Search

検索したいワードを入力してください

転職で失敗しないための注意点6つ|マイクロソフトの評判と将来性

初回公開日:2019年05月24日

更新日:2019年05月24日

記載されている内容は2019年05月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんこんにちは、今回は「転職で失敗しないための注意点6つ|マイクロソフトの評判と将来性」と題し、「マイクロソフトの評判と将来性」をピックアップし、その際に転職で失敗しないための注意点を6つの形で具体的にご紹介します。ぜひご参考にしてみて下さい。

転職で失敗しないための注意点6つ|マイクロソフトの評判と将来性

マイクロソフト

マイクロソフトというのは一般的に、「アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置くソフトウェアを開発・販売する会社」として知られており、現代ではビル・ゲーツとポール・アレンによって創業された大手企業の1つとして多くの職種分野で知られています。

転職する際にはその難易度において「ITスキル・実務能力の高低」が求められる上で、さらにその転職に応じて必要な資格の有無も変わってくるため、それなりの準備が必要です。

マイクロソフトの事業内容

次に「マイクロソフトの事業内容」についてですが、基本的にその仕事内容ではクライアントソフトウェア、サーバソフトウェア、ハードウェア、オンラインサービス、ウェブアプリケーションの開発などを踏まえ、主にIT関連技術に直結する分野の職種となります。

そのためマイクロソフト社に入社する場合には、各種の職務に就く場合に必要となる資格・技術・能力が必須となるため、転職難易度の高低は実務能力によって変わります。

マイクロソフトの経営状況

次に「マイクロソフトの経営状況」についてですが、現代でも多くのアプリケーション開発が促進され、その市場が国内外を問わず世界的規模で発展している現状を見てもわかるように、今後における将来性ではかなり優良企業としての枠組みに入るでしょう。

転職する場合でもその難易度を緩和するためには、まずマイクロソフト社で求められる将来ビジョンをしっかり踏まえ、自己能力を未来において必要とされるよう工夫しましょう。

マイクロソフトの経常利益

「マイクロソフトの経常利益」についてですが、「米国の有数テクノロジー企業の業績比較において2016年売上高100億ドル以上、営業利益率20%以上」ともされる超一流企業の部類に含まれる優良企業であるだけでなく、その後の利益においても確約されています。

1995年には「ウィンドウズ95」が発売され、その後において数多のアプリケーション・企業用サーバエンジンなどの開発を受け、破格の利益を獲得しています。

マイクロソフトの利益率・負債比率・借入比率

続いて「マイクロソフトの利益率・負債比率・借入比率」ですが、ここ数年における利益率(営業利益)は「3700億ドル」に迫る勢いで認められ、過去何年からにおける利益率においても他の一般企業から見れば破格の利益率の変動が認められています。

負債比率では、自己資本比率が「94,864,000円」であるのに対し、有利子負債が「12.37万円」とその業績は向上傾向で見られ、借入比率は「2.9%」となっています。

マイクロソフトの将来性

マイクロソフトの将来性についてですが、これは転職時でもかなり多くの求職者によって気になる点であり、その将来ビジョンを図る際にはかなり安定する企業であることがわかっています。

特にIT企業へのスライド転職が他種企業に比べて破格に安定する傾向があるため、転職時の難易度においてたとえさらなる転職活動を強いられる場合でも、それまでにマイクロソフトを希望した際に培ったスキルによってその難易度は緩和されます。

転職で失敗しないため注意点6つ

先述では主に「マイクロソフトの仕事内容と将来性」と、「マイクロソフトへの転職に際する詳細情報」をご紹介しましたが、ここからは「転職で失敗しないため注意点6つ」と題し、マイクロソフトへ転職する際に必要な知識をご紹介します。

転職エージェントを利用する際には、一般的に早期のアクションとその後の展開を有利にするためのプラン立てが有効で、それによってスムーズな転職に臨めるでしょう。

注意点1:できるだけ在職中に転職活動を行うこと

転職サイト・ハローワークなどを利用する場合、できるだけ在職中に転職活動を始めればそれだけゆとりを持て、転職に掛かる負担も抑えることができるでしょう。

マイクロソフトへの転職を試みる際は、IT関連の知識とその能力・スキルが主に必要で、転職前からその点を重点的に調べることが必須でしょう。

この場合、転職エージェントではその実益的な活動を支援する上で「理想の職場への斡旋」が行なわれます。

注意点2:自分の「市場価値」を高く設定し過ぎないこと

転職サイト・エージェントを活用する場合は「市場価値」への注目が必須で、「マイクロソフトで必要とされる実力がどれくらい自分にあるか」という基準を持たされます。つまり企業ニーズを主観的に確認することが必要となります。

