Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月06日

転職で失敗しないための注意点6つ|楽天株式会社の評判と将来性

楽天株式会社は、1997年の創業以来、急激な成長を遂げた大企業で、大学生の就職先として不動の人気を誇ります。しかしインターンシップだけでは見えてこない実態も存在します。この記事では、楽天の営業利益や口コミを参考にして、今後の経営について述べていきます。

転職で失敗しないための注意点6つ|楽天株式会社の評判と将来性

楽天株式会社

楽天株式会社は、有名大学を卒業した大学生に人気の大企業であり、1997年の創業から圧倒的なマネジメント力を発揮して現在に至ります。その人気ぶりから、「楽天に入社できれば人生は安泰だ」とまで言われるようになっています。

しかしその実態を詳しく知る人はまだまだ多くないのではないでしょうか。この記事では、楽天株式会社の雇用制度、転職の難易度、給与など、さまざまな要素を踏まえて説明していきます。

楽天株式会社の事業内容

楽天は、創業当時はEコマース、すなわちオンラインショッピングの取り扱いなどを専門的に行っていました。しかし近年ではクレジットカードのサービス、通信、果ては野球球団のスポンサーを担うなど、そのサービス内容は多岐にわたります。

これまで順調に経営を固めてきた楽天ですが、事実上の利潤などの数字はどうなっているのでしょうか。右肩上がりに見える当企業の実際の営業状況を確認して、転職に結び付けましょう。

楽天株式会社の経営状況

ここでは、楽天の経営状況のリアルを、データを交えて具体的に確認していきます。どれほどの大企業でも、世間一般にイメージしている経営方式と実情が異なっていたり、予期していた売上額とまったく違っていたりしたなんていうことも起こりえます。

転職に失敗しないコツは、現在よりも社会的地位の高い企業だからと言って無条件に期待しないことです。自分の中で予測していたことと違った時のショックは計り知れません。

楽天株式会社の経常利益

経常利益というのは、営業利益にその他の収入や歳出を加味して計算したその企業の売り上げ利益のことを指します。当然のことですが、利益は多ければ多いほどいいですし、その分企業経営の難易度も下がります。

楽天の経常利益は2015年の91,987百万円から2018年の165,423百万円まで大幅に増加しました。これは企業が順調に成長している証であり、まだまだ楽天市場は飽和を迎えそうにありません。

楽天株式会社の利益率・負債比率・借入比率

利益率とは売上高からどれだけ効率的に利益を得ているかを指す指標のことで、楽天では2018年の時点では2.45%です。負債比率・借入比率というのは、自分の会社が他社からどれだけお金を借りているか、また自社の経費で回せているかを表す数字です。

負債比率は「負の方向に向かった債務」のことなので、できるだけ少ないほうが企業を経営する際の難易度が下がります。楽天は2018年の時点で159%です。

楽天株式会社の将来性

売上高など総合的に吟味すると、楽天株式会社の将来性は高いと言えます。学生にとっては憧れの大企業ですし、福利厚生も整っており、非常に安定しています。楽天自体が「イノベーション」を標語として掲げているように、先のことを見据えることを至上命題としているといえるでしょう。

しかしその分転職の難易度もぐっと上がってくることは否めません。それなりの経験とスキルをもった人材が求められるでしょう。

転職で失敗しないため注意点6つ

近年では3人に1人が転職する時代と言われ、転職に対しての抵抗感が年々薄くなっているのを感じるでしょう。しかし典型的な日本企業ではまだまだ転職に関していい印象を持っているところは少なく、転職組は入社の難易度が高くなる傾向があります。

それでは、転職の際にはどういったことに気を付ければよいのでしょうか。楽天に転職する際の難易度などを以下で解説していきます。

注意点1:できるだけ在職中に転職活動を行うこと

転職を検討するときには、できるだけ現職に在職しているうちに考えておいたほうがよいでしょう。企業に所属している状態は転職の難易度を下げることがあります。たとえば取引先の重役から新しいポストの話が舞い込んできたりする可能性があるでしょう。

