Search

検索したいワードを入力してください

電力会社から転職する7つの理由|身につけておくと良いスキル

初回公開日:2019年04月20日

更新日:2019年04月20日

記載されている内容は2019年04月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

電力会社からの転職について、転職先にはどこが理想なのか、必要な資格は何か、電力会社で転職に必要なスキルは身に付くのか、電力会社の業務内容や働く中でのメリットやデメリットなどをここではお話ししていきます。それぞれ自分に合った転職先をみつけましょう。

電力会社から転職する7つの理由|身につけておくと良いスキル

電力会社の現状

電力会社の現状については、燃料コスト削減が課題になっています。 電力会社は、原発の代替えとなる天然ガスや、石油の燃料費が増えてきています。

多くの電力会社が単価が年々上昇している傾向です。また、価格が下がっている石炭を原料として発電する、といった考えをもつ電力会社もあります。このような中で電力会社からの転職者もいます。

安定だけではない電力業界

大手の電力会社は各地域にあります。そして、各エリアの中では発電や送電事業が展開しています。それぞれの電力会社では、電力を安定させ供給することを考えておこなっています。

このおかげで、電力会社で働く社員たちの環境も安定していき、安心して働くことができていまました。しかし震災後の電力会社は、安定という言葉が揺らいできています。

現在では、景気などの変動に大きな影響を受けていて、転職を希望する社員もいます。

業界の大きな変化

電力会社の今の現状は、電力の小売りが自由化されたことで、電力会社自体の事業に関しても変化が大きくなっています。

消費者が電力の自由化で自由に電力会社お選べるようになり、電力会社の電力価格が下がると予想している人もいます。

また、現在電力は電力会社だけではなく、ガス会社や通信会社などが参入しています。電力会社はこの中で、それぞれの会社と収益の競争をしていくことになります。

今後の電力会社に求められること

電力の供給方法は、数年のうちに大きく変化してきています。電力会社自体の不安定感も伴って増えてきています。

電力会社にとって一番大事なのは、信用性と信頼性です。これからも電力会社は、多くの人たちの生活を支え続け、安定した電気の供給を行うことが重要です。

近年、電力会社への風当たりは厳しい方向へと向かっていますが、安心して利用することができるように努力を怠ってはいけません。

電力会社から転職する7つの理由

電力会社からの転職は、一部では難しいとされています。しかし、電力会社から転職を希望する人の数が多くなっています。

いったいどのような理由で転職を考えるのか、難しく転職先がなかなか決まらないのにはどのような理由があるのかなどをここから見ていきますので、転職をお考えの方は参考にしてみてください。

理由1:給与

電力会社の平均的な年収は、他の企業に比べると高くなっています。理由の一つには、非常時などに対応する残業時間などがあり手当てがつけられます。

しかし転職する人の中には、特定の月の収入が他の企業よりの高くても、年収にして考えたり、残業を考慮した場合にはそうでもないと不満をもっています。

残業することでその分手当てが付き収入が増えますが、基本的には賃金自体は大企業の中では高いものではないと言うことになります。

理由2:業務内容

業務内容については、送電、発電、変電、配電と消費者に電気を届けます。 また、いかに効率よくエネルギーの効率化が行えるのかなどを考えたり、さまざまな提案をしたりといったことを行っています。

安全面を重要視し、火力や原子力、風力そして水力などの設備の点検なども日々行っています。業務内容に関しては、新人研修時に大変さがあると言う理由で転職を考えるケースもあります。

理由3:拘束時間

転職の理由の一つとして多くあるのが、拘束時間です。通常勤務の他にも、宿直勤務があります。この勤務は技術系の部署となりますが、定時で終えた後の翌朝までも勤務です。

万が一のトラブルなどの場合に迅速対応できるために行います。書類の整理や多くの資料の検討を行いながら宿直勤務を行いますので、拘束時間は長いと考える人もいます。

安全に電力を供給するためには、仕方のない事ですが転職理由の一つです。

理由4:転勤

それぞれの電力会社で違いはありますが、3,4年といった周期で転勤があります。この転勤は基本的に同じ都道府県内で移動を行います。

これは、電力会社に就職した先の都道府県内での移動になります。しかし、出世していくなかで優秀な人材は、本店移動があります。同じ都道府県内でも転勤はしたくないと言う人は、向いていない業務形態と言えます。

理由5:人間関係

必然的に人手不足となってくると、その分1人が抱える負担も大きくなります。さらに業務の忙しさから精神的に余裕がなくなり、人間関係もギクシャクしてくることが考えられます。転職理由にも、人間関係はとても大事なポイントです。

