく活動でき、その上で現地採用であれば、海外就業の場合より、これまでの生活リズムを狂わすこともないでしょう。

2:海外企業の現地採用に応募

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
「外資系」と聞くだけで「海外を本拠地にした仕事」とイメージできますが、このようなイメージは必要ありません。

外資系企業の多くはほぼ海外へ出張する機会を設けることなく、日本国内で発足した外資系企業の場合は特に、その活動範囲は日本となります。

人によってさまざまなメリット・デメリットがあるでしょうが、主に転職に際した場合、国元を離れずに仕事ができる点は大いにメリットがあるでしょう。

3:日系企業の駐在員として赴任

いわゆる大使館などで働く従業員・社員のようですが、海外に拠点を置きながら外資系企業で働くという特殊な(場合によっては通常の)環境で仕事に就く方法もあります。

海外企業へ転職する場合でも「自分が実際に働く場所」をまず把握しておき、その仕事環境をずっと継続していけるかどうかをしっかり確認しておくことが大切です。この場合のメリットとしては、海外の文化に触れながら仕事ができる点にあるでしょう。

おすすめ海外向け転職エージェント15選

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
先述では「外資系企業の企業実態」と「外資系企業のメリット・デメリット」などをご紹介してきました。

ここからは「おすすめ海外向け転職エージェント15選」と題し、実際に海外企業へ転職する際に実用的な転職サイトをご紹介します。

現代の日本では英語能力を課す企業・機関がさらに増加傾向にあるため、今後も「英語能力・海外企業への実務キャリア」を上げておきましょう。

1:JACリクルートメント

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
転職時にはさまざまな状況から利用される「JACリクルートメント」です。当転職サイトの魅力は主に「求職者の個別能力・状況に適した求人情報」のピックアップと、それぞれの転職活動に必要な知識・スキルが確実に提示される点でしょう。

海外企業への転職の場合、採用口を着実に広げていくという点では当サイトが魅力的で、その転職を円滑に進められる配慮をしてくれる点はさらに実益となるでしょう。

2:リクルートエージェント

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
リクルートエージェントでは「転職に際する個別キャリアの形成」に注目する上で、企業研究の活用方法をはじめ、海外企業ニーズを把握する上での重要な情報・方法を着実に伝えてくれます。

海外企業への転職では、まず個別ニーズと現実・環境との斡旋を図りつつ、転職活動に必須の情報の提示、その企業ニーズを充足するために必要な能力を実践的に提供してくれるでしょう。

3:Spring転職エージェント

Spring転職エージェントでは基本的に中途採用での転職希望者が多く、その分、多彩な状況下にある求職者のサポート提供がなされます。

海外企業への転職の場合でも、キャリアデザインの活性について積極的にPRする方法を教え、海外企業への転職斡旋でもかなり充実します。

実務キャリアを生かした具体的な転職ニーズも補足してくれるため、ぜひ一度活用してみると良いでしょう。

4:ロバートウォルターズ

「ロバートウォルターズ」では日系グローバル企業への転職斡旋、またビジネス規模を拡大している大手企業への転職斡旋率が高く、その際に必要となる実務能力・面接でのハウトゥをしっかり伝授してくれます。

海外企業への転職時には個別能力にこだわらず、とにかく「ネイティブな仕事能力」を身に付けさせる点に注力しており、オールマイティな実力をもって転職を有利にする場合は最適でしょう。

5:ビズリーチ

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
最近でもいろいろな状況の求職者が集まる「ビズリーチ」ですが、ここでもやはり実務キャリアに配慮した自己PRの方法が充実しています。

海外企業へ転職する場合、その将来的なキャリアデザインの求め方に定評があり、外資系企業ニーズとの斡旋を図りながら実益のある転職活動を斡旋してくれるでしょう。

中途採用からでも転職成功率が高く、外資系企業への転職を始める場合はまずこのビズリーチが良いでしょう。

6:REERACOEN

海外企業への転職時によく利用される「REERACOEN」です。当転職サイトの魅力は主に「求職者の個別能力・状況に見合わせた求人情報」のピックアップと、それぞれの転職活動に必要な知識・スキルが確実に提示される点です。