この場合に重要なことは「マイクロソフトで業務に就く場合の自己能力・スキルを過信しないこと」であり、その企業で確実に求められるニーズを正確に踏まえることが大事になります。

注意点3:漠然としたイメージや先入観だけで仕事を選ばないこと

転職エージェントを利用する上で企業の基本情報を調べておき、まずその企業についての漠然としたイメージを払拭しましょう。転職においてイメージだけが先行すれば、本当に企業から求められる正確なニーズがわからなくなる場合があります。

転職エージェントを利用する場合は、必ず「企業ニーズ」を細かに分析・確認しておき、自己スキル・能力に見合った適職を見付けることが大切です。

注意点4:今の仕事を「辞めない」という選択肢も捨てないこと

転職エージェントを利用する場合は、在職中から転職活動を始めることでマイペースを携えることができます。どの転職でも失敗することがあるため、その場合に備えて職場に残ることを考える必要があります。転職前にはその難易度についてもわかりません。

転職サイト・エージェントを利用する際は資金が必要となるため、そのための収入口を確保した上で転職時の理想的な土台にすることができます。

注意点5:何が自分の優先条件なのか明確化しておくこと

転職に際しては「適職への転職」が第一に想定されなければならず、マイクロソフトへ転職する場合でも、自分にとっての目標・理想を明確化しておくことが重要です。

転職エージェントを利用する上で、マイクロソフトの職種から自分の適職を見付け出し、その職種に就くための優先条件をまず決めておくことで一般に見られる転職難易度も軽減できます。自己能力に見合った適職を先に把握しておくことが重要になるでしょう。

注意点6:転職先で必要となる知識やスキルの習得を行っておくこと

マイクロソフトではまず「即戦力」となれる具体的な実力・能力・スキルの証明が必要であるため、入社後すぐに活躍できるだけの実力・スキルをストックしておくことが大切です。

転職エージェントを利用する上でも「転職後の生活の安定」を想定することはできるため、そのための知識・情報取得をしっかり補充し、自分なりに転職難易度を下げるための環境・土台を設計しておきましょう。

マイクロソフトの評判・口コミ11選

さてここからは「マイクロソフトの評判・口コミ11選」と題し、具体的にマイクロソフトが世間からどのような評価を得ていて、今後の企業発展においてどれくらいの将来性を秘めているかを詳細に見ていきましょう。

マイクロソフトへの転職に限らず、すべての企業へ転職する場合はこのように「事前の職種確認」が必要であり、転職難易度を少しでも下げるための必須情報をしっかり確認しておきましょう。

マイクロソフトの評判・口コミ1:年収・給与(給料)

まずマイクロソフトに転職した場合に確認される年収・給与面ですが、マイクロソフトに転職した場合の平均年収は一般的に「900万円から1200万円」前後と言われており、一般企業と比べて破格に安定した生活が約束されるものになります。

多くの口コミ・評判においても「給与面はかなり良い」という評価が多く、この点で苦しくなるような生活をするという評価はほぼ見られません。

基本的な年収(ベースサラリー)は高く、それ以外にインセンティブやストックアワードもあるため、実質的な年収は非常に高い。

出典: https://en-hyouban.com/company/10026429925/1/ |

マイクロソフトの評判・口コミ2:ボーナス(賞与)

次にマイクロソフトに転職した場合にもらえるボーナスですが、これは年代別によって変動することが多く、特にピークの年代では30代から40代とされており、その場合にもらえる賞与額は「300万円から600万円(通年)」程度とされています。

一般の企業へ転職した際にもらえる賞与に比べてかなり安定している賞与額となり、さらにサービス関連企業などに比べると稀な賞与額の部類に含まれるでしょう。

年収は外資ITの中でも非常に高い水準だったと思う。特にパフォーマンスを出している人は結構早めにJobLevelが上がって年収が上がるし、JobLevelが上がらなくてもMeritIncreaseという定期昇給で結構年収は上がる。

出典: https://en-hyouban.com/company/10026429925/1/ |

マイクロソフトの評判・口コミ3:労働時間・勤務時間・残業・休日休暇

次にマイクロソフトで働く場合の「労働時間・勤務時間・残業・休日休暇」についての評価です。これについては基本的に転職者によって評価が分かれるため、転職者によっては「かなりしんどい」や「非常に優遇される」といった評価が見られます。

