Search

検索したいワードを入力してください

転職エージェントで内定辞退する方法|内定辞退の例文3パターン

初回公開日:2019年04月19日

更新日:2019年04月19日

記載されている内容は2019年04月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

内定をもらったのに辞退したい、そんなとき連絡を入れるのにためらったことはないでしょうか。転職エージェントの内定を辞退してもいいのか、辞退するにはどのようなことに気をつけるべきか、また例文を紹介します。内定辞退したい方は、ぜひチェックしてみてください。

転職エージェントで内定辞退する方法|内定辞退の例文3パターン

転職エージェントで内定辞退しても大丈夫なの?

転職エージェントで転職のための就職活動を行っていて、内定がもらえることがありますが、それを辞退しても問題はないのでしょうか。今回の記事では、転職エージェントでの内定を辞退することにデメリットがあるのか、注意した方がよいポイントや辞退するときに使用できる例文を紹介します。

結論:内定辞退しても問題は無い

見出しのとおり、転職エージェントの内定は辞退してもとくに問題はありません。といいますのも、転職エージェントで転職活動をして内定をもらっても実際に就職はしない人というのも一定数おり、会社側もある程度そのことを理解しています。

ただし、だからといってただ内定を辞退すればよいというものでもありません。後に不利が起こらないよう、上手に内定を辞退しましょう。

内定辞退する際に注意するポイント

ここからは、転職エージェントで内定を辞退するときに気をつけておきたい注意ポイントについて紹介します。転職エージェントで内職を辞退する人はそれなりにいるとは書きましたが、きちんと相手に礼儀をもって対応して後くされなく内定辞退する人もいれば、適当に辞退を伝えるだけの人もいます。

内定辞退する際に注意するポイント1:理由を伝える

転職エージェントの内定を辞退するならば、どうして内定辞退をするのかそこにいたった理由を正確にきちんと転職エージェントに伝えるとよいでしょう。

もしも何も言わず、内定辞退の理由を聞かれても何も答えずにいた場合、転職エージェントはその人が本気で転職する気があるのかどうか疑問を持つ可能性があります。内定を辞退することは、転職エージェントにも相手の会社にも迷惑をかけることなので、誠実に対応しましょう。

内定辞退する際に注意するポイント2:できるだけ早めに伝える

転職エージェントの内定辞退をするならば、そうと決めた段階で早めに伝えることが重要です。

内定辞退を伝えにくいからと放置してしまうと、その間に転職エージェントや相手の企業は内定の状態で動いてしまいますので、かける迷惑が増えてしまいます。内定辞退をすると決めたならば、決意を固めた段階で転職エージェントに連絡を入れましょう。

内定辞退する際に注意するポイント3:入社前辞退はしない

転職エージェントで入社前辞退する際に気をつけなければならないのは、入社前辞退をしてしまうと損害賠償請求などのトラブルに発展してしまう可能性があるためです。

とくに差し迫った段階で入社前辞退してしまうと、理由などにもよるでしょうがトラブルが起こりやすいです。転職エージェントで入社前辞退をする場合は、遅くとも入社する2週間以上前までに内定辞退の意向を伝えておきましょう。

内定辞退する際に注意するポイント4:必ずエージェントの担当者に連絡をする

転職エージェントの担当者意外に内定辞退を伝えてしまうと、あやまって内容が伝わらずトラブルになる可能性がありますので、必ず転職エージェントの担当者に伝えることが大切です。

できれば文章の残るメール、誠実さを示すなら転職エージェントの担当者に直接電話をして内定を辞退する旨を伝えましょう。電話をかけにくいと感じる人もいるでしょうが、実際に話しをした方が理由も楽に伝えらて、誠実な印象を与えられます。

内定辞退の理由の例

それではここからは、実際に転職エージェントの内定を辞退するときの理由にはどのような例があるのか、紹介いたします。すでに理由がある方はよいのですが、内定辞退をしたいけれどとくに理由がないという場合は、こちらの事例を参考になさってみるのもよいでしょう。

理由1:自分の希望と条件が異なっていた

転職エージェントを利用し面接を受けたときには、多少自分の希望と内容が違っていてもなんとかなるだろうと考えていたのに後になって不安になってきた、というような場合です。

転職したい、と強い気持ちがある人はとくにあまり条件面を深く考えずに後になって後悔することがあります。とくに給与が折り合わなかったような場合は生活面に直結するため、条件と異なっていると内定辞退する理由になりやすいです。

理由2:ほかの企業への就職を希望したい

転職エージェントの内定以外で内定をもらってしまい、そちらへの就職を希望するということもときにはあります。そのような場合には、他でも転職活動していたことを伝えても問題ありません。言いづらいと感じてしまう方の場合は、次の「理由を言いたくない」のように一切内定辞退の確かな理由を説明しないこともできます。

理由3:とくにない・言いたくない

実は、転職エージェントの内定辞退をするときにはっきりとした理由を伝えない人はわりと多いです。これは転職エージェントに理由を言いづらかったような場合、はっきりと口にできるような理由がない場合、他人に知られたくないような理由があった場合が該当します。

転職エージェントによっては理由を聞かれる場合もあるでしょうが、基本的にははっきりした理由を告げなくてもなんとかなる場合が多いです。

内定辞退の連絡で伝える内容

転職エージェントに内定を辞退することを伝える場合、どのようなポイントを正確に伝えておかなければならないのかについて解説いたします。ここの内容を踏まえて、内定辞退の連絡を入れるようにしましょう。

