Search

検索したいワードを入力してください

転職先での7つの馴染み方|転職先で控えるべき行動

初回公開日:2019年04月18日

更新日:2019年04月18日

記載されている内容は2019年04月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「転職先でちゃんと人間関係が築けるか不安」と不安を抱えている方も多いことでしょう。そんな方のために、この記事では転職先での馴染み方について徹底解説しています。前向きで謙虚な姿勢をもち、上司や同僚の指示に素直に耳を傾ければすぐに職場に馴染むことができるはずです。

転職先での7つの馴染み方|転職先で控えるべき行動

転職先での不安

「今の仕事を辞めたい」「もっと条件のいい職場に転職したい」とお考え中のビジネスパーソンも少なくないことでしょう。

ですが、いざ転職活動をして内定をもらったとしても、最初の内は転職先に馴染めるかどうか不安に感じるはずです。

ここではまず、転職先で不安に感じるがちなことを2パターンに分けてご紹介していきます。転職活動中の方は、ぜひチェックしてみてください。

不安1:人間関係

転職先で不安を感じることとしてまず挙げられるのが、人間関係についてです。すでに人間関係が出来上がった状態に新しく飛び込むことになるため、上司や同僚に馴染めるかどうか、良好な関係を築けるかどうか不安に感じる人が多いでしょう。

ですが、時間が経てば徐々に職場の人とも距離を縮められるものですし、何より転職先での馴染み方を心得ていれば、このような不安はすぐに解消できるはずです。

不安2:仕事内容

仕事をこなせるかどうかということも、転職先で感じがちな不安として挙げられるでしょう。前職とほぼ同様の仕事内容ならばまだしも、全くの未経験の職種に転職した場合、果たして自分に仕事が満足にこなせるのかどうか不安になってしかたがないはずです。

「自分に向いていない仕事を任されたらどうしよう」「新しい職場の人に迷惑をかけずに仕事ができるだろうか」と、あれこれ考えてしまうでしょう。

転職先での馴染み方7つ

仕事内容に関する不安は、努力をして仕事に早く慣れることで解消できるでしょう。また、人間関係に関する不安は、転職先への馴染み方を心得ておくことで解消することができるはずです。

では、具体的にどうすれば転職先にすんなりと溶け込むことができるのでしょうか。ここからは、転職先での馴染み方を7つご紹介していきますので、人間関係で不安を感じている方はぜひ参考になさってみてください。

馴染み方1:社会人マナーを守る

転職先への馴染み方としてまず挙げられるのが、社会人としてのマナーをきちんと守るということです。

中高年が転職した場合、社会人として必須の挨拶や清潔感のある身だしなみなどのマナーを忘れたり怠ってしまうことも多いので、まずは職場の人に受け入れてもらえるような状態に自分を整えておくことが大切です。

たとえ年下であっても、転職先では自分よりも「先輩」ですので、敬語を使うように心がけましょう。

馴染み方2:素直に周囲の話を聞く

素直に周囲の話を聞く姿勢をもつということも、転職先での馴染み方として挙げられるでしょう。誰しも素直な人に対しては好感を抱くものですし、逆に自分のやり方に固執して転職先の人間の話を聞き入れようとしない人は嫌われたり敬遠されるものです。

新参者として謙虚な気持ちをもち、年下の社員であっても「教えてもらう」という姿勢で話を素直に聞くことが、転職先出の馴染み方の極意だと言えます。

メモを取る

職場への馴染み方として実践したいのが、教えてもらたことは逐一メモを取るということです。メモを取らずにただボーっと話を聞いていると、相手は「せっかく教えてあげたのに学ぼうとしない」とあなたに悪い印象を抱くでしょう。

逆にきちんとメモを取れば「学ぶ意欲があるんだな」と好意的に見てくれるものですし、何よりメモを控えておけば二度質問せずに済みます。メモを取るという常識的な行動も転職先での馴染み方に必須です。

教わった相手にはお礼をいう

当たり前ではありますが、教わった相手にはきちんとお礼を言いましょう。何かしてもらった時に素直にお礼を言うのは人として当然のことであり、人間関係を良好に保つために欠かすことができません。

転職先での馴染み方として、このように当たり前のことを当たり前に行うことが大切です。相手の目を見てきちんと感謝の気持ちを伝えましょう。

さらに「〇〇さんが教えてくださったおかげで助かりました」と一言添えるとよいでしょう。

馴染み方3:積極的に行動する

転職先での馴染み方として、積極的に自分から行動するということも挙げられるでしょう。受け身でいても転職先の人があれこれと構ってくれるわけではないので、職場に早く溶け込みたいのならば、自分から意識して行動を起こし、職場の人に受け入れてもらえるようにすることが必要です。

