Search

検索したいワードを入力してください

アクセンチュアから転職する際のポイント|おすすめ転職先7選

初回公開日:2019年06月20日

更新日:2019年06月20日

記載されている内容は2019年06月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセンチュアとは世界最大級の経営コンサルティングファームであり、あらゆる分野に対しコンサルティング業務を提供しています。その経験を活かし「アクセンチュアから転職」をするための転職サイトと「アクセンチュアから転職」する前に必要な「情報」についてご紹介します。

アクセンチュアから転職する際のポイント|おすすめ転職先7選

アクセンチュアとは?

アメリカ最大手の監査事務所である「アーサーアンダーセン」が母体となっており、そこから「アンダーセンコンサルティング」が分社化されました。その後社名を「アクセンチュア」と変更し現在に至ります。

「アクセンチュア」とは世界最大級の外資系コンサルティングファームであり、様々な分野において、企業戦略やIT・デジタル広告・業務改善など幅広いコンサルティング業務を提供している企業です。

アクセンチュアの事業内容

世界最大規模の総合コンサルティングファームである「アクセンチュア」は幅広い事業内容を展開しています。あらゆる事業分野・産業に対し戦略の立案から結果まですべてを担っています。

クライアントの抱える問題点を見つけ、解決策の提案とプランニングと言ったトータル的なコンサルティングを行っています。IT・デジタル化が進み、システムの設計・導入から運用まですべてを網羅し、IBMに続くサービス事業を展開しています。

アクセンチュアの社員データ

従業員は全世界で約44万人以上いると言われています。採用はスペシャリストだけを選出しているのではなく、新しい分野へチャレンジできるフィールドも多数用意されています。

各キャリアはワークライフバランスやグローバル志向などの7つに分けて構成されているため、自分にあったスタイルで仕事ができます。全てにおいて秀でていることはなく、何か1つ長けている強みを各自が持ちより、チームとなって業務を遂行していく環境です。

アクセンチュアの経営状況

「アクセンチュア」の行うビジネスとして根幹にあるのは総合コンサルティングです。世界中に「企業」があり、企画立案・戦略からプランニング及びクライアントの問題解決など、アクセンチュアが存在し続けることのできる市場は無限に広がります。

ここ近年で増収を果たし、従業員数も年々増加し続けています。要因のひとつとして、受注した案件は外部に再委託せず自社でやり抜くことを実践していることが挙げられます。

コンサルから他社に転職する理由

アクセンチュアから転職する人たちは、なぜ会社を離れていくのでしょうか。最大手の総合コンサルティング会社であり、あらゆる領域の業務にも対応できるスキルを身につけることができる素晴らしい環境があります。

だからこそ、スピード感を持って学び、必要なスキルを習得することで、次のフィールドでチャレンジしたくなるのではないでしょうか。専門性の高い業務を追い求めアクセンチュアから転職を望むのでしょう。

アクセンチュアから他社に転職する理由1:ビジネス上の意思決定を自分の責任で行いたい

自社で「商品」を持たないため、フラットにクライアントの問題解決に取り組める一方で、部署によりクライアントの意向が第一優先されることも多くあります。

また、個人の力量だけで業務を行うのではなく、個々の秀でているスキルを集約し、チームとして業務に取り組むことも特徴の一つです。チーム制が自身の成果を見えにくくしているケースも否めず、アクセンチュアから転職を希望する従業員が一定数存在するのでしょう。

アクセンチュアから他社に転職する理由2:施策の効果検証をしたい

アクセンチュアから転職したい人の中には、自身が企画立案・実行から運用した案件に対して効果検証まで行いたい人もいます。

しかしながら自社製品ではなく、あくまでプロジェクトはクライアントのものであり、プロジェクトが完了すると最後まで見届けることが出来ないケースもあります。

技術職として働いている従業員の中には最後までプロジェクトを見届け、検証し、次に活かすというスキームを作りたい人もいます。

アクセンチュアから他社に転職する理由3:ワークライフバランスを考慮したい

キャリア志向の一つに「ワークライフバランス志向」という個々の働き方を尊重したものがあります。

しかしながら、新しいプロジェクトがスタートしてしまうと、クライアントの意向によって希望するワークバランスを維持しながら業務を継続することは難しくなるケースもあり、場合によっては自身のワークライフバランスを調整しなければなりません。

本来の希望を尊重できる環境を望みアクセンチュアから転職をする人もいるでしょう。

アクセンチュアから転職する場合のおすすめ転職先7選

世界最大手のコンサルティングファームであるアクセンチュアから転職する理由は様々です。次の転職先に期待する「ポイント」や「条件」もひとりひとり異なります。

なぜ最大手であるアクセンチュアから転職をしたいのか、働いて来たあなただからこそ分かる、自身の望む「本当の働き方」や「新しいフィールド」を目指すあなたに、失敗しないおすすめ転職先を7パターンご紹介します。

アクセンチュアから転職する場合のおすすめ転職先1:同業他社

アクセンチュアから転職する際に、同業他社に転職する人も少なくありません。主な競合他社といえばデトロイト、プライスウォーターハウスクーパーズなどがあげられます。各企業の「強み」や「社風」はまったく異なります。

それぞれの企業風土やこれまでの経験を活かせるかしっかりと見極めることが大切です。アクセンチュアから転職して、すぐに即戦力として業務に取り組むことが出来るもの魅力のひとつと言えるでしょう。

アクセンチュアから転職する場合のおすすめ転職先2:事業会社

アクセンチュアから転職する人の中にはコンサルティング業務から離れ、事業会社に転職する人がいます。「コンサルティング会社」はすべてのプロジェクトにおいて短期間で、チームもプロジェクト毎に異なります。

