Search

検索したいワードを入力してください

大手と第二新卒・既卒向けエージェント一覧|その他の転職サービスとの違い4つ

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2019年09月06日

記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は「大手と第二新卒・既卒向けエージェント一覧|その他の転職サービスとの違い4つ」と題して、「大手と第二新卒・既卒向けエージェント一覧」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「その他の転職サービスとの違い」をご紹介します。是非参考にしてみて下さい。

大手と第二新卒・既卒向けエージェント一覧|その他の転職サービスとの違い4つ

転職エージェントとは?

主に転職エージェントというのは「転職希望者が転職サイトを活用する際に、具体的かつ実践的にその転職を斡旋してくれる専門のサイト」となるため、普通の転職サイトとは完全にシステムが変わってきます。

転職エージェントを活用する際には、転職サイトを利用する際には一般的に付かない「担当者」が付けられ、その担当者との協力によって転職活動が進められていきます。

大手の転職エージェント一覧

さてここから「大手の転職エージェント一覧」と題して、転職エージェントの内容と魅力をはじめ、転職エージェント一覧を参考にする場合の要点や、各種転職エージェントの特徴や利点についてご紹介していきます。

大手の転職エージェント一覧といっても、それぞれの転職エージェントで特徴・ストックしている求人情報などが違うため、1つ1つの転職エージェントをしっかり確認しておくことが大切です。

1:リクルートエージェント

まずリクルートエージェントでは「転職に必要な個別キャリアの積み立て」に着目し、企業研究・企情報の有利な活用法をはじめ、外資系企業ニーズへ転職する上での重要な情報・方法を着実に伝えてくれるでしょう。

転職に必要な個別ニーズと企業ニーズとの斡旋を図り、転職活動に必須の情報の提示、その企業ニーズを充足するためのスキルを提供してくれます。転職エージェント一覧を参照する際のステップにしましょう。

2:パソナキャリア

パソナキャリアの利点は「求職者個別で理想の転職環境を斡旋してくれるサポート」の高さと、どのような環境からでも斡旋に強い転職アドバイザーがそろっている点です。

転職後の生活安定をしっかりとサポートしてくれ、年収システム・企業情報などの獲得や、それらを有効活用してPRにつなげる斡旋力などが非常に高いです。転職エージェント一覧を参照する際のステップにしましょう。

3:doda

トータル的なサポート力が実に高く、転職サイトランキングでも絶えず上位を占めていて、転職時の安定感や実績は他の転職サイトを上回る程の功績を持ちます。

dodaでは、特に企業情報の獲得がスムーズで、IT関連企業の情報収集に定評があります。この場合でも「自己能力・スキルに最適な職先」の提示が大きな魅力でしょう。転職エージェント一覧を参照する際のステップにしましょう。

4:ワークポート

一般に女性からも人気のある転職エージェント「ワークポート」です。「適職を斡旋してくれる魅力的な自己PR」に焦点を当て、その上で企業が欲しがる人材像を率先して支援してくれます。

無資格者・経理未経験者が転職する場合でも特に利用しやすい転職サイトで、さらに事務系・エンタープライズ系、クリエイティブ系への斡旋には定評があります。転職エージェント一覧を参照する際のステップにしましょう。

5:Spring転職エージェント

多彩な転職希望者から人気のあるSpring転職エージェントでは、年齢問わずの求職者が多く、さまざまな状況に見合った転職サポートが用意されます。

経理への転職時に役立つキャリア形成を活用した転職活動に定評があり、自己PRのコツを教えてくれる上、企業ニーズとの斡旋にもかなり注力します。

6:マイナビAGENT

マイナビエージェントは「求職者にとって安定できる転職先」として有名であり、アフターフォローに徹底して実践してくれる上で、個別の状況・環境・能力に見合わせた転職支援をしてくれる理想的なサイトです。

企業研究にしても十分活用できるサイトで、「自分にとっての適職」を確実に見分けてくれる点はやはり魅力です。内定率もかなり高いです。

7:ランスタッド

ランスタッドでは、年齢層の求職者から支持され、さらに「提携企業・求人情報を柔軟に活用できる点」にあげられます。基本的に「求職者の個別スキルに見合った適職の確保」がウリで、中途採用からの転職に際しても「実務キャリア」に焦点が当てられます。

中途採用で転職する場合の内定率も高く、壮年層から転職を希望する場合でも「実務キャリア」に注目されます。

8:エンエージェント

着実に転職を約束してくれる転職サイト「エンエージェント」のご紹介です。最近では利用者数が圧倒的に増えてきており、その上で「転職活動を失敗しない」というスローガンをもとに、採用情報を的確にフォローしてくれます。

ランキングでもかなり上位に組まれている場合が多く、特に専任のキャリアパートナーとの充実した連絡環境・支援に定評があります。

第二新卒/既卒向けエージェント一覧

第二新卒で転職を検討する場合によく取られる方法は、1つではなく、複数の転職エージェントに登録しておくことです。そのようにしておくことで「自分にとって最適の求人情報」を会得する機会が増えることもあり、さらに転職のチャンスも充実しています。

