Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月12日

転職活動の始め方!ポイント12個とおすすめ転職エージェント8つ

皆さんこんにちは、今回は「転職活動の始め方!ポイント12個とおすすめ転職エージェント8つ」と題して、転職活動の始め方をメインに、おすすめ転職エージェント8つとその魅力についてご紹介します。今後、転職を検討する際にはぜひご参考下さい。

転職活動の始め方!ポイント12個とおすすめ転職エージェント8つ

転職活動とは

転職活動をする理由についてですが、これは転職希望者個別によって確かに変わり、総じて言える点は「転職エージェントを利用・活用することによって、自分の実力に最適の職場(転職先)が着実に見付かる」という可能性が高まるためです。

やたら転職先を自分で探してみたところで、なかなか「理想の転職先」を見付けられせん。そこで転職エージェントを利用することで「理想的な転職先をすぐにでも見付ける可能性」は高まります。

成功する転職活動の始め方を知ろう

転職活動を行なう際は、必ずその活動を成功させるための始め方が必要です。どんな始め方が得策かというと、それは「自分の能力に見合った転職先」を必ず見付けられる始め方となり、そのためのスケジューリング・転職ツールの活用の選択となるでしょう。

転職サイトを利用する際には一般的な就活となり、転職エージェントというのはその名のとおりに「代理人」が就活の斡旋をしてくれます。上手い転職の始め方をマスターしましょう。

転職活動の始め方!押さえておきたいポイント12個

転職活動の始め方!ポイント12個とおすすめ転職エージェント8つ
さて、先述では「転職活動の必要性と始め方」についてご紹介してきましたが、ここからは「転職活動の始め方・押さえておきたいポイント12個」と題して、自分にとって好都合の転職活動の始め方を検討するためのポイントを徹底してご紹介していきます。

転職活動は飽くまでも自分のためにするもので、その自分の利益になるための「転職の始め方」を身に付けておかなくてはなりません。その点に十分配慮しておきましょう。

1:キャリアの棚卸し・自己分析

転職活動の始め方!ポイント12個とおすすめ転職エージェント8つ
「自分にとってスムーズに転職を決められる始め方」として大事なのは、「自己分析がどれだけできているか」という点です。この場合の分析対象は主に、自分が現在持っている仕事能力・スキルなどをはじめ、それを補助するための資格の保有などになります。

自分が魅力を感じる職種を見付けると同時に、その職種(転職先)から求められるキャリア・実力・能力を満たしているかどうかを確実に押さえた、活動の始め方を熟知しましょう。

2:転職の目的を考える

転職活動の始め方!ポイント12個とおすすめ転職エージェント8つ
「自分がなぜその仕事を必要とするのか」、「なぜその職場で働かなければならないか」という点を考えた上で、自分に見合った職種に転職する人が大勢います。この場合でも仕事内容・給与面・職場の場所などを事前に踏まえ、自分に合ったものを整えましょう。

仕事内容というのは自分に直接関係してくることなので、他人事としては受け取れず、じっくり「働く目的」を考えておき、そのコンセプトに沿った活動の始め方が大事です。

3:スケジュールを立てる

どんな活動にもスケジューリングは必要です。自分にとって理想的な転職活動・その始め方を検討する場合でも、まず「自分が確実に理想とする職場を確保できるかどうか」を前もって考えておき、そのスケジューリングに沿った転職活動をしていくことが大切です。

その活動の始め方はそのままスケジュールを沿って最後まで終始されるため、まずは途中で活動を断念してしまわないよう、無理のない行動予定を立てておきましょう。

4:転職者の話を聞く

転職活動の始め方!ポイント12個とおすすめ転職エージェント8つ
これは「実際に転職活動をした人の生の声を聞く」ということです。そのような「生の声・転職体験の内容」をアドバイスとして参考にしておき、その内容に沿う上で、自分の理想的な転職活動、その活動の始め方をプランニングしておくことが大切になります。

転職サイト・エージェントでも、こうした「実際にその転職サイトを活用した上での体験談」をたいてい用意しているため、その項目を着実にインプットして活動してみましょう。

5:必要な資金を計画する

転職活動する場合でも、その活動・プランニングに見合った資金は必要になります。移動費や必要な書類を整えるための雑費なども含め、その転職活動を遂行していくために援助してくれる支援金のような費用のストックは誰にとっても大切になるでしょう。

