Search

検索したいワードを入力してください

転職エージェントは無職でも使える?|オススメの4企業とは

初回公開日:2019年04月19日

更新日:2019年04月19日

記載されている内容は2019年04月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は「転職エージェントは無職でも使える?オススメの4企業とは|注意点6つ」と題し、「無職でも活用できる転職エージェント」に焦点を当て、その場合の注意点や転職エージェントの魅力などについてご紹介します。ぜひご参考下さい。

転職エージェントは無職でも使える?|オススメの4企業とは

転職とは一体何か?

転職というのは基本的に「自分に見合った職種」を探すことです。その際に注目すべき点は、自分の現在のステータスに見合った適職を見付ける点で、自分の仕事上の能力・スキルをはじめ、その時点で自分が所有している資格などに配慮する必要があります。

これらの土台を踏まえた上で、それまでに従事していた職種、あるいは無職の場合ならなおさら、自分がその後、安定して従事できる仕事を円滑に探す作業になります。

新卒採用との違い

転職エージェントを利用する場合でもこの点は問われますが、やはり新卒採用の場合とそれまで無職でいた場合の採用状況はかなり違ってきます。一般に無職の場合は「それまでに働いていた経験があるもの」として見なされることが多く、キャリアが問われます。

新卒採用の場合は初めて社会に出ることになり、それまでのキャリアは問われず、その後の将来性に焦点が当てられます。転職エージェントを利用する際は基本に注目しましょう。

中途採用に求められるもの

中途採用者が転職を希望する場合は、新卒採用者の場合と同じく、その人間性の充実が求められます。この場合、常に謙虚であることや、実直性、仕事への覇気、将来へのビジョンを確実に持っていることなど、一般に就活する際とほとんど基準は変わりません。

転職エージェントを利用する場合でも上記の基準を押さえ、自分にとって理想的な企業への転職活動を進めていくことが大切です。人間性は出世にも大きく響きます。

1:経験

これも中途採用者に求められやすいものですが、中途採用者・現在無職の人に対して企業は、「それまでに培ってきた実務能力・キャリア」を求める場合が非常に多いです。「それまで何をしてきましたか」と質問されるとき、少なくとも応えられるよう配慮しましょう。

転職エージェントを利用する場合でもこの点は非常に重要で、特に無職の場合は現在のステータスをリカバーするためにも、過去の活動実績に注目が集まります。

アルバイトもキャリアとして認められるか

転職エージェントを利用する場合によくある疑問ですが、「アルバイトもキャリアとして認められるか」という点については、十分認められる評価になります。アルバイトにしても組織で従事したことに変わりなく、きちんと報酬を得ている時点で仕事になります。

特に転職エージェントを利用する場合に無職である場合、このアルバイト経験・パート経験なども視野に入れておき、アピールできる点は率先してPRしましょう。

2:スキル

これは転職エージェントを利用する際に必ず求められる内容ですが、無職であっても転職を希望する際にはそのスキル(実務能力)が問われ、そのスキルの高低によって、その後に選ぶべき職種も変わってきます。この点をじっくり考察しておきましょう。

この場合のスキルには仕事能力だけでなく、人間力が求められることが多く、コミュニケーションスキル・臨機応変の即戦力などが含まれるため、その点にも配慮しましょう。

3:自己管理能力

無職で転職する場合にはこの「自己管理能力」が求められます。この場合の「自己管理能力」というのは、自分の生活のあり方や将来ビジョンのあり方などを含め、どれだけ自分の能力・スキルを踏まえた上で自己分析ができているか、などの点が問われます。

転職エージェントを利用する場合でもこの「自己管理能力」を測定するテストなどが設けられ、転職活動前に直す点があれば直し、活動への基盤にすることがあります。

4:マネジメント

この場合のマネジメントも先述の「自己管理能力」につながる部分がありますが、この場合はどちらかというと「仕事技術・能力」の方に注目され、1つの仕事をどのようにこなすか・円滑に進めていけるか、などといったスケジューリングの面が強調されます。

