Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月06日

任天堂ってホワイト企業?口コミからみる5つの実態

現在のゲーム業界で、世界的に有名な任天堂を知らない人はほとんどいないでしょう。任天堂は「スーパーマリオ」のヒット以来、社員の個性を大事にする「ホワイト企業」としても知られるようになって来ました。では、任天堂のどんな点がホワイト企業だと言われるのでしょうか。

任天堂ってホワイト企業?口コミからみる5つの実態

任天堂はどういう会社?

1889年(明治22年)創業の任天堂は、花札やトランプなどに代表されるような多くの種類の玩具を製造するなど、娯楽に関するたくさんの事業を展開してきました。

さらに1970年代の後半からコンピューターゲーム機の開発を開始した任天堂は、1983年家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」を発売し、1985年にはゲーム機ソフトとしての「スーパーマリオブラザーズ」が大ヒットし、一躍世界的に認知されました。

ホワイト企業の特徴

「ホワイト企業」とは、子育て期から中高年期までの人生における各段階での仕事に対する充実感が満たされ、仕事の責任を果たせるような企業のことを言います。

また、家庭や地域でも多様な生き方の選択が実現可能な環境が整っているという特徴もあります。

さらに、入社後の福利厚生が整っている企業は離職率が低いため、就職活動をする際にも好ましい「ホワイト企業」として、人材が集まりやすくなる傾向にあるといわれています。

1:離職率が低い

任天堂ってホワイト企業?口コミからみる5つの実態
ホワイト企業を探すための目安として、その企業の離職率を見ると良いとされていますが、実際の企業の離職率は、ほとんど公表されていないのが現状です。

任天堂では、離職率や平均的な勤続年数などが公表されており、勤続年数が長い人が多いため、離職率が低いと言えます。

その点からも、任天堂は「ホワイト企業」と言えるでしょう。

2:福利厚生の充実

福利厚生には、法定福利厚生と法定外福利厚生の2種類があります。

前者が厚生年金・健康保険・労働者災害補償保険・雇用保険などで、後者は通勤補助・子育て支援・社員旅行などです。企業が賃金や給与のほかにプラスして利用、あるいは支給する非金銭報酬が福利厚生です。

福利厚生としての設備や仕組みを充分に享受できるよう、社員に内容を認識させるようにしているところが、任天堂が「ホワイト企業」と言われる所以でしょう。

3:残業時間が少ない

どんなに好きな分野の仕事であっても、長時間の労働環境となる場合は疲労感が蓄積していくばかりで、長く働き続けるという環境ではなくなって行きます。

従業員の負担がなるべく偏らないように工夫され、仕事量さえこなせば残業時間が少なくなるという仕組みがあるのが、ホワイト企業の特徴とも言えます。

残業時間が少なければ、個人としての時間も充実し、家庭や地域での活動の選択も容易となることでしょう。

4:社員の年齢層に偏りがない

人間に寿命があるように労働能力にも限りがありますが、企業内において年齢層が偏った状態ではどうなるのでしょうか。

「即戦力」と言われる年齢層に偏ってしまった企業は、当然ながら、将来的に「即戦力」となる人が減っていき、いずれは個人の負担が重くなって行きます。

企業の技術の継承を託せる若年齢層と共に、経験を積んだベテランの年齢層がバランスよく配置されていることこそ、ホワイト企業の目印だといえるでしょう。

5:明確な評価制度

企業の方向性を明示し、社員個人がどのような行動をとれば良いかの基準が明確にされていることが、働きやすいホワイト企業を見分ける条件の一つです。

明確な基準で査定されることにより、従業員のスキルや業績、役割なども客観的に決定され、それに伴って賃金やボーナスにも影響が出るため、従業員のモチベーションが上がります。