つまり、ただ教えてもらう・指示をしてもらうだけの社員でいずに、主体性を持って意欲的に行動をすることが転職先での馴染み方に必須の条件です。

新しい仕事にどんどんチャレンジしよう

新しい職場への馴染み方として、新しい仕事に意欲的にチャレンジするということも大切でしょう。

指示された仕事だけでなく、自分ができること・やりたいことにもとづいてどんどん新しい仕事に取り組めば職場の人からも認めてもらえるようになるはずです。

ただ単にやる気を見せるだけでなく、それを実際の行動で示して結果をきちんと出すということが、転職先での馴染み方に欠かすことができません。

学ぶ意欲が重要

学ぶ意欲を示すことも、転職先での馴染み方のために欠かすことができないでしょう。上司や同僚から教えられる・指示されるだけの存在でいることをやめ、自ら主体的に学びにいく意欲を見せることが大切です。

わからないことがあればきちんと質問をしたり、スキルアップのために勉強をするなど、常に向上心を持って仕事に取り組んでいきましょう。

このような姿勢を見せることで、職場の人もあなたのことを一目置くはずでしょう。

雑用など人が嫌がることを率先する

転職先での馴染み方として、人が嫌がること・面倒くさがってしようとしないことを率先してやるということも挙げられます。

雑用などを積極的にこなし、職場に陰ひなたに貢献しているあなたのことを必ずどこかで見てくれている人がいます。職場に溶け込みたいのならば、職場の人に受け入れてくれるように人の役に立つことをしましょう。

職場の人のために時間と労力を割くことが、転職先での馴染み方の極意だと言えます。

馴染み方4:社内ルールを確認する

社内ルールを確認するということも、転職先での馴染み方として重要です。あらかじめ社内ルールや規則を頭の中にインプットしておけば、慌てたり戸惑ったりすることも少なくなり、すんなりと職場に溶け込むことができるでしょう。

転職先から内定をもらったのならば、初仕事の日までに覚えられる社内ルールは全部覚えてしまいましょう。仕事をする中で不文律のルールを敏感に察知することも、転職先での馴染み方として必須です。

馴染み方5:身だしなみに気を配る

新しい職場での馴染み方のひとつに、身だしなみに気をつけることも含まれるでしょう。当たり前のことではありますが、清潔感のない人間は敬遠されてしまうものですし、逆に言えばきちんと身だしなみを整えた人はそれだけで第一印象がよくなります。

だらしない見た目をしていると「仕事も適当で雑なんだろうな」という先入観を持たれてしまいねません。人に不快感を与えない見た目でいることも、職場での馴染み方として大切です。

馴染み方6:コミュニケーションを心がける

職場での馴染み方として最も重要と言っても過言ではないのが、積極的なコミュニケーションです。転職したばかりの人間に構ってくれる親切な人はそんなに多くないものですので、職場の人との距離を縮めて円滑な関係を築くために、自分から意識してコミュニケーションを取るようにしましょう。

明るく笑顔を心がけて気持ちの良いコミュニケーションを取ることが、転職先での馴染み方に必須です。

あいさつ

職場での馴染み方に必須のコミュニケーションとしてまず挙げられるのが、挨拶です。面倒臭がらず、どんな時でもきちんと目を見て笑顔で挨拶をするように心がけましょう。

笑顔で挨拶をされて嫌な気持ちになる人はいません。挨拶は社会人として必須のマナーですが、社会人歴が長いとつい面倒くさく感じて怠ってしまいがちです。ですが、転職先での馴染み方には挨拶が必要条件ですので、きちんと行うようにしてみてください。

同僚の顔・名前を覚える

当然ではありますが、同僚の顔や名前をきちんと覚えるということも転職先での馴染み方に必須です。

名前を呼ばれると嬉しく感じるものですので、挨拶をする時にはぜひ「〇〇さん、おはようございます」といったように、声をかけてみてください。

相手は「自分の名前をちゃんと覚えてくれているんだな」とあなたに好印象を抱くはずです。

転職先の人間関係を把握

転職先絵の馴染み方のひとつとして、新しい職場の人間関係を早めに把握しておくということも挙げられます。

上司・同僚・後輩という縦の関係だけでなく、誰と誰が仲が良くて誰と誰が険悪なのかをきちんと知っておけば、対人面で地雷を踏んでしまう心配もありません。

また飲み会などを利用して人間関係をよく観察したり、仲良くなれそうな同僚を早めに見つけておくことも必要だと言えるでしょう。

馴染み方7:業務に慣れることを意識する

転職先になかなか馴染めない原因のひとつは、業務に慣れていないことにあります。だからこそ、転職先での馴染み方として、業務に慣れるように努力をするということも必要です。