内容1:内定辞退のお詫び

転職エージェントで内定辞退をするということは、相手側に迷惑をかけることだということを忘れず、必ず内定辞退に対するお詫びの言葉を伝えた方がよいでしょう。こちらが非常に申し訳なく考えているということをしっかり伝えることで、相手に与える心証に影響します。

内容2:内定辞退の理由

実際のところ転職エージェントに内定辞退の理由を説明しない人もいるのですが、できれば理由は明確にはっきりと伝えた方がよいでしょう。どうしても言いたくない場合、他の転職エージェントで内定があったなどのような場合には、家族と相談し慎重に検討した結果ですとだけ伝えましょう。

内容3:エージェント担当者への感謝

内定を得るにあたり、転職エージェントには色々な手配などをしてもらっているので、そのことについてはしっかりと感謝の気持ちを伝えた方がよいでしょう。力を貸して頂いたこと、あるいはご尽力頂いたことに感謝していることを伝えておきましょう。

内定辞退の理由別メール例文

ここでは、実際に内定を辞退するときに使えるメールの例文を紹介いたします。できれば電話で連絡を入れた方がよいのですが、それが難しいという場合にはメールで内定辞退の連絡を入れておきましょう。

例文1:自分の希望と条件が異なっていた場合

自分の希望する給与などの条件と、実際の条件が異なっていた場合にはそのことを合わせて伝えることになります。

「お世話になっており大変申し訳ないのですが、このたび頂きました内定を辞退させていただきたく、ご連絡させていただきました。理由は、こちらの希望と隔たりがあることに不安があるためです。お力になって頂いたのに内定を辞退するとになってしまい、誠に申し訳ありません」などです。

例文2:ほかの企業への就職を希望したい場合

ここでの例文は、ほかの企業へも就職活動をしていたことを伝えるという内容になります。

「御社と平行して進めておりました面接で内定をいただき、そちらが希望と最も合致していたためです。御社にも魅力を感じており非情に迷ったのですが、慎重に検討しまして御社の内定を辞退することに決断いたしました。こちらの都合でご迷惑をおかけすることになり、誠に申し訳ありません」が例文です。

理由3:理由を言いたくない場合

意外と内定辞退の理由を言いたくない方は多いので、その場合の例文を紹介します。

「家族とも相談のうえ、慎重に検討したのですが、今回の内定は辞退したいと決断し連絡させていただきました。たいへんなご迷惑をおかけすることになり誠に申し訳ありません。ご理解のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます」のように、理由は書かなくても内定辞退を謝罪する旨をきちんと伝えましょう。

サポートが充実しているおすすめ転職エージェント

ここから紹介するのは、とくにサポートが充実しているというおすすめの転職エージェントです。転職エージェントの数は多く、どこを利用すればよいのか迷う方も多いことでしょう。そこで、とくに評判のよい転職エージェントを集めてみました。エージェント選びに迷っているという方は、ぜひご覧ください。

おすすめエージェント1:マイナビエージェント

おすすめエージェント1の「マイナビエージェント」は転職への成功率が高く、はじめて転職を考えている人にもサポートが充実しているタイプの転職エージェントです。

とくに向いているのは、20代から30代ではじめての転職を考えているような方です。転職時の面接対策や、未経験の業界情報のサポートなど、はじめての転職や未経験の職業に飛び込みたい方たちに手厚いサポートがあるという評判です。

おすすめエージェント2:doda

おすすめエージェント2の「doda」は、求人数がかなり多いことで知られている転職エージェントです。

webサイト上で公開されている「転職人気企業ランキング上位300社の合格診断」では、3分程度で大手の企業との合格診断ができるというサービスもあります。とくに転職先がなかなか決まらないという方、よりよい会社に転職したい方は一度は試してみることをおすすめします。

おすすめエージェント3:ハタラクティブ

おすすめエージェント3、「ハタラクティブ」は正社員ではなくフリーターで働いている第2新卒の方、とくに若年層である20代から30代の転職希望者におすすめのエージェントです。

未経験者の求人もあり、マンツーマンで対応してくれる就活アドバイザーが面接対策などのサポートをしてくれます。はじめての転職を考えている方、フリーターやパートから正社員に転職したいと考えている方におすすめします。

おすすめエージェント4:type転職エージェント

おすすめエージェント4の「type転職エージェント」は、首都圏近くにお住まいの女性の転職へのサポートが手厚いことで評判が高い転職エージェントとなっています。

女性の出産や育児に対応した転職へのアドバイスやサポート、転職のプロによるカウンセリングが受けられること、書類選考や面接対策へのアドバイス、企業との交渉などにサポートが期待できる転職エージェントです。30代~の転職を考えている方に向いています。

おすすめエージェント5:リクルートエージェント

知名度が高く、求人数も圧倒的多数の転職エージェント、「リクルートエージェント」です。

そのため転職先を探しづらい40代以上の方や、フリーターで社会人経験のない方に向いている転職エージェントとなっています。求人の紹介をしてくれるキャリアアドバイザーや、書類選考や面接対策、求人している企業の情報収集などへのサポートが豊富なエージェントです。

内定辞退をする場合は早めに転職エージェントに連絡をしよう

転職エージェントの内定を辞退することには問題がありませんが、いくつか気をつけておきたいポイントがあるのでそれを押さえてしっかりと連絡を入れることが大切です。エージェントの信頼を損ねないためにも、内定辞退をする際にはこの記事で紹介したようなきちんとした対応をしておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related