Search

検索したいワードを入力してください

おすすめの海外転職エージェント14選|注意すべき6つのポイント

初回公開日:2019年05月09日

更新日:2019年05月09日

記載されている内容は2019年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

海外転職を考えている人も最近増えているため、海外版の転職エージェントを利用される人も増えています。海外転職エージェントを利用することで効率よく求人を見ることができます。ここでは、海外転職をする際におすすめの転職エージェントを紹介しています。

おすすめの海外転職エージェント14選|注意すべき6つのポイント

そもそも転職エージェントとは?

近年、「転職エージェント」という言葉をよく耳にするようになりましたが、その内容を詳しく把握していない方も多いのではないでしょうか。

「転職エージェント」とは、転職を希望する人のために、それぞれの希望や条件に応じた求人情報などを斡旋してくれる会社のことを指します。

単純に転職先を見つけてくれるだけではなく、それに関わる一連のサポートを行ってくれるため、転職希望者の負担を軽減できます。

おすすめの海外転職エージェント14選

転職エージェントは年々増えており、色々な会社が存在しているため、どの会社が良いか悩むことがあります。

特に、海外に転職しようと考えている方は、よりエージェント選びで悩んでしまうことも多いでしょう。そのような場合は、日本にいる間に海外転職エージェントを利用して、じっくり転職先を見つけましょう。

続いて、おすすめの海外転職エージェント14選をご紹介します。海外へ転職を考えている人は、ぜひ参考にして下さい。

1:JACリクルートメント

「JACリクルートメント」は大手企業の求人を主に取り扱っている転職エージェントなので、高年収を目的に転職する人におすすめです。

海外転職用の求人も多く取り扱っており、大手の求人なので、安心して海外で働くことができます。

外資系の求人が多く、海外転職する際の理想の職場を見つけやすいです。日本でも、海外の人と接することの多い企業などで働いている方は、その分有利に海外転職を成功させることができます。

2:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、最も多くの非公開の求人を保有しているエージェントでなので、ほかの転職エージェントで理想の求人が見つけられなかった際におすすめです。

登録するだけで非公開の求人を閲覧することができるため、手軽に多くの求人を見ることが可能なので、より理想的な転職先を見つけることができます。

3:Spring転職エージェント(アデコ)

「Spring転職エージェント(アデコ)」は、60カ国に拠点を設けている転職エージェントなので、多くの海外の求人を紹介しています。海外転職をする際に理想の求人を見つけることができます。

幅広い海外の求人を紹介しているため利用者の幅も広く、転職エージェントで海外企業を探す際に、最初に利用することをおすすめします。

4:ロバートウォルターズ

「ロバートウォルターズ」は、外資系の求人に特化している転職エージェントなので、外資系に転職したいと考えている人に特におすすめです。

また、世界の主要都市にオフィスを構えているため、海外転職をする際にも有効に利用することができます。

ロンドンに本社がある転職エージェントですが、2000年には東京にオフィスを構えているので、より日本国内でも利用しやすくなっています。

5:ビズリーチ

「ビズリーチ」は、ヘッドハンティングサービス型転職エージェントで、より高い収入を目的としている人や管理職経験者、より能力を生かしたいと考える人に特におすすめです。

無料・有料双方のサービスがありますが、無料サービスでも、求人などの情報を閲覧することはできます。ただし、求人に応募することはできません。

有料サービスではすべての求人に応募することができます。実績が高い人に適したエージェントと言えます。

6:REERACOEN

「REERACOEN」は、アジア方面の多くの拠点がある転職エージェントなので、近場で海外転職を行いたい人におすすめです。

「REERACOEN」は海外転職する際の求人情報を紹介するだけではなく、経験豊富なキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれます。

また、海外現地でもキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、海外に行った後も安心です。

7:GJJ海外就職デスク

「GJJ海外就職デスク」は非常に簡単に会員登録できる転職エージェントです。一般的な転職エージェントの利用では、必ず会員登録する必要がありますが、さまざまな情報を入力する必要があるため、多くの時間がかかってしまいます。

しかし、「GJJ海外就職デスク」は登録方法が簡単なため、時間をかけずに登録することができます。海外転職をする第一歩への負担が軽減されるでしょう。40代、50代向けの求人もあるため、高年齢で海外転職をすることも可能です。

8:EARTH TIMES

「EARTH TIMES」は、海外転職をする際にも利用することができますが、留学やインターンシップで使用されることが多いです。手数料が無料で利用することができるため、海外での生活や語学力を身につけたい人におすすめです。

海外転職をするためには、海外の文化に慣れる必要があります。海外で就職する前に留学することで、事前に実際に暮らす際のイメージ作りをすることができ、転職後の不安を解消することも可能です。

9:WORLD POST

「WORLD POST」は、飲食業やサービス業に特化した転職エージェントです。

そのため、海外で飲食業やサービス業を行いたい人におすすめです。海外転職の際、飲食業やサービス業は人気が高く、「WORLD POST」を利用している人も多いです。

また、求人を紹介する文章が特徴的で、目を引くような言葉で求人を紹介しています。

10:海外営業転職ナビ

「海外営業転職ナビ」では、海外転職をする際の求人情報はもちろんですが、海外駐留や海外赴任をする求人も多く取り扱っています。そのため、さまざまな雇用形態で海外転職をすることができ、幅広い人に利用されているエージェントです。