理想的な転職活動の始め方をプランニングする場合には、まず自分の現状把握を徹底しておき、出だしでくじけないよう、あらかじめ良いスタートを切るための準備が必要です。

6:志望分野を決める

転職サイト・エージェントを利用する場合でも特に大事なことですが、理想的な転職の始め方としてまずあげられるのがこの「自分の志望分野を簡潔に決めておくこと」です。どの職種が自分に向いているのか、をあらかじめ決めておき、それに向けて活動していきましょう。

志望分野をはっきりさせておかないと、それだけで「どの転職ツールを使ってよいか」が具体的にわからなくなります。それは活動全体に影響することになるでしょう。

7:就活に必要な物を揃える

この場合の「就活に必要な物」というのは、たとえば履歴書や活動履歴証明書、または資格証明書や職務経歴書などを指します。たとえば会社説明会では面接と同じ基準に置かれる場合があるため、その場で自己PRできる物を具体的に用意しておきましょう。

このような「必要物品」をまず漏れなく用意しておき、いつでも就活・転職に備えた姿勢を持っておくことが、理想的な活動の始め方の非常に大きなポイントになります。

8:求人媒体を決定する

これも転職・就活には非常に大事な始め方の1つですが、自分が理想とする職種分野を決定する際にはまず「自分が利用するべき求人媒体を選定しておくこと」が必須になります。この場合の求人媒体とは、自分に見合った転職サイト・エージェントです。

転職の理想的な始め方には、主に「ハローワークの利用」、「独自で転職サイト・エージェントを活用する」といった2種類が見られ、そのいずれかを前もって選定することが大事です。

9:求人媒体に登録する

自分に見合った転職サイト・エージェントが見付かれば、あとはそのサイトそれぞれの無料会員登録を済ませておくと良いでしょう。この場合は有料と無料のものがありますが、たいていは無料で登録できます。そのようにすることで、サイト独自の情報が得られます。

非公開求人情報というものがあり、これは転職サイト・エージェントそれぞれで独自に管理している情報になるため、会員登録しなければ得られない貴重な情報となります。

10:応募する仕事を探す

特定の転職サイト・エージェントを「自分の転職する際のベース」と決めた後は、それぞれのサイトで自分の能力に見合った特定の職種分野の選択を開始しましょう。ここからが本当の転職活動になります。この場合でも、情報を徹底して活用することが大事です。

主に転職活動の始め方では「情報の活用」がメインとなり、その開示された情報に沿って、その後の行動基準が定まります。そのため、応募ツールも非常に重要になります。

11:仕事に応募する

転職サイト・エージェントを媒介にして仕事に応募した際、その職先から実際にオファーが舞い込んでくる場合があります。これは求人オファーと同じ扱いとなり、そのまま書類選考・面接・採用への運びが得られるため、非常に重要な場面となります。

この場合の理想的な転職活動の始め方としても、まずは情報の活用・インプットとなり、その上で「その後の安定する仕事環境を約束してくれる職先」を見付けることが大切です。

12:転職イベントに参加する

転職活動の始め方!ポイント12個とおすすめ転職エージェント8つ
転職活動をする場合には、非常に多くの就活イベントへの参加が要請されます。このイベント参加には、主に企業説明会・面接・オープンセミナーなどと、普通の就活で行なわれるイベント各種が用意されているため、それぞれのプランを的確に活用してみましょう。

この転職イベントに参加する場合でも、その活動の始め方には注意が必要です。必ず「そのときの自分に必要なイベント」だけに注目し、余計なプランは排除しましょう。

おすすめの転職エージェント8つ

転職活動の始め方!ポイント12個とおすすめ転職エージェント8つ
さて、先述では「就活・転職の理想的な始め方」をはじめ、転職サイト・エージェントを具体的にどのように活用すべきかについてご紹介しました。ここからは実際に転職する際に、実践的な転職エージェントがどれくらいあるかをご紹介していきます。

