Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月08日

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ

異業界への転職でよく聞かれる不安とはいったいなんでしょうか。異業界に転職している人の内訳を知って不安を無くしていきましょう。異業界への転職に向いている、転職サイトなどもご紹介していきますので、異業界転職の参考にしてください。

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ

異業界転職でよく聞かれる不安とは?

今まで知らなかった世界に飛び込みたい、ぜひ新しい仕事にチャレンジしていきたいという目標を持っている人々がいます。今回はそういった異業界への転職を応援するために、異業界への転職でよく聞かれる不安についてご紹介していきます。

異業界への転職は不安がつきものなので、その不安の解消についてと異業界への転職をしている人の内訳をご紹介します。

異業界の慣習や風土の違いへの不安

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ
異業界への転職で1番の不安と言えば、異業界の慣習や風土の違いについてでしょう。今まで何年もかけて現職について勉強してきたことでしょうが、異業界への転職をするということは、全く違う仕事に就くので苦労します。

しかも転職なので、「また合わない場所だったらどうしよう」「もう失敗したくない」と慎重にもなるでしょう。

これまでの経験を本当に生かすことができるか

異業界への転職は、仕事の技術そのものは引き継ぐことができません。しかし、電話対応や商品の取り扱い方の心得や、勤務中の態度などの基本的な社会人としての部分は、どこの異業界への転職だとしても同じです。

異業界への転職で不安が多いことでしょうが、しかしこのように不安に思わなくても良いことはどんどんと取り除いていく、合理的な思考を持ちましょう。

異業界の常識や商品知識を身につけていけるか不安

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ
異業界への転職では、異業界の商品やマナーを覚えて実践していけるかが不安と言う転職希望者の方が多いです。転職が決まったら、商品についてはもちろんマナーも身につけていかなくては仕事として成り立ちません。

諦めずに勤め始めたときのように必死になっていくことが大切です。

教育制度やサポートがあるかのか心配

異業界への転職で、教育制度やサポートがあるか知っていたら、とても安心できるのではないでしょうか。

ほとんどの企業が研修期間や勉強会と言う名前ではないこともありますが、新人に対して行なう指導はありますが、いわゆるブラック企業はないがしろにしていくので、面接のときに指導方針を聞いておきましょう。

そうすればまた1つ不安を消せます。

異業界に転職している人の内訳9つ

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ
それでは、いったい異業界への転職をしている人たちはどのような前職に就いていたのでしょうか。今回は異業界への転職した人たちの、前職についてご紹介していきます。

いったい、異業界への転職を決めたみなさんはどのような理由で異業界への転職をしたのでしょうか。たいへん興味のある内容でしょう。共通する部分があるので、ぜひご覧ください。

1:IT・通信

まずはITや通信系の仕事から異業界への転職した人たちについてご紹介していきましょう。ITや通信系は異業界に転職をしたがる人が多く、その理由は業界のマンネリ化です。

たいへん移り変わりが激しく感じるITや通信系業界ですが、実際は日本が発信して進歩していくということが少なく、異業界への転職を選択する人が多いです。

2:メディア

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ
続いてご紹介します異業界への転職を決めた人たちはメディア関係の人たちです。メディア関係の人たちは不規則な勤務で、体を壊す人が多いので異業界への転職を決める方が多いです。

体は1つしかありませんので、ぜひとも異業界への転職を成功させて安心して勤めていただきたいですが、逆に言えば体を壊すほど真面目に働く人が多いということです。

3:金融

金融関係者も異業界へ転職する人が多いのは、「お金」という人生においてとても大切なものを扱うプレッシャーや責任感でつらくなってしまうからです。

「お金」に対して無関心な人もいますが、しかし無くて困らないという人もいません。金融関係者は異業界への転職をすることによって、精神面での開放感を味わっています。

4:メディカル

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ
メディカル関係でも異業界への転職が目立ちます。メディカル関係にお勤めの方々は人間の生死に関わることを仕事としているので、とても神経質になってプレッシャーを感じることでしょう。

特に医師は、時間も限られずに呼び出されたりするので疲労します。精神面も体力面も、とても不安を抱えて異業界への転職を決めることになります。

5:メーカー

メーカーとは製造業のことで、「もの」を売り物としてその売り物を自社で開発や製造を行なっている企業のことです。メーカーは競争が激しく、自社でアレンジした商品や新商品を定期的に出していかなくてはいけないので、プレッシャーが激しいです。

管理職や営業、また新人だとしてもはやく成果をあげるよう言われることも多いです。

6:商社・流通

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ
令和をむかえた現在の日本では、とくに流通業において異業界への転職を希望する人が出ています。決められた時間に、決められたところに物を運ばなくてはいけないので、とてもプレッシャーがかかります。

顧客たちも各事業のサービスに厳しい目を向けるようになってきているので、それは相当なるプレッシャーでしょう。異業界への転職で改善されています。

7:小売・外食

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ
小売りや外食業は、現場の力が求められる業種なので、しかも大型連休なども休みが取りにくくて異業界への転職を希望するひとが多くいます。しかし、これらの業種の人がいる事によってほとんどの人々が外食を楽しめるので、異業界への転職が増えると困ります。

