Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月09日

ゲーム業界の種類って?ゲーム業界のホワイト企業TOP10の紹介

ゲーム会社はホワイト企業が多く、ワークスタイルを自分で組むことができるため残業はほとんどありません。また仕事の成果が作品として残るため、物作り系の業種においてはやりがいのある仕事となるでしょう。休日もしっかり取ることができて、どの企業も基本は土日休みです。

ゲーム業界の種類って?ゲーム業界のホワイト企業TOP10の紹介

ゲーム会社って?種類は?

スマートフォンが普及してから、ゲーム会社は活性化しはじめました。現代においては、誰しもが何かしらのゲームをプレイしたことがあるでしょう。ゲームには色々な種類があるため、老若男女問わず楽しめるものである事は間違いありません。

キャラクターの育成ができるRPGや戦争の現場を体感できるFPSなど、現代では色々なゲームが普及するようになりました。VRなども出てきているため、多角化しているとも言われています。

1:パッケージソフト

パッケージソフトは一般的に、パッケージの中に入っているソフトウェアを指しています。市販されているソフトウェアは主にパッケージソフトで、最近の物ではPS4やSwitchの物が主な代表例です。

具体的にはゲームの内容がディスクに書き込まれ、説明書と同梱してパッケージに詰められ量産型で販売される例が挙げられるでしょう。色々なホワイト企業のゲーム会社が、主に販売しているタイプのゲームソフトです。

2:オンラインゲーム

オンラインゲームは、インターネットに接続してプレイするゲームです。遠方に住んでいるプレイヤー同士で対戦および協力してゲームを楽しむことができます。昔はパソコン向けゲームがメインでしたが、現代では家庭用のゲーム機でもオンラインプレイを楽しめるでしょう。

任天堂のWiiやソニーのPLAYSTATION 3などの、ホワイト企業のゲーム会社が開発した家庭用ゲーム機は、インターネット接続機能を搭載しています。

3:フィーチャーフォン向けゲーム

フィーチャーフォン向けゲームは別名モバイルゲームと呼ばれ、携帯電話で遊べるゲームです。ガラパゴスケータイで遊べるJavaアプリや、スマートフォンおよびタブレット端末で遊べるネイティブアプリ、ブラウザで遊べるウェブアプリなど、色々な種類があります。

ホワイト企業のゲーム会社であるGungHoのパズドラなどが、モバイルゲームの代表例です。ウェブアプリに関しては、パソコンで遊べるコンテンツもあります。

4:アーケードゲーム

アーケードゲームは業務用ゲームを指し、コインを入れてプレイするゲームを指します。家庭用ゲームとは対になるでしょう。主にゲームセンターにあり、格闘ゲームや音楽ゲームなど色々な種類のゲームが揃えられているのが特徴的です。

種類は大きく分けて、メダルゲームやクレーンゲームなどのメダルや景品を獲得する物、エアホッケーなどの運動になるゲーム、他にはプリクラや鉄拳などの格闘ゲームがあります。

ゲーム会社のホワイト企業TOP10

ゲーム会社に勤務している人は、不満があまりないと言われています。人間関係や会社組織も良好な所が多く、ホワイト企業が割と多いのが特徴的です。

出勤は10時からで、定時退社が原則の所が多いため、残業している社員はほとんどいないと言われています。ここからはホワイト企業と言われているゲーム会社を紹介するので、気になる方は参考にしましょう。

第1位:日本マイクロソフト

ゲーム会社のホワイト企業第1位は、日本マイクロソフトです。1975年に設立されたソフトウェアメーカーで、Windowsの開発元として有名です。ゲームに関する事業では、家庭用ゲーム機「Xbox」シリーズを開発しました。

その後は「Xbox 360」「Xbox one」開発し、ゲーム事業でも成功を収めています。しかしパソコン業界で主に活躍しているため、WordやExcelなどのビジネスソフトの方が主流です。

第2位:ソニー

ゲーム会社のホワイト企業第2位は、ソニーです。家庭用ゲーム機PlayStation4の開発元として有名な企業ですが、他にはテレビや音響機器、パソコンなどのAV機器の製造および販売を行っています。

1979年に発表した「ウォークマン」が世界中で大人気を獲得しました。1997年にはパソコン業界にも力を入れ、VAIOシリーズを発表した業績があります。他には薄型テレビ「BRAVIA」シリーズに力を入れています。

第3位:任天堂

ゲーム会社のホワイト企業第3位は、任天堂です。3DSやSwitchなどのゲーム機やスーパーマリオシリーズで有名ですが、元々は花札やトランプを製造していた玩具メーカーでした。電子ゲームの販売は、1979年発売の「ゲーム&ウォッチ」が最初です。