まずは、指示されたことを正確にミスなくこなせるようになることが第一条件だと言えるでしょう。第一条件をクリアしたならば、任された仕事のルーティーンを効率的にこなせるように工夫をしてみてはいかがでしょうか。

結果を求めすぎてオーバーワークにならない

転職先での馴染み方をあまりに意識していると結果を求めすぎてしまい、オーバーワークになってしまいがちです。

早く仕事に慣れたいという気持ちはわかりますが、オーバーワークになっては元も子もないので、自分の能力を冷静に把握し、今の自分にできる範囲内で仕事に取り組んでいくことが大切だと言えるでしょう。

頑張りすぎると途中で挫折してしまいやすいので、ほどほどに頑張るという姿勢を維持することが必要です。

業務が滞りそうなら早めに相談を

もしも業務が滞りそうならば、それがわかった時点ですぐに上司や同僚に相談をし、指示を仰ぎましょう。

「呆れられてしまうのでは」「怒られるのが怖い」と自己保身で相談を怠ると、取り返しのつかない事態になってしまいかねませんので、何事も早めに上司に報告・連絡・相談を行うことが大切です。

また、「これくらいならばまだ大丈夫」と自分で勝手に判断しないということも必要でしょう。

転職先で控えるべき行動

以上では、転職先での効果的な馴染み方について解説してきました。早く職場に溶け込んで働きやすい状態へと自分をもっていきたいのならば、このような馴染み方を実践するだけでなく、職場の人から反感を買うような行為も慎むことが必要です。

ここからは、職場で良好な人間関係を築くために絶対に控えるべき行動をご紹介していきますので、ぜひ反面教師としてチェックしてみてください。

行動1:前の職場のやり方で仕事をする

まず気をつけたいのが、前の職場のやり方を転職先でも貫こうとしないということです。転職先には転職先の仕事のやり方があるので、「前職でこうしていたから」と意固地になってしまうと、職場の人から反感を買ってしまうでしょう。

どんなに前職でキャリアを積んでいたとしても、転職先では新人であることに変わりはありません。謙虚な気持ちで、転職先のやり方に自分を順応させていきましょう。

転職先のやり方を確認

職場に溶け込むためには、転職先の仕事のやり方や取引先との接し方について、前もってきちんと確認しておくことが必要です。

「前職でこうしていたから今回もこれでいいだろう」と高を括らず、最初のうちはその都度上司や同僚に仕事のやり方を確認することが大切だと言えるでしょう。

行動2:自己判断する

自己判断も、転職先で控えるべき行動のひとつです。転職先に慣れていない状態で行った自己判断は往々にして間違っていることが多く、それによって取り返しのつかないミスをしでかしてしまったり、職場全体に迷惑をかけてしまうことも少なくありません。

報告・相談・連絡を大切に

自己判断をせず、上司への報告・連絡・相談を必ずするように徹底しましょう。上司に「ほうれんそう」を欠かさず行うことで、ミスを事前に防ぐことができますし、上司から転職先での仕事のノウハウを教えてもらうこともできるはずです。

わからないことは素直に訊ねよう

ミスを防ぎ、職場に早く慣れるためには、わからないことがあったら素直に訊ねることが大切です。

変なプライドを持たず、「転職先では自分は新人だ」という謙虚な気持ちを持って、自分では判断がつかない時には質問をしたり、助けを求めましょう。

行動3:社内のルールを守らない

社内のルールを守らず自分勝手な行動を取ると、確実に「問題児」扱いされてしまいます。転職したならばまずは社内のルールや規則をきちんと学び、また上司や同僚の言動を参考にして、新しい職場のやり方に自分を合わせていくようにしてみてください。

できることから行動し転職先に馴染もう

今回は転職先での馴染み方について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。誰しも転職したての頃は仕事に慣れず、人間関係に不安を感じるものですが、時間が経てば次第と職場に溶け込めるようになるものです。

あまり不安ばかり感じずに、まずは職場に順応できるように努力をしていくことからスタートしましょう。前向きで謙虚な姿勢をもっていれば、きっと職場の人もあなたのことを好意的に受け入れてくれるはずです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related