Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月12日

転職すべき?転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個

「転職したいなあ」と現状の会社、労働環境などに不満があり、転職を考える人は多いのではないでしょうか。しかし、転職は人生の分かれ道にもなるので十分注意すべき行動です。本記事では転職すべき?転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個について紹介していきます。

転職すべき?転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個

転職とは

転職すべき?転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個
転職とは、今働いている職業、職場を新しく変えることをいいます。本記事では、転職すべきなのか、転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個という内容について紹介していきます。

今働いている職場、仕事に対して今後も続けていこうか悩んでいるという方、転職するべきなのか考えている方はぜひ参考にしてみてください。

転職を考えるときの判断基準

転職するべきか、転職を考えるときの判断基準はまず今いる状態からこれからの将来がどのように見えるかです。自分自身のやりたいこと、立場が明るい方向性に開けていけるかどうか、将来性のある業界なのかということに注目しておきましょう。 

今が辛くても将来が明るければ辛い時期も耐える気持ちになれますが、今後も自分の理想とする状態に進んでいけそうにないと感じた場合は転職するべき、と判断して良いでしょう。

転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個

転職すべき?転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個
転職をするべき判断基準を前述しましたが、転職するべき人とするべきではない特徴はあります。次は転職するべきではない人・するべき人の特徴13個について紹介していきます。

「自分は転職するべきではないのか、するべきなのか」という部分で迷っている方は自分自身に問いかけながら読んでみてください。

転職するべきじゃない人の特徴

転職するべきじゃない人の特徴とはどのような特徴があるでしょうか。転職をしたいと思っていても、冷静な視点でみると転職すべきではないという人もいます。

転職を決断するのは自分ですが、転職すべきではない人が転職しても、転職前と同じような不満を持つことになったり、「何のために転職したのだろう」と以前と変わらない状況に陥ってしまうことがあるでしょう。

1:転職の目的が定まっていない人

転職すべき?転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個
転職するべきじゃない人の特徴として転職の目的が定まっていない人があげられます。何のために転職するのか、この部分は転職するにあたって大事なことです。

「なんとなく今の現状に不満があるから」など、明確な転職の目的が定まっていない人は、まず応募する企業も定まりません。面接に進んだときも転職理由や就職してから何をやりたいか、など今後のビジョンを問われた際、一貫性を持った内容を伝えることができないでしょう。

2:他責感の強い人

転職するべきじゃない人の特徴に他責感が強い人もあります。他責感とは、思わしくない事態が起きたとき、自分以外の状況や他の人・モノのせいにする傾向のことをいいます。

他責感が強い人は自分の力を発揮できていないのは「会社で意見の通る立場にいない」「会社に魅力がないから」など自分以外の責任と考えているので、転職した先でも同じようなことを言うでしょう。企業が求めているのはその状況を打開できる人です。

3:現実を理解できていない夢見がちな人

現実を理解できていない夢見がちな人も転職するべきじゃない人の特徴にあります。夢を見ることは将来をポジティブに考えていく上で大切なことですが、現実を理解できていない夢見がちな人は「企業が求めていること」を理解しようとしない傾向があります。

自分のどんな能力を生かしてどんな仕事をしたいのか、という部分を明確に持っていないと採用する側も嫌煙してしまい、なかなか転職先は決まらない現実が待っているでしょう。

4:転職のリスクをわかっていない人

転職のリスクをわかっていない人も転職するべきじゃない人の特徴です。転職のリスクを理解していないと「こんなはずじゃなかった」という事態に陥ることになります。

転職のリスクとは転職先にもよりますが、求人情報に書いてある内容が正確とは限らないことなども含みます。例えば、会社での地位やキャリアはいちからのスタートになったことで今までの経験は無になり、昇給も同年代より遅れてしまうことがあるでしょう。

5:転職理由となっている課題が現職企業でも解決できる

転職するべきじゃない人の特徴に、転職理由となっている課題が現職企業でも解決できる場合があります。今の職場でも解決できるような問題から逃げるように転職した場合、転職先でも同じ状況に陥る可能性が高いです。

実際、逃げ癖がある(転職しそうな)人を雇用する企業は少なく、このような特徴がある人が転職活動をしても苦戦したり、転職できてもまたすぐ不満が生まれ、「転職したい」と考えるようになるでしょう。

6:現状に不満を抱えつつ改善努力をしていない人

転職するべきじゃない人の特徴に現状に不満を抱えつつ改善努力をしていないという特徴があります。

不満を抱えつつ改善努力をしない人とは、転職理由を考えた時に「環境が良くなかった」「会社が良くない」など、マイナスな理由ばかり退職理由で浮かんでくる人です。

隣の芝生が青いという言葉があるようにどんな会社に入っても改善する部分があります。改善する努力をしない人は転職先でもその態度が変わることはないでしょう。

転職するべき人の特徴

転職するべきではない人について前述しましたがいかがでしたでしょうか。次は、転職するべき人の特徴について紹介していきます。

転職するべき人とはどのような特徴でしょうか。転職するべきではない人の特徴と比べながら見ていくと転職をしたほうがよいかどうか、より考えが深まっていくでしょう。

7:転職することで得られるメリットが大きい人

転職するべき人の特徴として転職することで得られるメリットが大きい人があげられます。例えば、年収がアップすることです。外資系の会社に転職して、これまでと基本的に同じ内容の仕事をしていても、年収が倍になった、というのはよくある話でしょう。

また、転職によって任される業務の規模も変わったり、新たな分野の仕事を覚えることができ自分の商品価値が上がるなども転職することで得られるメリットが大きい人でしょう。