適材適所の配置が企業内で可能となれば、企業の活性化へとつながるという具合です。

任天堂ってホワイト企業?口コミからみる5つの実態

今やゲーム業界で世界的に認められている任天堂は、「新入社員の3年連続離職率が0」という、ホワイト企業としても人気の企業となっています。

それでは、任天堂のどんな点がホワイト企業だと社員の方は感じているのでしょうか。

ここからは、口コミを通して任天堂社内の現場の声を見ていきましょう。

1:離職率

現在、「3年後離職率が0%」の会社は100社にのぼり、その内、2013年の新入社員50人以上で、第5位となったのが任天堂です。

老舗企業の任天堂は、たとえ業績が低迷しても、ある程度のリスクは織り込み済みのため、社員の収入の激減がないよう工夫されているという点では、ホワイト企業だと言えるでしょう。

企業の担い手でもある子育て世代が容易に育休がとれるという点でも、任天堂はホワイト企業だと言えます。

とても働きやすい環境で、給与も安定してもらえる休みは取りやすい、育休も取りやすいので家庭的には良い

出典: https://en-hyouban.com/company/10012507027/kuchikomi/ |

エンターテインメント事業のリスクを理解して内部留保を確保し業績低迷時にもそれなりの収入が確保されるのは良い点

出典: https://en-hyouban.com/company/10012507027/kuchikomi/ |

2:福利厚生

企業によって福利厚生の取り組み方はさまざまですが、任天堂は、特に休日における福利厚生に力を入れることで、精神的なリフレッシュを図り、よりよい環境での仕事の効率化を実現しています。

仕事の担当部門によっては残業がゼロとは行かなくても、いつでも有給休暇が取れるという任天堂の社内環境は、ホワイト企業の特徴だと言えるでしょう。

有給は非常に取りやすい。ノー残業デーは会社としての取り組みはないが、部門によって取り組みが行われている。職種が様々なため、全社的にノー残業デーの取り組みは難しいが、自主的に取り組める環境にはある。よく従業員への配慮がなされている。

出典: https://en-hyouban.com/company/10012507027/3/ |

福利厚生費はしっかり出るし、説明もちゃんとある。会社が持っている寮があるため、休みの日に訪れる社員もいる。ほか、ポイント制度が導入されており、比較的広い分野での消費に適応できるところが気に入っている。

出典: https://en-hyouban.com/company/10012507027/3/ |

3:残業時間

同じ任天堂の社員でも、部署によって繁忙の度合いに違いがあり、期待されている社員ほど残業時間が多くなる傾向があります。

しかし、一部の社員を除いて全体的に勤務時間が短く、残業代もしっかりと支給されています。そんな任天堂の社内体制は、ほとんどの社員の満足を得られており、評価も高く、任天堂はホワイト企業だと言えます。

勤務時間も短く、残業代もきっちり支払われるので、非常にホワイト。勤務時間の面ではこれ以上の会社はないと思う。
もちろん配属される部署にもよるが、定時に帰っている人も多く、営業側であればどんなに遅くとも残業は22時までだし、全て残業代は支払われる。休日出勤も、若手の間はクリスマス前の商戦期に店頭に立つことがまれにある程度。

出典: https://careerconnection.jp/review/110/kutikomi/filter-109/ |

部門によって忙しさに差があるように感じる。部署間の異動にはあまり柔軟さが感じられないため、部署ごとに業務負荷が偏りがちになるようである。このあたりは、今後改善の余地があるポイントのように感じる。それ以外は満足。

出典: https://en-hyouban.com/company/10012507027/2/ |

4:社員の平均年齢層

2019年3月の任天堂の正社員数は2,286人で、平均年齢は39.3歳となっています。世界的にも認められている企業の任天堂では、高収入を誇りながらも少人数という体制がとられています。

任天堂の社内では、あらゆる年代層にチャンスが与えられているという点でも、ホワイト企業だといえるでしょう。

【社内で活躍している年代層】あらゆる年代層で、活躍している人・成果をあげている人がいると思います。それは誰もがチャンスを与えられているからだと考えます。

出典: https://en-hyouban.com/company/10012507027/6/ |

5:評価制度

任天堂では、社員同士を競わせるのではなく、社員の仕事上の評価を個別に行っています。仕事に集中できるような環境も考慮されており、その点もホワイト企業の特徴であると言えます。