「ファミリーコンピュータ」が販売されたのは1983年の事で、通称「ファミコン」テレビゲームの代名詞とも呼ばれています。マリオやドンキーコングが主に有名です。

第4位:グリー

ゲーム会社のホワイト企業第4位は、グリーです。グリー株式会社が提供しているSNSの名称で、2004年2月にアルファ版が公開されました。mixiとほぼ同時期に公開され、国内のSNSとしては最初に開始されたSNSと言われています。

グリーの主な機能は、日記の掲載やプロフィールなどのSNS機能ですが、モバイル版グリーではモバイルゲームやアバター作成などを行う事ができます。

第5位:バンダイナムコエンターテインメント

ゲーム会社のホワイト企業第5位は、バンダイナムコエンターテインメントです。バンダイナムコグループから派生した企業の一つで、ナムコ社にバンダイがゲーム事業を譲受したことをきっかけに「ナムコ」から名前を変更しました。

2008年にはバンプレスト社とも合併し、ゲーム事業を本格的に始めました。2014年4月以降に販売されたゲーム関連の製品は、全て「バンダイナムコゲームス」に統一されています。

第6位:ディー・エヌ・エー

ゲーム会社のホワイト企業第6位は、ディー・エヌ・エーです。eコマースサイトやモバイルポータルなどのWebサイト運営を主に行っています。1999年に設立され、ネットオークションおよび通販サイト「ビッダーズ」を開設し、人気を集めています。

ビッダーズ開設後はリサイクル情報サイト「おいくら」を開設したり、携帯電話向けのゲーム&SNS「モバゲータウン」を開設し、学生を中心に人気を集めています。

第7位:スクウェア・エニックス

ゲーム会社のホワイト企業第7位は、スクウェア・エニックスです。2003年4月1日に、スクウェア社とエニックス社が合併した事で誕生しました。ゲーム事業では、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどゲームシリーズが主に有名です。

ゲーム事業以外では、少年ガンガンなどの出版業やグッズ販売を行っています。2008年には持株会社体制になり、名称をスクウェア・エニックス・ホールディングスに変更しました。

第8位:カプコン

ゲーム会社のホワイト企業第8位は、カプコンです。元々は「IRM株式会社」という名称でしたが、1989年に現在の社名に変更しました。社名の由来は「カプセルコンピュータ」を略した言葉です。

1984年に「バルガス」で初めて業務用のゲームに参戦しました。魔界村やロックマンなどのアクションゲーム、モンスターハンター、ストリートファイター、バイオハザードなどのゲームシリーズが主に有名です。

第9位:ドワンゴ

ゲーム会社のホワイト企業第9位は、ドワンゴです。株式会社KADOKAWAの完全子会社で、情報・通信業を主に行っており、ネットワーク会員向けのコンテンツを主に企画しています。「ニコニコ動画」を創設した企業として有名です。

ニコニコ動画の企画と運営だけでなく、着信音やモバイルゲームの提供も行っています。ライブ施設を持っており、2014年にはKADOKAWAとの共同持株会社設立に伴い上場を廃止しました。

第10位:セガゲームス

ゲーム会社のホワイト企業第10位は、セガゲームスです。ゲーム機器やソフトウェアを製造および販売しており、1960年に日本娯楽物産として設立しました。株式会社セガホールディングスの完全子会社で、ソーシャルゲームの開発も手掛けています。

国内だけでなく、1999年に英国や米国の企業と提携する事で、海外でもゲーム機を拡販しました。業務用ゲーム機器の開発や、アミューズメント施設の運営に力を入れています。

ホワイト企業1位の日本マイクロソフトって?

ゲーム会社のホワイト企業第1位の日本マイクロソフトは、本社がアメリカのワシントン州レドモンドという場所にあります。パソコンのOS「Windows」シリーズや、オフィスソフトのWordやExcelなどの開発および販売が主な事業です。

ゲーム部門では家庭用ゲーム機「Xbox」シリーズを開発しています。ここからは、マイクロソフト社がホワイト企業と呼ばれる理由を紹介するので、気になる方は参考にしましょう。

1:社員の平均年齢

ゲーム会社の中でもホワイト企業と呼ばれている日本マイクロソフトは、平均年齢が39.9歳だと言われています。平均年齢が約40歳の企業は上場企業の特徴で、国内でも2318社が平均年齢を40歳を超えています。

2010年から徐々に上がってきており、前年に比べ平均年齢が上昇したのは全体の66.9%です。業種別に比較すると、建設業が43.1歳ととても高い傾向にあります。

上場企業2318社の従業員の平均年齢は40.2歳(前年比0.3歳上昇)。2010年39.3歳、2011年39.6歳、2012年39.9歳と年々上昇し、今年は40歳を超えた。