一度辞めてしまうとその後しばらく何もやる気が起きない人もいます。それがつい長期間にわたってしまうと職務経歴書に穴を空けてしまい、転職の難易度を上げてしまいます。

注意点2:自分の「市場価値」を高く設定し過ぎないこと

転職の難易度を下げるには、自分の価値を高く設定しないことも大事です。自信を持つことはいいのですが、あまりにも過信してしまうと転職に失敗したときに心に大きな傷を負ってしまいます。そうなってしまうと次の転職につながりません。

自分の能力やスキルを再確認して、自分に合った職種を求めるのが、転職の難易度を下げる方法として納得のいくものの一つです。転職はそれほど楽なものではないということを覚えておきましょう。

注意点3:漠然としたイメージや先入観だけで仕事を選ばないこと

「なんとなく給料が高そう」、「大企業だからとりあえず」だけで転職先を決めてしまうのは危険です。新卒で企業選びを必死にした人ならば、その企業についてさまざまな情報収集をすることの重要さはわかっているのではないでしょうか。

企業の業績、給与体系、福利厚生、有給取得率、はたまた女性の働きやすさなど、いろいろな要素をくみ取って総合的な判断を下すと、転職した際の後悔の念を減らせます。

注意点4:今の仕事を「辞めない」という選択肢も捨てないこと

日本で転職をするということは、一般の道から逸れたというように見なされますので、少なからず危険な橋を渡ることになります。一度逸れた道から復帰するのは非常に難易度が高いことで、特に日本ではその傾向が顕著です。

転職に万が一失敗した際に帰属する企業がないと無職になってしまいかねないので、保険をかけるという意味で会社に所属しながら転職活動をするというのがよいでしょう。

注意点5:何が自分の優先条件なのか明確化しておくこと

転職先では、現職と職務体制や給与体系が異なる場合がありますし、そもそも自分のやりたかった仕事にありつけない人もいます。なんやかんやとはぐらかされて取り合ってくれない会社に転職してしまった暁には後悔の念は絶えることがありません。

失敗しないように転職先の企業の諸条件はよく確認しておきましょう。自分の優先事項に当てはまらない企業ならば、いったんそこは後回しにして、他企業に目を移すのもありです。

注意点6:転職先で必要となる知識やスキルの習得を行っておくこと

日本は学歴社会です。長期的なスパンで企業経営を行う傾向にあるのでOJTが成り立っています。ですので中途採用に関しては冷めた目で見られることがしばしばあり、年齢を重ねれば重ねるほど転職の難易度も上がっていきます。

転職の際に自分の能力をアピールしたいのならば、資格を取っておくのが手っ取り早いです。前職で何か特別な功績を残しておくというのも、転職の難易度を下げてくれます。

楽天株式会社の評判・口コミ11選

企業に所属している人たちのリアルな声を聞ける媒体の一つが口コミサイトです。表向きではいい顔をしていても実態はとんでもない杜撰な経営だった、ということもなきにしもあらずです。匿名さは人間の感情を引き出してくれます。

以下で、楽天株式会社についての口コミサイトを参照した、企業経営の諸要素の評価に関して説明していきます。一般的に大企業といわれる楽天の経営の実態はどんなものであるのか、参考にしてください。

楽天株式会社の評判・口コミ1:年収・給与(給料)

当然ながら年収には個人差があります。一概にこの企業の平均給与はこうと言うことはできませんし、毎年の売り上げによっても変わってくるでしょう。年功序列の会社が現存しているのならば年を取るほど給料は上がっていきます。

楽天の社員の平均年収は約685万円と言われています。しかし楽天は年功序列ではなく成果主義の企業で、結果を出した有能な社員に多めの額が支払われる制度になっています。

27万/月で入社したが、ボーナス査定や年2回の昇給などは、上司との面談および評価による。評価項目の中で、営業成績やアクション数も問われるが、同一部署内であっても、担当顧客の性質が大幅に違う中で、KPI設定自体に不公平感を感じる。インセンティブもあるが、年間で100万までいかない。中途入社の契約社員は年収300万後半~500万程度と思われる。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005633930/1/ |

楽天株式会社の評判・口コミ2:ボーナス(賞与)

楽天のボーナス制度については、年に2回あるボーナスの昇給は上司との相談や、普段のコミュニケーションによって変わってきます。普段から社員と積極的にコミュニケーションを取るように心がけることが必要です。