また転職エージェントを利用する上で比べることもでき、その上で企業研究と同じく、転職エージェントそのものを研究することもできます。

1:マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sでは基本的に求職者のスキルによって求人情報をピックアップし、転職活動に必要な知識・用途などの提供がなされます。20代でも常に安定して活動でき、転職成功率もかなり多いでしょう。

「第二新卒・既卒向け転職エージェント」という点に配慮しながら、その狭い転職の採用情報をいかに上手く効率よく活用し、未経験の場合でも転職はスムーズにできるでしょう。

2:ウズキャリ

「ウズキャリ」では、キャリアを十分生かした適職への斡旋がなされ、理想的かつ安定感のある職先を紹介してくれます。第二新卒・既卒向け転職エージェントの魅力をウリにできる、壮年層向けサイトに特化した特徴があります。

企業とのネットワークによって得られた「離職率の高い会社を紹介しない上での案件紹介」を基準に、求職者の希望に柔軟に対応します。

3:GEEK JOB

第二新卒・既卒での利用が最近特に増えてきた転職サイト「GEEK JOB」です。求職者にとっての「仕事の安定・仕事とプライベートの両立」への支援が優れている点が魅力です。「ハイクラス」の企業層へ組み込める転職活動がメインになります。

第二新卒で利用する場合でも、常に転職エージェントランキング上位で、「アドバイザーのサポート力」にも定評があります。

4:就職Shop

若年層向けの転職サイトとしてかなりニーズの高い「就職Shop」です。とにかく理想の企業で働きたいと意欲の高い求職者であれば、この転職エージェントでは着実な適職への支援が充実しています。

面接練習をはじめ、就職決定までのすべての過程を「個別サポートする就活支援サービス」により実践してくれるため、第二新卒でもすぐに順応できるでしょう。

5:行列のできる転職相談所

「行列のできる転職相談所」では第二新卒向けの転職斡旋、また大手企業への転職斡旋率が高く、転職に必要となる英語能力・面接でのハウトゥをしっかり教えてくれます。

個別能力にこだわらず、とにかく「実践的な仕事能力」を身に付けさせる点に注力しており、トータル的な実力をもって転職を有利にする点で最適です。

6:第二新卒AGENTneo

第二新卒からの転職時でよく利用される「第二新卒AGENTneo」です。当転職サイトの利点は「求職者の個別能力・状況に合致した求人情報」の提示と、それぞれの個別スキルに必要な知識・能力が着実に提示される点でしょう。

採用口を広げる点でも当サイトが魅力的で、その転職を円滑に進められる配慮をしてくれる点はさらに有益でしょう。

7:ブルームノーツ

現代でも多くの求職者が集まり、「即戦力人材の採用」に徹した自己PRの方法を教えてくれるでしょう。

第二新卒から転職する場合、まず将来的なキャリア形成の定め方が必要であり、さまざまな企業ニーズとの斡旋を図り実益のある転職活動を支援します。

内定率が高く、企業への転職を始める場合はまずこのブルームノーツが勧められます。

8:DYM就職

この「DYM就職」は、この転職エージェントの特色は「転職の方法かわからない人」、「自分の能力を上手く活用できない人」にとって利点の高いサイトとなるでしょう。

第二新卒・若い世代向けの転職サイトとして人気があり、特に自分の能力・スキルを企業が求める理想の人材像に上手く結び付ける支援に定評があります。

9:いい就職.com

「いい就職.com」は転職エージェントランキングでも常に上位にあります。近年でも第二新卒での利用者数がかなり増えてきており、この転職サイトの強みはITスキルを活かした人材斡旋・情報提供にあるでしょう。

第二新卒からの転職時にはこのさまざまな職種を希望先にする場合に実績があり、独自スキルに見合った職先を大規模な就職情報の中から見付けてくれます。

10:20代の転職相談所

この転職エージェントの利点は「適職を希望する際に必要となる情報」を率先して提供され、その新しい分野に必要な知識・経験のあり方をはじめ、どのように転職活動を行なえば有利になるかについて支援にあります。

第二新卒から活用する上では特に技術面が問われ、「適職に就くために必要なノルマ」を会得するための努力について助言してくれるでしょう。

11:ハタラクティブ

若年層を対象としますが、最近では第二新卒者が利用する場合でも定評のある良質の転職エージェントです。仕事とプライベートの安定した生活サポートを約束してくれる点がコツ・ポイントと言えるでしょう。

「働きやすい職場」を念頭に置き、特に「企業側にとって実益的なPR」がウリになります。マイペースで活用できるサイトなので、転職エージェント一覧を参照する場合の糧にしましょう。