出典: https://member.jinzainews.net/article/body/a858ac29307749... |

2:平均年収

ゲーム会社の中でもホワイト企業と呼ばれている日本マイクロソフトは、平均年収が1171万円です。役職や職種ごとにバラつきがあり、シニアプレミアフィールドエンジニアは1390万円~1660万円ほどです。

職種ごとの平均年収もとても高く、プレミアフィールドエンジニアなら820万円~1400万円、ソフトウェア開発部門であれば450万円~1830万円ほど貰っているでしょう。

【役職】
シニアプレミアフィールドエンジニア:1390万円~1660万円
シニアソフトウェア開発エンジニア:1230万円~1790万円
上級コンサルタント:1130万円~1650万円

出典: https://heikinnenshu.jp/gaishi/ms.html |

3:残業時間

ゲーム会社の中でもホワイト企業と呼ばれている日本マイクロソフトの、平均残業時間は40~50時間程度です。同業界のApple Japanや日本IBMなどと同じくらいです。業務量は多いですが、在宅業務が可能なのでワークスタイルを自分で管理できます。

就業時間が長いIT業界ではホワイト企業ですが、海外の支社とやりとりをする場合もあるので24時間体制の時もあります。事前にコンサルタントに確認しておきましょう。

ゲーム会社のホワイト企業の判断基準

ゲーム会社のようなIT業界の企業は、ブラック企業しかないとイメージしている人は、現代でもたくさんいます。しかしIT業界の企業にはホワイト企業もちゃんとあります。IT業は基本的に、若さを理由に仕事量を膨大に課される世界です。

IT業界の仕事の経験がある人は、ゲーム業界に転職するのも一つの方法です。ここからはゲーム会社のホワイト企業を見分けるポイントを紹介するので、気になる方は参考にしましょう。

1:労働時間の満足度

ゲーム会社では一般企業のように勤務時間が定まっていない代わりに、フレックスタイム制や裁量労働制を許可している場所が多いです。会社が決めた時間にさえ出勤していれば、その中で出勤時間と退勤時間を自分で決められます。

就業時間を調節できる理由は、各部署での業務内容によって勤務時間を一律にする事が難しいためです。時間を調節できる部分に関しては、ホワイト企業と見なされるでしょう。

2:仕事のやりがいを感じるか

ゲーム会社で働く人は、仕事の結果を「作品」として形に残す事ができる所が仕事のやり甲斐だと言われています。仕事が片付いた時は誰もが達成感を味わえますが、さらに作品として仕事の成果が世の中に出ると、一段と大きな達成感を味わえるでしょう。

作品が大ヒットすれば、業績として後世にも残す事ができます。物作りの醍醐味を味わえる所がゲーム業界の良い所で、やりがいにも繋がるでしょう。

3:ストレス度の低さ

ゲーム会社にホワイト企業が多いと言われている理由は、ストレス度の低さが取り上げられます。近年のゲーム会社には若い社員がほとんどの所が多く、大きな声で怒鳴られたり長時間労働を強いられるといったパワハラがありません。

ほとんどのゲーム企業は有給休暇を取りやすく、プライベートが充実しています。休日はしっかりと休息を取り、出勤時にはしっかりと業務に取り組めるといったメリハリが付けられる所が良い所です。

4:休日の満足度

ゲーム会社にホワイト企業が多いと言われている理由は、土日祝日を休日として与えてくれる場所がほとんどです。通常であれば土日祝日が休日ですが、スケジュールが立て込んでいたり、何かトラブルが発生した際には出勤せざるを得なくなる場合があります。

休暇制度は会社ごとで異なりますが、盆休みや年末年始は普通に休日である事が多いです。忙しい時期でなければ、有給休暇を取ることができるのも良い所です。

5:給与の満足度

ゲーム会社に就職すると、平均年収は300万円〜1000万円ほどで、新人社員であれば年収300万円から始める人がほとんどです。任された部署で成果を出せるようになったり、手掛けた作品がヒットしたり、主任などのポジションに立った際には約600万円の年収になります。

色々なゲーム会社から声を掛けられるくらい有力な人材になれば、年収1000万円ほどになるでしょう。

ゲーム会社のホワイト企業を知ろう

ゲーム会社には意外とホワイト企業が多く、作品が成果として残るためやりがいや達成感を味わいやすい業界といえるでしょう。しかしゲーム会社に合わない人も実際はいるため、自分の適正に合っているかどうかを見極める必要があります。

独特なセンスや感性がある人は特に向いている傾向にあり、ヒットするコツを上手くつかめるためゲーム業界では成功しやすいです。また団体戦でもあるため、コミュニケーション力も大事です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related