また、海外で新拠点を探している人にもおすすめの転職エージェントでもあり、事業を海外進出しようと考えている人にもおすすめです。

11:パソナ NA

「パソナNA」は、母体が人材派遣会社なので、派遣の求人を多く紹介している転職エージェントです。

国内の派遣の求人はもちろんですが、北米に特化した海外派遣の求人も紹介されているため、派遣であっても海外転職ができるのでおすすめです。

短期間でも仕事をすることができるので、本格的な海外転職をする前に一度派遣で働いてみましょう。

12:QUICK USA

「QUICK USA」は、名前のとおりアメリカの求人を取り扱っている転職エージェントです。海外転職先の希望としてアメリカをを考えている人は利用してみてはいかがでしょうか。

アメリカの日系企業中心の求人が多く、理想の転職先が見つけやすいでしょう。海外転職の際にアメリカを選ぶ人が多いので、日本の利用者数も多いです。

また、登録から仕事が決定するまでの費用も無料です。

13:カモメアジア転職

「カモメアジア転職」は、アジア中心の求人を多く取り扱っているため、日本では利用しやすい転職エージェントです。

自身のスキルを高められる求人や、スキルを活用できる求人が多いため、満足できる転職先を見つけることができます。

しかし、十分なスキルが身についていなければ、転職先から良い返事をもらうことは難しく、なかなか転職できないこともあります。

14:英創人材(インテリジェンス中国)

「英創人材」は、日本に本社を置く中国法人で、中国企業を数多く紹介している転職エージェントです。

求人者に適した企業を紹介してくれるため、より理想的な転職先で働くことができます。

本当に会社に合う人材を見極めて選ぶため、求人者も働き始めてからストレスを感じることが少なく、充実した仕事環境で働くことができます。

海外転職エージェントを使う際に注意すべき6つのポイント

ここまで、いろいろな海外転職エージェントをご紹介しましたが、利用する際には色々なことに注意しなければなりません。注意事項を把握していないと、エージェントを利用している際や転職後にトラブルになることもあります。

国内の転職エージェントを利用する際の注意点とは異なる注意点があるので、事前に把握しておきましょう。

ここでは、海外転職エージェントを利用する際の注意点6つをご紹介します。

1:2週間に1回は連絡を入れる

海外転職エージェントを利用する際には、二週間に一回は連絡を入れるようにしましょう。スカウトタイプの転職エージェントでも、最低限この頻度で連絡を入れないと、転職する気持ちが低いと受け取られてしまうため、あまり求人を紹介されなくなる危険性があります。

最低でも二週間に一回連絡することで、転職活動に意欲的にであると示すことができ、現状を報告することもできます。

2:いいところがあればすぐにでも言っておく

海外転職エージェントを利用している際、気になる求人情報が紹介されていたらすぐに連絡することをおすすめします。

転職サイトは日本国内だけではなく、世界各国の転職希望者が閲覧しているため、すぐに求人が決まってしまう可能性が高いです。

気になる求人があればすぐに連絡し、詳細を確認して問題がなければ、書類審査や面接の手続きを行ってもらうようにしましょう。

3:担当コンサルタントは合わなければ変更する

海外転職コンサルタントだけではなく、国内転職エージェントにも同じことが言えますが、担当のコンサルタントと相性が合わないと感じたら、変更してもらうことをおすすめします。

性格や考え方にはそれぞれ違いがあるため、担当コンサルタントと話が合わないことも当然発生します。

いつまでも合わないコンサルタントと話していても、自身の気持ちを伝えることができないだけではなく、ストレスも溜まってしまいます。

4: 経歴やスキルに嘘をつかない

転職エージェントを利用する際は、経歴やスキルに嘘をつかないようにしましょう。嘘の情報で登録してしまうと転職後にトラブルになる可能性が高く、内定を取り消しにされたり、クビになったりすることもあります。

エージェント側も企業に正しい求人情報を紹介することができないため、嘘をつくことは双方ともにメリットにはなりません。

5: 推薦文は必ず確認する

推薦文を提出することで内定率にも影響が出るので、提出する前に必ず良く確認しておきましょう。

推薦文は履歴書などと一緒に企業側に提出する書類で、主に転職エージェントに用意されることが多いです。しかし、その推薦文を自身で確認する前に提出されてしまうこともあり、正しい情報が記入されていない可能性や、正しい推薦文になっていない可能性もあります。

自分に関わることは、自分の目で確かめて下さい。

6: 同じ案件に複数のコンサルタントから応募しない

同じ案件に対して、複数のコンサルタントから応募することはマナー違反になり、トラブルの原因にもなります。

企業側からも、「この求人者はマナー違反を犯している」と捉えられ、非常識な人間と思われる危険性があります。

複数のコンサルタントから応募することは、内定の確率を上げるのではなく、逆に下げる行為だということをしっかりと認識しましょう。

海外転職するなら転職エージェントを活用して見よう

海外転職を考えたら、転職エージェントを利用するように心がけましょう。

海外の求人はハローワークなどでは斡旋されていないので、自分で特別な行動を起こさないと、求人すら見ることは叶いません。

しかし、海外転職エージェントを利用すれば手軽に海外の求人を知ることができるので、自分に合った転職先を見つけることができるでしょう。

自分の希望に合うエージェントを探して、有意義な転職活動を成功させましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related