つまり社内での役回りがよく、好成績を残していれば必然的にボーナスの額は上がってくるということになります。努力をすればするほど給与が上がってくならモチベーションも保ちやすいでしょう。

IT系としては給与は高い部類に入ると思う。年齢関係なしに役割に応じた給与。但し、昇格には受講必須研修が数多くあって、忙しい業務の合間にこれをやらねばならないのでストレスフル。人事の点数稼ぎなら付き合わされている。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005633930/1/ |

楽天株式会社の評判・口コミ3:労働時間・勤務時間・残業・休日休暇

労働時間についてもぜひ確認していただきたい要素の一つです。楽天では、部署によってかなり変わってきますが、残業はあまりありません。しかし、みなし残業が40時間と定められていて、それを超えたら残業代の支払い義務が生じます。

有給取得率は比較的高く、年末年始は休み、休日出勤は代休付与など、コンプライアンス的にはあまり問題がありません。日本的企業からの脱却を目標としていることがここから見て取れます。

現在、未就学児の育児のため、オフィス勤務と在宅勤務を併用しており、オフィス勤務を6時間、在宅勤務を1.5時間のフルタイム勤務です。残業時間なく働けており、大変助かってます。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005633930/2/ |

楽天株式会社の評判・口コミ4:人事制度・評価制度・社内制度

楽天の新入社員はTOEICの研修をさせられます。TOEICのスコアが800を切ると10%の給与カットが行われるので、全員の取得に向けて努力しています。評価制度については相対評価で、数字として結果の出やすい営業部の社員などの評価が上がりやすいです。

上司は社員の成果を見ていないといった前向きではない口コミもありますが、総合的に見て偏った評価制度をとってはいないように見えます。確認しておきましょう。

【社員の成長に向けての支援制度】TOEICに関しては目標点数に満たない社員向けの研修が手厚く、業務時間内にある。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005633930/4/?pagenum=2 |

楽天株式会社の評判・口コミ5:女性の活躍・女性の働きやすさ

楽天は業務時間や休暇取得率に関して先進的で、子供を持つ社員は非常に働きやすい環境にあると言えます。そもそも楽天の女性社員は仕事熱心な人が多く、重役に就いている人もいるので、女性の働き方に比較的寛容であると言えます。

しかし、職務遂行に関する男女差意識も少ない分、相当量の業務を任された場合、家に帰ってからも仕事をしないといけないこともあります。そういったときはリモートワークを利用すると便利です。

管理職にも、プロジェクトのリーダーにも女性が多く参画しており、男女関係なく努力と能力次第で活躍できる環境はそろっている。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005633930/10/ |

楽天株式会社の評判・口コミ6:入社理由と入社後の印象

楽天に入社した理由と入社後のギャップについての意見を見たところ、あまり好印象ではないものが多く見受けられました。しかし、日々の業務に追われて大変な思いをするが、さまざまなことにチャレンジできることは確かです。

今後伸びていくような大企業において日々の満足感を求めるのは比較的容易なことです。先ほども述べましたが、過度な期待は不満につながります。入念な企業調査をするようにしましょう。

【入社理由】データがたくさんあり、色々チャレンジできそうだから。事業の成長が少し鈍化した中、新しい取り組みにチャレンジしようとしていると感じた。【入社後のギャップ】色々チャレンジができるが、ボトムアップから新しいことをやるのは難しい。基本的にトップダウンなので、上が決めたことを実行するのが仕事のメインになってしまう。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005633930/8/ |

楽天株式会社の評判・口コミ7:転職・新卒・中途採用面接

面接の難易度は、その企業によって違ってきます。楽天は大企業であり、入社するには狭き門をくぐらなくてはなりません。そんな中でしっかりと論理的な受け答えができるかどうかが鍵になってきます。

楽天の採用面接においては、「企業理念」や「なぜその企業を選んだのか」など一般的な質問が多く、応募者を戸惑わせるような変な質問はされないのが普通です。ただし、転職に関しては明確にその意思を伝えなければなりません。

