Search

検索したいワードを入力してください

転職で失敗しない為の12個の注意点|応募先選びのポイント5つ

初回公開日:2019年04月19日

更新日:2019年04月19日

記載されている内容は2019年04月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今現在働いている職業や会社から転職を考えていても、どのようなことに注意して転職すれば良いのか、どうしたら失敗しないで転職できるのか不安な方も多いのではないでしょうか。転職について、失敗しない注意点や会社の選び方などを紹介していきます。

転職で失敗しない為の12個の注意点|応募先選びのポイント5つ

転職とは

転職とは、今働いている職業や所属している会社から、新しい職業や会社に変えたり移ることです。ビジネスパーソンで使われていた言葉でしたが、最近では一般的な会話にも使われるようになっており、どこでも当たり前に聞くようになりました。

今の仕事内容にやりがいを感じない場合や、会社の環境が良くないと感じる場合など、不満を持っていて転職を考えている方も少なくないでしょう。転職のメリット、デメリットを紹介します。

転職のメリット

転職するにあたって最大のメリットは、自分の商品価値を上げてキャリアアップできることです。現在の職場での経験に加えて、新しい職場で新たな経験を得ることができ、スキルアップに向けても大きく変化していくきっかけになります。

さらに、環境が変わることで人間関係なども一掃されるので、職場の環境に悩んでストレスになっている方にとってはとても大きなメリットです。

転職のデメリット

転職することでおきる最大のデメリットは、新しい仕事を一からすべて覚え直さなくてはいけないことです。同じジャンルの職業であっても、その会社によってルールや流れなどが違う場合があるので、新たに覚えることがたくさんあります。

さらに、環境が変わることがメリットであることと同時に、新しい人間関係を築かなくてはいけないというデメリットもあります。

転職で失敗しない為の12個の注意点

人生において働くことは大事なことであり、絶対に失敗しない重要な事柄です。ですが、今働いている職場や会社から移動して、もっと良い職場を見つけることはとても大変でしょう。
転職で失敗しないための注意点を12個紹介していきます。

転職で失敗しない為の注意点1:職場の人には転職活動を秘密にする

転職で失敗しないための12個の注意点1つ目は、職場の人には転職活動を秘密にすることです。誰かが転職してしまうことは、会社にとって少なからずプラスになることではないので、転職を考えていることが会社にバレてしまうと、周りからの視線などが気になり、残りの期間に仕事を続けにくくなってしまうリスクが上がります。

もしも、転職できずに今の仕事を続ける可能性が少しでもあるのならば、秘密にしておく方が良いでしょう。

転職で失敗しない為の注意点2:在職中に転職活動を行う

転職で失敗しないための12個の注意点2つ目は、在職中に転職活動を行うことです。どうしても今すぐやめたい理由がある場合は除きますが、働いている間に次の転職先が決まらないと、金銭面がとてもきつくなってしまいます。

一定の条件を満たしていれば失業保険を利用することができますが、転職活動中にもたくさんのお金がかかります。賢く安心した転職活動をしたいのであれば、働きながらできるようにしましょう。

転職で失敗しない為の注意点3:一人で転職活動を進めない

転職で失敗しないための12個の注意点3つ目は、一人で就職活動を進めないことです。同じ会社の人にバレてしまうのは避けたいことですが、転職についての情報や、自分のスキルや見あった収入、そもそも転職すべき状況にあるのかなど、転職に詳しく第三者としての意見を与えてくれる人に相談しましょう。

転職経験のない自分の考えだけで転職活動するのは避けるのがベターです。

転職で失敗しない為の注意点4:転職エージェントに登録する

転職で失敗しないための12個の注意点4つ目は、転職エージェントに登録することです。転職エージェントとは一般的な求人サイトとは違い、転職のプロに相談しながら転職活動を進めることができます。

今働いている職業から転職すべきなのか、どのような職業にすれば良いかなどを完全無料で相談することができるので、転職活動には欠かせません。転職をしようと決めたら、必ずチェックしておきましょう。

転職で失敗しない為の注意点5:イメージだけで企業を選ばない

転職で失敗しないための12個の注意点5つ目は、イメージだけで企業を選ばないことです。仕事をする前から入りたい会社のイメージをしてしまうと、就職してから想像と違ってガッカリすることがあります。

大手だから安定しているだろう、CMで見るくらい有名だからホワイト企業だろう、という安易な考えだけで就職先を選ぶのではなく、自分がどうして今の会社を辞めるのか、次の会社に何を求めているのかを明確にしましょう。

転職で失敗しない為の注意点6:自分の「市場価値」を高く設定しない

転職で失敗しないための12個の注意点6つ目は、自分の「市場価値」を高く設定しないことです。今の仕事よりも納得のいく会社で働きたいための転職活動であるとしても、自分の価値を上げて、良い条件だけで会社の選択肢を絞りすぎるのは失敗してしまうポイントです。

理想の高い考えはなるべく抑えながら、就職先の会社が自分のことを本当に必要としてくれるのかを考え、いろいろな職業に視野を広げることで新たな発見が手に入るチャンスになるでしょう。

転職で失敗しない為の注意点7:ビジネスマナーを習得しておく

転職で失敗しないための12個の注意点7つ目は、ビジネスマナーを習得しておくことです。働き慣れている仕事だと、ビジネスマナーを忘れてしまったり、間違えたマナーを覚えてしまっていることがあります。

現在の会社でビジネスマナーを学んだ方も、もう一度初心にかえって一から見直すことがとても重要です。最低限のビジネスマナーができていないと、会社の即戦力にならないと判断され、失敗してしまうポイントになります。

