Search

検索したいワードを入力してください

企画職への転職を成功させるためのポイント5つ|必要なスキルとは?

初回公開日:2019年05月08日

更新日:2019年05月08日

記載されている内容は2019年05月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

企画職への転職を考えているという転職希望者のみなさんは、企画職に転職を成功させるにはいったいどのようなポイントを押さえればいいか、ご存知でしょうか。今回は企画職への転職を成功させるためのポイントを5つご紹介していきます。

企画職への転職を成功させるためのポイント5つ|必要なスキルとは?

企画職とはどんな仕事?

企画職に転職したいとおもっている方や、「企画職に転職してみてらどうかな」と周りの人かた進められたと言う方は、企画職への転職を成功させるにはいったいどのようなポイントを押さえていればいいかご存知でしょうか。

企画職は、いくつか種類があって、それに合わせて何を企画するのかなどが変わってきます。今回は企画職への転職を成功させるためのポイントをご紹介していきます。

商品企画

まず1つ目の企画職は「商品企画」です。企業の売り物である「商品」の企画職で、どのような商品にニーズがあるかや優れているかを判断しながら、新しい商品を提案していきます。

商品が売り物の企業にとってはこの企画職はかなめとなります。一定期間事にあたらしい商品は作られていくことが多いので、発想力をもって新しいことにチャレンジする気持ちや、変わらないものを大切にする愛も必要です。

営業企画

つづきましての転職に人気な企画職は「営業企画」です。「営業企画」は、先ほどの商品自体を企画する企画職とは異なり、商品やサービスをどのように売っていくかという営業戦略を考えていく企画職です。

スキルアップの転職に利用することが多く、営業で地盤を固めていた人たちがその経験を活かして転職します。営業戦略によってどのようにちまたに広まるか、顧客を獲得できるかが決まります。

宣伝企画

最後にご紹介します転職におすすめの企画職は「宣伝企画」です。宣伝企画とは広報に属することが多くて、商品をどのように宣伝していけば効率がいいかなどを考え、外部ともやり取りをすることが頻繁なので、外交的な人に向いています。

商品の魅力を理解して、さらにアピールしていくことが主な目的の部署なので、商品やサービスに愛情をもって行なえると能力が発揮できるでしょう。

企画職への転職を成功させるためのポイント5つ

それでは、いったいどのようなポイントをおさえていれば企画職への転職活動に成功できるのでしょうか。実は、企画職にかぎらず、転職活動にはかんたんに実践できる成功させるためのポイントがあって、今回はそのポイントを特に重要なものから5つご紹介していきます。

どのようなポイントなのか、また企画職をつづけていくにも知っておくと良いポイントばかりなのでぜひご覧ください。

1:条件面をあらかじめ決めておく

転職となると、「なぜ転職するのか」という質問をされたりして、なぜか悪いことをしている気分になっておじけずいてしまうこともあります。しかし企画職に転職をするのであれば、条件面をあらかじめ決めておくとスムーズに企画職への転職ができることが多いです。

転職者は遠慮がちになる傾向にありますが、転職後に後悔することとなるので、最低限や希望の条件ははっきりとさせましょう。

2:社風や職場の人間関係について調べる

企画職は比較的、大人数で取り組む仕事が多い部署なので、人間関係や先輩や上司の人柄などについてある程度知っておくと安心できるでしょう。

なかなか内部事情は分かりにくいですが、面接の時に「風通しの良い部署ですか」や「どのような指導方針ですか」と聞けば、優良な企業であれば教えてくれます。

「セクハラ・パワハラはありますか」というはっきりとした聞き方は控えた方が良いでしょう。

3:キャリアの棚卸し(自己分析)を行う

転職活動のときは焦る気持ちがはやってしまい、なかなか自分について落ち着いて分析する機会がありません。自己分析をする事によって、専門的な熱意が必要となる企画職への転職活動が向いているのかや、正しいのか、また企画職への転職活動の方法などを見直すことができます。

転職活動の方法にも、向き不向きがありますので、自己分析をとおして向き合ってみてはいかがでしょうか。

4:面接対策を行う

やはり、自分の人柄や性格、企画職への熱意などを自分の声で伝えられるのは面接なので、面接では積極的にアピールしていかなくてはいけません。

そのために企業に合わせたキャラクター性を作っていったり、知的な会話や豊富な感性をアピールできるようなトーク術、文章を考えてみましょう。また効果的な声の出し方やステキな笑顔の練習もマストです。

面接は転職活動のかなめです。

5:転職エージェントを活用する

転職活動に必要な知識や練習をサポートしてくれたり、希望に近い転職情報を提供してくれる「転職エージェント」を活用して転職活動をする人が増えています。

無料で利用できる転職エージェントも多くありますので、一度情報を集めてみてはいかがでしょうか。転職エージェントがいると悩みも相談できるし、面接の練習や書類の書き方もサポートしてもらえるのでとても心強いです。

企画職に転職した際に必要になるスキル5つ

つづきましては、実際に企画職に転職したときに実践で必要となってくるスキルをご紹介していきます。企画職に転職したときに「このようなスキルがあれば、安心なんだ」という前知識としてください。