外資系企業・海外企業への転職の場合、採用口を着実に広げていくという点では当サイトが魅力で、その転職を円滑に進められる配慮をしてくれる点はさらに充実します。

7:GJJ海外就職デスク

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
主に海外企業への転職斡旋を専門に扱っているこの「GJJ海外就職デスク」ですが、最近ではさらに多くの求職者が集まる傾向があります。

海外企業へ転職するまでの採用フローをはじめ、転職後には具体的にどのようなビジネススキルを持てば良いかを的確に教えてくれます。当サイトでは主に「転職前後の安定性」を図ってくれる点に魅力・定評があります。

8:EARTH TIMES

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
一般的に、年齢層・性別を問わずに多くの転職希望者が活用しているこの「EARTH TIMES」です。この転職サイトはとにかく海外企業・外資系から年代別の転職情報をはじめ、転職希望者個別のキャリア形成によって幅広い斡旋作業が行われます。

海外企業へ転職する場合でも十分キャリアを活用することができ、主にIT企業関係の職種を見付ける場合には「自分にとって身近な転職先」を見付けられるでしょう

9:WORLD POST

キャリア形成・キャリアデザインの観点からPR方法じっくり検討してくれ、その上で個別能力・スキルに見合わせた転職先を斡旋してくれる実力型の転職エージェントです。この転職エージェントの魅力はやはり「アフターフォローの充実性」にあるでしょう。

海外企業への転職でも就業定着率がかなり高いことにより、転職後の安定を求める壮年の転職希望者にとっては非常に好都合のエージェントです。

10:海外営業転職ナビ

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
主に海外企業への転職を一手に引き受ける転職ナビで、キャリア形成・支援にかなり重点を置く点が魅力です。当転職ナビではキャリアデザインの転職時での活性を重視しており、年齢による不利もなく、個別スキルに際した斡旋がなされます。

海外企業への転職でも、キャリアコンサルタント層がかなり充実しているため、転職活動を始めてからすぐに理想の職種が決まる場合があるでしょう。

11:パソナNA

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
海外企業への転職時に、経理・公認会計士・税理士・弁護士・人事などの面で根強いサポートをしてくれる転職エージェント「パソナNA」です。当転職エージェントでは「キャリア形成の個別的な活性」を重視した斡旋であるため、状況による不利はないでしょう。

海外企業への転職の場合でも特に年齢層は関係なく、「転職での採用口を広げること」に配慮しながら、転職をスムーズに展開できるよう支援してくれます。

12:QUICK USA

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
キャリア形成・実績を上手く活用したリクルート活動の場合でも、さらに上級クラスの企業層を斡旋してくれる上で、海外企業への転職でも自己PRの充実を約束してくれます。

海外企業への転職時には特に「必須とされるスキル」について教えてくれる上、キャリア形成を的確に充実させるためのコツも教えてくれるため、さまざまな状況から求職者にとって非常に利用価値のあるエージェントでしょう。

13:カモメアジア転職

カモメアジア転職では全体的な転職サポート力が高いため、活動実績・キャリア形成をいかに利用して「将来的なキャリア形成」につなげるかという点を実践的に支援してくれます。

転職サイトを扱う場合にはこのように「キャリアデザイン」に徹して支援してくれるサイトが望ましいでしょう。

海外企業への転職の場合でも、IT企業・マーケティング企業の情報収集には定評があるため、その点で将来設計を図ってみると良いでしょう。

14:クライスカンパニー

ハイクラス企業への転職が約束される「クライスカンパニー」ですが、これは海外企業への転職時でも同じく、個別スキル・能力・活動実績などを十分生かし、それぞれの求職者にとって最適な転職先を提供できる土台の斡旋が魅力です。