どの企業でも仕事をこなす場合は組織協力が必要であるため、各組織との円滑な働きが求められます。その上で仕事管理をそつなくこなせる有能な人材が求められます。

無職でも利用できる7つの転職エージェント

さて、先述では「無職で転職する場合に必要な知識」をメインにご紹介してきましたが、ここからは「無職でも利用できる7つの転職エージェント」と題し、具体的にどういった転職エージェントを利用することが望ましいか、について簡潔にご紹介していきます。

転職エージェントというのは非常にたくさんあり、その中から「自分に見合ったサイト・エージェント」を見付けることが必要です。ぜひご参考にしてみて下さい。

無職でも使える転職エージェント1:ハタラクティブ

まず「ハタラクティブ」ですが、この転職エージェントは「20代から30代層の若者」を対象とし、無職の場合でも率先して良質の求人情報がそろっています。その点では、転職以降の仕事先での安定した生活を約束してくれるでしょう。

転職希望者に対し「働きやすい職場提供」をモットーとしており、特に「個別能力に見合った労働条件」への視点は外しません。非常に魅力的なサイトです。非常に有能な転職エージェントです。

無職でも使える転職エージェント2:リクルートエージェント

当転職エージェントの利点は、「新しい分野の職種を希望する際に必要となる情報」を率先して提供され、さらにその新しい職種に必要な知識・経験のあり方・資格取得などをはじめ、どのように転職活動を行なえば有利になるかについて徹底的に教えてくれる点です。

無職の場合でも効率よく支援してくれ、「その仕事に就くために必要な実力」を会得するための努力について適切にアドバイスしてくれるでしょう。

無職でも使える転職エージェント3:doda

当転職エージェントを利用する際には「平均的な転職斡旋力」が破格に多く認められており、無職の場合でも見合った転職先が見付かれば「必ず面接までは漕ぎつけられる」といった確約に近い安定感が得られます。

無職の利用者も年々増えています。特に「IT関連の企画職をリサーチする場合」がその利点を発揮する傾向が強く、「本当に自分の能力・スキルに見合った職先であるかどうか」についてはしっかり確認しましょう。

無職でも使える転職エージェント4:ジェイック

最近でも不動の人気を維持している転職エージェント「ジェイック」ですが、この場合の魅力は中途採用者向けの斡旋実績が多い点です。基本的に職種情報が非常に豊富で、無職の場合ならその個別能力を視野に入れつつ、その点から適職を見付けてくれます。

個別支援に非常に長じているので、中途採用者、無職の求職者が一般に多く活用しており、とてもスムーズに転職できるエージェントの1つになるでしょう。

無職でも使える転職エージェント5:ウズキャリ

根強い人気を誇る「ウズキャリ」ですが、この転職エージェントは第二新卒の就活や転職に特化した転職サイトとして有名で、内定率「80%以上」、定着率「90%以上」という、驚異的な実績を残す大手エージェントとなります。

無職の場合でもまったく問題にならず、希望する転職先にスムーズに斡旋される可能性が高いでしょう。ただしキャリアカウンセリングの際は、実務能力が詳細に問われることがあるので留意しましょう。

無職でも使える転職エージェント6:DYM就職

この「DYM就職」も第二新卒・既卒・フリーター向けの転職エージェントとして定着している大手エージェントの1つです。無職の場合ならさらに徹底サポートを約束してくれ、とにかく希望職種への人材斡旋の成功を高確率で確約してくれるでしょう。

特にフリーター生活で「自分に見合った適職が見付からない」という人にとって理想的な転職エージェントになるため、一度じっくり利用を検討してみるのも一興です。

無職でも使える転職エージェント7:キャリアスタート

「キャリアスタート」は人材紹介会社が保有する転職エージェントとして名高い定評を獲得しており、特に管理職や専門職、スペシャリストとしての求人斡旋を率先して支援してくれます。高収入の職先への斡旋に定評があり、一度覗いてみると良いでしょう。