事業会社は「事業」を長い期間で行う事業計画があり、社員もさほど入れ替わりはありません。一つの事にじっくり取り組み利益をもたらし、コンサルティング経験を活かし新しいフィールドを目指す人もいます。

アクセンチュアから転職する場合のおすすめ転職先3:PEファンド・投資銀行

アクセンチュアから転職する人の中には、ファンド・投資銀行へ転職する人がいます。ファンドや投資銀行には、コンサルティング経験を活かし、責任者として手腕を発揮できるフィールドがあります。

そのため、次のステップとして人気の業種と言えます。アクセンチュアから転職したほうが収入アップを目指せる事も要因のひとつですが、募集枠はかなり少なく、よほど優秀な人でないと難しい転職先です。

アクセンチュアから転職する場合のおすすめ転職先4:起業

アクセンチュアから転職し、起業する人の多くは、コンサルティング業務の経験を活かし企画・立案・実行そして問題解決までしっかり出来る人が多いです。またコンサルティング業界は多忙のため、ハードワークであっても乗り越えるだけのポテンシャルがあります。

起業してから事業が安定するまでの厳しい助走期間でさえも、習得した高いスキルと経験値を武器に、やりがいのあるものに変えることができるでしょう。

アクセンチュアから転職する場合のおすすめ転職先5:ベンチャー企業

ここ数年、仕事が多様化し、さまざまなベンチャー企業が増えてきました。そのため新しい分野であっても何かしらのチャレンジができる環境があります。以前に比べるとベンチャー企業の存在意義は増し、資金集めも比較的行いやすい状況です。

アクセンチュアから転職したい人の中には、自身のベクトルに合ったベンチャー企業を探し、これまでの経験を活かすことができる環境を魅力的な転職先と感じる人がいます。

アクセンチュアから転職する場合のおすすめ転職先6:商社

アクセンチュアから転職し商社へいく人はどのような人でしょうか。

コンサルティング業界で培った戦略や論理的思考と、データ収集力や分析力を活かしてその先にある「成果」を見届けたいという探求心が勝り、紙面上での分析や提案だけでは留まらず「結果」を求められる商社へと転職する人が多いと言えます。

商品に関するプロジェクトをしっかり分析し、求められる「結果」を出せる事が非常に魅力的に感じられるのでしょう。

アクセンチュアから転職する場合のおすすめ転職先7:大手企業の責任者

コンサルティング業界にいて経験を積んだコンサルタントには大手企業や大手外資系企業の経営幹部として抜擢されることも多々あります。

コンサルティングの業務であらゆる業界に精通しており、問題解決に向けての分析力や提案力についての経験は豊富であり、まさにその経験値が事業会社の経営に活かせるからです。

アクセンチュアから転職する優秀な人材の中から経営幹部として実力を発揮し、手腕を振るっている人は多くいます。

転職する場合はエージェントを使用するのがおすすめ

アクセンチュアから転職する人は優秀な人が多くセルフマネジメント能力にも長けています。そのため自分自身で「転職先」を見極め、積極的に行動を起こす人も少なくありません。

しかしながら、キャリアアップを目指すために、アクセンチュアから転職を希望するのであれば、自身の市場価値を最大限に高め、好条件で次のステップに進むために専門のヘッドハンター(エージェント)を活用することが必要不可欠です。

おすすめ転職エージェント3選

ここでは、アクセンチュアから転職する際におすすめ転職エージェントを3つご紹介します。各エージェント会社によって特性は異なります。自身に合ったエージェントを見極める必要があります。

アクセンチュアから転職するということは、これまでのコンサル経験を活かし自分の価値を高め希望する業界や条件以上を目指して転職する人も少なくありません。専門のエージェントにサポートを依頼することで、効率よく転職が実行できます。

おすすめエージェント1:ビズリーチ

ハイクラスな転職層に絶大な人気があるエージェントのひとつで、管理職をはじめグローバル案件や専門職・年収600万円以上の求人に特化しハイクラスの案件を豊富に揃えています。

アクセンチュアから転職し、新たな分野で活躍を目指すのであれば、優秀なヘッドハンターと優良企業からの直接のオファが来る仕組みが大きな魅力で、多忙なコンサルティング業務と並行して進めていけるメリットがあります。

おすすめエージェント2:クライスカンパニー

「ポストコンサルティング」「コンサルティング」に特化したエージェントであり、コンサルティング業界の案件を多数保持しています。

コンサルティング企業で就業経験のある専門のヘッドハンターが常駐しており、効率よくネクストキャリアへのサポートが可能なのが最大の特徴です。

アクセンチュアからの転職者の多くは、これまでの最大手でのキャリアを活かし、更なるスキルアップと報酬を得るために転職を考えます。

おすすめエージェント3:JACリクルートメント

ミドル・ハイクラス年収600万以上向けのエージェント企業です。東証1部に上場しており、しっかりとした実績と手厚いサポートが魅力のひとつです。多数の案件をもっており、業界に特化した一流のヘッドハンターがいます。

アクセンチュアから転職する人の中には管理職やハイクラス企業を目指す人も多く、サポート体制が充実しているエージェントを利用することで希望の転職先を手に入れることが可能となります。

アクセンチュアから転職する際は情報収集は念入りに

アクセンチュアから転職するためには、まずはどの業界に転職するかをしっかり摸索し、転職先の情報を得ることが必要です。また、希望する条件や仕事内容、企業内部の事情もしっかり見据えた上で実行に移すことが大切です。

アクセンチュアから転職するために自分の市場価値を理解し、状況を見極めて行動すること、さらにはサポートしてくれるエージェントを利用することで情報収集をしっかり行う必要があります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related