社員との面接が3回。どれもオーソドックスなものだった。 3回目の社員は役員級で、意図的に変化球を飛ばしてくる感じだった。 周知の通りだがTOEIC800点が必要で、入社までに取るにせよ内定出しの段階でもある程度の点数が課されていたようだ。 とはいっても入社したらシステムも英語のことが多いので、あまりに英語が苦手な人は他の会社に就職した方が幸せだと思う。

出典: https://job-q.me/companies/2111/selection |

楽天株式会社の評判・口コミ8:やりがい

有能な人材が多く集まる楽天は、業務の一つ一つの難易度が高くなりがちです。なのでそれらを完遂したときの達成感は非常に大きいものになりえます。そういった意味ではやりがいは大きい企業であると言えます。

能力を持った人がガンガン前に出てプロジェクトに携わることが普通で、自分も遅れまいと努力をしていかないとどんどん後ろに取り残されてしまいます。業務の難易度も、転職の際に考慮するとよいでしょう。

トップダウンで次々振ってくるため、仕事を”こなす”のが好きな人には向いている。その一方で新しいことをしようとするのは年々難しくなっている印象。大企業化しているため、特にシステム開発などは多大な調整工数が発生する。 また社員の能力がピンキリのため、誰と仕事するかによって仕事の質とスピード感にかなりバラツキがあり、昔からいる経験値だけでやっている人も一定数いる。

出典: https://job-q.me/companies/2111/rewarding |

楽天株式会社の評判・口コミ9:会社の強みと将来性

先ほども示したように、楽天は非常に大規模な企業であり、経常利益は右肩上がりの傾向にあります。雇用も安定しており、グローバルに企業展開を進めていく方針を打ち出しているので、この先も成長していく企業の一つであると言えます。

ただし、社外の人間の出入りが多く、派遣や外国人労働者の受け入れなどを積極的に行っており、そういった身分に属している人は決して長いスパンで働けないという意見にも注意が必要です。

新規事業への取り組みや事業改革など、ニーズの先取りや先見性は高いと思うので将来的にも、成長していく企業だとは思う。。。が、スピードを求めるあまり、発表したものの途中でうやむやになるケースはこれまでにも見受けられ、会社・部門のトップ次第で振れ幅の大きな会社だと感じる。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005633930/5/ |

楽天株式会社の評判・口コミ10:経営者(社長)の魅力・手腕

楽天株式会社の代表取締役社長は三木谷浩史氏です。彼は1997年の創業以来、ワンマンで楽天の経営を担ってきました。メディアにも多数出演しており、同業界ではかなり名高い人です。創業間もないころは社長と社員の距離が近かったといいます。

しかし社長のトップダウンの経営方式により、ボトムアップの提案の難易度が高くなっている傾向があるので、社員との協働によるガバナンス的な経営の提案を社員は求めています。

結局は三木谷社長の経営手腕によるところが大きい。豪腕でありながらも人を引きつけ続ける力を持っている。多くの優秀な社員が国内アガイから集まるのもそれによるものである。

出典: https://en-hyouban.com/company/00005633930/11/ |

楽天株式会社の評判・口コミ11:福利厚生・オフィス環境

楽天の福利厚生は充実しています。本社の場合、昇降式のデスクや椅子が使え、無料の食事や低価格のカフェなども提供されます。オフィス環境は良好で、清掃員が出入りしているので清潔に保たれています。

美容院、鍼灸マッサージの施設なども備え付けてあり、従業員にとっては非常に働きやすい空間になっています。

デスク・椅子など、非常に使いやすい物となっており、業務そのものの環境としてはとても良い。本社に関しては特に、清掃員等も入り環境は整っている。
40代 / 男性 / 元社員(非正社員) / 営業系 / 楽天株式会

出典: https://en-hyouban.com/company/00005633930/3/ |

楽天株式会社の新卒・中途採用情報・転職情報

転職をする際には、前職の職種を生かせるか否かをアピールできるかどうかでその難易度が変わってきます。転職の難易度は人気企業大企業になればなるほど上がりますので、面接官にしっかりと自分の長所を伝えなければなりません。

以下では、職種別の転職難易度について説明していきます。基本的に特殊な技能を必要とする職種ほど転職の難易度は上がります。自分が胸を張って言えるような強みを一つ持っておくといいでしょう。