この「キャリアスタート」でもリーター・第二新卒のための就活支援サービスが促進されており、無職の場合ならさらに徹底サポートを約束してくれる安定感があります。

転職エージェントを使うメリット3つ

さて、ここまでは「無職の場合に活用しやすいメリットのある転職エージェント」をご紹介してきましたが、ここからは少し「転職エージェントを利用する際のメリット」を具体的に覗いていきましょう。

転職エージェントを使うメリットはひとえに「希望職種・適職を見付けること」にあり、そのために必要な活動内容・知識・情報を、適宜与えてくれる点にあります。その点にしっかり留意して、自分にとっての天職を見付けてみましょう。

1:正社員で働けるチャンスが広がる

転職エージェントを利用する上では「適職に就ける確率」が上がるため、そのまま正社員として働けるチャンスがいくらでもあります。「転職エージェントを利用する上でのメリット」で先にご紹介したように、自分の能力・スキルを見極めることが大切です。

転職エージェントでは推薦文をもらうことができ、それを先に企業側に提出して活動を行ないます。そのため選考時点で評価され、正社員としての地位を獲得できる機会が増えます。

2:無職が不利にならないアピールをしてくれる

無職での転職活動というのはどうしても新卒採用の場合と比べて不利な点が見られ、その点を上手くリカバーしながらの活動内容が求められます。無職の期間に「自分が何に尽力したか」を具体的にアピールできることが肝心で、その点を上手くPRしてみましょう。

そのPR内容を転職エージェント側に前もって伝えておくことで、実際に転職活動を進めていく際に企業側へのアピールをさらに魅力的な内容に変えてくれます。

3:企業への推薦状を出してくれる

先でも触れましたが、転職エージェントを利用する場合は「エージェント側から推薦文をもらえる」という特典が付き、その推薦文を面接前などに企業に送り、書類選考時の参考資料とすることができます。この推薦文の有無によって、採用の可能性も上がります。

ハローワークでもらえる紹介状と同じような働きをし、その求職者の能力を魅力的に変更してくれる上、人材斡旋に最適な情報をポイントごとに伝えてくれます。

転職エージェントが無職の人を断る場合

「転職エージェントが無職の人を断る場合」についてですが、稀に転職エージェントを利用する場合、その求職者の条件によって利用が断られることがあります。たとえば年齢の高さ・それまでのキャリア・人間性の問題など、その理由はいくつかあります。

この中でも多いのが「それまでのキャリアのあり方」、次いで「年齢の高さ」などで、無職での転職活動時にはなかなか辛い現実を突きつけられる場合があります。

一度も社会で働いた経験がない

転職エージェントというのはそもそも「人材派遣した場合の成功率・定着率」などによって実績が評価されます。そのため、その成功率・定着率を初めから妨げてしまう要素があれば、その点を省く傾向が見られます。

たとえば年齢が高すぎる場合には、転職エージェントが求める「仕事への定着率」に悪影響が出ることがあり、また実務経験が1つもない場合は「斡旋成功率」を落とす場合があるので、その点で利用を断る場合があります。

年齢がものすごく高い

転職というのは「長く働いてきたのにいきなりリストラされて、すぐに就職先が見付からない」という人が多く利用します。そのため、年齢がある程度高い求職者も多く見られ、その場合に転職エージェントが利用できないとなると、かなりの痛手を被る場合があります。

この点での改善が求められる世情もありますが、現実的にはまだこの傾向が多く見られており、定年に近い年齢(無職の求職者)であればあるほど困難になるでしょう。

転職エージェントは無職で使えることもある

いかがでしたか。今回は「転職エージェントは無職でも使える?オススメの4企業とは|注意点6つ」と題し、「無職でも活用できる転職エージェント」に焦点を当て、その場合の注意点や転職エージェントの魅力などについてご紹介しました。

転職エージェントの利点は「適職を簡単に見付けられる」という点にありますが、利用する上では、あらかじめ決められたルールを守る必要があります。この点に留意し、円滑に転職を進めましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related