12:リクらく

「リクらく」の魅力と利点はやはり「サポート力の高さ」に見られ、その上で当転職サイト・エージェント独自公開の求人数がとても充実しています。

第二新卒からの転職でもアフターフォローは充実し、生活設計の立て方・充実した仕事環境にも配慮した上で、転職アドバイザーが実践的に転職活動を支援してくれる点に大きなコツ・魅力が散見されます。

13:JAIC(ジェイック)

キャリア形成を上手く活用したリクルート活動の場合でも、主にハイクラスの企業層を斡旋してくれ、自己PRの活性を約束してくれる点に定評があるでしょう。

「転職時に必要な能力・スキル」を着実に教えてくれる上、キャリアデザインを的確に充実する方法を確実に伝えてくれます。いろいろな状況に見合わせた、利用価値のあるサイトになります。

転職エージェントとその他の転職サービスとの違い4つ

「転職エージェントとその他の転職サービスとの違い」についてですが、転職エージェントではまず先述のように「転職への方法・情報収集の効率の良い仕方」などの実践を踏まえて教えてくれる点にあり、特に適職に就く際には必須のサイトになります。

他にも就活・転職活動をする際にはいろいろな機関がありますが、それぞれで独自の特典・利点があるので、実際に転職エージェント一覧を参照しながら各自で確認しましょう。

1:ハローワークと転職エージェントの違い

一般にハローワークでは、自分が理想にしていた職場への斡旋を含め、できるだけ「勤続できる職場」や「生活が経済的に豊かになる職場」を率先して見つけてくれ、その上で、その職場と就職希望者との仲介役までをこなしてくれます。

しかし転職エージェントではその適職への活動方法を具体的に教え、ハローワークでは得られない活動内容について実践を踏まえて教えます。ハローワークは情報を提示することがメインです。

2:転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いは、まず転職サイトというのは「転職希望者にとって役立ち情報を掲載するサイト」であり、特に就職・転職する際の活動は、その当人に任される形となります。

上記を踏まえ、転職エージェントというのはその名のとおりに「代理人」が就活の斡旋をしてくれることになるため、両者は明らかに違った点が見受けられます。

3:サーチコンサルタントと転職エージェントの違い

サーチコンサルタントというのはその名のとおり「情報をサーチすること」にメインが置かれるため、先述のハローワークや、また転職サイトと同じ機能性を持ち合わせます。

この点で実践的に転職活動を支援してくれる転職エージェントとは大きく違い、情報提示と活動支援を具体的に教えてくれる点との相異が見られます。この点も転職エージェント一覧を参照しながら確認しましょう。

4:ヘッドハンターと転職エージェントの違い

「ヘッドハンター」というのは主に「所定の職業についている人材の引き抜きをする者や機関、また職業紹介事業者、スカウター」などを指します。

転職エージェントの場合は転職に必要な活動支援をしてくれる機関となるため、ヘッドハンターと非常によく似ていますが、ヘッドハンターの場合は主に企業側が率先してスカウトするため、転職エージェントと協力する形になります。

転職エージェントの選び方と注意点

転職エージェントの選び方と注意点についてはいろいろなサイトで紹介されていますが、特に大事なことは「自分のスキル・環境・状況に適したエージェントを選ぶこと」です。つまり、自分にとって実益的でない転職エージェントを選ぶ必要はありません。

求人規模を持つ総合型転職エージェントの場合

総合型転職エージェントというのはその名のとおり、「さまざまな企業情報を一括で管理しているエージェント」であり、そのため転職活動をする際にはやや情報過多になる傾向があります。

つまり、「自分にとって本当に必要な情報」がどれだかわからなくなる可能性が高く、いくら転職活動を支援してくれると言っても、それ以前に「どの企業が適職かどうか」を選定出来ない可能性があります。

業界・業種に特化した転職エージェントの場合

次に「業界・業種に特化した転職エージェント」を活用する場合ですが、この場合は「求人情報を出していない企業情報」もあったり、それ以前に求人情報が枯渇しがちな期間があったりと、その情報提示・共有にアンバランスな点が見られます。

転職エージェント一覧を参照する場合でもこの点には留意しておき、いつでも求人情報が掲載される転職エージェントを選ぶことが大切です。

双方を見てパートナー選択をする

転職エージェントでは専属のパートナー(エージェント)が付いてくれるため、転職活動には必須の支援者となってくれます。しかしこのエージェントにしても求職者と相性が合わないことがあるため、その点に配慮する必要があるでしょう。

この場合でも、いろいろな転職エージェントを自分で利用しておき、それぞれの転職エージェントの特色について、転職活動を実践していきながら確認しなければなりません。

転職エージェント一覧を見て自分にあったエージェントを見つけよう

いかがでしたか。今回は「大手と第二新卒・既卒向けエージェント一覧|その他の転職サービスとの違い4つ」と題して、「大手と第二新卒・既卒向けエージェント一覧」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「その他の転職サービスとの違い」をご紹介しました。

第二新卒向けの転職活動を成功させるためのコツは、まず自分に最適な転職エージェントを見付け出すことにあり、その上で適職に転職するための準備をしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related