楽天株式会社の新卒・中途採用職種別の難易度

新卒で楽天に入社する場合、面接ではどうしても学歴を見られます。よい大学を卒業していればそれだけ難易度は下がりますし、よいポストに就けます。学歴が全てではありませんが、学歴社会の日本では改善にまだまだ時間がかかりそうです。

中途採用の場合は前職での功績を主に見られます。そのため、職務経歴書に華々しい経歴を書ければ転職難易度は下がります。空白の時期が長くなればなるほど転職の難易度も上がります。

職種別の難易度:ビジネス総合職

ビジネス総合職への転職の難易度は、前職で営業などを主に行っていてきちんと功績を残せていれば下がります。楽天への転職はただでさえ難易度が高いので、相当のスキルが求められます。しっかりと対策を練って面接に挑みましょう。

いくら難易度の高そうな転職でも、精緻な対策を行っていれば決して不可能ではありません。それぞれの職種にあったポストを見つけ、難易度に負けないように努力を続けるようにしましょう。

職種別の難易度:エンジニア職

エンジニア職は、専門的な技術を要する職種なので、ビジネス総合枠よりもさらに難易度が上がります。さらに楽天ではグローバル化を主眼に事業を展開していて、海外の専門ソフトや技能にも優れていなければならないのでその難易度は非常に高いものになります。

楽天で通用するエンジニアスキルを身につけるには専門学校に通わなければなりませんから、他業種からの転職は難易度が非常に高いです。努力を怠らないようにしましょう。

楽天株式会社に転職した場合の労働環境

楽天への転職が成功した後は、自分のスキルを最大限に利用して働くことが求められます。業務の難易度が前職と比べて上がっているならばそれに対して真摯に向き合わなければなりません。自分はまだまだだと実感することもあるでしょう。

しかしオフィスの環境や人材は非常に高度で、充実した環境で仕事を行うことは業務へのハードルと難易度を下げてくれます。日々の仕事に慣れるころには、以前以上の技能が身についているでしょう。

楽天株式会社の給与と福利厚生(待遇)

先ほども説明しましたが、楽天の福利厚生や給与体系は優れています。他の企業ではなかなか実現できないことや、杜撰になってしまっている制度などもきちんと守っています。

大企業なりのプライドもあるでしょうし、大きい企業が問題を起こしてしまったら名誉を棄損してしまいます。

社員が資本という考えのもと、社員の健康管理や会社の満足度の維持には気を遣っているように見受けられます。

楽天株式会社の給与

楽天株式会社の給与は他の企業と比較して高めに設定されています。海外に進出している大企業であり、年の営業利益も桁外れであるため、社員に対して満足のいくほどの給料を支払う余裕が出てきます。

今現在は企業の利益は右肩上がりになっていますが、将来のことは誰にもわかりません。今度どん詰まりになった際にいかにして経営を盛り返すかが、三木谷社長の腕の見せ所になります。

楽天株式会社の生涯賃金

楽天で働いている社員の生涯賃金はおよそ2億8千万円だと言われています。

家族を養っていくには十分な額ですし、子供3人を全員私立大学に通わせることもできます。決して不自由を強いられる年収ではありませんが、年金問題など、さまざまな不安要素もあります。

万が一企業の雇用が安定しなくなった時のために、自分の力で稼ぐ方法を確立しておいたほうが将来に対してのリスクヘッジになるのではないでしょうか。

楽天株式会社の福利厚生(待遇)

楽天の福利厚生・待遇は充実しています。無料の食事が提供されたり、生活に必要な要素はひととおりクリアしているようにも見えます。経費で社員に対してのケアを行う余裕があることはもちろんですが、社員に対しての心遣いを大事にしているという面も挙げられます。

社員の不満が高まっていけばその企業はうまく回ることはありません。会社を守るためにもまず社員を守らなければならないという考えを具現化した結果です。

楽天株式会社について理解を深めて転職を検討しよう!

楽天に転職するのは、決して難易度の低いことではありません。新卒ならば研修を行って徐々に会社に馴染んでいくものですが、転職組の場合はそうもいかず、即戦力になる人材が求められます。そのための努力を欠かすことはできません。

難易度は高くても不可能なことではありません。自分のスキルをしっかりアピールすることができれば転職することはできます。まずは自分の強みを再確認するところから始めてみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related