環境や周囲の人に恵まれていれば、つらい仕事も頑張れることがありますが、周囲の人に恵まれずギクシャクした中で行う仕事は精神的にも大きなストレスとなります。

理由6:スキルが身に付かない

電力会社は特定の部署でない場合は、特別なスキルは身につかないと言われています。

部署によってはマニュアルを参考にしながら決められた対応をする業務にあたっていくことになるので、スキルが身に付かないところが現状です。

部署によっては仕事にメリットが得られない傾向にあり、特別なスキルが身につかない事が転職をする理由になります。

理由7:今後のキャリアが不鮮明

電力会社では、仕事内容の元になるのがマニュアルがすべてですので新しくスキルアップを望む事よりも、いかにマニュアルどおりに作業を丁寧にこなしていけるかの方が評価が高いです。

社内のルールにそって日々の業務をしていくので、ルールに関しては年を重ねていくほど詳しくなっていきます。例えスキルをもっていても、それは会社内でしか通用しないスキルとなるので、転職を考えるのでしたら必要な資格を取るために勉強が必要です。

転職する前に身につけておくと良いスキル

電力会社から転職をするには、どのようなスキルを持っていることがよいでしょう。これまで経験してきていることを活かしながら資格を取得するには何が良いのか、ここからは転職に必要なスキルを挙げていきますので参考にしてみてください。必要最低限のスキルだけでも、転職時には身につけておきましょう。

エンジニア

エンジニアの中でも、スキルや仕事の内容に違いがありますが、工学の分野で専門的技術をもった人をエンジニアと呼びます。電力会社で働く中で転職を考えるのでしたらシステムエンジニアと言う資格を取得しましょう。

仕事内容はクライアントに要求されたものを、分析し定義していきシステムに関する基本設計や機能、プログラムなどを詳細に設計していきます。

営業スキル

これまで営業業務を行った経験があれば、スキルアップさせましょう。転職時に役立ちます。例えば時間を有効活用できることやヒアリング能力、人との交渉能力も必要です。また、どのようなトラブルにも対応できることです。

さまざまなニーズを自身が把握しておくことで、顧客に理解を深められます。また必要があれば、こちらからの提案もすることができるので、ヒアリング力は重要です。能力の高い人を見習うことでも身に付きます。

プロジェクトマネージャー

転職に有利なスキルの一つがプロジェクトマネージャーです。システムの機能や構造、スケジュールや開発、1つのチームを作り上げて仕事を遂行していく仕事です。 目的とするものを完成させて、お客様への元に届けるという1工程すべてを任されます。

仕事内容としては、決して簡単なものではありませんが、やりがいをもてます。また、転職にもとても有利ですので、取得しておいて損はないでしょう。

電力会社からの転職先

電力会社からの転職先には、どのようなところがあるのでしょうか。これまで転職に必要なスキルを取得し、自身の能力を最大限に発揮することができる転職先を見つけられれば、その先の見通しはとても明るくなります。電力会社からの転職先を、ここでいくつか紹介していきますので、自分に合った転職先を見つけ成功させましょう。

工場

電力会社からの転職先としておすすめなのが、工場です。工場では、危険物や電気関係などの資格を取得している人の求人が多いです。

実際、工場内でも資格を取得している人もいます。単に工場勤務で、一般的な業務内容をこなしていくよりは、必要な資格を取って工場に転職することで、経験が無い場合でも資格のおかげで十分な待遇を受けられる可能性があります。

変電所

変電所は、発電所から送られてきている電力を変圧器と言う機会を使い電圧を必要に応じて昇降します。その後、消費者へと送り出しているところです。

電力会社から転職する場合は、電気関係の資格や労働安全衛生法関係の資格を取得しておくと良いでしょう。

例えば、硫化水素危険作業主任者や、有機溶剤佐合主任者などです。他には、第一種電気工事士、一級電気工事施工管理技士などがありますが、取得しておくことで転職に有利です。

商業施設での保安

商業施設での保安の仕事は、高圧電気設備の管理を行います。定期点検や維持管理などです。ビルや商業施設などの高圧受変電設備の保安管理も業務としてあります。電力会社からの転職では比較的働きやすい環境にあると考えます。

また、必要な資格は保安管理業務経験が3年以上、電気主任技術者第3種以上もっていることとなります。さらにマネジメントなどの経験があれば、有利です。転職を考えたら、必要な資格は取得しましょう。

ビルメンテナンス

ビルメンテナンスの仕事では、危険物取扱や電気工事士などの資格が必要となります。重要な仕事をする場合は資格は必要ですし、待遇にも違いが出てきます。

また、ビルメンテナンスは、自身で水道や電気に関する対応をしなければいけないこともありますので、資格は必要です。

取得していなければ、作業はできませんが大手のビルメンテナンス会社などでは、自社で資格のための講習を行っているところもあります。

電力会社からの転職を成功させましょう

電力会社からの転職を成功させるためには転職活動中に十分な情報収集と必要な資格取得をしておく必要があります。自分が希望する転職先へ入るには、周りからの情報や自身で調べた情報を元にして準備をしましょう。

また現会社にいる間に取得できる資格はとるようにしましょう。電力会社から転職をして成功した人に、直接話を聞く事も成功させるための方法の一つです。覚悟を決めたのでしたらリスクばかりを考えず前に進みましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related