有給消化や休日の確保の仕方、さらにはコアタイム・フレックスタイムへの扱いが充実しており、その点での評価は比較的高い傾向にあります。

有給休暇も取得しやすく、夏や年末年始のまとまった連続休暇も、問題なく取得できる。非常に自由度が高いので、混み合う時期を避けて休暇を取得できるので旅行などにも行きやすい。

出典: https://en-hyouban.com/company/10026429925/2/ |

マイクロソフトの評判・口コミ4:人事制度・評価制度・社内制度

次にマイクロソフトへ転職した場合に感じる「人事制度・評価制度・社内制度」についての評判・評価です。この場合も転職者・既存の社員によって大きく評価が分かれますが、一般的な「人事関連への評価」は良い傾向にあります。

人事では主に人材育成の側面に定評があり、研修活動・セミナーの開催などをはじめ、人事育成に向けた学習制度の充実が見られることは多くの転職者にとって有利となるでしょう。

【社員の成長に向けての支援制度】色々用意されており、活用させて頂きました。社外の学習制度を利用したり研修に参加しました。とても有益であったと思っています。日本企業よりバジェットが多いと感じました。

出典: https://en-hyouban.com/company/10026429925/4/ |

マイクロソフトの評判・口コミ5:女性の活躍・女性の働きやすさ

次にマイクロソフトへ転職した場合に感じられる「女性の活躍・女性の働きやすさ」への評判・評価についてです。この場合も転職者・従来の社員によって大きく評価が分かれますが、基本的にこれもその傾向としては高評価を得ています。

マイクロソフトでは主に「女性活躍に向けた制度・取り組みに注力している傾向」が見られるため、その点では実力を持つ社員は自由に働くことができます。

オフィス内はとても綺麗で最新の技術が導入されていたので、毎日気分よく働けました。席も広々としており、隣の席の人との距離感もあって集中して仕事ができました。

出典: https://en-hyouban.com/company/10026429925/ |

マイクロソフトの評判・口コミ6:入社理由と入社後の印象

次にマイクロソフトへ転職した場合に感じられる「入社理由と入社後の印象」への評判・評価についてです。クラウドビジネスが将来的に発展していく世情において、その入社理由では特に「発展に向けたオリジナルアイデア」の採用が多く見られます。

上記を踏まえ、入社後の印象は「良かった」とする評価が多く見られ、転職者によってはその後の活動によってスライド式での転職難易度を大きく下げることもできるでしょう。

クラウドビジネスがこれから拡大する、というタイミングで入社。事実、マイクロソフトとしても業界としても、クラウドへのビジネストランスフォーメーションやその領域の成長を肌で実感しており、入社して良かったなぁ、と感じている。

出典: https://en-hyouban.com/company/10026429925/8/ |

マイクロソフトの評判・口コミ7:転職・採用面接

次にマイクロソフトへ転職した場合に感じられる「転職・採用面接」への評判・評価についてです。転職・採用面接ではその転職者・社員各自の思考によって変わりますが、一概に言う上は「転職時の難易度は比較的低い」となるでしょうか。

IT関連の職種へ転職する場合は多くの転職者がそのための知識・資格を保有しており、やりがいのある仕事を求める上でも、転職難易度を下げるためのサポートは各自で用意する傾向にあります。

質問はあまりされず、「あなたのセールスポイントをおっしゃってください」や「職務経歴書のこの部分をご説明ください」など、こちら主導で話すよう促され、売り込めるタイプの人を求めているかと思いました。

出典: https://careerconnection.jp/review/14089/interview/ |

マイクロソフトの評判・口コミ8:やりがい

次はマイクロソフトへ転職した場合に感じられる「やりがい」についての評判・評価です。やりがいというのはその転職者・社員各自の実力や将来ビジョンによって変わります。

マイクロソフト社では基本的に「あらゆる仕事に際して必要な環境」がそろっているため、気持ちよく働けるための環境設定はすでになされています。この点を見れば、転職難易度を検討し、自分の理想的な会社を定める上でも適していると言えるでしょう。

色々用意されており、活用させて頂きました。社外の学習制度を利用したり研修に参加しました。とても有益であったと思っています。日本企業よりバジェットが多いと感じました。

出典: https://en-hyouban.com/company/10026429925/ |

マイクロソフトの評判・口コミ9:会社の強みと将来性

マイクロソフトへ転職した場合に感じられる「会社の強みと将来性」についての評価です。マイクロソフトに転職する場合によく言われるのはその将来性で、この点でも転職者本人のビジョンの持ち方により変わります。