特に、国家資格取得者には充実した対応があり、希望する転職先への斡旋も内定率が高い実績を持ち合わせています。

15:英創人材

「英創人材」は、主に中国に拠点を置く海外企業斡旋がウリであり、現代、最も経済至上動向が盛んな中国系企業への転職斡旋を専門的に支援してくれる転職エージェントになります。

転職後の生活安定にも率先してカバーしてくれるため、海外企業への転職の際には信頼性・安定性が実に優れた転職エージェントとして認められます。

海外で仕事するためにやっておくべきこと5選

さて、ここからは「海外で仕事するためにやっておくべきこと5選」と題して、海外企業への転職を検討する際に「これだけはしておきたい」という点に焦点を当てていきます。

外資系・海外企業の特徴はまず「実力主義の世界」となるため、その世界に上手く順応できる人にとっては、ほぼ着実に外資系企業・海外企業への転職が向いていることになるでしょう。

しかし、転職前にはしっかり企業実態を踏まえておきましょう。

1:語学力を習得する努力

海外企業への転職の場合、主に仕事する上で外国人とのセッションが多くなるため、その場合を踏まえた上で「英語能力を高めておくこと」が基準になります。この場合でもビジネス英語程度の実力でかまわず、必要以上に身構えないことが大切です。

海外企業への転職の場合は「語学力を向上させておくこと」が必須となるため、自分にその実力があるかどうかを前もって確認しておくことが大切です。

2:日本のマーケットの把握

外資系企業・海外企業への転職といっても、その市場関係を把握する場合は「日本の経済至上」でも十分確認することができるため、まずは日本国内でのマーケット市場を独学で分析しておくと良いでしょう。

外資系企業・海外企業での仕事では、独学・独習が基準となる上、その独学で向上させたスキルに見合わせたタスク・報酬がどんどん課されることになります。この点をしっかり把握しておきましょう。

3:ビジネススキルの習得

外資系企業・海外企業では、完全に実力主義の世界になります。そのため、独自でビジネススキルを習得しておくことは転職前の必須の行動となるでしょう。独学・独習による実力向上はどんな場面でも役に立つため、転職前からこの点に注意しましょう。

もし転職前にこの点において自信がない場合は、転職エージェントを活用しながら「どのような点に注力すべきか」をしっかり確認しておくと良いでしょう。

4:出国する前の各種手続きは事前にチェック

海外企業へ転職する場合に、よく大変になってしまう点です。海外出張することを想定しながら、そのための海外旅行手続きをしっかり自分で行なえるよう環境設定しておくことが大切です。すぐに海外へ発てるよう準備することが大切です。

出国する前の各種手続きというのは主に国税局との手続きも必要になるため、事前の準備期間が必要になります。この点にもきちんと配慮しておきましょう。

5:急な病気にも対処できるよう医療保険などの確認

海外で長期勤務する場合などは、急な病気にも対処できるよう医療保険などを確認しておく必要があります。

企業によっては、海外勤務をする社員の福利厚生の一環として、海外勤務の場所に応じた保険に加入したり、会社独自の海外医療費の補償などをおこなっていることもあります。

6:将来のワークライフバランスについてしっかり考えおく

実際に外資系企業・海外企業へ転職すれば、それまで日本で働いてきた企業環境・シフト体制・仕事のあり方はガラリと変わってしまいます。その際のカルチャーショック的なギャップに悩まされることなく、しっかりライフ環境とのバランスを図っておきましょう。

この点も生活環境を完備することと同じく大切で、その環境設定の充実度によって「その仕事を継続させられるかどうか」が具体的に決まってくるでしょう。

海外で転職する場合は海外向けの転職エージェントを活用しよう

おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ
いかがでしたか。今回は「おすすめ海外向け転職エージェント15選|海外転職の方法3つ」と題して、「おすすめ海外向け転職エージェント」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「海外転職の方法」とその際の注意点・ポイントなどについてご紹介しました。

外資系企業・海外企業への転職で必要なことは、自分の能力を必要とする企業を見付けることと、転職後の生活環境を確保することです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related