8:体調不良になってしまった人

転職するべき人の特徴で体調不良になってしまった人もあります。過酷な労働環境を強いる会社というのは存在します。根性などの精神論では片づけられず、無理を続けて体調不良を起こしてしまった人は迷わず転職すべきでしょう。

ただ、次の転職でもきちんとした職場環境でないと同じように体調を崩しかねません。転職先として考える会社についての情報はきちんと調べておきましょう。

9:人間関係がひどすぎる人

転職すべき?転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個
職場の人間関係というのは実は退職する理由で多いです。人間関係が良いか悪いかというのは、そのまま働きやすさに直結してしまうので、仕事をしていく上で重要な部分になるでしょう。

人間関係を良くするために自分も問題となりそうな性格を改善する行動は必要ですが、それでも人間関係が酷い場合は転職するべきポイントになります。

人間関係なので相性ということもありますが、次回の転職で繰り返さないよう気を付けましょう。

10:経営理念、経営方針への不信感を抱いている人

転職すべき?転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個
転職するべき人の特徴として、経営理念、経営方針への不信感を抱いているということがあります。

経営理念や経営方針は会社の基本となる考え方、根幹の部分なので「仕事だから」と割り切れれば別ですが、賛同できないと働いていて辛く感じてくることがあります。

変えたいと考えてもその会社から給料をもらって生活しているので変えることができません。経営理念・経営方針はずっと関わるものなので転職すべき理由になるでしょう。

11:転職の目的が定まっている人

転職の目的が定まっている人は転職するべき人の特徴です。キャリアアップのために新規事業に積極的な企業で経験を活かしたい、新商品を展開している企業で商品企画に携わっていきたい、など転職の目的をはっきりと言える人です。

今いる会社は残業が多い部分が不満で、きちんと労働時間が整っている職場で働きたいというのも転職の目的になるでしょう。

12:会社の方針が急に変わってしまった人

会社の方針が急に変わってしまい、それが合わなかったという人も転職するべき人の特徴です。入った時はその会社の方針に惹かれて入社したのに、それが変わってしまった場合、合わない、働きづらい、ということもあるでしょう。

「この方針ならここに入社しなかった」と考えるなら転職する理由に十分なります。ただ、方針もまたもとに戻ったり、変わることもあるので、転職するかどうかは少し様子を見ても良いでしょう。

13:社風が悪い、業務上の対応への不信感を感じている人

社風が悪い、業務上の対応への不信感を感じている人も転職するべき人の特徴です。実際、社風の合わない企業に入社したことで働きづらさを感じているという人は多く、人間関係以上に自分の努力で社風を変えることはできないでしょう。

ただ、前職と同業種に転職する場合は、仕事内容だけでなく、職場環境や雰囲気も類似している可能性は高いです。社風が合わない理由でまた転職しないよう事前に情報を集めたほうが良いでしょう。

転職したい人がすべきこと5つ

いざ転職を決意したものの、転職に当たって必要なことを怠っている場合、自分の理想の転職先に進むことができないでしょう。

次は転職したい人がすべきこと5つについて紹介していきます。転職を決意した人は自分自身の中でこれから挙げていく内容ができているか確認してみましょう。

1:キャリアの棚卸し

キャリアの棚卸しとは、これまでに携わってきた仕事について書き出し、整理することをいいます。キャリアの棚卸しは職務経歴書を作成するときにも必要にもなりますし、面接官に自分がこれまでやってきたことをアピールする際に大切な情報になります。

2:現状改善の努力

現状を改善する努力をしない人はどんな場所へいっても会社や周りのせいにしてしまいます。次の転職先でも良い事ばかりとは限らないので、問題があれば自分で解決している力は必要になるでしょう。

転職する前に本当に今の職場で改善することはできないか努力してみましょう。今の職場で悩みを解消できれば、新しい会社を探す必要がなくなり転職するリスクが不要になります。

3:得られるメリットとデメリットを書き出す

転職すべき?転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個
転職には良い面があれば必ず悪い面もあるのでメリット・デメリットを書きだすことは大切です。転職する前に得られるメリットとデメリットを書き出してみましょう。

退職金制度がない会社から退職金制度がある会社への転職をした場合は転職のメリットがありますが、基本的に退職金は勤続年数が関わるので転職すると退職金が少なくなるでしょう。また、転職回数が増えることで社会的な信用を失うなど転職にはデメリットもあります。

4:どの業界に適性があるかチェックする

転職すべき?転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個
転職したい人がすべきこと4つ目は、どの業界に適性があるかチェックすることです。業界によって違いがあるのは当然で適正というものがあります。

今いる会社を退職して次の転職先を探す場合は、この機会に「自分はどの業界に適正があるのか」ということを考えてみましょう。実際自分の性格や特徴とはあわない業界に入ってしまい働きづらさを感じている人も多いです。

5:転職求人サイトに登録する

転職すべき?転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個
転職したい人がすべきこと5つ目は、転職求人サイトに登録することです。転職方法として、転職求人サイトに登録することで新しい求人情報をスムーズに得られます。

自分で求人情報を検索して、条件に合う会社があれば書類を送ったり、自分から企業にアプローチをしていくことができます。今の仕事をしながら転職活動を始める人は多いので、空いた時間に気軽に転職活動を行うことができる転職求人サイトは登録しておくべきでしょう。

転職するべきかしないべきかしっかり自己分析しよう!

転職すべき?転職するべきじゃない人・するべき人の特徴13個
転職すべきか、転職するべきではないか、今迷っている人は自分の人生の大きな分かれ道になるのでしっかりと考えていきましょう。

転職したからといって、必ず今の状況よりも好転するとはかぎりません。今の自分でできることは何か、どうしても今の職場では叶えられないことなのか、など転職するべきかしないべきかしっかり自己分析しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related