マイクロソフトで行なわれる仕事は多くの職種が外資系に含まれ、給与体制の充実はもとより、世界規模でニーズが求められる職種として認められます。そのため外資系の職種に就く場合の難易度が見られます。

基本的に、外資、もとより北米の会社は新卒を一定以上名4月に雇用するという制度がありません。なので、外資は基本的に中途入社のみとなっています。必然的に中途で実力をもった人が活躍するという場所が用意されているのかもしれません。要は実力主義です。

出典: https://en-hyouban.com/company/10026429925/5/ |

マイクロソフトの評判・口コミ10:経営者(社長)の魅力・手腕

次はマイクロソフトへ転職した場合に感じられる「経営者(社長)の魅力・手腕」についての評判・評価です。上司の方針によっては勤続に際する難易度も変わってくるため、この点も十分調べましょう。

マイクロソフトに転職する人の感想で見られるのは、「オリジナルアイデアを生かした企業発展への貢献」という点で、その点への難易度も見られつつ、その評価では転職者によって好評・不満に変わる傾向が見られます。

かつて "Sick Subsidiary" (病んでいる支社)と言われた日本支社を短期間で、全世界でナンバー1に押し上げた実績は、やはり優れているといえると思う。ただ、そのことが日本市場を見据えた動向かというと、それはやや疑問である。

出典: https://en-hyouban.com/company/10026429925/kuchikomi/42978/ |

マイクロソフトの評判・口コミ11:福利厚生・オフィス環境

次にマイクロソフトへ転職した場合に感じられる「福利厚生・オフィス環境」についての評判・評価です。

マイクロソフトで働く際には、男性・女性問わず「社内オフィスがきれいで整頓されている」と言われ、さらに立地条件が良く、転勤・出張の際の諸手当にも十分配慮されているという点があげられます。

働きやすいという点で評価が上がりやすく、フリーランスで働く場合でも勤続に際する難易度を下げることになります。

オフィスは非常に綺麗で充実している。場所も品川という非常に便利な立地条件にあり働きやすい環境にある。また、在宅勤務も比較的自由にできるのも良い点ではある。

出典: https://en-hyouban.com/company/10026429925/3/ |

マイクロソフトの採用情報・転職情報

ここからは「マイクロソフトの採用情報・転職情報」と題し、実際にマイクロソフトへ転職する場合の転職市場・採用に際する難易度をご紹介します。

マイクロソフトへ転職する場合でも、自分が従事する職種の基本情報を確認し、その場合に自分にどのような実務スキル・能力が求められているかを正確に見定めることによって転職の難易度も下がります。

企業情報の下調べを十分しておき、自分にとっての難易度の確認をしましょう。

マイクロソフトの採用職種

まず「マイクロソフトの採用職種」についてですが、この場合は新卒・中途採用時に一般に見られる転職内容とほぼ変わらず、企業ニーズを正確に満たすことによって転職難易度を着実に低めることができるでしょう。

採用フローでは、書類選考・面接への順序は他企業の場合と同じで難易度も同様ですが、マイクロソフトでは主に自主企画へのスキルが問われやすく、その点での実力が認められなければかなり難易度も上がります。

マイクロソフトの選考フローの難易度

マイクロソフトの選考フローの難易度についてですが、まず日本マイクロソフトへの転職を検討する場合はエントリーシートを提出し、そこで書類選考がなされ、その後にWEBテスト・筆記試験・SPIテストを受ける点で難易度が見られます。

そして面接では1次・2次、最終面接という運びの各場面で難易度は変わりますが、一般的に志望動機が弱かったり、自己スキルが乏しい場合は難易度がかなり高くなるでしょう。

選考フローの難易度1:エントリーシート

エントリーシートはいわゆる履歴書と職務経歴書を合わせた書類で、最近では企業面接時に必ずその提出が課される重要書類の1つに含まれ、この点での難易度も見られます。

マイクロソフトへの転職時ではエントリーシートの提出が必須となりますが、そこでは志望動機の内容と、書類作成上でのマナー、また学歴や資格の内容が評価されます。

転職者の場合は特に実務経験が評価され、その点を充実させておけば難易度は下がるでしょう。

選考フローの難易度2:WEBテスト・筆記試験・SPI

マイクロソフトへの転職時によく見られる「WEBテスト・筆記試験・SPI」ですが、これは「IT関連企業に就く場合の一般常識」を問われる試験になるため、それほど難易度は高くありません。