転職サイト・エージェントの種類というのは、主に20代から50代などの年齢層に分けたり、また職種分野によって違ってきます。その点を十分把握しておきましょう。

1:リクルートエージェント

当転職エージェントの利点は、「新しい分野の職種を希望する際に必要となる情報」を率先して提供され、さらにその新しい職種に必要な知識・経験のあり方・資格取得などをはじめ、どのように転職活動を行なえば有利になるかについて徹底的に教えてくれる点です。

比較的若い世代に人気があり、その背景をもってかなりの就職情報と、「その仕事に就くために必要な実力」を会得するための努力についてアドバイスしてくれます。

2:doda(デューダ)

この転職エージェントを利用する際には「平均的な転職斡旋力」が多くの分野で認められており、とにかく当サイトで転職の斡旋がされれば「どこかの転職先には行き当たる」といった確約に近い安定感が得られます。

当転職エージェントでの活動では、特に「IT関連の企画職をリサーチする場合」がその利点を発揮する傾向が強く、「本当に自分の能力・スキルに見合った職先であるかどうか」についてはしっかり確認しましょう。

3:マイナビAGENT

次に「マイナビエージェント」ですが、この転職エージェントでは「転職希望者にとって理想的な転職先」を探すだけでなく、その後のアフターサービスも非常に充実している実践的な転職エージェントになります。

たとえば若年層で未経験職種への転職を希望する人にとっても、常に「自分にとって理想的な転職先」を見付けてくれるでしょう。その点だけでも非常に魅力となります。ぜひ一度活用してみましょう。

4:BIZREACH

次は「ビズリーチ」についてのご紹介です。この転職エージェントの大きな特徴は先述のように「転職後の年収のアップ率や安定した就職活動・生活」への配慮が非常に優れている点にあります。「上層級・ハイクラス」の企業層へ組み込める転職活動がメインでしょう。

ただし難点としては「アドバイザーのサポート力」に若干不足する点が見られる傾向があり、その分を「自分で補う形でサポートしていくこと」が課されます。

5:ハタラクティブ

一般に「ハタラクティブ」では、「20代から30代層の若者」を対象としていることもあるため、求人は良質ぞろいとなっています。その点では、転職以降の仕事先での安定した生活を約束してくれるため、ぜひ一度利用してみましょう。

すべての転職希望者にとって、「働きやすい職場提供」をモットーとしており、特に「激務化しない環境・労働条件」への視点は外しません。非常に魅力的なサイトです。

6:type転職エージェント

「type転職エージェント」の特徴は、まず「充実した求人情報の豊富さと満足度」で、当サイトを上手く利用すれば必ず「自分の企画職において自分の能力に見合った職先が多く見付かる」とされる転職斡旋は圧倒的な有利な立場を運んでくれるでしょう。

当転職エージェントの使いやすさや利用者の満足度も非常に高く、特にIT関連の職先をそのサイトで見付ける際でも十分活用できる特典が付いてくるでしょう。

7:レバテックキャリア

この転職エージェントの魅力と利点は何と言っても「サポート力の高さ」に見られ、その上で当転職エージェント独自公開の求人数が非常に充実して豊富な点に見られるでしょう。

転職後のアフターサービスはもちろんのこと、さらに年収が「30代や40代からでも十分生活を立てていけるだけの充実した仕事環境」にまで配慮した上で、転職アドバイザーの質も実践力に富んだ形で活用されます。

8:Spring転職エージェント

この転職エージェントは一般的には「アデコ」という呼称で有名な転職エージェントですが、30代から40代の転職希望者でも非常に多く活用している全国規模のエージェントとして有名です。

この転職エージェントの魅力と特徴は、とにかく「新卒生と同じ傾向に見られる程の就職斡旋率」を独自の業績としてあげている点で、まさに歳の差を感じさせない魅力的なエージェントとして認められます。

転職活動は始め方も重要!

転職活動の始め方!ポイント12個とおすすめ転職エージェント8つ
いかがでしたか。今回は「転職活動の始め方!ポイント12個とおすすめ転職エージェント8つ」と題して、転職活動の始め方をメインに、おすすめ転職エージェント8つとその魅力についてご紹介しました。

転職サイト・エージェントを活用する際には、まず「自分にとって理想的な就活・転職の始め方」を想定する上で、そのための都合の好いスタートを切ることが大切です。その点を踏まえておき、ぜひ理想の職場を獲得しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related