評価面談を通じて個別に良い点・悪い点が指摘され、それがボーナスに反映されるので、これからの対策やスキルアップの準備がしやすくなるということが言えます。

かなり成長できると思います!!
お勧めの会社です。自分の悪いところや
良いところをちゃんと評価してくれます。
指導の仕方がかなりイライラしますが
言っていることは正しいので、かなり為になる会社です。
みなさんにも就職してほしい会社です。

出典: https://en-hyouban.com/company/10012507027/5/ |

表彰制度はなく、評価面談を通じて褒められ、ボーナス査定に反映される仕組みのため、周囲にはわかりません。

出典: https://en-hyouban.com/company/10012507027/6/ |

任天堂がホワイトと言われる理由

任天堂がホワイト企業だと言われる理由として、年収の高さだけではなく、有給休暇の取りやすさや、福利厚生による制度、設備の充実などが挙げられます。

任天堂のゲーム機などの製品は、ほとんどの社員が子供の頃から慣れ親しんでいたものが多く、やりがいを感じている社員が多い上に休暇も取りやすいなど、働きやすい環境が整えられています。

口コミでも評価が高い任天堂は、ホワイト企業だと言えます。

社員の口コミの評価が高い

任天堂がホワイト企業であると判断できる手段の一つに、社員からの口コミがあります。この口コミは、実際に会社内で勤務しているからこそわかる社内環境を、外部の人たちにもわかるような形で書き込んだ意見です。

任天堂では、一部の部署を除いて勤務時間にも余裕があり、有給休暇も取りやすく、福利厚生の充実や社員への配慮などがあるという口コミからも高い評価となっていますので、ホワイト企業だと言えるでしょう。

任天堂年齢別にみる平均年収

創業当時から、花札やトランプを製造販売してきた老舗会社の任天堂ですが、1970年代後半からは、家庭用ゲーム機やソフトを開発・販売しています。

その後も、マリオやポケモンなどのキャラクターをIP(知的財産)として所有し、会社の財政基盤は安定しています。また、就職先としての人気も高く、2018年の採用倍率は82~164倍だ言われています。

では、任天堂の年代別の平均年収はどのようになっているのでしょうか。

1:20代

任天堂に入社して間もない20~24歳の年収は、342.8万円~372.8万円で、月額給与は23.3万円、ボーナスは93.2万円となります。

任天堂の業務に慣れてきた25~29歳の年収は650.7万円~700.7万円、月額給与は43.8万円、ボーナスは175.2万円となります。

同年代の他企業の平均年収が約260万円といわれていますので、他企業と比べると少し高めだといえるでしょう。

2:30代

30~34歳の任天堂社員では、年収が703.4万円~803.4万円、月額給与は50.2万円、ボーナスは200.9万円となります。

また、35~39歳からは年収も徐々に上がって727.4万円~831.4万円となり、月額給与も52.0万円、ボーナスは207.9万円で、30代全般的に年収が安定してきます。

この金額は、他企業で年齢別の平均年収が最も高いとされる、50代の約645万円よりも高い金額です。

3:40代

40~44歳の任天堂社員の年収は813.2万円~934.2万円となり、月額給与は58.4万円、ボーナスは233.6万円です。

この金額は、30代の社員から比べて約100万円のベースアップとなります。

さらに、45~49歳の平均年収は924.3万円~1,046.3万円、月額給与は65.4万円で、ボーナスは261.6万円と、30代の任天堂社員と比べて全体的に約200万円のベースアップとなります。