それまでに一度もIT関連の職種に携わったことがない場合や、パソコン技術・資格の有無・スキルに乏しい場合には、そのテストの難易度に翻弄されるケースも見られます。その点での難易度を想定し、十分な対策を練っておきましょう。

選考フローの難易度3:1次面接

先述でもご紹介しましたように、日本マイクロソフト社への転職時には基本的に、1次面接・2次面接、最終面接が課される場合が多いです。1次面接の質疑になるため、それほど難易度は高くありません。

1次面接の難易度を言えば「なぜその企業(会社)を選んだのか」といった志望動機の確認や、マイクロソフト社で働く際の将来ビジョンをはじめ、その仕事をとおしてどのように躍進したいか、などといった基本的な内容になります。

選考フローの難易度4:最終面接

続いて最終面接ですが、ここではそれまでの採用フローで通過してきた就活者・転職希望者が集まることになるため、基本的な質疑内容はほとんど省かれます。場合により難易度は高いです。

主に専門的なスキルについて問われる点で難易度は高く、「自分の技術をもって日本マイクロソフトの将来をどのように担っていくか」や「必要となる英語力をもっての簡単な会話技術」、また発展のための具体的なプランニングが求められます。

選考フローの難易度5:内定

先述までの採用フローをすべてパスし、その上で合格をもらった求職者・転職者には「内定フォロー」の通知をはじめ、内定したことをそのまま伝える連絡が入ります。これは基本的に電話による口頭での通知の場合をはじめ、書面上での通知になることが多いです。

主体性・チャレンジ精神、IT企業で働く上での明確なキャリアビジョンを踏まえた上で、転職後に課される期待も大きいため、就業時の難易度を上げないことも大切です。

マイクロソフトに転職した場合の労働環境

先述の口コミ・評価においてもご紹介しましたが、マイクロソフト社で働く場合はあらゆる仕事に必要な環境・条件がそろっているため、転職後すぐに苦労するといった状況はほぼ見られないでしょう。

とにかく非常に働きやすい仕事環境が与えられる上、仕事を円滑に進めていけるだけの育成キャリアの面も充実しており、そこでの難易度はほぼ認められないと言って良いでしょうか。

マイクロソフトの給与と福利厚生(待遇)

マイクロソフトの給与と福利厚生・待遇性についてですが、基本的にこの「優遇の度合い」を図る場合には社員・転職者各自の思惑・感想によって大きく変わってくるため、一概に「すべての社員にとって優遇される」とは言えません。

一般的に言われるところでは「適職に就けば昇給・出世の機会が充実して増える」、「そのための研修制度の充実」に好評が見られ、その確約性はかなり高い評価を得ることになるでしょう。

マイクロソフトの給与

次にマイクロソフトの給与ですが、これも先述でご紹介しましたようにマイクロソフト社で働く場合は常に「高額の給与がもらえる」という評価が多く見られています。

しかしこの場合でも、実際に従事する職種によって給与の高低が変わることがあり、また実務能力・必要な資格の有無によってその給与の高低が変わることがあるため、すべての社員にとって高額の給与になるとは限りません。その点もしっかり把握しておきましょう。

マイクロソフトの生涯賃金

続いて「マイクロソフト社で働く場合の生涯賃金」についてですが、これはインターネットで調べてみても簡単にわかります。一般的には2500万円から3000万円程度とされていますが、昇給によってはさらに高額の生涯賃金になる場合があります。

少なく見積もって「2500万円から3000万円」となるため、実際に従事する役職・職種によって非常に大きく変動する傾向が見られるでしょう。

マイクロソフトの福利厚生(待遇)

マイクロソフトの福利厚生をはじめとする待遇性についてですが、これも一般的にはかなり高評価にあります。

どの職種に転職する場合でも、企業側にとっては「社員各自の健康管理を行なうこと」が義務となり、それによって企業利益を伸ばしていくための土台を作ることになります。

この点を鑑みる上で、マイクロソフト社でも充実した管理を行ない、社員各自にとって安定した生活の確保がなされるでしょう。

マイクロソフトについて理解を深めて転職を検討しよう!

いかがでしたか。今回は「転職で失敗しないための注意点6つ|マイクロソフトの評判と将来性」と題し、「マイクロソフトの評判と将来性」をピックアップし、その際に転職で失敗しないための注意点6つ・難易度をご紹介しました。

マイクロソフトへ転職する場合の重要点は、自己ニーズと企業ニーズをまず見直しておき、転職エージェントを活用しつつ、「将来的に安定する職務を想定すること」となります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related