人手不足の業種なので、時給が上がりつつあります。

8:サービス

どの時代でもサービス業は異業界への転職希望者が多い業種だと言えるでしょう。誰しもが、王様のような扱いを受けてみたいと感じることがあります。そこまでではなくても、家事をしなくて良かったり、マッサージをしてもらえれば嬉しく感じます。

そういった人間の欲望を、金銭をもらってかなえるのがサービス業です。満足させなくては、というプレッシャーを感じています。

9:建設・不動産

建設や不動産は、不景気の影響を直接的に受けやすいため倒産する企業も多くて不安定です。「いつ解雇されるのか」とか「取り引き先が振り込んでくれない」という金銭面でのプレッシャーが強いので、精神的にきついと感じる人も多いです。

やはりお金の心配はしたくありません。そのため異業界への転職をして行く人が多くなります。

異業界転職での転職先の選び方3選

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ
どのような企業や業界を選べば、異業界への転職に成功しやすいのかを知っておきたいと感じたことはありませんか。今回は特別に企業や業界を見つけるときに知っておくと良い、コツをご紹介していきます。

とくに、いくつかの業界や企業で悩んでいる方は、参考にしてよりどちらが当てはまるかについて考えてみてはいかがでしょうか。

1:異業界からの転職者の多い業界を選ぶ

異業界への転職に向いていると思われがちな業界が、いくつか存在します。それらは、前職がどのような業界だったかによって変わってきますので、いちがいには言えません。

しかし、「前職◯◯ 転職」などで検索エンジンを使ってみると、意外と共通点を見つけていけるのではないでしょうか。勝手な業界のイメージを持つ前に、ぜひ一度調べてみてください。

2:人材確保に積極的な新興業界を選ぶ

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ
異業界への転職が難しいのは新人と言う人材が、ゼロから育成をしていかなくてはいけない、言わば「手間のかかる」存在になるからですが、逆に言えば新人でも人材がたくさん欲しいと感じている業界を選べば良いと言うことです。

異業界への転職は不安が大きいでしょうが、人材として育成してもらえると思えばチャレンジするにはもってこいです。

3:業界を超えて活かせる自分の強みを明確にして選ぶ

明るく誰とでも和気あいあいとできたり、電話対応に自信があったりと自分の強みを明確にしておく事によって異業界への転職でも、ひるむこと無く転職活動をしていけるでしょう。

異業界への転職をしたときに、業務に直接的に関わることでなくてもかまいません。「仕事にするのは初めてだけど毎日ここの商品を使っていて詳しい」というのもありです。

おすすめの転職エージェント5選

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ
異業界への転職を成功させるには、その進みたい業界に強い転職エージェントを使ってみるのはいかがでしょうか。近年、転職活動を孤独で終わらせずに転職エージェントを使うと言う人が増えています。

転職エージェントを使う事によって、転職先についての事前情報や面接対策、必要書類の書き方などのさまざまなことを知る事ができます。

1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは登録制の転職支援サイトです。比較的ハイクラスの転職支援にも適していて、転職をチャンスとしてキャリアアップをしていきたいという方におすすめできます。

登録制と言うこともあって、初めに求人内容や件数を見ることはできませんが、サイト登録は無料でできますのでまずは試しに登録してみてもいいでしょう。

2:マイナビエージェント

マイナビエージェントではサイトを開いてすぐに現在の職業についてや、年収情報などをセレクトしていき、ベストマッチな求人情報を探してくれます。ほとんどがボタンを選ぶだけでできますので、転職活動初心者さんにもおすすめできるところがポイントです。

比較的一般的な知名度がたかい転職支援サイトなので、安心感が持てるでしょう。

3:ビズリーチ

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ
ビズリーチは転職支援サイトのなかでも、ハイクラスな求人情報があって公開求人とヘッドハンティングの両方の転職支援が受けることができます。とても高品質なハイクラス求人がありますので、無料登録をして調べてみると良いでしょう。

ハイクラス求人はチャレンジできるタイミングが限られていますし、今だと感じた時に飛び込んでみるのはいかがでしょうか。

4:JACリクルートメント

JACリクルートメントは実績人数が多くて、企業からも転職希望者たちからも信頼をされている転職支援サイトだということが分かります。ハイクラス転職を応援してくれるJACリクルートメントは600万円から3,000万円の年収を希望する人たちにおすすめできます。

ぜひハイクラス転職のために動き出しましょう。

5:レバテックキャリア

ITやWEB業界のクリエイターや技術者に転職していきたい人におすすめのレバテックキャリアはおすすめできます。なかなかWEBやITなどの業界は専門的な知識や技術を学ぶのがたいへんで、転職にはあまり向いていません。

しかしその難しい転職をレバテックキャリアはサポートしてくれます。

異業界からの転職者は多い

異業界転職でよく聞かれる不安とは?異業界に転職している人の内訳9つ
いかがでしたでしょうか。どこの企業にも、おもっているより異業界からの転職者が多いことがわかったのではないでしょうか。今回、異業界への転職を目指す人に共通するのは「プレシャー」です。転職を成功させてのびのびと働きましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related