4:50代

どの企業の社員でも、50代はだいたい人生で最も高い年収を持つ年代だと言われています。

50~54歳の任天堂社員の平均年収は、1,011.1万円~1,121.1万円となり、月額給与も70.1万円で、ボーナスは280.3万円となります。

55~59歳では、年収は1,001.7万円~1,111.7万円、月額給与は69.5万円、ボーナスは277.9万円となり、収入が安定しています。

5:60代

60~65歳の任天堂社員の年収は656.7万円~1,111.7万円、月額給与は47.3万円、ボーナスは189.2万円となっています。

他企業においては、60歳でいったん定年退職をして再就職するという形で、同じ職場にいながら年収が下降気味になる傾向があります。

しかし任天堂社員の場合、他の年代の社員よりも下がり気味になるとは言っても、ほぼ安定しているという点では、典型的なホワイト企業だといえます。

任天堂の筆記試験の難易度

幼ない頃から任天堂のゲーム機などに馴れ親しんで来た人や、ゲーム業界への就職を考えている人にとっては、任天堂の試験は憧れと言っても過言ではないでしょう。

また任天堂は、人気ゲームキャラクターも多いため、将来的に会社が有望視されており、ホワイト企業としての評判も高い企業と言われています。

そんな任天堂の就職は難易度が高いと言われていますが、どれほどのスキルが必要とされるのでしょうか。

1:専門分野の試験

ホワイト企業と評判の高い任天堂への就職志願者は、その年にもよりますが、募集要員の約100倍~200倍となり、難易度でいえばトップクラスだと言えるでしょう。

学力はもちろんですが、英語力とプログラミングの能力が要求されており、どちらも難易度が高いというのが実情です。

それでも、以前に比べて就職希望者が下がっているとも言われていますので、一度試験を受けてみることをおすすめします。

2:フェルミ推定

フェルミ推定とは、例えば「地球上に蚊は何匹生息しているか」といった、実際に調査ができないほど捉えどころのない量をいくつかのヒントから推定し、短時間で概算することを言います。

欧米では、学校教育に取り入れることで科学的な思考を養成できると考えられ、日本国内でも、大学の理工系学部でも講義などで取り入れられています。

そして、想像力や科学的な思考を大事としている任天堂の試験にも採用されています。

3:嗜好に関するアンケート

創業以来、娯楽に関するゲームなどのさまざまな事業を展開し続けている任天堂は、人間の好みや傾向について、敏感に受け止めようとする企業だと言えます。

人には得意分野と不得意分野が必ずあるように、趣味や飲食物にも嗜好の強弱が存在します。

任天堂では、社員の嗜好を把握するためのアンケートが行われ、その結果が福利厚生などにも役立られているところも、ホワイト企業と言える理由の一つです。

4:任天堂に関する知識

任天堂が福利厚生の整ったホワイト企業であるという漠然とした認識では、会社の一員として社外の人々に情報を発信する上では知識不足であり、発信力が弱いと言えます。

創業当時からの任天堂の商品や、これまで発売されたゲーム機などの製品、ゲームキャラクター、そして任天堂の経営理念を共有できることが要求されることでしょう。

任天堂がホワイト企業と言われる特徴や、さまざまな知識をしっかりと把握しておきましょう。

5:意識調査

たとえば企業や行政が行う意識調査は、社会に生きる人々に対するアンケートなどを通じて、どのような意識を持っているのかを調査し、その結果によって今後の対策を検討するために利用されることが常識となっています。

同じように、任天堂においても、自社商品への人々の反応や社員の動向調査として、意識調査が重要だと考えられています。

この社員への意識調査も、ホワイト企業の特徴の一つだといえます。

任天堂は社員からの口コミも評価が高くホワイト企業である

人々の娯楽を追求して作られたゲーム機や、ゲームソフトのキャラクターなどの知的財産も強みである任天堂では、社員の発想を豊かにするための職場環境も配慮されています。

前回のオリンピックで、首相が「スーパーマリオ」に扮するほど、日本を代表するブランドとなった任天堂ですが、国内でも有数のホワイト企業であることは言うまでもないでしょう。

社員の満足度も高く、今後もどんどん躍進し続ける任天堂で働いてみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related