読んでみて、自分に足りないなと感じたらぜひ強化を心がけていきましょう。社会人としてはそんなに難しいスキルではありません。まずは自分に備わっているかを考えてみてください。

1:コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は仕事をしていくうえでかけがえのないスキルです。とくに企画職は最新情報や流行にも詳しくなくてはいけないので、同じ企画職の人だけではなくて会社の他の部署の人とでも仲良くなって会話の中からたくさんの情報を手に入れることが重要です。

たくさんの情報から、企画職としてビジネスマンとして重要で有力な情報を取捨選択して、仕事に活かしましょう。

2:調整・折衝能力

スケジュールを調整したり、利害が一致していないけれど折り合いをつけていくために奮闘をしたりしていく能力やスキルは絶対に必要です。流行りなどを気にして企画をしていく職種なので、タイミングによっては他社との兼ね合いで企画がとおらないこともあります。

そんな時に調整してさらにベストなタイミングで企画をとおしたり、アレンジをして提案し直すスキルがあれば一目置かれるでしょう。

3:情報収集・調査・分析力

他社と似通った商品が無いか、市場の流れや流行はどうか、また現在の案はベストなのかなど、企画職には情報を見極めたり分析していく能力が必要です。ぜひまめにネットニュースや新聞を読んで情報収集能力を高めていきましょう。

そして自分の中で、その情報の正しさや安定性を見極めて仕事に活かしていくといいでしょう。情報社会と言われている令和の現代でも、とても頼りにされること間違いなしです。

4:商品に関する知識

自社商品にかぎらず、類似した他社の商品や同じジャンルの商品については、しっかりと知識を取り入れておかなくてはいけません。企画職はゼロから商品やサービスを企画しますので、基盤がかぶってしまうことがあります。

わざとではなくても、それは危険なことです。しっかりとオリジナリティーがある商品やサービスでなくてはいけませんので、ぜひ下調べを繰り返して情報をまなびましょう。

5:ロジカル性

どうしてこの方法を選んだのかや、なぜこれが良いのかと言うことを結果を含めて説明できる論理的で筋が通っている考え方である「ロジカル性」は企画職にはとても重要です。

やはり統計学のように「ほぼ間違いない」という考え方や流行りはあります。それらを感情的にならずに、1人の考えだとおもわれないように説明できなくては説得力がありません。しっかりロジカルを取り入れましょう。

企画職に転職したい人におすすめの転職エージェント5選

ここでは、企画職に転職を希望しているみなさんに、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントは乱立していて、どこの転職エージェントを利用したら企画職に向いているのか、有利なのかが分からないことが多いので、今回は転職エージェントのなかでも企画職に自信がある転職エージェントをご紹介します。

ぜひ転職エージェントを有効的に利用して、転職活動を成功させましょう。

1:マイナビエージェント

各業界を専門的に勉強してサポートをしてくれるエージェントが揃っているサイトなので、新しい未知の転職活動にも勇気を持ってチャレンジしていけるでしょう。公開求人もアップロードされていきますので、とても初心者向けです。

一度、公開求人を見てみてから専門的に頼みたいと感じたら登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。有名なので口コミサイトも参考にしてみてください。

2:パソナキャリア

公開求人のなかでも「企業非公開求人」が用意されていて、かなりハイスペックな求人情報が満載となっています。

「企業非公開」と言われるとなんだか不安になってしまいますが、これらは名前だけで企業を決めずに仕事内容や条件で見極めて欲しいと言うとてもフランクな物なので安心してください。

50000件以上の求人がありますので、まずは検索をしてみましょう。

3:doda

国家公務員の求人情報も載せられているdodaは、テレビコマーシャルでも有名なので知ってるという方も多いのではないでしょうか。検索方法がたくさん設定されていながらも、分かりやすいホームページに好感が持てます。

悩んだ時には、勤務先や業種で大まかに検索をかけて、その企業が企画職を募集しているかを詳細検索していくと良いでしょう。

4:JACリクルートメント

関東付近の企業求人情報を強化しており、ミドルからハイクラスの求人情報を取り扱っているのでキャリアアップを目指して企画職に転職活動をしている方におすすめの転職エージェントです。

ハイクラス求人と聞くと尻込みをしてしまいそうになりますが、せっかくの転職活動です。一度は目標やこころざしを高くもって求人情報を見てみてはいかがでしょうか。惹かれる求人情報があるでしょう。

5:リクルートエージェント

現在の年収などの基本情報から、いったいどの程度であればキャリアアップしていけるのかなどの具体的な転職活動の相談にのってもらえます。無料で利用ができますので、ぜひ登録してみてください。

ホームページには転職フェアーや企業セミナーなどの、転職活動に有効的な情報も更新されているので転職活動初心者さんにも勉強になるでしょう。

企画職に転職する際はエージェントを活用して見よう

いかがでしょうか。企画職への転職活動を成功させるためのポイントや、企画職で務めるにあたって必要なスキルをご紹介していきました。企画職は企業のかなめの部署なので、夢と愛情を持って日々取り組んでいける人に向いている部署だと言えます。

ぜひ企画職への転職活動を成功させて、企業を引っ張っていく新しい人材となりましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related