転職で失敗しない為の注意点8:内定後は採用条件をしっかり確認する

転職で失敗しないための12個の注意点8つ目は、内定後に採用条件をしっかり確認することです。内定してから採用条件をもう一度確認してみると、求人で記載されていた内容と異なっている可能性が少なからずあります。

内定通知書が届いたら、給与や賞与、労働時間、残業についてなどを確認し、わからないことや疑問に思ったことがあれば、必ず担当者に連絡しましょう。

転職で失敗しない為の注意点9:転職先の社風を確認する

転職で失敗しないための12個の注意点9つ目は、転職先の社風を確認することです。社風を確認せずに転職してしまうと、転職先が決まっていざ仕事を始めたら、給料が全然支払われない、サービス残業ばかりだった、想像していた雰囲気と違っていたなど、転職してしまったことを後悔することになりかねません。

転職先を決める時には、社員や元社員が口コミをする転職口コミサイトしっかり確認しておきましょう。

転職で失敗しない為の注意点10:今の会社を辞めないという選択肢も捨てない

転職で失敗しないための12個の注意点10個目は、今の会社を辞めないという選択肢も捨てないことです。転職活動をしてみると、他の企業や会社などをたくさん知ることになり、今働いている会社の方が良い条件、良い環境ではないのかと気づく場合もあります。

辞めることを前提に考えすぎてしまうと、今やっている仕事に見が締まらなくなり、気が抜けているところが周りにバレてしまうので気をつけましょう。

転職で失敗しない為の注意点11:退職時は最低限のマナーをわきまえる

転職で失敗しないための12個の注意点11個目は、退職時は最低限のマナーをわきまえることです。退職する場合は、仕事などの引き続きなどを含め、自分が退職することで周りがやらなくてはいけないことが増えるので、最低でも1、2ヶ月前に退職する旨を報告しておきましょう。

これをしないからといって失敗してしまう、ということではないですが、次の転職先で働くまでに気持ちよく切り替えられことは大事です。

転職で失敗しない為の注意点12:年金や健康保険に気をつける

転職で失敗しないための12個の注意点12個目は、年金や健康保険に気をつけることです。退職してから転職先で働くまでに1日でも空いてしまうと、自分で各市町村役所の国民年金窓口に行って手続を行わなければなりません。退職日を選択できる場合には、有給消化なども使いながら、転職先で働く前日を退職日にすることをオススメします。

応募先選びの5つの注意点

転職で失敗しないための注意点を抑えた上で、次に注意することは応募先の選び方です。転職する際には、必ず確認しておきたいとても重要なポイントになります。応募先選びの注意点を、5つ紹介していきます。

応募先選びの注意点1:職種や具体的な仕事内容

応募先選びの5つの注意点1つ目は、職種や具体的な仕事内容についてです。今働いている会社と同じ職種にするのか、違う職種にするのかで確認する内容が大きく変わってきますが、同じ職種でも会社によって方針やルール、取り組み方が異なるので、仕事内容はしっかりとチェックをしましょう。

同じ職種だからといって詳しい確認を怠ると、転職してから全然違ったという後悔をしてしまうことになるので注意です。

応募先選びの注意点2:正社員か契約社員かなどの雇用形態

応募先選びの5つの注意点2つ目は、正社員か契約社員かなどの雇用形態についてです。正社員と契約社員の契約内容は大きく異なるので、必ずチェックする必要があります。

求人の内容に契約社員から正社員の登用実績があると表記されていても、実際は登用確率が少なかったり、何年働いても正社員になれずにいる人がたくさんいます。働いてから後悔することのないように、初めから正社員で受け入れてくれる会社を探しましょう。

応募先選びの注意点3:希望給与額と必要最低金額

応募先選びの5つの注意点3つ目は、希望給与額と必要最低金額についてです。転職先に希望給与額や必要最低金額を伝えて、経験や実績を考慮してくれる企業を選ぶのがポイントですが、初めの頃の給料は求人に記載されている最低給与額になってしまうことがほとんどです。

ある程度働いて能力などをみてから判断する企業や会社が多く、転職してからすぐに希望給与額をもらえる可能性は低いので要注意です。

応募先選びの注意点4:勤務地エリアや通勤時間

応募先選びの5つの注意点4つ目は、勤務地エリアや通勤時間についてです。通勤に時間がかかりすぎてしまうと、朝早く起きる負担や、帰宅時の疲労の原因に繋がり、仕事にも大き関わってきてしまいます。

自宅から通いやすい通勤地のエリアなのかを確認し、いくつか店舗がある場合は、働きたいエリアの希望をしっかり伝えることが重要です。

応募先選びの注意点5:勤務時間や時間帯や休日・休暇

応募先選びの5つの注意点5つ目は。勤務時間や時間帯や休日・休暇についてです。最近では、勤務時間や労働時間についてより厳しい時代になっていますが、それでもサービス残業などを行っているブラック企業はたくさんあります。

求人に載っている内容だけで判断するのではなく、転職口コミサイトを利用して、社員や元社員の口コミをしっかりと確認することが大事です。

注意点を知って転職を成功させよう!

転職で失敗しないための注意点や、応募先の選び方の注意点などを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。転職は、第2の人生スタートになると言っても過言ではないくらい、生活していく中で大事なビッグイベントです。

自分を変えるチャンスに繋がり、新しい発見をする良いきっかけにもなります。新たなスタートを失敗しないように、注意点をしっかり頭に入れて転職活動を頑張っていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related